2019年04月30日

職場でのパワハラ防止 企業に相談体制整備義務づけ 衆院可決

職場でのパワハラ防止 企業に相談体制整備義務づけ 衆院可決

職場でのパワハラ防止 企業に相談体制整備義務づけ 衆院可決
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190425/k10011896271000.html
2019年4月25日 14時48分

職場でのパワーハラスメントの防止に向けて、企業に対し相談体制の整備を義務づけることなどを盛り込んだ法律の改正案は、25日の衆議院本会議で賛成多数で可決され 、参議院に送られました。

改正案では、パワハラの防止に向けて、企業に対し従業員からの相談に対応できるよう体制の整備を義務づけているほか、セクハラの被害を相談したことを理由に解雇などの不利益な扱いをすることを禁止しています。

また、女性活躍の推進に向けて、女性の採用比率など数値目標の公表を義務づける企業や団体の対象を、現在の従業員301人以上から101人以上に拡大するとしています。

改正案は25日の衆議院本会議で採決が行われた結果、自民・公明両党のほか、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会などの賛成多数で可決され、参議院に送られました。

一方、共産党は「改正案はハラスメント行為の禁止が規定されておらず、労働者の期待を大きく裏切るものだ」として反対しました。

また、25日の本会議では、立憲民主党や国民民主党などが提出した職場でのセクハラを禁止する法案なども合わせて採決が行われましたが、反対多数で否決されました。




メモとして、UPしました。
パワハラ防止法案は、閣議決定された記事を書いていませんし、衆院を通過する時、野党が衆院に提出した法案が否決されたのを審議中継で見ました。
ラベル:NHK
posted by hazuki at 23:05| Comment(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[防衛省] 政府、反撃用ウイルス初保有へ サイバーで新対処策

[防衛省] 政府、反撃用ウイルス初保有へ サイバーで新対処策

政府、反撃用ウイルス初保有へ サイバーで新対処策
https://this.kiji.is/495701484642698337?c=39546741839462401
2019/4/30 06:00

 政府は、日本の安全保障を揺るがすようなサイバー攻撃を受けた場合に反撃するとして、防衛省でコンピューターウイルスを作成、保有する方針を固めた。相手の情報通信ネットワークを妨害するためのウイルスを防衛装備品として保有するのは初めて。インターネットがつくり出すサイバー空間における新たな対処策となる。2019年度内に作成を終える。政府筋が29日、明らかにした。

 ウイルスは「マルウエア」と呼ばれるソフトの一種。反撃能力を備えることで、攻撃自体を思いとどまらせる抑止力の向上につなげる狙いもある。ただ、使い方によっては専守防衛逸脱の懸念も出そうだ。


防衛省作成・保有のマルウェア.PNG



政府は、日本の安全保障を揺るがすようなサイバー攻撃を受けた場合に反撃するとして、防衛省でコンピューターウイルスを作成、保有する方針を固めた。
相手の情報通信ネットワークを妨害する為のウイルスを防衛装備品として保有するのは初めて。
防衛省がマルウェアを作成し保有するそうです。
ラベル:防衛省
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ大統領「日本は4.4兆円投資」 安倍首相が首脳会談で説明

トランプ大統領「日本は4.4兆円投資」 安倍首相が首脳会談で説明

トランプ米大統領「日本は4.4兆円投資」=安倍首相が首脳会談で説明
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042900206&g=pol
2019年04月29日08時04

【ワシントン時事】トランプ米大統領は27日、安倍晋三首相との首脳会談に関して、「日本(企業)が米国の自動車工場に400億ドル(約4兆4600億円)を投資するとの話があった」と述べた。米大統領は5月中旬にも輸入自動車に対する追加関税の是非を判断する。日本車への関税回避の確約などを取り付けるため、安倍首相が日本企業による新たな投資で米国の雇用拡大に貢献する考えを説明した可能性がある。
 トランプ大統領が言及した「400億ドル」の投資の時期など具体的な内容は明らかにされていない。


安倍晋三とトランプ・2019年4月.PNG



トランプ大統領は27日、安倍首相との首脳会談に関して、「日本(企業)が米国の自動車工場に400億ドル(約4兆4600億円)を投資するとの話があった」と述べた。
大統領は5月中旬にも輸入自動車に対する追加関税の是非を判断する。

トランプ氏、日本は「米自動車工場に4兆円投資」
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190428-OYT1T50175/

読売新聞でも、日本が米自動車工場に4兆円投資すると報道されている。
安倍首相の抱きつき外交は、トランプに胡麻をすること。
実際、どうなのでしょうね。




関連

日米通商交渉、5月訪日前に合意も 首脳会談でトランプ大統領
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465397837.html
posted by hazuki at 22:06| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民 小泉進次郎氏「令和の時代も国会改革目指す」

自民 小泉進次郎氏「令和の時代も国会改革目指す」

自民 小泉氏「令和の時代も国会改革目指す」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190425/k10011896871000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_046
2019年4月25日 20時41分

平成のうちに国会改革を実現したいとしていた自民党の小泉進次郎氏は、「令和の時代になっても改革に終わりはない」と述べ、引き続き実現を目指す考えを強調しました。

小泉進次郎氏ら超党派の衆議院議員が「平成のうちに実現したい」としていた国会改革をめぐっては、ペーパーレス化で一部進展がありましたが、出産前後の女性議員が採決に参加できる仕組みの導入などは実現していません。

これについて小泉氏は25日、記者会見で、「『平成のうちに』と締め切りを作らなければ、風穴が開くことはなかった。どんなに小さくても1つでも前に進めることが改革につながる」と述べました。

そのうえで、「令和の時代になっても国会改革に終わりはない。やり残したことを進めていきたい」と述べ、引き続き実現を目指す考えを強調しました。


小泉進次郎・令和の時代も改革.PNG



平成のうちに国会改革を実現したいとしていた自民党の小泉進次郎氏は、「令和の時代になっても改革に終わりはない」と述べ、引き続き実現を目指す考えを強調した。
国会改革を巡っては、ペーパーレス化で一部進展があったが、出産前後の女性議員が採決に参加出来る仕組みの導入などは実現してない。
進次郎は、「働き方改革が一番必要なのは国会」と言っていましたね。




関連

小泉進次郎氏ら自民若手が国会改革案、法案審議とスキャンダル追及を分離
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460317420.html

自民・小泉進次郎氏「働き方改革が一番必要なのは国会」「参議院ですでに導入されている押しボタンでの採決の方式を衆議院でも検討すべき」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459938884.html
ラベル:小泉進次郎
posted by hazuki at 21:33| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする