2019年05月14日

4月29日、「話し合いで耕作地集約=「農地バンク」、見直しへ」時事通信が農地バンク法改正案を報道する

4月29日、「話し合いで耕作地集約=「農地バンク」、見直しへ」時事通信が農地バンク法改正案を報道する

話し合いで耕作地集約=「農地バンク」、見直しへ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042800309&g=pol
2019年04月29日07時11分

 耕作放棄地など分散した農地を集約し、意欲のある担い手にまとめて貸し付ける農地中間管理機構(農地バンク)の運営方法が変わる。自分の土地を他人に託すことへの抵抗などが障害となり、農地の大規模化が停滞する中、関連法案を改正するなどして、地域の話し合いを促す仕組みを整え、バンクの利用手続きの簡素化も進める。
 農地バンクは2014年に都道府県ごとに設置された。5年が経過したことから見直され、関連の改正法案が今国会で審議されている。
 法案は、地域全体で農地の具体的な将来像を示す「地図」の策定を求めている。各地の農業委員会などが中心となり、関係者全員で後継者の有無といった情報を共有して連携を図り、農家の抵抗感を減らす。
 農協や市町村が主体となっていた既存の農地仲介機能については、実績のある農協の関与を認めつつ、農地バンクに一本化。その上で借りた土地に関する毎年の報告をやめるなどバンクの利用手続きを簡素化する。
 農林水産省によると、農家の高齢化や後継者不足により、耕作放棄地は年々増加し、15年時点で約42万ヘクタールと富山県並みの面積に。北海道や東北地方など、平地が多く稲作が盛んな地域では集約と利用が進んでいるものの、中山間地の多い西日本では借り手が見つからず、荒廃が進んでいる。
 政府は23年度までに、市町村によって経営が安定していると認められた担い手の農地を全体の8割とすることを目指しているが、17年度末時点では55.2%にとどまる。19年度には農地を提供した際の協力金を引き上げるなど、予算措置も講じて集約を加速させる。


時事通信・農地バンク法案.PNG



耕作放棄地など分散した農地を集約し、意欲のある担い手にまとめて貸し付ける農地中間管理機構(農地バンク)の運営方法が変わる。
時事通信、農地バンクの見直しの報道が遅過ぎます。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html

農地バンク法改正案が閣議決定したのは2月12日。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

農地バンク法改正案は4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明を行った後、4月11日に衆院農林水産委員会で実質審議入りをした。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465257723.html

農地バンク法改正案は4月17日に衆院農林水産委員会で質疑を行った。
4月18日、質疑は終局したとして、野党が修正案を提出し、趣旨説明の後、討論を行った。
討論の後、修正案の採決を行い、修正案は賛成少数で否決され、原案の採決を行ったところ、賛成多数で可決した。
民間議員が決める規制改革推進会議から出された法案という意味でも、沢山の附帯決議が付き全会一致で可決した。

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月23日、衆院本会議で農地バンク法改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465336101.html

農地バンク法改正案は、4月23日に衆院を通過して参院に送られた。

5月9日、参院農林水産委員会で農林水産大臣による趣旨説明が行われた。
また、同法律案について参考人の出席を求めることを決定した。

5月14日、質疑と参考人への質疑を行った。

次に参院農林水産委員会が開かれるのは5月16日と思われる。
その時には、質疑は終局して、討論と採決が行われるかも知れない。

我々の知らぬ間に、こっそりニュースにする時事通信の卑怯さ。
安倍政権と結託しているのか?




参考

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月23日、衆院本会議で農地バンク法改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465336101.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月17日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案の質疑⇒4月18日、衆院農林水産委員会で農地バンク改正案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465257723.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465205606.html

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html
posted by hazuki at 22:24| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JASRACが飲食店提訴 楽曲使用差し止め求める 大阪など3地裁

JASRACが飲食店提訴 楽曲使用差し止め求める 大阪など3地裁

JASRACが飲食店提訴=楽曲使用差し止め求める−大阪など3地裁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051301027&g=soc
2019年05月13日19時02分

 著作権を管理する楽曲をBGMとして無断で使用したとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)は13日、飲食店側を相手取り、楽曲の使用差し止めと損害賠償を求める訴訟を甲府、大阪、福岡各地裁に起こした。
 訴えられたのは、大阪市の飲食店経営者、福岡市で複数の飲食店を経営する事業者、甲府市の喫茶店経営者。
 訴状などによると、これらの店は2013〜15年以降、JASRACの許諾を受けずに店内でCDプレーヤーなどを使って楽曲を再生。再三の説得や民事調停でも使用料の支払いに応じなかったとして、大阪、甲府の経営者に各約6万円、福岡の事業者に約41万円の支払いを求めている。
 JASRACによると、17年に札幌、高松両地裁で同様の訴訟を起こしており、札幌地裁で全面勝訴が確定。高松地裁では和解が成立したという。


JASRAC.PNG



著作権を管理する楽曲をBGMとして無断で使用したとして、JASRACは13日、飲食店側を相手取り、楽曲の使用差し止めと損害賠償を求める訴訟を甲府、大阪、福岡各地裁に起こした。
訴えられたのは、大阪市の飲食店経営者、福岡市で複数の飲食店を経営する事業者、甲府市の喫茶店経営者。
訴状などによると、これらの店は2013〜15年以降、JASRACの許諾を受けずに店内でCDプレーヤーなどを使って楽曲を再生。
利権やくざのJASRACの許諾を受けずにCDプレイヤーで楽曲をBGMとして使用してはいけない。
再三の説得や民事調停でも使用料の支払いに応じなかったので、JASRACとしては提訴するのは当然です。
可哀そうですが、JASRACと争ってください。
みかじめ料を取ります。
朝鮮カスラック。
K-POPを通して、韓国へ送金します。
北朝鮮にも送金します。
マンセー・コリアのカスラックであった。




参考

「K-pop」著作権で約9億5700万円が韓国に流出していることが発覚
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/331969777.html

JASRACと北朝鮮の繋がり
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/276659695.html



「JASRAC」でタグ(ラベル)を切っていますので、他の記事もご覧下さい。
ラベル:JASRAC
posted by hazuki at 21:21| Comment(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

維新「戦争」発言の丸山穂高議員を除名処分 議員辞職促す

維新「戦争」発言の丸山穂高議員を除名処分 議員辞職促す

維新「戦争」発言の丸山議員を除名処分 議員辞職促す
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190514/k10011915631000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
2019年5月14日 18時19分

日本維新の会は、北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加し、元島民に対して戦争で島を取り返すことの是非などを質問した丸山穂高衆議院議員を除名処分にしました。維新の会の松井代表は、丸山氏に改めて議員辞職を促しました。

北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した日本維新の会の丸山穂高衆議院議員は、今月11日の夜、訪問団の団長に「戦争で島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」「戦争しないとどうしようもないじゃないですか」などと質問しました。

丸山氏は13日夜、非常に配慮を欠いたとして、撤回して謝罪し、14日に離党届を提出しました。

これを受けて、日本維新の会は午後、大阪の党本部で党紀委員会を開き、党として発言は容認できないとして、丸山氏を最も重い除名処分とすることを決め、持ち回りの常任役員会で丸山氏の除名を正式に決定しました。

松井代表は大阪市役所で記者団に対し、「国会議員として不適切だ。大勢の元島民の方や北方領土の返還に尽力されてきた方々を傷つけ、外交上も大きな問題となった。政治家としてあるまじき行為と発言であり、除名処分とした。私は丸山氏は議員を辞めるべきだと思う」と述べ、改めて議員辞職を促しました。

維新 馬場幹事長「本人から議員辞職の言及なし」

日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で、丸山氏に電話で処分の内容を伝えたことを明らかにしたうえで、「丸山氏からは改めて『訪問団の皆様や党にも大変な迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます』という発言があった」と述べました。

一方、記者団が「丸山氏から議員辞職について言及はなかったのか」と質問したのに対し、馬場氏は「特になかった」と述べました。

発言のいきさつ

日本維新の会の丸山穂高議員は衆議院の沖縄・北方問題特別委員会の委員で、「ビザなし交流」の訪問団の顧問として、今回、北方領土を初めて訪問しました。

丸山氏は、今月11日午後4時すぎから国後島の古釜布でロシア人の家庭を訪問して食事しながら交流を深める「ホームビジット」に参加しました。

丸山氏は13日の記者会見で、この際に「たくさん酒を飲んだ」と説明しています。

丸山氏は、午後7時ごろ宿泊施設に戻ったあと、団員と話をしていたということです。

訪問団の同行記者によりますと、午後8時ごろ、国後島出身で訪問団の団長を務める大塚小彌太さんに同行記者が取材していたところ、丸山氏が割って入り、記者の質問をたびたび遮ることがあったということです。

そして、丸山氏は大塚さんに「戦争で島を取り返すことには賛成か反対か」、「戦争しないとどうしようもなくないか」と大きな声でただしたということです。

これを受けて、12日昼、宿泊施設の食堂に団員が集まり、参加者の1人が「大きな声を出したり、話を遮る行為は、ビザなし訪問という活動以前に、社会的に許されないことだ」と指摘し、丸山氏に対し謝罪を求めました。

これに対し、丸山氏は「かなり酒が入っていて、大きな声を出したり、話を妨げたりしてしまった。ご迷惑をおかけしたことをおわびします」と述べ、陳謝しました。

河野外相「日ロ交渉のプラスにならない」

河野外務大臣は記者会見で「日本とロシアは平和条約交渉をしているところであり、なるべく波静かな中で交渉をやっていきたいというのが私の本心だ。そういう中で、このような発言・行動というのは決してプラスになるとは思わない。しっかりと襟を正してほしい。進退については本人が決めることだ」と述べました。

自民 加藤総務会長「全く適切ではない発言」

自民党の加藤総務会長は記者会見で「全く適切ではない発言だ。北方領土問題をめぐる交渉への影響は、今の段階であるかないか言えないが、日本とロシアの間の交渉は精力的にやっていく必要がある」と述べました。

立民 辻元国対委員長「背筋が凍る思い」

立憲民主党の辻元国会対策委員長は、野党側の国会対策委員長会談で「『こんな議員がいたのか』と背筋が凍る思いをした。一方で、『憲法9条があってよかった』と思った。変な方向に行きかねないような発言をする議員がいるということは、きちんとした歯止めがないと、どういう方向に行ってしまうのか分からないということだ」と述べました。

また、立憲民主党の福山幹事長は記者団に対し「論外だ。私は議員辞職に値すると思うが、ご本人と党が考えることで、われわれがとやかく言うことではない。こんな国会議員がいることを国際社会に示したこと自身が懸念そのものだ」と述べました。

国民 玉木代表「強い憤り感じる」

国民民主党の玉木代表は記者団に対し「微妙な段階にある日ロ交渉にマイナス以外のなにものでもない。著しく国益を損ねる行為で、大変遺憾で論外だ。元島民の方々に対して、暴言を吐くというのは強い怒りを感じる。出処進退は、政治家なので、ご自身で判断されると思うが、少なくとも北方領土問題の解決の任にあたる資格はない。酒を飲んでいたからといって、すべて許される話では全くない」と述べました。

公明 山口代表「断じて許されない発言」

公明党の山口代表は記者団に対し「国会議員として、戦争を手段として口にするような発言は断じて許されない。本人が出処進退を判断すべきだ」と述べました。

元島民団体「言語道断だ」

北方領土の元島民などでつくる千島歯舞諸島居住者連盟の河田弘登志 副理事長(84)は「言語道断だ。戦争の結果、今の状況になっていることを全く分かっていないのではないか。一日でも早く返還してもらおうと一生懸命取り組んでいる元島民に対し、もってのほかだ。今後のロシア側との交渉への影響が心配だ」と話しています。

今回のビザなし交流の訪問団に参加した歯舞群島志発島出身の木村芳勝さん(84)は「これまでの返還運動で一歩でも半歩でも仲よくなってきている状況を一発で壊す発言で本当に腹が立っている。戦争を知らないから簡単に言える発言だ」と話していました。


丸山穂高・除名.PNG



日本維新の会は、北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加し、元島民に対して戦争で島を取り返すことの是非などを質問した丸山穂高衆議院議員を除名処分にした。
維新の会の松井代表は、丸山氏に改めて議員辞職を促した。
しっぽ切り早いですね。
当然ですね。
酔っていたから、あのような発言をした。
スミマセンでは済まされませんからね。
丸山穂高は維新を離党しようとしていたようですが、処分は除名。
ロシアでも酷い発言と報道されているようですから、議員辞職をしてください。




参考

「戦争で島を取り返す、賛成か」 北方領土訪問で維新・丸山穂高氏が質問
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465661554.html
ラベル:丸山穂高
posted by hazuki at 20:36| Comment(0) | 日本維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンサントに約2200億円の賠償命令、除草剤の発がん性めぐり3度目の敗訴 米カリフォルニア州

モンサントに約2200億円の賠償命令、除草剤の発がん性めぐり3度目の敗訴 米カリフォルニア州

モンサントに約2200億円の賠償命令、除草剤の発がん性めぐり3度目の敗訴 米加州
https://www.afpbb.com/articles/-/3224842
2019年5月14日 11:43 発信地:サンフランシスコ/米国

【5月14日 AFP】除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」が原因でがんを発症したとして米カリフォルニア州の夫婦が賠償を求めた訴訟で、州裁判所の陪審は13日、米農薬大手モンサント(Monsanto)に対し、約20億ドル(約2200億円)の支払いを命じる評決を下した。原告側の弁護士が明らかにした。

 モンサントの親会社のドイツ製薬大手バイエル(Bayer)にとって、ラウンドアップの発がん性をめぐる裁判での敗訴はこれで3度目となる。

 化学物質グリホサートを含む除草剤ラウンドアップについて、開発元のモンサントはがんとの関連性を否定し続けている。だがカリフォルニア州では、モンサントがラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかったとして、2018年と2019年に有罪判決が下っている。

 今回の裁判で原告側の弁護士は「モンサントは健全な科学に投資する代わりに有害な科学に大金を投じ、結果、彼らの事業方針を揺るがすことになった」と述べた。

 一方バイエルは声明で陪審の評決に失望したと表明し、上訴する意向を明らかにした。さらにバイエルは、米環境保護局(EPA)がグリホサートを主成分とする除草剤について最近行った審査結果と、今回の評決が食い違っていると主張。「世界の主要な保健規制当局は、グリホサートを主成分とする製品は安全に使用でき、グリホサートに発がん性はないという認識で一致している」と述べた。(c)AFP/Glenn CHAPMAN


Round Up・フランス.PNG



除草剤「ラウンドアップ」が原因でがんを発症したとして米カリフォルニア州の夫婦が賠償を求めた訴訟で、州裁判所の陪審は13日、米農薬大手モンサントに対し、約20億ドル(約2200億円)の支払いを命じる評決を下した。
モンサントの親会社のドイツ製薬大手バイエルにとって、ラウンドアップの発がん性を巡る裁判での敗訴はこれで3度目となる。
日本は、「根まで枯らす」とラウンドアップのCMを放送せずに、ラウンドアップを排除すべきです。




参考

3月21日、独バイエルのモンサント買収、EUの欧州委が承認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458378170.html




関連

除草剤ラウンドアップで悪性リンパ腫に、モンサントに88億円支払い命令 米連邦地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464862543.html

モンサントの除草剤ラウンドアップ、フランスで即日販売禁止に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463723788.html

モンサント、除草剤「ラウンドアップ」の擁護に科学者動員
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452511351.html

カリフォルニア州、モンサント除草剤「ラウンドアップ」を発がん性認定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452083805.html
posted by hazuki at 16:44| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童生徒へのタブレット端末配備など提言 自民・戦略本部

児童生徒へのタブレット端末配備など提言 自民・戦略本部

児童生徒へのタブレット端末配備など提言 自民 戦略本部
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190513/k10011914211000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_021
2019年5月13日 14時18分

AI=人工知能を活用できる人材を育成するため、自民党の戦略本部は、児童生徒へのタブレット端末の配備や、関連予算の倍増などを安倍総理大臣に提言しました。

戦略本部の本部長を務める塩谷元文部科学大臣らは13日、総理大臣官邸を訪れ、安倍総理大臣に提言書を手渡しました。

提言書では、AIを活用できる人材を育成するため、すべての小・中学生と高校生にタブレット端末を配備するよう求めています。

また、AI教育に積極的に取り組む大学を財政面などで支援すべきだとしています。

そしてAI関連の予算を、来年度は今年度のおよそ1167億円から倍増させるよう求めています。

これに対し、安倍総理大臣は「しっかり受け止めて、政府の戦略に盛り込みたい」と述べ、政府が来月にもまとめる「AI戦略」に反映させる考えを示しました。




AI=人工知能を活用出来る人材を育成する為、自民党の戦略本部の本部長を務める塩谷元文部科学大臣らは13日、児童生徒へのタブレット端末の配備や、関連予算の倍増などを安倍首相に提言した。
提言書では、AIを活用出来る人材を育成する為、すべての小・中学生と高校生にタブレット端末を配備するよう求めている。
もうすぐ、小学生から高校生がタブレットを持つ時代になるのでしょうか?




参考

自民AI活用できる人材育成へ提言の骨子まとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465380824.html?

AI活用 児童生徒一人一人にタブレットを 自民提言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465367805.html
ラベル:自民党
posted by hazuki at 12:59| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする