2019年11月14日

南米4カ国(メルコスール)とEPA 政府が検討 牛・鶏肉で懸念

南米4カ国(メルコスール)とEPA 政府が検討 牛・鶏肉で懸念

南米4カ国(メルコスール)とEPA 政府が検討 牛・鶏肉で懸念
https://www.agrinews.co.jp/p49171.html
2019年11月05日

 政府が、ブラジルなど南米4カ国でつくる南米南部共同市場(メルコスール)との経済連携協定(EPA)交渉を検討していることが4日、分かった。自動車などの輸出拡大が狙いとみられるが、4カ国は世界有数の牛肉、鶏肉などの生産・輸出国。環太平洋連携協定(TPP)をはじめ大型通商協定の締結、発効が相次ぐ中、メルコスールとのEPAで関税が撤廃・削減されれば、一層の輸入増が懸念される。

 メルコスールには、他にアルゼンチンとウルグアイ、パラグアイが加盟。欧州連合(EU)のように、域内では関税を原則撤廃し、域外には共通の関税を課す。

 関係者によると、安倍晋三首相は16、17日にチリで予定していたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への出席に合わせブラジル訪問を調整。同国のボルソナロ大統領と会談し、EPA交渉の可能性について協議する方向で検討していたという。だが、チリが反政府デモの影響でAPEC開催を断念し、日程は不透明だ。

 日本はTPPや日欧EPAで、鶏肉の関税(8・5%か11・9%)を撤廃。牛肉の関税(38・5%)は9%まで削減する。メルコスールとEPA交渉を始めれば、こうした水準までの関税削減や輸入解禁を求められ、日本市場での競争力が高まりかねない。

 自民党農林幹部は「日米貿易協定に合意したばかり。大型協定の交渉がこんなに続いては、国内農家の理解を得られない」と警戒する。6月には、メルコスールとEUの自由貿易協定(FTA)が基本合意に達したが、安価な農産物の流入への懸念などから合意に20年かかった。

 4カ国のうち、ブラジルは日本の鶏肉の輸入量の7割を占める。牛肉の輸出量は186万トン(2017年)でオーストラリアや米国などを上回り世界一。ウルグアイは44万トン、パラグアイは38万トン、アルゼンチンは29万トンと有数の輸出国だ。ブラジルは世界最大の砂糖の輸出国でもある。

 ただ、日本は4カ国産の牛肉について、防疫上の理由から、ブラジルとアルゼンチンの一部地域を除き輸入を禁止。ウルグアイからの輸入は条件付きだ。19年の輸入量は9月まででウルグアイ、アルゼンチン両国からの計717トン。輸入量全体の0・2%にとどまる。

 メルコスールとのEPAは、日本経団連とブラジルの経済団体が共同で各国政府に締結を求める報告書を18年に作成。日本政府はEPAを契機に、成長市場だが日本との貿易量がまだ小さいブラジルを中心に、自動車などの輸出拡大を目指しているとみられる。




政府が、ブラジルなど南米4カ国でつくる南米南部共同市場(メルコスール)との経済連携協定(EPA)交渉を検討していることが11月4日、分かった。
自動車などの輸出拡大が狙いとみられるが、4カ国は世界有数の牛肉、鶏肉などの生産・輸出国。
TPPをはじめ大型通商協定の締結、発効が相次ぐ中、メルコスールとのEPAで関税が撤廃・削減されれば、一層の輸入増が懸念される。
経済産業省内閣なので、自動車の輸出の為に農林水産物を犠牲にするかも知れない。
食糧の輸入に頼るのではなく、食品自給率を上げることを考えるべき。
もう、FTAやEPAは必要ない。

日本メルコスール経済連携協定へ向けたロードマップ
https://www.keidanren.or.jp/policy/2018/062.html

2018年7月23日、経団連が「日メルコスールEPAの意義」を提言した。

第22回 日本ブラジル経済合同委員会 日メルコスールEPAに向けた共同声明
https://www.keidanren.or.jp/policy/2019/061.html

2019年7月29日、経団連が「日メルコスールEPAに向けた共同声明」を公開した。

日本農業新聞は、2019年11月5日に「南米4カ国(メルコスール)とEPA 政府が検討 牛・鶏肉で懸念」を報道している。
桜を見る会の追及をやっている場合ではない。
経団連が提言して、日本農業新聞が報道した「日メルコスールEPA」を知っている国会議員は多いのではないだろうか?
知っていて、国民に知らせない。
与野党グルである。
posted by hazuki at 22:32| Comment(0) | EPA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ハンセン病問題基本法改正案] 11月14日、参院厚生労働委員会でハンセン病家族補償法案を可決 11月15日成立へ

[ハンセン病問題基本法改正案] 11月14日、参院厚生労働委員会でハンセン病家族補償法案を可決 11月15日成立へ

元患者家族補償法案15日成立へ ハンセン病、参院委が可決
https://this.kiji.is/567544945318364257?c=39546741839462401
2019/11/14 12:19 (JST)

 ハンセン病元患者家族に最大180万円を支給する補償法案と、名誉回復を図るハンセン病問題基本法改正案は14日、参院厚生労働委員会で全会一致により可決された。15日の参院本会議で可決、成立する見通し。

 加藤勝信厚労相は質疑で「元患者や家族は偏見や差別の中で、言い難い苦痛や苦難の道があった。その責任を自覚して反省し、当事者の皆さんの話を聞きながら名誉や家族関係の回復にしっかり取り組む」と強調。また、来年1月末には補償金を支給できるよう作業を進めていると述べた。

 補償法案は前文に、国会と政府による反省とおわびを明記。元患者の親子や配偶者に180万円を支給する。



参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年11月14日
厚生労働委員会
約1時間33分

案件

政府参考人の出席要求に関する件
社会保障及び労働問題等に関する調査
ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律案(衆第3号)
ハンセン病問題の解決の促進に関する法律の一部を改正する法律案(衆第4号)

発言者一覧

そのだ修光(厚生労働委員長)
石橋通宏(立憲・国民.新緑風会・社民)
石田昌宏(自由民主党・国民の声)
福島みずほ(立憲・国民.新緑風会・社民)
山本香苗(公明党)
梅村聡(日本維新の会)
倉林明子(日本共産党)
盛山正仁(衆議院厚生労働委員長)
 

盛山正仁(厚生労働委員長)・ハンセン病・参院厚生労働委員会.PNG



11月14日、参院厚生労働委員会。
「ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律案」と「ハンセン病問題の解決の促進に関する法律の一部を改正する法律案」が議題となった。
盛山正仁(衆議院厚生労働委員長)が、ハンセン病家族補償法案とハンセン病問題基本法改正案の趣旨説明を行った。
質疑、討論はなし。
採決を行ったところ、全会一致で可決した。
15日の参院本会議で可決、成立する見通し。




参考資料

ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律案要綱
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g20005003.htm

ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g20005003.htm

ハンセン病問題の解決の促進に関する法律の一部を改正する法律案要綱
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g20005004.htm

ハンセン病問題の解決の促進に関する法律の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g20005004.htm




参考

[ハンセン病問題基本法改正案] 11月12日、ハンセン病家族補償法案が衆院通過 11月15日にも成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471494495.html

[ハンセン病問題基本法改正案] 11月8日、ハンセン病家族補償法案を提出へ 最大180万円、衆院厚生労働委員会が決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471449452.html




関連

ハンセン病家族補償案 最終合意 臨時国会に法案を提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471130575.html

ハンセン病患者家族に最大180万円 厚労省が補償案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471004543.html

ハンセン病患者家族救済法案骨子案 判決より補償範囲を拡大
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470899396.html

ハンセン病患者家族の救済策法案 超党派が成立目指す方針確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470682662.html

ハンセン病元患者の家族ら加藤勝信厚労相と面会 偏見と差別の解消要望
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470682338.html

ハンセン病患者への差別解消へ 来週初協議 加藤勝信厚労相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470538238.html

秋の臨時国会での成立要望 ハンセン病家族の補償法
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/468267063.html

安倍首相、ハンセン病家族に直接謝罪 「政府を代表して心からおわび」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/468248445.html

7月12日、ハンセン病、家族に首相が謝罪 「反省とおわび」談話を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467880178.html

[ハンセン病家族訴訟] 選挙目当てと疑念―野党 関係性を強く否定―与党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467838397.html

ハンセン病元患者の家族訴訟、国が控訴を断念
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467805661.html
posted by hazuki at 21:38| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日ミクロネシア首脳会談] 戦没者遺骨収集で緊密連携を確認

[日ミクロネシア首脳会談] 戦没者遺骨収集で緊密連携を確認

戦没者遺骨収集で緊密連携を確認 日ミクロネシア首脳会談
https://this.kiji.is/567557293192397921?c=39546741839462401
2019/11/14 12:50 (JST) 11/14 14:04 (JST)updated

 安倍晋三首相は14日、ミクロネシア連邦のパニュエロ大統領と官邸で会談した。太平洋戦争の激戦地となった同国と戦没者遺骨収集事業に関し、緊密に協力していく方針を確認。太平洋島しょ国の首脳らが日本に集う2021年の第9回「太平洋・島サミット」に向けた連携で一致した。

 首相は会談後の共同記者発表で「自由で開かれたインド太平洋ビジョンの実現に向けた決意を伝えた」と表明。23年に終了する可能性がある米国によるミクロネシアへの財政支援に関し、米国に支援を働き掛ける方針を明らかにした。

 パニュエロ氏は今年5月に大統領に就任。「即位礼正殿の儀」の参列で10月来日した。


ミクロネシア連邦のパニュエロ大統領と安倍晋三.PNG



安倍首相は14日、ミクロネシア連邦のパニュエロ大統領と官邸で会談した。
太平洋戦争の激戦地となった同国と戦没者遺骨収集事業に関し、緊密に協力していく方針を確認。
太平洋島しょ国の首脳らが日本に集う2021年の第9回「太平洋・島サミット」に向けた連携で一致した。




参考資料

令和元年11月14日 日・ミクロネシア首脳会談等
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201911/14micronesia.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 17:18| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月13日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 与党は11月15日に衆院外務委員会で採決、11月19日に衆院通過の方針

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月13日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 与党は11月15日に衆院外務委員会で採決、11月19日に衆院通過の方針

貿易協定の早期衆院通過けん制 野党「ゆがんだ交渉」と批判
https://this.kiji.is/567175965926671457?c=39546741839462401
2019/11/13 12:51 (JST)

 衆院外務委員会で13日、日米貿易協定の承認案を巡る審議が続いた。与党は週内に委員会での採決を終え、早期の衆院通過を目指すが、野党側は自動車に関する交渉内容を批判。追加関税の協議に関する資料や、自動車分野を除いた経済影響試算を提出しない政府への批判を強め、強引な国会運営をけん制した。

 国民民主党の篠原孝氏は、日本が米国による自動車追加関税を避けることを最優先したため「ゆがんだ交渉になった」と指摘。環太平洋連携協定(TPP)で日本が勝ち取った自動車や関連部品の関税撤廃は今回認められず「これでウィンウィン(相互利益)と言えるのか」と批判した。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=49543&media_typ

2019年11月13日 (水)
外務委員会 (3時間15分)

案件:
日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(200国会条1)
デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件(200国会条2)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 松本剛明(外務委員長)  9時 00分  01分
 杉本和巳(日本維新の会)  9時 01分  16分
 井上一徳(希望の党)  9時 17分  06分
 篠原孝(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  9時 23分  33分
 亀井亜紀子(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  9時 56分  35分
 高井崇志(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  10時 31分  24分
 福田昭夫(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  10時 55分  29分
 穀田恵二(日本共産党)  11時 24分  29分
 松本剛明(外務委員長)  16時 30分  01分
 穀田恵二(日本共産党)  16時 30分  12分
答弁者等
大臣等(建制順):
 茂木敏充(外務大臣)
 宮下一郎(内閣府副大臣)
 藤川政人(財務副大臣)
 伊東良孝(農林水産副大臣)
 牧原秀樹(経済産業副大臣)


井上一徳(希望の党)・日米デジタル貿易協定.PNG

亀井亜紀子・日米FTA.PNG

高井崇志・日米デジタル貿易協定.PNG

衆院外務委員会・11月13日・予定.PNG



11月13日、衆院外務委員会。
「日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件」と「デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件」。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑と答弁が行われた。

希望の党の井上一徳氏が日米デジタル貿易協定の質疑を行った。
プロバイダーの責任について、日米の法制に違いがある。
日本の「プロバイダー責任制限法」と米国の法制について。

立憲民主党の亀井亜紀子氏が「日米貿易協定はFTAですか?」
GATT24条違反云々…WTO違反云々と発言する場面があり、茂木大臣が「FTAという国際上明確な定義はない」と答弁。
亀井亜紀子氏はWTOの最恵国待遇の例外であることを指摘したかったのではないか?

(参考)WTOの最恵国待遇の例外
https://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/epa/html/1-2wto-teigi.html

経済産業省のHPは、「FTA・経済連携の推進について WTO上の定義」という表題が付いているが、Gifの画像も消えていて、参考情報しかない。
意図的に削除したのか?

立憲民主党の高井崇志氏の質疑は日米デジタル貿易協定について。
GAFA等のデジタル・プラットフォーマーの規制等とデジタル貿易協定云々。
デジタル市場競争本部を今年9月に政府は設置。
先に日米デジタル貿易協定を合意(させられるので)で慌てて設置したのではないかと。

共産党の穀田恵二氏は、資料がない云々で農水省を責めていた。
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の前向きな質問をすることなく、このままでは質疑を続けることが出来ないと退室した。

衆院外務委員会は休憩に入り、そのまま委員会は散会した。

政府与党は、11月15日に採決をし、11月19日に衆院通過する方針である。

※条約批准は「衆議院の優越」なので参議院で時間切れになっても衆議院で可決されていれば自動的に可決という30日ルールでの自然承認はなくなった。
国会の会期末までに法案を成立させたい与党。
油断は出来ないが、参院で可決・成立出来なければ、日米FTAを阻止出来るかも知れない。
阻止したい。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(PDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定 与党は11月13日に衆院外務委員会で採決、11月14日に衆院通過の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471434479.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月8日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 衆院外務委員会で 野党側退席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471417000.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月7日、衆院外務・農林水産・経済産業連合審査会にて日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の質疑 茂木外相は日米貿易協定を「物品貿易」と表現
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471400897.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月6日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院外務委員会で実質審議入り 茂木外相「自動車関税撤廃が前提」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471379913.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 11月1日の衆院外務委員会が流会 日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の審議は11月6日以降に持ち越し 衆院外務委員会の11月8日までの採決見送り?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471316187.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月30日、衆院外務委員会で日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の趣旨説明 11月1日に実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471244658.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月24日、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471088598.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 首相出席で10月24日に審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470963746.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、衆院攻防へ 与党、来月上旬通過目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470941468.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 10月15日、日米貿易協定案を閣議決定 早期承認目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470896507.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米、貿易協定に正式署名 2020年1月にも発効
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470756887.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定、10月8日に正式署名へ 政府が署名を閣議決定 来年1月発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470741698.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] ハーバー・ビジネス・オンラインに「日米貿易協定」に関する内田聖子氏のコラムあり ご一読を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470739205.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定 正式署名へ 10月8日にも閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470702473.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定「ウィンウィン」根拠は? 野党が追及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470498599.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 貿易協定、合意文書署名 TPP水準まで農産品開放 日米首脳が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470491930.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定閣僚協議 交渉すべて終了 首脳会談で確認へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470449182.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 対日交渉「最初の合意に達した」 米大統領が議会に通知 赤字削減へ協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/470250411.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 01:04| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする