2019年07月03日

「イージス・アショア」 岩屋毅防衛相が山口県知事らに陳謝

「イージス・アショア」 岩屋毅防衛相が山口県知事らに陳謝

「イージス・アショア」 防衛相が山口県知事らに陳謝
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190703/k10011980251000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_006
2019年7月3日 12時49分

新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画をめぐり、岩屋防衛大臣は山口県を訪れ、村岡知事らに対し、防衛省の説明資料の不手際を陳謝したうえで配備への理解を求めました。

「イージス・アショア」の配備計画をめぐっては、候補地の秋田市に関連する調査データのミスに加え、もう1つの候補地の山口県萩市に関連する説明資料でも高台の標高が国土地理院のデータと異なっていたことなどから、地元に不信感が広がっています。

このため岩屋防衛大臣は3日、山口県庁を訪れて村岡知事らと会談し、「秋田県での大きなミスで山口県の皆さんにも心配をかけた。山口県でも標高について混乱や誤解を招いてしまい、申し訳なく思っている」と陳謝したうえで、追加の測量調査を行う方針を伝えました。

そして「ミサイル防衛はわが国の防衛力の大きな柱だ。配備を地元に理解してもらえるように丁寧に説明していきたい」と述べました。

これに対し村岡知事は「データは影響の有無を確認する基礎であり、その信頼が揺らぐようなことは決してないようにしてほしい」と述べ、再発防止の徹底と地元住民への丁寧な説明を求めました。

一方、隣接する阿武町の花田町長は「配備は町が取り組んできた定住対策の方向性を根底からひっくり返し、町の存亡に関わるものだ」と述べ、配備に反対する考えを改めて示しました。


岩屋防衛相・山口で陳謝.PNG



新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、岩屋防衛大臣は山口県を訪れ、村岡知事らに対し、防衛省の説明資料の不手際を陳謝した上で配備への理解を求めた。
「秋田県での大きなミスで山口県の皆さんにも心配をかけた。山口県でも標高について混乱や誤解を招いてしまい、申し訳なく思っている」と陳謝した。
秋田県に続き、山口県でもミスをしたイージス・アショア。
秋田県は拒否しているが、山口県はどうするのだろう?
安倍政権は、年金問題とイージス・アショア問題を抱えている。




参考資料

“日本国民3000万人殺戮”を北朝鮮と共謀するのか、「THAAD配備をしない」と決定した“国民殺し宰相”安倍晋三(中川洋八掲示板)
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/?page=1499672622

「イージス・アショア」は百害あって一利なし 「THAAD」導入こそ実行すべき
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50173

THAADミサイル
https://ja.wikipedia.org/wiki/THAAD%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

【弾道ミサイル防衛の要】Xバンドレーダー“AN/TPY-2”とは【THAADミサイル】
https://matome.naver.jp/odai/2140137625935506401




参考

[イージス・アショア] 岩屋毅防衛相が佐竹敬久・秋田県知事に陳謝
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467228577.html

岩屋毅防衛相「INF条約に違反せず」 地上イージス巡り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464087353.html

小野寺五典防衛相「丁寧に説明」、イージス・アショア配備反対表明の候補地に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461787007.html

[イージス・アショア] 地質調査「不適」なら配備地再検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461376157.html

[イージス・アショア] 地上「イージス」稼働は30年間 小野寺防衛相が説明、2023年度運用予定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456834035.html

12月19日、「イージス・アショア」導入 閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455702658.html

地上イージスで7億円追加要求 イージス・アショア導入12月19日閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455457183.html

地上型イージス導入を前倒し、巡航ミサイルも導入方針 敵基地攻撃可能に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455376045.html

[防衛省] イージス・アショア配備 秋田・山口で調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454840580.html
posted by hazuki at 23:52| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「5G」整備に向け信号機活用で来春に工程表策定へ

「5G」整備に向け信号機活用で来春に工程表策定へ

「5G」整備に向け信号機活用で来春に工程表策定へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190702/k10011979051000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_019
2019年7月2日 15時24分

高速・大容量の次世代通信規格「5G」の整備に向けて、全国にある信号機を基地局として利用する技術などを検討する関係省庁の会議が開かれ、来年春をめどに具体的な工程表を策定することを確認しました。

次世代通信規格「5G」の整備に向けて、政府は先月、全国におよそ20万基ある信号機を、アンテナ基地局として利用することを盛り込んだIT戦略を決定しました。

これを受けて2日、関係省庁が必要な技術などを検討する会議の初会合が開かれ、平井IT担当大臣は、「5Gと信号機の連携は画期的なプロジェクトであり、国民が早期に恩恵を受けられるよう、スピード感を持って取り組んでほしい」と述べました。

このあと総務省の担当者が、新たなアンテナの設置で信号機本来の機能に支障をきたさないようにすることや、通信事業者に設置のコストなどをどれだけ負担してもらうかなど、今後検討すべき課題を説明しました。

そして会議では来年春をめどに、具体的な工程表を策定することを確認しました。


平井卓也IT担当大臣.PNG



高速・大容量の次世代通信規格「5G」の整備に向けて、全国にある信号機を基地局として利用する技術などを検討する関係省庁の会議が開かれ、来年春をめどに具体的な工程表を策定することを確認した。
平井卓也IT担当大臣が担当ですね。
5Gが健康、環境への悪影響の恐れがあることは問題とされない。
来春を目途に工程表の策定です。
ラベル:平井卓也
posted by hazuki at 22:38| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日トルコ首脳会談] イラン念頭に中東の緊張緩和へ連携確認

[日トルコ首脳会談] イラン念頭に中東の緊張緩和へ連携確認

日本・トルコ首脳会談 イラン念頭に中東の緊張緩和へ連携確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190701/k10011978351000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_032
2019年7月1日 23時01分

安倍総理大臣は1日、日本を訪れているトルコのエルドアン大統領と会談し、イランをめぐって軍事的な緊張が続いていることを踏まえて、中東地域の平和と安定に向けて緊密に連携していくことを確認しました。

安倍総理大臣は、G20大阪サミットに合わせて、出席した首脳らと相次いで会談していて、1日夜は最後となるトルコのエルドアン大統領と夕食を交えておよそ1時間会談しました。

この中で両首脳は、6月に軍事的な緊張が続くイランのロウハニ大統領とそれぞれ会談したことを踏まえて、イランの情勢について意見を交わし、中東地域の平和と安定に向けて緊密に連携していくことを確認しました。

また安倍総理大臣は、内戦が続くシリアから隣国のトルコに逃れてきた多くの難民に対し、生活向上などの支援に取り組む考えを伝えました。

さらに両首脳は、両国のEPA=経済連携協定の早期合意に向けて交渉を加速させることや、地震などの災害の多いトルコへの防災分野での協力を強化していくことで一致しました。


トルコのエルドアン大統領と安倍晋三.PNG



安倍首相は1日、日本を訪れているトルコのエルドアン大統領と会談し、イランを巡って軍事的な緊張が続いていることを踏まえて、中東地域の平和と安定に向けて緊密に連携していくことを確認した。
また安倍首相は、内戦が続くシリアから隣国のトルコに逃れて来た多くの難民に対し、生活向上などの支援に取り組む考えを伝えた。

日・トルコ首脳ワーキングディナー
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/tr/page1_000841.html

 両首脳は,日・トルコ経済連携協定(EPA)の早期妥結に向け更に交渉を加速すること,日トルコの象徴的な協力案件であるトルコ・日本科学技術大学の実現に向けて更に協力していくこと,同大学その他に関し,具体的な協力を進めるためにも技術協力協定の早期締結を期待すること,経済を含む幅広い分野で日・トルコ関係を更に発展させていくことを確認しました。

首脳会談は、ワーキングディナーの形式で行ったようです。
トルコとのEPAも気になるところです。




参考資料

日・トルコ首脳ワーキングディナー
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/tr/page1_000841.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 21:59| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする