2019年07月16日

[参院選東京選挙区] 丸川珠代、吉良佳子、山口那津男が先行

[参院選東京選挙区] 丸川珠代、吉良佳子、山口那津男が先行

丸川、吉良、山口が先行=東京【参院選情勢】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071400219&g=pol
2019年07月14日16時23分

 自民丸川、共産吉良、公明山口の現職3人が先行。これに自民現職の武見、立憲新人の塩村と山岸が続き、維新新人の音喜多も激しく追う。国民新人の水野、社民新人の朝倉は厳しい戦いだ。
 前回の2013年にトップ当選だった丸川は、高い知名度を背景に堅調な戦い。自民支持者に加え、無党派層への浸透を図る。2期目を狙う吉良は政権に批判的な層に支持を広げ、安定した戦い。党代表の山口は選挙区を空けることが多いが、党支持者を手堅くまとめている。
 武見は都医師会を中心に組織戦を展開するが、広がりが課題。2議席獲得を目指して立憲が擁立した塩村と山岸は活動エリアを東西に分け、支持層の票を分け合う作戦だ。音喜多は維新票の掘り起こしを図るとともに、無党派層の取り込みに懸命。




自民・丸川珠代、共産・吉良佳子、公明・山口那津男の現職3人が先行。
これに自民現職の武見敬三、立憲新人の塩村文夏と山岸一生が続き、維新新人の音喜多駿も激しく追う。
国民新人の水野素子、社民新人の朝倉玲子は厳しい戦い。
共産党の吉良佳子氏は議席が獲得出来そう。
立憲民主党は塩村文夏と山岸一生が競っている。

東京 選挙区
https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/2019/13/skh43404.html




参考

参院選東京選挙区 20人立候補 定数6人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467732004.html
ラベル:参議院選
posted by hazuki at 22:27| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[参院選神奈川選挙区] 島村大、牧山ひろえが抜け出す

[参院選神奈川選挙区] 島村大、牧山ひろえが抜け出す

島村、牧山が抜け出す=神奈川【参院選情勢】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071400220&g=pol
2019年07月14日16時23分

 改選4議席に14人がひしめく混戦から、自民現職の島村と立憲現職の牧山が抜け出す。公明現職の佐々木が追い掛け、残る1議席を共産新人の浅賀、維新現職の松沢が激しく競り合う。

 自民、立憲はともに2人目の擁立を見送り、手堅い選挙に徹する。島村は100万票超の得票を目指し陣営を引き締める。牧山は4月の統一地方選で大幅に増加した県議らの支援を受け、票の上積みに全力を挙げる。佐々木も着実に支持を固める。
 浅賀は次点だった3年前の参院選以降、地道に活動を重ねて無党派層にも浸透を図る。松沢は元知事の知名度を生かして積極的に街頭に立ち、滑り込みを狙う。国民新人乃木、社民新人相原は厳しい。




改選4議席に14人がひしめく混戦から、自民現職の島村大と立憲現職の牧山ひろえが抜け出す。
公明現職の佐々木さやかが追い掛け、残る1議席を共産新人の浅賀由香、維新現職の松沢成文が激しく競り合う。
共産新人の浅賀由香に頑張って欲しいが、知名度では維新の松沢成文だと思います。

神奈川 選挙区
https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/2019/14/skh43405.html




参考

参院選神奈川選挙区 14人が立候補 定数4人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467757795.html
ラベル:参議院選
posted by hazuki at 22:00| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[参院選大阪選挙区] 東徹、太田房江が先行

[参院選大阪選挙区] 東徹、太田房江が先行

東、太田が先行=大阪【参院選情勢】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071400233&g=pol
2019年07月14日16時27分

 維新現職の東、自民現職の太田が先行。残る2議席を維新新人の梅村、公明現職の杉、共産現職の辰巳、立憲新人の亀石が激しく争う。

 4月の府知事・市長のダブル選と衆院補選を制した維新の勢いを追い風に、東は着実に支持層を固め安定。前回に続くトップでの再選を狙う。太田は知事時代の知名度を生かし実績をアピール。党内で候補者が太田に一本化されたこともあり、手堅く支持層をまとめる。
 出馬表明で後れを取った梅村は子育て政策を中心に訴え、維新支持層のほか無党派層への浸透を図る。杉は現職としての実績を強調し、公明支持層をまとめる。辰巳は政権批判票の取り込みに懸命。亀石は組合票などを固めながら支持拡大を狙う。国民新人のにしゃんたは伸び悩んでいる。




維新現職の東徹、自民現職の太田房江が先行。
残る2議席を維新新人の梅村みずほ、公明現職の杉久武、共産現職の辰巳孝太郎、立憲新人の亀石倫子が激しく争う。
共産党の辰巳孝太郎氏に頑張って欲しいのですが、議席を獲得出来るかどうか。
維新の新人の梅村みずほが強いらしい。

大阪 選挙区
https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/2019/27/skh43418.html




参考

参院選大阪選挙区 12人が立候補届け出 定数4人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467764533.html
ラベル:参議院選
posted by hazuki at 21:30| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする