2019年11月24日

自民・甘利明氏が女系天皇容認 異例発言「最終的選択として」

自民・甘利明氏が女系天皇容認 異例発言「最終的選択として」

自民・甘利氏が女系天皇容認 異例発言「最終的選択として」
https://this.kiji.is/571174128488055905?c=39546741839462401
2019/11/24 12:22 (JST)

 自民党の甘利明税制調査会長は24日のフジテレビ番組で、皇位継承を巡り、母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めるべきだとの考え方を示した。皇位継承順位に関し「男系を中心に順位を付け、最終的選択としては女系も容認すべきだ」と語った。自民党幹部の容認発言は異例で、政府が検討する安定的な皇位継承策に影響を与える可能性がある。

 父方に天皇を持つ女性天皇と異なり、女系天皇は前例がない。安倍晋三首相は「古来、男系継承が例外なく行われたことの重要性を踏まえ、慎重に検討していきたい」との方針を表明。自民党内では男系を維持すべきだとして女系天皇には否定的な意見が多い。


甘利明・女系天皇.PNG



自民党の甘利明税制調査会長は24日のフジテレビ番組で、皇位継承を巡り、母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めるべきだとの考え方を示した。
父方に天皇を持つ女性天皇と異なり、女系天皇は前例がない。
男系女性天皇ではなく、女系天皇を認めるべきとは、甘利は何を考えているのか?
明治、昭和の内親王が降嫁した宮家に男系男子旧皇族が数多いらっしゃるようです。
臣籍降下(皇籍離脱)した宮家を皇籍復帰させるのが正当でしょう。




臣籍降下
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A3%E7%B1%8D%E9%99%8D%E4%B8%8B

臣籍降下(しんせきこうか)は、皇族がその身分を離れ、姓を与えられ臣下の籍に降りることをいう。賜姓降下(しせいこうか)とも言い、そのような皇族を俗に賜姓皇族という。皇族女子が臣下に嫁すことで皇族でなくなる場合は臣籍降嫁(しんせきこうか)とも言った。また日本国憲法施行後は皇籍離脱(こうせきりだつ)の語が用いられる。




関連

自民 稲田朋美幹事長代行 皇位の男系継承堅持すべきという考え強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471472474.html

[日本会議] 男系男子の皇位継承維持 女性宮家創設に反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467442913.html

[立憲民主党] 女性・女系天皇容認を 皇位継承で論点整理
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467192644.html

自民有志、男系の皇位継承を 年内提言へグループ発足
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467080391.html

国民民主、男系の女性天皇を容認 典範改正案の原案が判明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466847783.html

共産 志位和夫委員長「女性天皇も女系天皇も認められるべき」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466842475.html?

[日本維新の会] 女性宮家など党内で議論開始へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465573416.html

「女性宮家創設など速やかに議論し結論を」 国民 玉木雄一郎代表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465572948.html

立民の枝野幸男代表 「女系天皇など国民の理解広めたい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465522265.html

[時事通信世論調査] 女系・女性天皇に賛成7割
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465141860.html
ラベル:甘利明
posted by hazuki at 23:22| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G20外相会合が閉幕 WTO改革の切迫感共有

G20外相会合が閉幕 WTO改革の切迫感共有
https://this.kiji.is/570905617518330977?c=39546741839462401
2019/11/23 18:48 (JST)

 名古屋市で開かれた20カ国・地域(G20)外相会合は23日、2日間の日程を終えて閉幕した。全体会合では自由貿易体制の維持に向け、機能不全が指摘される世界貿易機関(WTO)改革を迅速に進める切迫感を共有した。デジタル経済の国際的なルールづくりでG20が主導的役割を発揮していく方針も確認した。

 議長を務めた茂木敏充外相は会合で、日米貿易協定や環太平洋連携協定(TPP)といった経済連携について「多角的貿易体制を補完し、国際的に質の高いルールづくりが進む」と意義を強調した。




名古屋市で開かれたG20外相会合は23日、2日間の日程を終えて閉幕した。
全体会合では自由貿易体制の維持に向け、機能不全が指摘される世界貿易機関(WTO)改革を迅速に進める切迫感を共有した。
デジタル経済の国際的なルールづくりでG20が主導的役割を発揮していく方針も確認した。
ラベル:茂木敏充
posted by hazuki at 00:24| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする