2019年06月28日

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 来月から事務レベル協議本格化へ

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 来月から事務レベル協議本格化へ

日米貿易交渉 来月から事務レベル協議本格化へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190628/k10011973621000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_008
2019年6月28日 18時56分

G20大阪サミットが開かれる中、日米の貿易交渉をめぐる茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による閣僚協議が大阪市内で行われ、閣僚レベルで詰めるべき論点は絞り込まれているとして、早期の交渉妥結を目指し、来月から事務レベル協議を本格化させることで合意しました。

日米の貿易交渉をめぐり、28日午前行われた日米首脳会談で、安倍総理大臣とトランプ大統領は、双方に利益となる形で早期に成果が得られるよう、閣僚協議をさらに加速させることで一致しました。

これを受けて、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表は、28日午後、大阪市内のホテルでおよそ1時間半、協議を行いました。

この中で両氏は、農産物と工業品の関税水準をめぐる互いの立場を確認したうえで、閣僚レベルで詰めるべき論点は絞り込まれているという認識で一致しました。そのうえで、できるかぎり早期の交渉の妥結を目指し、来月の早い時期から事務レベルによる協議を本格化させることで合意しました。

このあと茂木大臣は記者団に対し「議論が深まってきているのは間違いなく、まずは事務レベルで詰められることは詰めてもらい、課題として残る重要な点だけを閣僚で議論するのが望ましい。次回の閣僚協議では交渉の落としどころを探ることも含めて協議したい」と述べました。


茂木敏充・6月28日.PNG



G20大阪サミットが開かれる中、日米の貿易交渉を巡る茂木経済再生担当大臣とライトハイザーUSTR代表による閣僚協議が大阪市内で行われ、閣僚レベルで詰めるべき論点は絞り込まれているとして、早期の交渉妥結を目指し、来月から事務レベル協議を本格化させることで合意した。

日米協議
https://www.cas.go.jp/jp/tpp/ffr/index.html

日米協議は、内閣官房のサイトにUPされる予定です。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(PDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

対日交渉、参院選まで「待つ」 トランプ氏が安倍首相に配慮
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465926145.html

ライトハイザーUSTR代表が5月24日に来日、日米閣僚交渉へ 関係筋
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465802154.html

日米通商交渉、5月訪日前に合意も 首脳会談でトランプ大統領
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465397837.html




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] ロバート・ライトハイザー米通商代表 新たな貿易交渉「日本と数か月で合意」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467463958.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉「参院選後に成果」 閣僚協議で一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467173235.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易事務レベル協議、平行線続く
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467104254.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米大統領訪日中に通商問題の合意ない見通し 茂木敏充再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465925626.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉、事務レベル協議 関税削減・撤廃で双方の主張を確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465866650.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米、週末に閣僚会合 貿易交渉、首脳会談控え調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465838799.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 大統領訪日前に事務レベル協議へ 今後の論点整理
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465650928.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米、貿易交渉枠内で為替協議要求 日米財務相会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465416452.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 茂木敏充再生相、農業分野で状況改善したいと米大統領指摘 首脳会談で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465414022.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 麻生太郎財務相 為替条項が議題の場合も「国益踏まえる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465301030.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易協定を議論するための会合に関するUSTRの声明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465221408.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 農産物関税はTPP水準で一致 日米貿易交渉、為替で譲歩不可避
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465207290.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米“車”“農産品”で交渉開始、“デジタル貿易”も対象に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465206264.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米、為替条項を改めて要求へ ムニューシン財務長官、対日協議「幅広く」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465153457.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 トランプ政権が送り込む「実力者」にどこまで戦える?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463877243.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉開始へ 政府は米国の出方を注視
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463494703.html

[TAG] 必要な議論は財務相同士で議論 米財務長官の為替条項発言で茂木敏充経財相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462181249.html

[TAG] 日本にも為替条項要求へ ムニューシン米財務長官、TAG交渉巡り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462165396.html

[TAG] 「TAG」は捏造の疑い 日本政府訳にのみ記載 日米共同声明 首相答弁との矛盾隠す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462148959.html

[TAG] 日本を標的にするトランプ大統領(孫崎享・評論家)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462011414.html

[TAG] 日米TAG交渉入り FTA、EPA、FFR… 貿易分野また略語 TAGは日本が独自に使用するFTAの略称
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462010984.html

[TAG] 斎藤健農相「文書で確認、意義大きい」、日米TAG
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461908948.html

[TAG] TAGは「実質FTA」でなく「FTAそのもの」(鈴木宣弘・東京大学教授)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461907602.html

物品貿易協定(TAG)とは モノにかかる関税が対象
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885605.html

[TAG] 関税含む日米物品貿易協定開始で合意 交渉中は関税引き上げ回避
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885291.htmll




関連

米自動車業界、対日貿易で為替条項など要求 USTR公聴会で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463172254.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 23:23| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日米首脳会談] 安倍首相、大統領の同盟批判たださず

[日米首脳会談] 安倍首相、大統領の同盟批判たださず

首相、大統領の同盟批判たださず 日米首脳会談で
https://this.kiji.is/517269246560306273?c=39546741839462401
2019/6/28 18:30 (JST)

 安倍晋三首相は28日、トランプ米大統領と大阪市内で会談した。日米安全保障条約を片務的だと批判したトランプ米大統領の発言には触れなかった。同盟における日本側の役割は不十分だと繰り返し主張するトランプ氏に再考を促せば、反発を招くと判断したとみられる。首相は会談で、日本人拉致問題の進展につながる日朝首脳会談への協力を改めて要請した。

 トランプ氏の発言について、日本政府は「額面通りに受け取れない不規則な発言」(外務省幹部)と位置付け、取り上げない方針。2017年の日米共同声明で両首脳は同盟の重要性を正式に確認していると説明し、懸念解消に努める構えだ。


トランプと安倍晋三・G20大阪.PNG



安倍首相は28日、トランプ米大統領と大阪市内で会談した。
日米安全保障条約を片務的だと批判したトランプ米大統領の発言には触れなかった。
同盟における日本側の役割は不十分だと繰り返し主張するトランプ氏に再考を促せば、反発を招くと判断したとみられる。
安倍首相らしい対応ですね。
トランプ発言に触れない。
外務省が決めたのか。
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 22:42| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G20、米中貿易摩擦に懸念噴出 景気減速リスク共有

G20、米中貿易摩擦に懸念噴出 景気減速リスク共有
https://this.kiji.is/517255554034484321?c=39546741839462401
2019/6/28 17:44 (JST) 6/28 19:08 (JST)updated

 20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28日大阪市で開幕し、初日の討議を終えた。世界経済情勢では各国から米中貿易摩擦への懸念が噴出し、景気減速リスクは大きいとの認識を共有。対処を呼び掛けた議長の安倍晋三首相は「G20が成長をけん引していくべきだとの点では共通認識ができた」と総括した。また、世界貿易機関(WTO)改革の必要性で一致。自由なデータ流通に関するルール作りの交渉加速についてもG20として合意したとみられる。

 西村康稔官房副長官が明らかにした。安倍首相は冒頭で、成長持続に向け「必要な行動を取るのがG20の責務だ」と協調を訴えていた。


G20大阪サミットの初日の討議を行う各国首脳ら.PNG



20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28日大阪市で開幕し、初日の討議を終えた。
世界経済情勢では各国から米中貿易摩擦への懸念が噴出し、景気減速リスクは大きいとの認識を共有。
対処を呼び掛けた議長の安倍首相は「G20が成長をけん引していくべきだとの点では共通認識ができた」と総括した。
また、世界貿易機関(WTO)改革の必要性で一致。
やはり、WTO改革の必要性と来ましたね。
自由貿易とWTO改革はセットになっています。




参考

G20大阪サミットで安倍首相「自由貿易で強いメッセージ打ち出す」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467544018.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 21:41| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G20大阪サミットで安倍首相「自由貿易で強いメッセージ打ち出す」

G20大阪サミットで安倍首相「自由貿易で強いメッセージ打ち出す」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/g20-18.php
2019年6月28日(金)13時00分

日本で初の開催となる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28日から2日の日程ではじまった。会合冒頭、議長の安倍晋三首相は「対立を際立たせるのでなく互いの共通点を見出し、ウィンウィン(相互利益)で持続可能な世界を実現するサミットにしたい」「今こそ、自由、公正、無差別な貿易体制を維持・強化するため、強いメッセージを打ち出さなければならない」と強調した。米国の保護主義や米中摩擦を背景に議論は難航が予想されるが、自由貿易の重要性に関しメッセージを取りまとめたい意欲を示した。

安倍首相は「自由貿易やイノベーションを通じて世界経済の力強い成長をけん引していく」としつつ、世界経済の現状について「足元、安定化の兆しが見られるが、下振れリスクの方が大きい」「何より、貿易と地政学をめぐる緊張は増大している」と指摘した。

経済の下方リスクに対して「G20の責務」とし「 全ての政策手段を用いて成長を実現していく決意を共有したい」と強調した。

「経済成長の主要なエンジンとして、特に貿易とイノベーションが重要」「自由で開かれた経済は平和と反映の礎」と改めて指摘。「貿易制限的措置の応酬はどの国の利益ともならない」「いかなる貿易上の措置も世界貿易機構(WTO)協定と整合的であるべき」「現下の世界貿易をめぐる状況には深く憂慮する」と、米国の保護貿易政策を暗にけん制。「今こそ、自由、公正、無差別な貿易体制を維持・強化するため強いメッセージを打ち出さなければならない」とした。WTO改革に向けたモメンタムをさらに高める方策を議論したいとも述べた。


G20大阪・集合写真.PNG



日本で初の開催となる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28日から2日の日程で始まった。
会合冒頭、議長の安倍首相は「対立を際立たせるのでなく互いの共通点を見出し、ウィンウィン(相互利益)で持続可能な世界を実現するサミットにしたい」「今こそ、自由、公正、無差別な貿易体制を維持・強化するため、強いメッセージを打ち出さなければならない」と強調した。
WTO改革に向けたモメンタムをさらに高める方策を議論したいとも述べた。
自由貿易の重要性とWTO改革はセットです。
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 21:10| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日EU首脳会談] EUの日本産農産物などの輸入規制 緩和へ

[日EU首脳会談] EUの日本産農産物などの輸入規制 緩和へ

EUの日本産農産物などの輸入規制 緩和へ 日EU首脳が会談
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011971211000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_017
2019年6月27日 14時07分

G20大阪サミットを前に、安倍総理大臣はEU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領らと会談し、EU側は日本側の要請に基づいて、東京電力福島第一原子力発電所の事故以来続けている、日本産の農産物などの輸入規制を緩和する方針を伝えました。

G20大阪サミットが28日に開幕するのを前に、安倍総理大臣はEU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領、ユンケル委員長と昼食を取りながら会談しました。

この中で安倍総理大臣は、EUが東京電力福島第一原子力発電所の事故以来続けている、日本産の農産物などの輸入規制について、「震災からの復興は日本国民の悲願であり、早期撤廃を期待している」と述べ、規制措置の撤廃を重ねて求めました。

これに対し、EU側は「数か月でいい結果を出せる可能性があると思う」と応じ、現在12の県の農産物や水産物などに義務づけている放射線物質の安全基準を満たしていることを示す証明書の添付など、輸入規制を緩和する考えを伝えました。

規制緩和の対象となるのは岩手県、栃木県、千葉県の3県についてはすべての品目、福島県産の大豆、そして宮城県・茨城県・群馬県の水産物のほか、茨城県、新潟県、長野県などのキノコ類です。

政府関係者によりますと、EU側は今後、執行機関に当たるヨーロッパ委員会に諮り、採決の手続きを経て、順次、規制が緩和されることになるということです。

また、会談で安倍総理大臣が「今回のサミットで力強いメッセージを発信したい」と協力を呼びかけたのに対し、EU側は米中の貿易摩擦の長期化やイラン情勢の緊迫化などの課題の解決に向けて、国際社会の協調が必要だとして、日本を完全に支持する考えを示しました。

「検査証明書」が不要に

EU=ヨーロッパ連合は、2011年に東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きたあと、福島県や東京都など12都県のすべての農産物や水産物などを対象に輸入規制を導入し、放射性物質の検査証明書の提出を義務づけました。

その後、一部の品目については規制が緩和されましたが、福島県や宮城県、岩手県など12の県のキノコや山菜類などの一部の品目では、現在も規制が続いています。

こうした中、27日行われた首脳会談では、EU側から日本側に対し、輸入規制を緩和する方針が示されました。

外務省によりますと、EUの食品の安全基準などに関する委員会は、近く規制を緩和するための手続きを始めるということです。

手続きが順調に進めば、年内には、岩手県や栃木県、千葉県ではすべての品目、宮城県や茨城県、群馬県は水産物、長野県や茨城県、新潟県はキノコ類などが規制の対象から外れ、検査証明書の添付が必要なくなる見通しだということです。


安倍晋三とEU・大阪.PNG



G20大阪サミットが28日に開幕するのを前に、安倍首相はEU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領、ユンケル委員長と昼食を取りながら会談した。
EU側は東京電力福島第1原発事故を受けて続けている日本産食品の輸入規制について一部緩和し、規制から除外する方針を伝達した。
ユンケル氏は、輸入規制について「今後、数カ月で良い結果が出せると思う」と表明。

日EU首脳会談(ワーキングランチ)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ep/page6_000345.html

(1)安倍総理から,過去5年間のトゥスク議長及びユンカー欧州委員長のリーダーシップにより,日EU・EPA(経済連携協定)及びSPA(戦略的パートナーシップ協定)の署名等,日EU関係は飛躍的に発展したとして,両氏の功績に敬意を表するとともに,トゥスク議長が会談に先立って広島及び長崎を訪問し,核兵器のない世界に向けた日本国民の願いに寄り添う姿勢を示したことに謝意を表しました。

日欧EPAと日欧SPAは発効しています。
日EUの関係が気になるところです。




参考資料

日EU首脳会談(ワーキングランチ)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ep/page6_000345.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 01:11| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする