2019年07月20日

参院選、21日に投開票 安倍政治6年半に審判

参院選、21日に投開票 安倍政治6年半に審判
https://this.kiji.is/525255306866836577?c=39546741839462401
2019/7/20 19:23 (JST)

 第25回参院選は21日に投票が行われ、即日開票される。第2次政権発足から6年半続く安倍晋三首相(自民党総裁)の政権運営に有権者が審判を下す。与野党は、老後資金2千万円問題に端を発した公的年金不安、憲法改正、消費税増税の是非で対立した。安倍政権下での改憲に前向きな「改憲勢力」が、国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持するかどうかも焦点。22日未明に大勢が判明する。

 参院選は3年ごとの半数改選。今回は定数3増になり、124議席(選挙区74、比例代表50)を与野党が争奪する。4日公示され、選挙区215人、比例代表155人の計370人が立候補した。





第25回参院選は21日に投票が行われ、即日開票される。
第2次政権発足から6年半続く安倍晋三首相(自民党総裁)の政権運営に有権者が審判を下す。
22日未明に大勢が判明する。
私は期日前投票をしなかったので、明日、投票に行きます。
ラベル:参議院選
posted by hazuki at 23:02| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参院選の期日前投票1.07倍 19日までに1417万人

参院選の期日前投票1.07倍 19日までに1417万人
https://this.kiji.is/525260462042694753?c=39546741839462401
2019/7/20 19:36 (JST)

 総務省は20日、参院選公示翌日から投票日2日前に当たる19日までの期日前投票者数(選挙区)が1417万2236人だったと発表した。公示日が前倒しされ選挙期間が通例より1日長かった前回2016年の同時期と比べ97万人余り多く、1.07倍。3日現在の在外も含めた選挙人名簿登録者(有権者)総数の13.30%が投票を済ませたことになる。

 最終的な期日前投票者数は16年の1597万8516人を上回り、過去最高を更新する可能性がある。

 都道府県別では、前回の同時期比で高知県が最も伸びて1.31倍。滋賀県の1.24倍、沖縄県の1.23倍と続いた。





総務省は20日、参院選公示翌日から投票日2日前に当たる19日までの期日前投票者数(選挙区)が1417万2236人だったと発表した。
公示日が前倒しされ選挙期間が通例より1日長かった前回2016年の同時期と比べ97万人余り多く、1.07倍。
3日現在の在外も含めた選挙人名簿登録者(有権者)総数の13.30%が投票を済ませたことになる。
私は期日前投票をしませんでした。
明日、投票に行きます。
ラベル:総務省 参議院選
posted by hazuki at 22:32| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元徴用工訴訟で河野太郎外相、韓国の提案は「極めて無礼」

元徴用工訴訟で河野太郎外相、韓国の提案は「極めて無礼」

元徴用工訴訟で河野外相、韓国の提案は「極めて無礼」
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3729501.html
19日 17時05分

 元徴用工訴訟をめぐり、日本が求めていた仲裁委員会の開催に韓国側が応じなかったことを受け、河野外務大臣が韓国の駐日大使を呼び、抗議しました。

 「(日韓)請求権協定に基づく仲裁を行うことができなかったのは非常に残念」(河野太郎 外相)

 河野大臣は19日午前、外務省に韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使を呼び、韓国側が仲裁委員会の開催に応じなかったことについて、強く抗議しました。その上で、河野氏は「韓国政府が行っていることは第2次世界大戦後の国際秩序を根底から覆すに等しいものだ」として、問題解決に向けて適切に対応するよう求めました。

 これに対し、南大使が日本の輸出規制強化を「一方的だ」と非難したほか、日本政府がすでに受け入れられないと表明している韓国側の解決策を再び持ち出したため、河野氏が怒りをあらわにする場面もありました。

 「ちょっと待ってください。韓国側の提案は全く受け入れられるものでない。国際法違反の状況を是正するものでないということは、以前に韓国側にお伝えをしております。それを知らないふりをして改めて提案するのは極めて無礼です」(河野太郎 外相)

 日本政府は国際司法裁判所への提訴を検討するほか、日本企業に実害がでた場合、韓国政府に賠償を求めるなど、必要な措置を講じていく方針です。


河野太郎・徴用工問題・抗議.PNG



元徴用工訴訟を巡り、日本が求めていた仲裁委員会の開催に韓国側が応じなかったことを受け、河野外務大臣が韓国の駐日大使を呼び、抗議した。
南大使が日本の輸出規制強化を「一方的だ」と非難したほか、日本政府がすでに受け入れられないと表明している韓国側の解決策を再び持ち出した為、河野氏が怒りをあらわにする場面もあった。
「ちょっと待ってください。韓国側の提案は全く受け入れられるものでない。」(河野太郎)




関連

政府、国際司法裁提訴へ本格検討 韓国徴用工訴訟巡り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/468061366.html
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 21:54| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする