2019年06月10日

[モーニングアフターピル] 緊急避妊薬 オンライン診療でも処方可能に指針改定 厚労省

[モーニングアフターピル] 緊急避妊薬 オンライン診療でも処方可能に指針改定 厚労省

緊急避妊薬 オンライン診療でも処方可能に指針改定 厚労省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190610/k10011947981000.html?utm_int=news_contents_news-main_004
2019年6月10日 21時31分

性行為のあと、妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬について、厚生労働省は、医療機関を受診するのが難しい人は、オンライン診療で処方を受けられるようにすることを決めました。

緊急避妊薬・アフターピルは、性暴力を受けたり避妊を失敗した時などに望まない妊娠を防ぐための医薬品で、性行為のあと、72時間以内に服用する必要があります。

現在は、原則として医師と直接対面して薬を処方してもらう必要がありますが、医療機関を受診しづらい人もいるのではないかという指摘が出ていました。

このため、10日に開かれた厚生労働省の専門家会議で、性犯罪の被害にあった人など、医療機関を受診するのが心理的に難しい人や過疎地などで、近くに医療機関がない人は、スマートフォンなどを使ったオンライン診療で、医師の処方を受けられるようにすることを決めました。

ただ、原則として、オンライン診療を受ける前に、性犯罪被害者の支援センターや女性の健康に関する相談窓口に電話で連絡するなどして、オンライン診療を利用できるか、医師に判断してもらう必要があります。

また、転売目的の入手などを防ぐため、オンライン診療の処方で受けられるのは1回分のみとされ、服用してから約3週間後に医師と直接対面して診療を受けるよう求めています。

厚生労働省は、来月にもオンライン診療の指針を改定することにしています。

緊急避妊薬とは

緊急避妊薬は、女性の排卵を抑えるなどの効果があり、性行為のあとで妊娠を防ぐために使われます。

海外の研究では、性行為から72時間以内に飲むことで84%が避妊できたと報告されていて、現在でも、女性本人が産婦人科などを受診すれば処方を受けることができます。

産婦人科医「オンラインでは正確な診察しづらい」

日本産婦人科医会の前田津紀夫副会長は「緊急避妊薬のオンライン処方は、医療機関になかなか行けないまま望まない妊娠をしてしまうケースを防ぐという点で、一定の意義はあるだろう。しかし、オンラインでは、正確な診察がしづらいうえ、薬を入手するまでに時間がかかってしまうこともあり、医療機関を直接受診するほうが望ましいことに変わりはない」と話しています。

そのうえで、「女性が緊急避妊薬を飲まなくて済むようにすることが何より大切で、中高生の段階から避妊方法などを学ぶ性教育をより徹底させるべきだ」と指摘しています。

NPO「大きな前進」

適切な避妊方法の普及を訴えているNPO法人「ピルコン」の染矢明日香理事長は「産婦人科などに行けなくても、緊急避妊薬を手に入れられる新たな選択肢ができることは大きな前進だ。緊急避妊薬は、男性が避妊をしてくれないなど不本意な形の性行為をされた女性が身を守るための最後の砦で、アメリカなどではドラッグストアで購入できる一般的な薬になっている。日本でももっと利用しやすくすべきで、ゆくゆくは市販薬として認めるよう国に求めていきたい」と話していました。




現在は、原則として医師と直接対面して薬を処方してもらう必要がありますが、医療機関を受診しづらい人もいるのではないかという指摘が出ていた。
このため、10日に開かれた厚生労働省の専門家会議で、性犯罪の被害にあった人など、医療機関を受診するのが心理的に難しい人や過疎地などで、近くに医療機関がない人は、スマートフォンなどを使ったオンライン診療で、医師の処方を受けられるようにすることを決めた。
良い時代になりました。
私は、もうすぐ51歳なので閉経したと思います。
実際、もう何ヶ月も来ない。
配偶者も亡くなりましたし、必要がなくなりましたが、過疎地に住んでいたら、オンライン診療を利用したと思います。
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 23:29| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蓮舫「65歳から30年生きると、2000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか」⇒安倍首相「これは不正確であり、誤解を与えるものであった」

蓮舫「65歳から30年生きると、2000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか」⇒安倍首相「これは不正確であり、誤解を与えるものであった」

「老後に2000万円」で野党反発、選挙前に“年金不信”
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3696042.html
5時間前

「老後に2000万円の蓄えが必要」などと指摘した金融庁の報告書をめぐり、10日の国会は紛糾しました。年金への信頼が揺らぐ事態の中、迎える参議院選挙は7月21日投開票の方向で、与党内では衆参同日選の可能性は低いとの見方も出ています。

 「65歳から30年生きると、2000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか」(立憲民主党 蓮舫副代表)

 「これは不正確であり、誤解を与えるものであった」(安倍首相)

問題となっているのは、金融庁がまとめた報告書。夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの世帯の収支は、年金を含めても毎月5万5千円の赤字になると試算し、95歳まで生きるためには“およそ2000万円の貯蓄が必要”と指摘しました。

 「この報告書、読みました?」(立憲民主党 蓮舫副代表)

 「冒頭の部分、一部、目を通させていただきました。全体読んでいるわけではありません」(麻生太郎財務相)

 「読んだら5分で終わる報告書を読んでない」(立憲民主党 蓮舫副代表)

 金融庁を所管する麻生財務大臣は報告書全体を読んでいるわけではないと発言。「100年安心」のはずの年金をめぐり、議論は紛糾しました。

 「止めろよとか、やめろよとか、大きな声を出すのは皆さん、やめましょうよ」(安倍首相)

「この報告書で国民が怒っているのは100年安心がうそだったと、自分で2000万円貯めるってどういうことかという憤りですよ」(立憲民主党 蓮舫副代表)

 国会では、“夫婦で95歳まで生きるためには2000万円の貯蓄が必要”などと指摘した金融庁の調査が問題となりました。

 「100年安心がね、100年安心ではないということをおっしゃったわけですから。皆さんにとって都合が悪い説明だと遮るんですか」(安倍首相)

 安倍総理は報告書について「不正確であり誤解を与えるものだった」とする一方で、「年金の信頼性はより強固なものとなった」などと反論しました。

 「(年金の)積立金においても6年間で44兆円の運用益はでています。公的年金の信頼性はより強固なものとなったと我々は考えております」(安倍首相)

野党側はこうした説明に反発を強めていて、年金問題を選挙の争点に据える構えです。

 「選挙の大きな争点になる。やはり国民が今、最も関心を持っているのは“100年安心裏切られた”という思いですから」(立憲民主党 蓮舫副代表)

 今の国会の会期は今月26日まで。会期の延長はないという見方が強まっていて、政府は夏の参議院選挙の日程を「7月4日公示、21日投開票」とする方向で最終調整に入りました。与党内からは衆参同日選挙の可能性は低くなったという見方が出ています。

12年前の参議院選挙では年金問題で大きく躓いた安倍総理。今回はどのような結果になるのでしょうか。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年6月10日
決算委員会
約4時間38分


案件

平成二十九年度一般会計歳入歳出決算、平成二十九年度特別会計歳入歳出決算、平成二十九年度国税収納金整理資金受払計算書、平成二十九年度政府関係機関決算書
平成二十九年度国有財産増減及び現在額総計算書
平成二十九年度国有財産無償貸付状況総計算書
会計検査の要請に関する件

発言者一覧

石井みどり(決算委員長)
石井みどり(決算委員長)
礒崎陽輔(自由民主党・国民の声)
二之湯武史(自由民主党・国民の声)
蓮舫(立憲民主党・民友会・希望の会)
大塚耕平(国民民主党・新緑風会)
伊藤孝江(公明党)
東徹(日本維新の会・希望の党)
小池晃(日本共産党)
石井みどり(決算委員長)
小川勝也(立憲民主党・民友会・希望の会)
伊藤孝恵(国民民主党・新緑風会)
石井苗子(日本維新の会・希望の党)
仁比聡平(日本共産党)


蓮舫・年金.PNG

安倍晋三・年金・不正確.PNG



6月10日、参院決算委員会。
蓮舫が金融庁がまとめた報告書について、質疑をした。
安倍首相が「不正確であり、誤解を与えるものであった」と答弁。
安倍首相は「『年金100年安心がうそだった』という指摘には、『そうではない』と言っておきたい。今年度の年金は0.1%の増額改定となり、現在の受給者、将来世代の双方にとってプラスとなるものだ。公的年金の信頼性はより強固なものとなったと考えている」と述べた。
安倍首相によると、「マクロ経済スライドが発動した」とのこと。

マクロ経済スライドってなに?
https://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/finance/popup1.html

野党は年金問題を争点として参院選を戦うらしい。




参考

人生100年時代、年金頼み限界 金融庁、2千万円蓄え必要と試算⇒麻生太郎氏、金融審報告の表現不適切「老後2千万円」で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466739887.html
ラベル:蓮舫
posted by hazuki at 22:55| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする