2019年07月10日

公的年金だけで生活無理75% 老後不安あらわ、民間調査

公的年金だけで生活無理75% 老後不安あらわ、民間調査
https://this.kiji.is/521592793285919841?c=39546741839462401
2019/7/10 16:43 (JST) 7/10 16:46 (JST)updated

 4人のうち3人にあたる75%が公的年金だけでは老後に生活できないと感じていることが10日、マーケティング事業などを展開するインサイトテック(東京)による調査で分かった。参院選で年金制度が最大の争点となる中、多くの人が金銭的な将来不安を抱える実態が浮き彫りとなった。

 調査は、6月にインターネットで実施。10〜70代の男女1499人から回答を得た。

 まだ公的年金を受給していない人(1453人)に、年金だけで老後に生活できるかを尋ねたところ、75%が「できないと思う」と回答する一方、「できると思う」は4%にとどまった。「わからない」は21%だった。




4人のうち3人にあたる75%が公的年金だけでは老後に生活できないと感じていることが10日、マーケティング事業などを展開するインサイトテック(東京)による調査で分かった。
調査は、6月にインターネットで実施。
10〜70代の男女1499人から回答を得た。
ネットをしない人もいるが、年金問題をどう感じているか気になる。
私は亡くなった主人が身体障害者で、障害年金を受給していた。
それで、遺族年金の請求が出来たので、遺族年金を受給している。
遺族年金が1ヶ月で、10万7千円ぐらい。
2ヶ月に1回の受給なので、2ヶ月で、21万4千円ぐらい。
65歳になったら、自分の年金が貰えるが、遺族年金の寡婦加算の部分はなくなる。
自分の年金は、1ヶ月で、5万6千円ぐらいしかないのではないかと思う。
私は国民年金1号の期間が長いので、遺族年金が減らされると、自分の年金は当てにならないと思っている。
私が一緒に生活をしている次男に対して、「母ちゃんが70歳になったら」と例え話をすると、次男に「早く死んでくれ」と言われる。
次男が高齢者になって行く母親の面倒を見切れないことが良く分かる。
遺族年金や主人が受給していた障害年金については、別件で、記事を書きたい。
ラベル:世論調査
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「公的年金は老後生活の柱」厚労白書 平成30年版 遅れて公表

「公的年金は老後生活の柱」厚労白書 平成30年版 遅れて公表

「公的年金は老後生活の柱」厚労白書 平成30年版 遅れて公表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190709/k10011987301000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_011
2019年7月9日 12時27分

平成30年版の厚生労働白書が例年よりも大幅に遅れて9日、公表されました。白書では公的年金制度について、「国民の老後生活の柱としての役割を担っている」と明記しています。

厚生労働白書は、例年、その年の夏から秋にかけて公表されていますが、平成30年版の白書は、障害者雇用の水増し問題などの影響で取りまとめの作業が滞り、公表が大幅にずれこみました。

白書では、中央省庁による障害者雇用の水増し問題について、「大変重く受け止め、これまでの対応を深く反省する」としたうえで、法定雇用率を速やかに達成できるよう、各省庁を支援する方針を示しています。

また、公的年金制度については、「高齢者世帯でみれば収入のおよそ7割を占めるなど年金給付が国民の老後生活の柱としての役割を担っている」と明記しています。

一方、今回の白書には、去年2月に行った調査で、障害などのある人1000人のうち66%が、体力面の不安や職場環境が整備されていないことを理由に、仕事との両立が困難だと回答したことなどが掲載されています。

そして、「障害や病気を抱える人への配慮や支援ができる職場作りを進め、すべての人が活躍できる社会を作ることが必要だ」としています。




平成30年版の厚生労働白書が例年よりも大幅に遅れて9日、公表された。
白書では公的年金制度について、「国民の老後生活の柱としての役割を担っている」と明記している。
公的年金制度については、「高齢者世帯でみれば収入のおよそ7割を占めるなど年金給付が国民の老後生活の柱としての役割を担っている」と明記している。

「平成30年版厚生労働白書」を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05530.html

高齢者世帯でみれば収入のおよそ7割を占める。
年金だけでは、生活が出来ない。




参考資料

「平成30年版厚生労働白書」を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05530.html
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 21:52| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする