2019年06月07日

[国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案] 6月7日、スーパーシティ法案を閣議決定 都市形成に先端技術

[国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案] 6月7日、スーパーシティ法案を閣議決定 都市形成に先端技術

スーパーシティ法案を閣議決定=都市形成に先端技術、成立厳しく
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060700245&g=pol
2019年06月07日10時04分

 政府は7日の閣議で、人工知能(AI)やビッグデータなどの先端技術を活用した都市「スーパーシティ」構想の実現に向けた国家戦略特区法改正案を決定した。車の自動運転やキャッシュレス決済、ドローン(小型無人飛行機)による物流などを一体的に取り入れた都市形成を目指す。

 政府は当初、3月中の国会提出を目指していたが、規制緩和の手法をめぐって内閣法制局との調整が難航し、遅れていた。今月26日の会期末が迫る中、今国会での成立は厳しい情勢だ。
 法案審議に関し、片山さつき地方創生担当相は7日の閣議後記者会見で「国会での審議をお願いする立場で、国会でお決めいただくことだ」と述べた。



令和元年6月7日(金)定例閣議案件
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2019/kakugi-2019060701.html

国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案(決定)

(内閣府本府)



第198回 通常国会
https://www.cao.go.jp/houan/198/index.html

国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案 令和元年6月7日

概要
https://www.cao.go.jp/houan/doc/198_4gaiyou.pdf

要綱
https://www.cao.go.jp/houan/doc/198_4youkou.pdf

法律案及び理由
https://www.cao.go.jp/houan/doc/198_4anbun.pdf

新旧対照表
https://www.cao.go.jp/houan/doc/198_4shinkyu.pdf

参考条文
https://www.cao.go.jp/houan/doc/198_4sansho.pdf


スーパーシティ法案・概要1.PNG
スーパーシティ法案・概要2.PNG
スーパー指定法案・概要3.PNG
スーパーシティ法案・概要4.PNG
スーパーシティ法案・概要5.PNG



政府は7日の閣議で、人工知能(AI)やビッグデータなどの先端技術を活用した都市「スーパーシティ」構想の実現に向けた国家戦略特区法改正案を決定した。
車の自動運転やキャッシュレス決済、ドローン(小型無人飛行機)による物流などを一体的に取り入れた都市形成を目指す。
キャッシュレス決済に反対です。
碌でもない法案は成立せずに廃案へ。
2月14日に開催された特区諮問会議で、加計学園問題で有名になった国家戦略特区に加え、新たに「スーパーシティ特区」という制度を創設することが決定した。

「スーパーシティ」構想の実現に向けた今後の取組について(案)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai38/shiryou2_1.pdf

スーパーシティ特区とも関連して来る法案の提出です。




参考

[国家戦略特区諮問会議] 4月17日、首相要請で規制を緩和 スーパーシティ法案を了承
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465258318.html

スーパーシティ法案、提出遅れ 憲法抵触の懸念
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464848009.html

「スーパーシティ」法案 今の国会での成立 危ぶむ声も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464762161.html




関連

最先端技術の実験 街全体で 「スーパーシティ」整備へ基本方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464252489.html

[国家戦略特区諮問会議] 12月17日、AI活用の都市「スーパーシティ構想」 安倍首相が議論加速を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463272472.html
posted by hazuki at 22:48| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生100年時代、年金頼み限界 金融庁、2千万円蓄え必要と試算⇒麻生太郎氏、金融審報告の表現不適切「老後2千万円」で

人生100年時代、年金頼み限界 金融庁、2千万円蓄え必要と試算⇒麻生太郎氏、金融審報告の表現不適切「老後2千万円」で

人生100年時代、年金頼み限界 金融庁、2千万円蓄え必要と試算
https://this.kiji.is/508220059628422241?c=39546741839462401
2019/6/3 19:22 (JST)

 金融庁の金融審議会は3日、長寿化による「人生100年時代」に備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめた。年金だけでは老後の資金を賄えず、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要になると試算。現役期とリタイア前後、高齢期といった人生の段階別に資産運用、管理の心構えを説いた。少子高齢化で年金の給付額の維持が困難だと政府自ら認め、国民の自助努力を求めた形だ。ただ投資には元本割れリスクもあり、金融商品の慎重な選別が必要となる。

 報告書は、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦の場合、年金収入だけでは月に5万円の赤字になるとした。



麻生氏、金融審報告の表現不適切 「老後2千万円」で
https://this.kiji.is/509574942963893345?c=39546741839462401
2019/6/7 12:49 (JST) 6/7 16:05 (JST)updated

 麻生太郎金融担当相は7日の閣議後の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融審議会の報告書について「老後を豊かにする額を示したものだ」と説明し、不足額を表す赤字という表現を使ったのは「不適切だった」と述べた。

 報告書を巡っては、政府の「責任放棄」などと野党が追及姿勢を強めており、批判の沈静化を図ったとみられる。

 麻生氏は、公的年金について「老後の生活設計の柱になっている」と重要性を強調し、2千万円という金額は「老後を豊かにするための額を、一定の前提で出した試算だ」と釈明した。




麻生太郎金融担当相は7日の閣議後の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融審議会の報告書について「老後を豊かにする額を示したものだ」と説明し、不足額を表す赤字という表現を使ったのは「不適切だった」と述べた。
報告書を巡っては、政府の「責任放棄」などと野党が追及姿勢を強めており、批判の沈静化を図ったとみられる。
金融庁の報告書について、麻生さんが釈明することになった。
夫婦で2千万円を蓄えておく必要がある。
国民年金だと、月に5万5千円なので、2千万円では足りないという報告書と見て良かった。
ラベル:麻生太郎
posted by hazuki at 21:16| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[三重] 子どもの虐待と保護の判断をAIで支援 初の実証実験

[三重] 子どもの虐待と保護の判断をAIで支援 初の実証実験

子どもの虐待と保護の判断をAIで支援 初の実証実験 三重
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190528/k10011932651000.html
2019年5月28日 17時53分

虐待が疑われる子どもを一時保護する必要があるかどうかの判断にAI=人工知能を活用する全国で初めての実証実験が来月から三重県で行われることになりました。

児童相談所が対応する虐待の件数は、平成29年度には13万件余りと今から20年前のおよそ12倍に増えた一方で、現場で対応する児童福祉司はおよそ2.6倍の3200人余りしかおらず、人員の不足が目立っています。

こうした中、産業技術総合研究所などは虐待が疑われる子どもを保護する必要があるかどうかの判断をAI=人工知能で支援する全国で初めての実証実験を三重県と協力して行うことになり、28日、東京都内で概要が発表されました。

コンピューターの端末に導入されたAIには三重県の児童相談所で6年前から導入されている子どもの傷の場所などのチェックシート、およそ6000件分を学習させてあります。

児童相談所の職員が子どもの状況を確認して端末に入力するとAIが特徴を分析して、今後、予測される危険や再発率などが数値で示され、一時保護すべきかどうか迅速な判断につながるということです。

こうした端末は三重県の2か所の児童相談所に合わせて20台導入され、実験は来月下旬から始まるということです。

産業技術総合研究所人工知能研究センターの高岡昂太研究員は「限られた人材の中で、より危ないケースに人を宛てていけるよう業務の効率化を進めて、子どもの安全のために資する研究にしたい」と話していました。

また、三重県の担当者は「児童相談所は人材の不足や育成の難しさなど課題をたくさん抱えていて、こうした問題をAIで解決できるのではないかと強く期待している」と話しています。




虐待が疑われる子どもを一時保護する必要があるかどうかの判断にAI=人工知能を活用する全国で初めての実証実験が6月から三重県で行われることになった。
コンピューターの端末に導入されたAIには三重県の児童相談所で6年前から導入されている子どもの傷の場所などのチェックシート、およそ6000件分を学習させている。
児童虐待防止法案が審議されている中で、虐待の判断をAIに頼る。
マズイ展開です。
ラベル:三重県
posted by hazuki at 17:22| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民・下村博文氏、今国会での国民投票法改正は難しい

自民・下村博文氏、今国会での国民投票法改正は難しい

自民・下村氏、今国会での国民投票法改正は難しい
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3692690.html
6日 15時59分

 自民党の下村憲法改正推進本部長は、憲法改正の際の投票手続きを定めた国民投票法改正案の今の国会での成立は難しいとの考えを示しました。

 自民党での憲法改正の議論を取り仕切る下村氏は、与党が成立を目指す国民投票法改正案について「今の段階でもう厳しい」として、今の国会での成立は難しいとの考えを示しました。

 立憲民主党などの主な野党はCM規制を盛り込むべきだと抵抗していて、今の国会で憲法審査会の実質審議が行われたのは一度だけで、議論が進まない状況が続いています。

 こうしたことを踏まえ、下村氏は「国会の会期を延長しても打開されるような状況ではない」として、憲法審査会の議論を進めるために会期を延長する可能性を否定しました。


下村博文・国民投票法改正案・難しい.PNG



自民党での憲法改正の議論を取り仕切る下村氏は、与党が成立を目指す国民投票法改正案について「今の段階でもう厳しい」として、今の国会での成立は難しいとの考えを示した。
立憲民主党などの主な野党はCM規制を盛り込むべきだと抵抗していて、今の国会で憲法審査会の実質審議が行われたのは一度だけで、議論が進まない状況が続いている。
野党は与党の国民投票法改正案の採決に応じてはならない。
衆院憲法審査会の開催を見送るべき。




参考

[衆院憲法審査会] 自民 5月23日の憲法審査会開催を提案 国民投票法改正案の審議など
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465773070.html

[衆院憲法審査会] 5月16日、 国民投票法改正案審議・採決見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465738355.html

[衆院憲法審査会] 5月9日、憲法改正国民投票に係る有料広告の自主規制の検討状況について 民放連、CM規制強化に反対 国民投票巡り、意見聴取
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465591421.html

[衆院憲法審] 4月25日、今国会初開催 CM規制で来月意見聴取
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465427301.html

5月17日、衆院憲法審査会 開催、幹事の補欠選任のみで散会 審査会に先立ち、与党が国民投票法改正案示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459476745.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html
posted by hazuki at 16:42| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする