2019年05月10日

[日仏ACSA] [日カナダACSA] 5月8日、自衛隊 仏軍・カナダ軍と弾薬など相互提供へ 参院本会議で協定可決

[日仏ACSA] [日カナダACSA] 5月8日、自衛隊 仏軍・カナダ軍と弾薬など相互提供へ 参院本会議で協定可決

自衛隊 仏軍・カナダ軍と弾薬など相互提供へ 参院で協定可決
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190508/k10011908791000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_030
2019年5月8日 16時20分

自衛隊とフランス軍、カナダ軍との間で、食料や弾薬などを相互に提供し合えるように定めた協定が、8日の参議院本会議で自民・公明両党などの賛成多数で可決され、承認されました。

日本がフランス、カナダそれぞれと結ぶACSA=物品役務相互提供協定は、安全保障分野での協力を強化するため、自衛隊とそれぞれの軍との間で、食料や燃料、弾薬などの物品や、輸送などの役務を相互に提供し合えるように手続きを定めたものです。

参議院本会議では協定の採決が行われ、自民・公明両党や日本維新の会などの賛成多数で可決され、承認されました。

協定は、フランス、カナダと正式に公文を交換したうえで、来月にも発効する見通しです。

日本政府は、外国での邦人保護や大規模災害への備えを強化するため、これまでにアメリカやオーストラリア、イギリスと同様の協定を結んでいて、今後インドとも交渉を進める方針です。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月8日
本会議
約1時間59分

会議の経過
〇議事経過 今八日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午後一時十一分
 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する
 法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、根本厚生労働大臣から趣旨説明があった後、
  福島みずほ君、礒崎哲史君、石井苗子君、倉林明子君がそれぞれ質
  疑をした。
 日程第 一 日本国の自衛隊とカナダ軍隊との間における物品又は役
       務の相互の提供に関する日本国政府とカナダ政府との間
       の協定の締結について承認を求めるの件(衆議院送付)
 日程第 二 日本国の自衛隊とフランス共和国の軍隊との間における
       物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とフラン
       ス共和国政府との間の協定の締結について承認を求める
       の件(衆議院送付)
  右の両件は、外交防衛委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成一六〇、
  反対七〇にて承認することに決した。
 日程第 三 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律及び公
       職選挙法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送
       付)
  右の議案は、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長から
  委員会審査の経過及び結果の報告があった後、押しボタン式投票を
  もって採決の結果、賛成二三〇、反対〇にて全会一致をもって可決
  された。
 散会 午後三時三分

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
根本匠(厚生労働大臣、働き方改革担当)
福島みずほ(立憲民主党・民友会・希望の会)
礒崎哲史(国民民主党・新緑風会)
石井苗子(日本維新の会・希望の党)
倉林明子(日本共産党)
渡邉美樹(外交防衛委員長)
渡辺猛之(政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長)


渡邉美樹(外交防衛委員長)・日仏・日カナダ.PNG
日仏・日カナダ.PNG



5月8日、参院本会議。
日程第一 日本国の自衛隊とカナダ軍隊との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とカナダ政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(衆議院送付) と日程第二 日本国の自衛隊とフランス共和国の軍隊との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とフランス共和国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(衆議院送付) を一括して議題とした。
渡邉美樹・外交防衛委員長から委員会審査の経過及び結果の報告があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成160、反対70にて承認することに決した。
協定は、フランス、カナダと正式に公文を交換した上で、来月にも発効する見通し。
posted by hazuki at 00:05| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする