2019年07月14日

武部勤氏「日本は天皇の国」 北海道自民候補応援で共産批判

武部勤氏「日本は天皇の国」 北海道自民候補応援で共産批判
https://this.kiji.is/523050006339224673?c=39546741839462401
2019/7/14 17:13 (JST)

 自民党の武部勤元幹事長は14日、北海道北見市で参院選北海道選挙区の同党候補を応援する集会であいさつし「天皇、皇后両陛下が、国民の心からの歓迎を受けて令和新時代が始まった。天皇の国と言っても過言ではない日本の歴史の中で、国民に根付いている」と述べた。共産党がかつて天皇臨席の国会開会式に欠席していたことを「日本の魂を否定する」と強く批判した。

 2000年には、当時の森喜朗首相が「日本は天皇を中心とした神の国」と発言し、憲法が定める主権在民に反すると批判された。


武部勤元幹事長.PNG



自民党の武部勤元幹事長は14日、北海道北見市で参院選北海道選挙区の同党候補を応援する集会であいさつし「天皇、皇后両陛下が、国民の心からの歓迎を受けて令和新時代が始まった。天皇の国と言っても過言ではない日本の歴史の中で、国民に根付いている」と述べた。
引退しても、自民党ですね。
そもそも国民に主権があることが可笑しいと思っているのでしょうか?

北海道 選挙区
https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/2019/01/skh43392.html

高橋はるみの応援でしょうか?
岩本剛人の応援でしょうか?
憲法が定める主権在民に反する発言です。
ラベル:武部勤
posted by hazuki at 22:42| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 貿易交渉、今月下旬事務協議へ 参院選後に加速 日米調整

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 貿易交渉、今月下旬事務協議へ 参院選後に加速 日米調整

貿易交渉、今月下旬事務協議へ=参院選後に加速−日米調整
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071300368&g=int
2019年07月13日16時52分

【ワシントン時事】日米両政府の次官級担当者は12日、農産物や自動車を中心とする物品貿易交渉の進め方をめぐりワシントンで意見交換を行った。次回の事務レベル協議を24〜26日に米国で行うことで最終調整する方向となった。「参院選後の早期成果」を目指し、8月上旬に閣僚協議を開く可能性も探っている。

 次官級会合では、今月21日投開票の参院選後の交渉日程のほか、今後の関税撤廃・引き下げ協議で閣僚、高官、実務者それぞれが担当する重点項目を確認した。24日にもワシントンで始まる事務レベル協議には、日本から農林水産、経済産業、財務、外務各省の高官や実務者が出席。米国は通商代表部(USTR)や農務省の高官らが臨む。




日米両政府の次官級担当者は12日、農産物や自動車を中心とする物品貿易交渉の進め方を巡りワシントンで意見交換を行った。
次回の事務レベル協議を24〜26日に米国で行うことで最終調整する方向となった。
「参院選後の早期成果」を目指し、8月上旬に閣僚協議を開く可能性も探っている。
参院選のどさくさに紛れて、日米貿易交渉の事務レベル協議が現在進行形。
8月上旬に茂木・ライトハイザーの閣僚協議を開く可能性も探っている。
トランプの8月発言の通りになる恐れがある。

日米協議
https://www.cas.go.jp/jp/tpp/ffr/index.html

日米協議は、内閣官房のサイトにUPされる予定です。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(PDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

対日交渉、参院選まで「待つ」 トランプ氏が安倍首相に配慮
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465926145.html

ライトハイザーUSTR代表が5月24日に来日、日米閣僚交渉へ 関係筋
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465802154.html

日米通商交渉、5月訪日前に合意も 首脳会談でトランプ大統領
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465397837.html




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 来月から事務レベル協議本格化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467546598.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] ロバート・ライトハイザー米通商代表 新たな貿易交渉「日本と数か月で合意」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467463958.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉「参院選後に成果」 閣僚協議で一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467173235.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易事務レベル協議、平行線続く
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467104254.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米大統領訪日中に通商問題の合意ない見通し 茂木敏充再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465925626.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉、事務レベル協議 関税削減・撤廃で双方の主張を確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465866650.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米、週末に閣僚会合 貿易交渉、首脳会談控え調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465838799.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 大統領訪日前に事務レベル協議へ 今後の論点整理
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465650928.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米、貿易交渉枠内で為替協議要求 日米財務相会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465416452.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 茂木敏充再生相、農業分野で状況改善したいと米大統領指摘 首脳会談で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465414022.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 麻生太郎財務相 為替条項が議題の場合も「国益踏まえる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465301030.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定を議論するための会合に関するUSTRの声明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465221408.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 農産物関税はTPP水準で一致 日米貿易交渉、為替で譲歩不可避
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465207290.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米“車”“農産品”で交渉開始、“デジタル貿易”も対象に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465206264.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米、為替条項を改めて要求へ ムニューシン財務長官、対日協議「幅広く」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465153457.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 トランプ政権が送り込む「実力者」にどこまで戦える?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463877243.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉開始へ 政府は米国の出方を注視
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463494703.html

[TAG] 必要な議論は財務相同士で議論 米財務長官の為替条項発言で茂木敏充経財相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462181249.html

[TAG] 日本にも為替条項要求へ ムニューシン米財務長官、TAG交渉巡り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462165396.html

[TAG] 「TAG」は捏造の疑い 日本政府訳にのみ記載 日米共同声明 首相答弁との矛盾隠す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462148959.html

[TAG] 日本を標的にするトランプ大統領(孫崎享・評論家)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462011414.html

[TAG] 日米TAG交渉入り FTA、EPA、FFR… 貿易分野また略語 TAGは日本が独自に使用するFTAの略称
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462010984.html

[TAG] 斎藤健農相「文書で確認、意義大きい」、日米TAG
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461908948.html

[TAG] TAGは「実質FTA」でなく「FTAそのもの」(鈴木宣弘・東京大学教授)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461907602.html

物品貿易協定(TAG)とは モノにかかる関税が対象
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885605.html

[TAG] 関税含む日米物品貿易協定開始で合意 交渉中は関税引き上げ回避
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885291.htmll




関連

米自動車業界、対日貿易で為替条項など要求 USTR公聴会で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463172254.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 21:03| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[政見放送] 日本共産党「財界中心、異常なアメリカ言いなりという政治の歪みを正す」

[政見放送] 日本共産党「財界中心、異常なアメリカ言いなりという政治の歪みを正す」

【政見放送全文】日本共産党「財界中心、異常なアメリカ言いなりという政治の歪みを正す」
https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/kyousan2019
2019/07/13 10:30


(転載)

日本共産党

小池晃書記局長のあいさつ

小池:日本共産党の書記局長の小池晃です。私たちは、「暮らしに希望を」「比例代表は共産党へ」と訴えます。

今日は、私も含めて7名の候補者が、公約と決意を述べます。「年金だけでは暮らしていけないから2000万円貯金しなさい」。金融庁の報告書が、衝撃を広げています。そして、安倍首相は、年金をこれから7兆円も削ると言います。

今でも足りない年金をこれ以上減らして良いのでしょうか。2000万円も貯金をするより、あなたの一票で政治を変える方が簡単です。

共産党は、マクロ経済スライドを止めて、減らない年金にします。低すぎる年金に、緊急の底上げを行います。これが安心できる年金への第一歩です。

さらに、消費税増税を中止し、「暮らしに希望を」。3つの提案を実現します。第1に、8時間働けば普通に暮らせる社会をつくりましょう。第2に、年金をはじめ、暮らしを支える社会保障を築きましょう。第3に、お金の心配なく学び、子育てができる社会を実現しましょう。

家計を応援し、貧困と格差を正し、日本経済を元気にするプランです。大企業には、せめて中小企業並みの法人税を。富裕層の株取引には、平等に所得税を。能力に応じた負担を求めれば、消費税に頼らず財源は作れます。

今、安倍政権のもとで、国民の暮らしも日本の民主主義も危うくなっています。憲法違反の安保法制などを数の力で強行し、公文書の改ざんや賃金統計の捏造まで行われました。

日本共産党は、この国の政治に、当たり前の民主主義を取り戻し、そのために市民と野党の共闘を前に進めて、新しい政治を作ってまいります。私、小池晃に引き続き、その仕事をやらせてください。

各候補者の話(司会は小池書記局長)


(転載、ここまで。続きは転載元のBuzzFeed Newsをご覧下さい。)

小池晃・共産党・参院選.PNG



7月21日に投開票される参議院議員選挙。
共産党は、どんな主張をしているのか。
NHKで放送された「政見放送」です。
共産党の比例代表の候補、小池晃、山下よしき、梅村さえこ、しいばかずゆき、紙智子、井上さとし、仁比そうへい各候補の訴え。
(政見放送(比例代表選挙)のリハーサル)



2019参院選 比例7候補の訴え




関連

[参院選] 「希望と安心」掲げる共産党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467882364.html
ラベル:小池晃
posted by hazuki at 17:03| Comment(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ゲノム編集] 企業の種子支配批判 共産党の紙智子氏 新品種の登録可能に

[ゲノム編集] 企業の種子支配批判 共産党の紙智子氏 新品種の登録可能に

企業の種子支配批判 紙氏 新品種の登録可能に
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-07-04/2019070404_07_0.html
2019年7月4日(木)

 企業が地方自治体の種子の知見とゲノム編集技術を活用し新品種の開発や登録を行うことが可能となり、種子の企業支配が強まる恐れがあることが、6月11日の参院農林水産委員会での日本共産党の紙智子議員の追及で明らかになりました。

 紙氏は、農水省が、種子法廃止と同時に成立した農業競争力強化支援法にもとづき、都道府県が開発した種苗の知見を民間企業に提供するよう求めていると指摘。企業が都道府県から提供を受けた知見やゲノム編集技術を用いて開発した新しい品種を登録することは可能になるのかと質問しました。同省の塩川白良食料産業局長は、「品種の登録は可能」だと答えました。

 紙氏は、開発期間もコスト的にも効率よく品種改良できる企業による種子支配が強まるのではないかと質問。塩川局長も企業支配が強まる恐れを否定できませんでした。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年6月11日
農林水産委員会
約1時間39分

会議の経過
  農林水産委員会(第十五回)
   理事の補欠選任を行った。
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   ゲノム編集技術により得られた農林水産物等に関する件、株式会
   社農林漁業成長産業化支援機構の運営状況に関する件、棚田地域
   振興に関する件、林業の振興施策に関する件、水産資源管理に関
   する件等について吉川農林水産大臣、高野農林水産大臣政務官及
   び政府参考人に対し質疑を行った。
   棚田地域振興法案(衆第一七号)(衆議院提出)について提出者
   衆議院農林水産委員長武藤容治君から趣旨説明を聴いた後、可決
   した。

発言者一覧

堂故茂(農林水産委員長)
小川勝也(立憲民主党・民友会・希望の会)
森ゆうこ(国民民主党・新緑風会)
儀間光男(日本維新の会・希望の党)
紙智子(日本共産党)
武藤容治(衆議院農林水産委員長)


紙智子・ゲノム編集.PNG



企業が地方自治体の種子の知見とゲノム編集技術を活用し新品種の開発や登録を行うことが可能となり、種子の企業支配が強まる恐れがあることが、6月11日の参院農林水産委員会での共産党の紙智子氏の追及で明らかになった。

<第198回国会 農林水産委員会 2019年6月11日>
http://www.kami-tomoko.jp/sitsumon/198/190611.html

○紙智子君 そういうふうに説明されるんですけど、実際にはやっぱり守られていないということが現にあるんですね。だから、やっぱり厳しくやらないと本当にやっていけなくなるという、そういう現実があるんだということを、そうだそうだという声も出ているんですけど、厳しく是非これはやっていただきたいんですよ。
 大臣が許可する漁業というのは、沿岸漁業に対して極めて大きな影響を与えているんですね。沿岸漁業、漁村地域がやっぱり元気でなければ、地域そのものが大変なことになってしまうわけで、それから、今、マイワシとかサバの資源が回復しつつあるということも言われているわけですから、この大臣許可漁業の在り方も検討していただきたいと、そのことを求めておきたいと思います。
 次に、ゲノム作物、ゲノム食品についても聞いておきたいと思います。
 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会が、三月二十七日にゲノム編集技術を応用した食品の食品衛生法における取扱いの報告書をまとめました。今年の夏にも解禁されるという報道がされています。
 それで、ゲノム作物が認められれば、これ種子生産がどう変わるんだろうかというふうに思うんですね。主要な種子の扱いは、これ種子法が廃止をされました。農業競争力強化支援法によって、都道府県が開発した種苗の知見を民間企業に提供することになったわけです。そうすると、都道府県からこの知見の提供を受けた企業というのは、ゲノムの編集技術によって新しい品種を作り品種登録ということができることになるんじゃないかと思うんですけれども、そうなんでしょうか。

○政府参考人(農林水産省食料産業局長 塩川白良君) お答え申し上げます。
 植物の新品種につきましては、種苗法上、区分性、すなわち既に知られた他の品種と形状や耐病性等の特性が区分できること、それから均一性、同一世代で特性が全て均一であること、それから安定性、その品種の種苗を何世代増殖してもその特性の全部が安定して次世代に伝わることなどの要件を満たすものが品種登録を受けることができるとされているところでございます。
 他方、当該品種がいわゆるゲノム編集技術によって開発されたか否かを含めまして、どのような技術が育成過程で用いられたかについては品種登録の要件とはなっておらず、品種の登録は可能であると考えております。

○紙智子君 基本的には可能であるという答弁だったと思います。
 それで、企業は、都道府県が長年掛けて開発してきた品種を手に入れたら、ゲノム編集技術によって新しい品種を手に入れることができると。つまり、企業は、品種の開発期間もコストも短縮して非常に効率よく品種改良を行うことができるようになると。で、そういう企業の種子支配が強まる傾向が生まれるかもしれないというふうにも思うんですね。その辺、いかがでしょうか。そういう可能性もあるんじゃないかということですけれども。

○政府参考人(農林水産省食料産業局長 塩川白良君) さっき申し上げましたように、先生御指摘のように、競争力支援強化法では都道府県から民間事業者に対して知見を出していくということになってございますので、その一つとしてそのようなゲノム編集技術につきましてもあり得ないことではないと思いますが、これから、先ほど消費者庁も答弁されたように、そういうものを含めましてしっかり検討していくものだというふうに考えております。

○紙智子君 非常に不安もたくさんあります。
 それで、そもそもゲノム作物、ゲノム食品に対する国民の理解というのは余り広がっていないと思うんですね。開発者は、リスクはゼロでないというふうに言っていると。消費者の中に未知の食品への不安もあります。生態系への影響も懸念されていると。ヨーロッパでは、欧州司法裁判所が二〇一八年の七月に遺伝子組換えと同様に規制するという判断を下しているんですね。
 大臣、最後にお聞きしたいんですけれども、ゲノム編集作物あるいは食品の理解というのは、これ国民的に広がっているというふうに思われますか。

○国務大臣(農林水産大臣 吉川貴盛君) ゲノム編集技術で得られました農林水産物の規制上の取扱いについては、食品の安全性の観点からは食品衛生法を所管をする厚生労働省、生物多様性の観点からはカルタヘナ法を所管をする環境省において、それぞれの必要な措置を検討してきていると承知もいたしております。法律の対象外となるものにつきましても、使用に先立ち、食品の安全や生物多様性への影響など情報提供を受け国で公表するなど、一定の管理を行うこととされたと承知もいたしております。
 一方で、このゲノム編集技術につきましては、新規の技術でもあり、国民の理解を更に広め、深めていくことが重要であることから、農林水産省といたしましても、関係省庁と連携をして説明会などのリスクコミュニケーションを行うなど、正確な情報提供等に努めてまいりたいと思っております。もとより、食料の安全、安心の所管でもあります農林水産省でもございますので、しっかりと情報提供というのはやっておかなければならないと、このようには今の段階では申し上げさせていただきたいと思います。

○紙智子君 やはり国民の理解という点では広がっていないという認識だと思います。まだまだ分かっていないというように思います。そうである以上、やっぱり急ぎ過ぎず、ちゃんと国民的な議論が必要だと思いますので、そこをしっかりやっていただきたいということを申し上げておきたいと思います。
 もう時間になりますけど、棚田の問題は、先ほども森ゆうこ議員からも話がありまして、私もちょっといろいろやっている方に話を聞いたんですけれども、百選、棚田百選に選ばれている棚田でも先行きが非常に厳しい状況だという話がありました。
 やっぱり支えていく対策としては、本当に担い手がいないと。で、水管理が上流の方でできなければ、水流れてこないと棚田そのものはやっていけないということも含めて、やっぱり総合的な、本当に地域全体どうするのかという対策がなかったら、もう小手先では大変なんだと、もう棚田百選自身が大変だという話もありますので、そこはしっかりと強化していただけるようにということを申し上げて、質問を終わります。




参考

[ゲノム編集] ゲノム編集食品の表示 消費者庁「義務付け困難」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467425383.html

[ゲノム編集] 受精卵「ゲノム編集」指針施行 生殖医療の基礎研究を容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464925799.html

[ゲノム編集] 厚生労働省の食品衛生審議会遺伝子組換え食品等調査会にて、わずか4回の審議で2018年12月に報告書をまとめた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464806864.html

[ゲノム編集] ゲノム編集食品、夏にも 届け出制の実効性疑問も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464682517.html
posted by hazuki at 08:24| Comment(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハガティ米大使が上院選出馬へ トランプ氏、ツイッターで

ハガティ米大使が上院選出馬へ トランプ氏、ツイッターで

ハガティ米大使が上院選出馬へ=トランプ氏、ツイッターで
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071300148&g=pol
2019年07月13日11時20分

【ワシントン時事】トランプ米大統領は12日、ウィリアム・ハガティ駐日大使(59)が来年の上院選に南部テネシー州から立候補するとの見通しをツイッターで明らかにした。現職議員不出馬を受けたもので、後任の大使人事が焦点となる。
 トランプ氏は「テネシーを愛するハガティ大使は上院選に出馬するだろう。完全に支持する!」と記した。
 テネシー州では、現職のアレクサンダー上院議員(共和党)が2020年の選挙に出馬しない意向を表明。同州選出議員らの間でハガティ氏の擁立論が強まっていた。
 ハガティ氏はテネシー州出身。投資会社創業などを経て、11年から15年まで同州経済開発庁長官を務めた。16年大統領選でトランプ陣営に加わるなど大統領との関係は近く、17年8月から駐日大使を務めている。


ウィリアム・ハガティ駐日米大使.PNG
トランプツイート・ハガティ.PNG




Donald J. Trump✔@realDonaldTrump
Tennessee loving Bill Hagerty, who was my Tennessee Victoy Chair and is now the very outstanding Ambassador to Japan, will be running for the U.S. Senate. He is strong on crime, borders & our 2nd A. Loves our Military & our Vets. Has my Complete & Total Endorsement!


https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1149779387077791749



トランプ米大統領は12日、ウィリアム・ハガティ駐日大使(59)が来年の上院選に南部テネシー州から立候補するとの見通しをツイッターで明らかにした。
現職議員不出馬を受けたもので、後任の大使人事が焦点となる。
トランプ氏は「テネシーの皆から愛され、前テネシー・ビクトリー会長で、今は活躍の駐日大使のビル・ハガディは(2020年の)上院選に出馬する。彼は犯罪、国境に厳しく、銃保持権利を擁護する。軍隊と退役軍人を愛す。私は彼を全面支持する。」とツイートした。
ハガティ駐日大使は、日本での実績なし。
ウィリアム・ハガティ氏の後任は誰になるのだろう。
posted by hazuki at 07:44| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする