2019年06月19日

鈴木宗男氏、参院選に強い意欲 維新比例で「最後の勝負」

鈴木宗男氏、参院選に強い意欲 維新比例で「最後の勝負」
https://this.kiji.is/513646350660273249?c=39546741839462401
2019/6/18 19:17 (JST) 6/18 19:19 (JST)updated

 政治団体「新党大地」代表の鈴木宗男元衆院議員は18日、夏の参院選への立候補に強い意欲を示した。東京都内で記者団に「身を削ってでも最後の男の勝負をしたい」と述べた。日本維新の会から比例代表での出馬を想定している。

 鈴木氏は、5月に手術した食道がんについて「転移はないが、もう一度検査する」と説明。医師から7月下旬まで安静にするよう指示を受けたとしつつ「私としては変わらざる決意がある。後援会や関係者と相談し、早く結論を出したい」と強調した。

 17日に維新代表の松井一郎大阪市長と大阪市内で会い、比例での出馬を打診されたことも明らかにした。


鈴木宗男・新党台地・維新から.PNG



政治団体「新党大地」代表の鈴木宗男元衆院議員は18日、夏の参院選への立候補に強い意欲を示した。
東京都内で記者団に「身を削ってでも最後の男の勝負をしたい」と述べた。
日本維新の会から比例代表での出馬を想定している。
鈴木宗男が維新の比例代表で出馬か?
公民権停止していたので、政界へ戻りたいのだろう。
ラベル:鈴木宗男
posted by hazuki at 22:59| Comment(0) | 新党大地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「外国人共生センター」 在日外国人支援で来年度設置へ 政府

「外国人共生センター」 在日外国人支援で来年度設置へ 政府

「外国人共生センター」 在日外国人支援で来年度設置へ 政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190618/k10011956611000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_048
2019年6月18日 11時38分

日本で働く外国人を支援するため、政府は、ハローワークなどの関係する部署を集約させた「外国人共生センター」を、来年度中に東京 新宿区に設けることを決めました。

日本で働く外国人が今後さらに増えることが予想されるため、政府は18日、関係閣僚会議を開いて、追加の支援策を決定しました。

具体的には、さまざまな支援を1か所で受けられるように、ハローワークや出入国在留管理庁などの関係部署を集約させた「外国人共生センター」を、来年度中に新宿区四谷に設けることになりました。

また、比較的賃金が高い都市部に外国人が集中するのを防ぎ、地方の人手不足の解消につなげようと、自治体とハローワークが連携して地方の中小企業への就職を支援することも決めました。

会議で、菅官房長官は、支援策の着実な実施や、特定技能の外国人を受け入れる業種が、制度を活用できる体制を速やかに整備することなどに関係省庁が連携して取り組むよう指示しました。

山下法務大臣「きめこまやかに対応する支援拠点」

山下法務大臣は記者会見で、「喫緊の課題を中心に内容を充実させるもので、総合調整を担う立場から関係省庁と緊密に連携し、強力に推進していきたい。外国人共生センターは、地方からの問い合わせに、きめこまやかに対応する支援の拠点となるもので、一層、効果的に環境整備を進められると考えている」と述べました。




日本で働く外国人を支援する為、政府は、ハローワークなどの関係する部署を集約させた「外国人共生センター」を、来年度中に東京 新宿区に設けることを決めた。
また、比較的賃金が高い都市部に外国人が集中するのを防ぎ、地方の人手不足の解消に繋げようと、自治体とハローワークが連携して地方の中小企業への就職を支援することも決めた。
担当大臣が山下貴司氏なので、山下貴司でタグ(ラベル)を切っておきます。
ラベル:山下貴司
posted by hazuki at 22:18| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする