2019年05月01日

[キャッシュレス化] スウェーデン中央銀行 現金使用の完全停止も視野に

[キャッシュレス化] スウェーデン中央銀行 現金使用の完全停止も視野に

スウェーデン中央銀行 現金使用の完全停止も視野に
https://jp.sputniknews.com/business/201905016215123/
2019年05月01日 13:00

スウェーデン中央銀行は、紙幣に代わり、デジタル外貨で決済を行う可能性を調べるため、議会に対して特別委員会の創設要請を行った。

スウェーデン中央銀行のプレスリリースによれば、同国では近年、国民のデジタル通貨の支払いがますます広範に拡大し、現金の使用が急激に減少している。

スウェーデン中央銀行は議会への要請文に「取引セクターが現金を決済手段として扱わなくなった場合、近未来に現金が存在意義を失うというシナリオも否めない」と明言し、ステファン・イングヴェス総裁の見解として、未来のデジタル経済の中でさえ正常に機能できるような決済手段のコンセプトを合法的に採択する必要性を示した。

スウェーデン中央銀行は国際決済銀行の行った調査を引用し、多数の国の中央銀行がすでに独自のデジタル通貨の使用と発行をコンセプション的に評価しはじめており、将来、中央集権化したデジタル通貨の発行も否めないとしている。


スウェーデンの国旗.PNG



スウェーデン中央銀行は、紙幣に代わり、デジタル外貨で決済を行う可能性を調べる為、議会に対して特別委員会の創設要請を行った。
スウェーデン中央銀行のプレスリリースによれば、同国では近年、国民のデジタル通貨の支払いがますます広範に拡大し、現金の使用が急激に減少している。
スウェーデンでキャッシュレス化の動き。
日本は真似してはいけない。




参考資料

The Riksbank proposes a review of the concept of legal tender
https://www.riksbank.se/en-gb/press-and-published/notices-and-press-releases/press-releases/2019/the-riksbank-proposes-a-review-of-the-concept-of-legal-tender/
ラベル:スウェーデン
posted by hazuki at 23:18| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和の年金改悪 65歳で受給する人は繰り上げ扱いで空前の減額議論

令和の年金改悪 65歳で受給する人は繰り上げ扱いで空前の減額議論
https://www.moneypost.jp/531827
2019年4月30日 16:00

 改元と同時に「令和の年金改悪」が始まる。そのメインターゲットは団塊ジュニア(1971〜1974年生まれ)だと考えられる。現在48歳(1971年生まれ)の団塊ジュニアから年金70歳支給になるように、支給開始年齢を68歳→70歳→75歳へと段階的に引き上げる。その手始めに導入されるのが「75歳選択受給」だ。

 これにはさらなる狙いもある。支給開始年齢を70歳まで引き上げるための布石だ。年金改革を審議する政府の社会保障審議会年金部会では、今年の財政検証に向けて“活発な議論”が行なわれている。

 昨年後半に開かれた部会の議事録などを見ていくと、諸外国の平均寿命と年金制度を整理して「日本人は寿命が長いから、受給開始年齢を引き上げたほうがいい」という議論の叩き台になるような資料が提出され、民間人委員から「70歳支給開始」の提言が出ている。

 その上で、現在は65歳を基準とする繰り上げと繰り下げについて、「5歳ずつ後ろ倒し」する提案もあった。

 これはつまり、70歳を支給開始とすることに合わせ、繰り上げ・繰り下げの選択肢を「65〜75歳」にスライドさせて、従来通り65歳からもらう人は「繰り上げ」扱いとして月16万円の年金を30%カットの11万2000円に減らすということだ。10年我慢して75歳に繰り下げる人も「年金2倍」ではなく、42%割り増しにとどめる仕組みである。空前の年金減額が議論されている。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号




改元と同時に「令和の年金改悪」が始まる。
そのメインターゲットは団塊ジュニア(1971〜1974年生まれ)だと考えられる。
年金制度について、民間人委員から「70歳支給開始」の提言が出ている。
70歳を支給開始とすることに合わせ、繰り上げ・繰り下げの選択肢を「65〜75歳」にスライドさせて、従来通り65歳からもらう人は「繰り上げ」扱いとして月16万円の年金を30%カットの11万2000円に減らすということ。
10年我慢して75歳に繰り下げる人も「年金2倍」ではなく、42%割り増しにとどめる仕組みである。
70歳から年金の受給とか75歳から年金の受給とか、年金制度ではなくなっている。
65歳から繰り上げ受給の人は、年金を30%カットですか。
厚生労働省は、何を考えているのか?




参考

厚生年金、加入期間70歳以上も 受給年齢見直しに合わせ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465285575.html




関連

在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465253728.html
posted by hazuki at 22:51| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする