2019年12月16日

野田佳彦前首相のグループ「合流」年内の大筋合意に向け協議を

野田佳彦前首相のグループ「合流」年内の大筋合意に向け協議を

野田前首相のグループ「合流」年内の大筋合意に向け協議を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/k10012217271000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_003
2019年12月16日 20時37分

立憲民主党からの合流の呼びかけを受けて、野田前総理大臣の議員グループは、早期の合流を目指して年内に大筋合意できるよう、協議を求めていく方針を決めました。

立憲民主党からの合流の呼びかけを受けて、野田前総理大臣が代表を務める衆議院議員のグループは、16日国会内で会合を開いて対応を協議し、所属する9人のうち玄葉元外務大臣ら6人が出席しました。

この中で、出席者からは早期の合流を目指したいという意見が出され、年内に大筋で合意できるよう協議を求めていく方針を決めました。

また、国民民主党も共に合流できるよう、両党を後押ししていくことを確認しました。

会合のあと野田氏は記者団に対し「われわれは『立憲民主党と国民民主党の接着剤になる』と言ってきた。よい政党を作るため、対等に協議し、一致して行動できるよう緊密に情報交換したい」と述べました。


野田佳彦・合流?.PNG



立憲民主党からの合流の呼びかけを受けて、野田前総理大臣の議員グループは、早期の合流を目指して年内に大筋合意出来るよう、協議を求めていく方針を決めた。
野田前総理大臣が代表を務める衆議院議員のグループは「社会保障を立て直す国民会議」ですね。
玄葉光一郎氏がいます。
野田グループも立憲民主党に合流ですか。




関連

社民、立民との合流協議入り決定 又市党首「理念、政策詰める」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472305793.html
ラベル:野田佳彦
posted by hazuki at 23:00| Comment(0) | 社会保障を立て直す国民会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[COP25] 「日本の存在高まった」と小泉氏 石炭祭りと日本批判を自嘲

[COP25] 「日本の存在高まった」と小泉氏 石炭祭りと日本批判を自嘲

「日本の存在高まった」と小泉氏 石炭祭りと日本批判を自嘲
https://this.kiji.is/578949607889798241?c=39546741839462401
2019/12/15 23:37 (JST) 12/16 11:02 (JST)updated

【マドリード共同】スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に参加した小泉進次郎環境相は15日、帰国前に会場で報道陣に「交渉成立に向けて積極的に貢献し、日本のプレゼンス(存在感)が高まった」と成果を強調した。

 小泉氏は9日に現地入りし、11日の閣僚級会合で演説した。二酸化炭素の排出が多い石炭火力発電を巡り批判の的になり「冒頭は石炭祭りだった」と自嘲気味に話した。批判は日本への期待の裏返しだとも主張した。

 一方で合意を目指し各国閣僚らと30回以上、会談を重ねたと積極姿勢をアピールした。


小泉進次郎・帰国.PNG



スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に参加した小泉進次郎環境相は15日、帰国前に会場で報道陣に「交渉成立に向けて積極的に貢献し、日本のプレゼンス(存在感)が高まった」と成果を強調した。
日本は化石賞でしたからね。
存在感が高まったかどうか。




参考

COP25で小泉環境相演説「子どもたちのために未来を確保する義務がある」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472261147.html
ラベル:小泉進次郎
posted by hazuki at 22:20| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日EU、英国離脱への対応で連携 マドリードで両外相が会談

日EU、英国離脱への対応で連携 マドリードで両外相が会談
https://this.kiji.is/578921171572409441?c=39546741839462401
2019/12/16 00:15 (JST)

【マドリード共同】茂木敏充外相は訪問先のスペイン・マドリードで15日午後(日本時間同)、欧州連合(EU)外相に当たるボレル外交安全保障上級代表と会談した。英総選挙での与党大勝でEU離脱が確実となった英国への対応を巡って意見交換。離脱による混乱を最小限に抑えるため引き続き連携する方針を確認した。

 茂木氏は会談で「英国の選挙後のプロセスを注視している。混乱を与えない形で離脱が行われるよう期待している」と述べた。ボレル氏は、英国としっかりと協議したいと説明したという。両氏は、東欧やアフリカでの質の高いインフラ整備や安全保障分野での協力に関しても協議した。


茂木敏充とEUのボレル外交安全保障上級代表.PNG



茂木敏充外相は訪問先のスペイン・マドリードで15日午後(日本時間同)、欧州連合(EU)外相に当たるボレル外交安全保障上級代表と会談した。
英総選挙での与党大勝でEU離脱が確実となった英国への対応を巡って意見交換。
離脱による混乱を最小限に抑えるため引き続き連携する方針を確認した。




参考資料

茂木外務大臣のスリランカ及びスペイン訪問 (令和元年12月12日〜17日
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/lk/page3_002989.html
ラベル:茂木敏充
posted by hazuki at 21:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初鹿明博衆院議員を書類送検 強制わいせつ容疑 警視庁

初鹿明博衆院議員を書類送検 強制わいせつ容疑 警視庁

初鹿衆院議員を書類送検 強制わいせつ容疑―警視庁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121600675&g=soc
2019年12月16日20時29分

 タクシーで女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁葛西署が立憲民主党の初鹿明博衆院議員(50)=比例東京=を強制わいせつ容疑で書類送検していたことが16日、同署への取材で分かった。容疑を否認しているという。送検は10日付。

 送検容疑は2015年5月、女性とタクシーに乗車中、キスを迫ったり、下半身に相手の顔を押しつけたりするなどわいせつな行為をした疑い。
 週刊文春が17年に疑惑を報じ発覚。当時、立憲民主党は初鹿氏を6カ月間の役職停止処分にした。今年に入って被害女性が告訴状を提出し、同署が受理していた。
 初鹿氏は国会議員秘書、東京都議を経て、09年衆院選に東京16区から旧民主党候補として出馬し初当選。15年5月当時は旧維新の党に所属していた。現在3期目。
 立憲民主党の福山哲郎幹事長の話 疑惑を持たれたことは遺憾で、おわび申し上げたい。本人は捜査当局に全面的に協力する意向を示しており、党として当局の判断を見守りたい。


初鹿明博・衆院厚生労働委員会.PNG



タクシーで女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁葛西署が立憲民主党の初鹿明博衆院議員(50)=比例東京=を強制わいせつ容疑で書類送検していたことが16日、同署への取材で分かった。
容疑を否認しているという。
送検は10日付。
またかと思ったら、過去の行動が書類送検なのですね。
2017年に文春が報じた件ですか。
初鹿に酒を飲ませたらダメです。
女性にわいせつな行為をする恐れあり。
衆院厚生労働委員会での質疑は素晴らしいのに残念です。




参考

立憲民主党「わいせつ疑惑」初鹿明博に6ヶ月間の役職停止などの処分
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454597276.html

[文春砲] 立憲民主党の初鹿明博に強制わいせつ疑惑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454573878.html

民進・蓮舫代表が激怒 「ラブホに女性連れ込み未遂」報道の初鹿明博氏が青年局長辞任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445158412.html

【ワロタw】新潮「民進党議員が女性の腕掴み強引にラブホへ」 ⇒ 国会内書店の週刊新潮を民進党議員が全てお買上げwww(保守速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445146932.html




関連

[東京16区] 小選挙区(定数1名)の残念な面々 自民党・セクハラヤジの大西英男、立憲民主党・ラブホ連れ込み未遂の初鹿明博、希望の党・元民主党の田村謙治
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454220595.html
ラベル:初鹿明博
posted by hazuki at 21:08| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月13日、個人情報保護法の制度改正大綱を決定 政府の委員会

12月13日、個人情報保護法の制度改正大綱を決定 政府の委員会

個人情報保護法の制度改正大綱を決定 政府の委員会
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191213/k10012214391000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_018
2019年12月13日 18時40分

巨大IT企業のデータの扱いに懸念が出る中、政府の個人情報保護委員会は13日会合を開き、インターネットのIDや閲覧記録などのデータを企業が利用する際の条件を厳格化するなどとした、個人情報保護法などの見直しに向けた大綱を取りまとめました。

それによりますと、現在は個人情報と見なされていないインターネットのIDや閲覧記録などのデータについて、企業がほかのデータとつきあわせることで個人を特定することが可能な場合もあることから、個人情報と同等に扱う必要があるとしています。

そのうえで、企業が個人のIDや閲覧記録を別の企業に提供する際、提供先の企業が個人を特定する形で利用することが明らかな場合は、利用者の同意を得ることを義務づけるなど、利用条件を厳格化しています。

また、今の法律では、企業が不正に個人情報を入手した場合にかぎり、利用者は個人情報の利用停止を求めることができますが、今後は、広告や勧誘などに対しても、利用停止を要求できるよう要件を緩和するとしています。

さらに、企業が個人のデータなどを漏えいした場合、現在は個人情報保護委員会への報告が義務づけられていないことから、今後、一定数以上のデータの漏えいがあった場合は、速やかに委員会に報告するよう義務づけるとしています。

個人情報保護委員会は、今回決定した大綱に基づき、個人情報保護法の改正案を来年の通常国会に提出することにしています。




巨大IT企業のデータの扱いに懸念が出る中、政府の個人情報保護委員会は13日会合を開き、インターネットのIDや閲覧記録などのデータを企業が利用する際の条件を厳格化するなどとした、個人情報保護法などの見直しに向けた大綱を取りまとめた。
現在は個人情報と見なされていないインターネットのIDや閲覧記録などのデータについて、企業がほかのデータと突き合わせることで個人を特定することが可能な場合もあることから、個人情報と同等に扱う必要があるとしている。
個人情報保護委員会は、今回決定した大綱に基づき、個人情報保護法の改正案を来年の通常国会に提出することにしている。
posted by hazuki at 00:33| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする