2019年07月02日

9条への自衛隊明記に反対55% 参院選候補に政策アンケート

9条への自衛隊明記に反対55% 参院選候補に政策アンケート
https://this.kiji.is/518546972772074593?c=39546741839462401
2019/7/2 07:12 (JST)

 共同通信社は第25回参院選の立候補予定者を対象に政策アンケートを実施し、6月30日までに269人から回答を得た。憲法改正を巡り、安倍晋三首相(自民党総裁)が提起する9条への自衛隊明記に55.4%が反対し、賛成とした30.1%を大幅に上回った。改憲論議の是非を聞くと「必要」が62.5%で、「不要」の30.5%の倍以上となった。参院選後に優先すべき政策課題(複数回答)で最多だったのは社会保障改革の54.6%。憲法改正は7.1%にとどまった。

 自民党の9条改憲案には公明党候補の46.2%が反対を選択。自民との温度差が明確となった。




共同通信社は第25回参院選の立候補予定者を対象に政策アンケートを実施し、6月30日までに269人から回答を得た。
憲法改正を巡り、安倍晋三首相(自民党総裁)が提起する9条への自衛隊明記に55.4%が反対し、賛成とした30.1%を大幅に上回った。
改憲論議の是非を聞くと「必要」が62.5%で、「不要」の30.5%の倍以上となった。
与野党問わず、改憲論議の是非を聞くと必要が62.5%。
野党で護憲派は社民党と共産党ぐらいです。
立憲民主党は改憲派。
posted by hazuki at 14:32| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[人工芝運動] SEALDsの奥田愛基 NED及びCIAの日本における傀儡、似非対米独立派(転載記事)

[人工芝運動] SEALDsの奥田愛基 NED及びCIAの日本における傀儡、似非対米独立派(転載記事) 

SEALDs奥田愛基 NED及びCIAの日本における傀儡、似非対米独立派  Aki Okuda Photographed by the Professional Filmmaker Ryota Nakanishi
https://www.flickr.com/photos/129126141@N06/23919286871

似非反体制派のSEALDsは、日本におけるNEDの人工芝運動であり、全米民主主義基金が同様にファンドしているひまわり運動や傘革命やベトナム/フィリピンのVOICEと同様である。2016年4月のマニラ会合での主催者は、NEDがファンドしているVOICEであり、NEDの国際人工芝運動の会合である。今の社会運動の敵は、反動権力とこのような内なる敵としての人工芝運動である。両者を打倒しようとするのが真の社会運動である。評論家ビジネスとしがらみへの執着で真の批判ができない似非リベラル、似非保守の論客どもはゴミである!それが日本の論壇の現実です!

【偽装され誘導される民主主義運動:数多の国々を対米隷属化してきた大衆運動工作機関であるCIAの全米民主主義基金(NED)の日本の反体制派運動への浸透に関して】

アラブの春、ウクライナ政変、ベネズエラ反チャベス運動、フィリピン、ベトナムの反中デモ、台湾ひまわり運動、香港雨傘運動、そして我が国日本のSEALDsはすべて米国務省が背後にあります。目下東アジアで展開中のアジア民主主義ネットワーク(Asia Democracy Network, ADN)を通じて反中包囲網及び、未来のネオリベブロック経済圏(TPP, FTAAP)を米主導で反体制派や右派を取り込む形で構築中です。ただ日本では、反中右派は政権側であり他国と事情が異なるために、反体制派側の主導権を握り、運動の命運を掌握するためにSEALDsとその付随勢力に膨大な広告費が流入しています。以上の米帝が背後にある運動はすべて土壇場で主権者大衆を裏切っています。建前とは異なり目的が別にあるからです。憲法問題のシングルイシュー化は、具体的な五大問題を争点から外し反体制運動全体を不能にします。「市民連合」は、市民の代行機関ではありませんし、代表でもありません!あくまで我々全ての日本の市民各個人の独立思考が問われています。カンパで左右されるIWJに対しても客観性を保つべきです!真の反体制派運動は稀有であります!25%運動はSEALDsではなく、植草一秀さんの考案です!‪#‎市民連合‬ ‪#‎Infiltration‬ ‪#‎SEALDs‬ ‪#‎NED‬ ‪#‎Imperialism‬ ‪#‎Warning‬ ‪#‎IWJ‬ ‪#‎市民連合and全米民主主義基金‬ ‪#‎真の反体制派運動は何処に‬?‪#‎SEALDsとNEDとADNによる日本の反体制運動の操作‬

URL: blogs.yahoo.co.jp/x_lucy0_x/42581640.html




SEALDsはNEDの人工芝運動。
全米民主主義基金が同様にファンドしているひまわり運動や傘革命やベトナム/フィリピンのVOICEと同様である。
NED=CIAフロント組織。

Hong Kong Informerの記事
https://hongkonginformer.com/198415/%e5%8f%8d%e4%b8%ad%e4%ba%82%e6%b8%af%e5%8b%9f%e6%ac%be%ef%bc%9acheuk-yan-lee-%e6%9d%8e%e5%8d%93%e4%ba%ba-donation-to-imperialist-agents-ned-sc-%e8%81%b7%e5%b7%a5%e7%9b%9fhkctu-%e6%94%af%e8%81%af/

NED-funded Taiwan Sunflower Movement, Hong Kong Umbrella Revolution, Việt Tân VOICE, SFT and the student group SEALDs from Japan reached agreement to establish international fake-grass-roots-movement network for future joint-operations at Manilla gathering in April 2016!

台湾のひまわり運動、香港の傘革命、VFT、SFT、そして日本からの学生グループSEALDsが、2016年4月にマニラで開催される将来の合同事業のための国際的な偽草の根運動ネットワークを設立するという合意に達しました!

分析レポート(Analysing Report):

日本のSEALDs (the present name:ReDEMOS / 未来のための公共)は、全米民主主義基金NEDの人工芝運動である。ただ、日本では反体制派全体の内からの統制という他国とは別の側面が主要である点に留意する必要がある。NEDとは、CIAの代理で国務省の意向で標的国、地域の政治的不安定化を惹起し、その外交目的を達するために、NGOなど民間団体を組織し、資金援助し大衆工作を行う機関である。JICA国際協力事業団は、日本における全米民主主義基金NEDのパートナーである。

SEALDsの活動資金はNEDが出していると思われます。
ReDEMOS 、未来のための公共と名前を変えて活動していますが、資金を隠す為か?




参考資料

東アジアの色の革命ダイジェスト版 (雨傘運動×ひまわり運動×元SEALDS)
http://mmmm017.blog.jp/archives/263560.html
ラベル:SEALDs
posted by hazuki at 01:06| Comment(0) | 反日団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

[国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案] 6月26日、スーパーシティ法案が衆院内閣委員会にて審議未了で廃案

[国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案] 6月26日、スーパーシティ法案が衆院内閣委員会にて審議未了で廃案

スーパーシティ法案・審議未了.PNG



毎日新聞が6月26日、「今国会、法案54本が成立 「スーパーシティ構想」関連は廃案」という見出しで報道した。

今国会、法案54本が成立 「スーパーシティ構想」関連は廃案 
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190626/k00/00m/010/199000c

毎日新聞の報道になると、「スーパーシティ構想」関連は廃案になったとのこと。
油断出来ないのが、「スーパーシティ構想」を整備する国家戦略特区法改正案を秋の臨時国会に再提出するということ。
6月7日、閣議決定。
6月25日、地方創生に関する特別委員会に付託され、6月26日、国会閉会につき廃案となった。
一度も審議されなかった。
AIだの、キャッシュレス決済だの、国民が望まないものを推進する法案が一旦、廃案になったので、喜ぶべきかも知れない。

2月14日に開催された特区諮問会議で、加計学園問題で有名になった国家戦略特区に加え、新たに「スーパーシティ特区」という制度を創設することが決定した。

「スーパーシティ」構想の実現に向けた今後の取組について(案)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai38/shiryou2_1.pdf

スーパーシティ構想の関連法案は一旦、廃案です。




参考資料

議案名「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCD002.htm




参考

[国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案] 6月7日、スーパーシティ法案を閣議決定 都市形成に先端技術
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466751447.html

[国家戦略特区諮問会議] 4月17日、首相要請で規制を緩和 スーパーシティ法案を了承
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465258318.html

スーパーシティ法案、提出遅れ 憲法抵触の懸念
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464848009.html

「スーパーシティ」法案 今の国会での成立 危ぶむ声も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464762161.html




関連

最先端技術の実験 街全体で 「スーパーシティ」整備へ基本方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464252489.html

[国家戦略特区諮問会議] 12月17日、AI活用の都市「スーパーシティ構想」 安倍首相が議論加速を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463272472.html
posted by hazuki at 22:54| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党議員に野党攻撃の冊子配布 出所不明、身内からも批判や困惑

自民党議員に野党攻撃の冊子配布 出所不明、身内からも批判や困惑
https://this.kiji.is/518328884751090785?c=39546741839462401
2019/7/1 16:49 (JST)

 自民党本部が参院選を前に、党所属の全国会議員に演説資料として配布した冊子が話題になっている。野党やメディアを「攻撃」するインターネット上のコラムをまとめたもので、サイトの運営組織や執筆者は不明。所属議員からも批判や困惑の声が上がっている。

 党本部は6月11日、「野党や一部メディアで誤った情報を発信することが度々見受けられる。報道では語られていない真実を伝える内容」との文書を添付し、各議員事務所に配布した。約140ページの冊子は「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」とのタイトルで、ネットメディア「テラスプレス」が編集している。




自民党本部が参院選を前に、党所属の全国会議員に演説資料として配布した冊子が話題になっている。
野党やメディアを「攻撃」するインターネット上のコラムをまとめたもので、サイトの運営組織や執筆者は不明。
所属議員からも批判や困惑の声が上がっている。
2012年12月の衆院選は民主党を批判し、自民党を応援していたので、2012年頃の情報ならば、私のブログにもあるかも知れない。
それにしても、自民党本部がやることは可笑しいですね。
ラベル:自民党
posted by hazuki at 22:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする