2019年04月17日

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 農産物関税はTPP水準で一致 日米貿易交渉、為替で譲歩不可避

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 農産物関税はTPP水準で一致 日米貿易交渉、為替で譲歩不可避

農産物関税はTPP水準で一致 日米貿易交渉、為替で譲歩不可避
https://this.kiji.is/491205439649711201?c=39546741839462401
2019/4/17 20:28

【ワシントン共同】16日(日本時間17日)まで開かれた日米貿易交渉の初協議で、日米が農産物関税の引き下げ限度を環太平洋連携協定(TPP)水準とする方針で一致したことが17日、分かった。米国側にはTPPを超える水準を求める声もあったが、米国の農産物はTPP加盟国に比べ競争力が落ちており、来年大統領選を控えるトランプ氏が早期決着に傾いたとみられる。一方、意図的な通貨安誘導を禁じる「為替条項」が盛り込まれる余地を残した。日本はTPPで譲歩しており、導入は不可避との観測が強まった。

 両国は今年9月をめどに、自動車などの工業製品も含め交渉の大枠をまとめたい考えだ。


茂木敏充・ワシントンで会見.PNG



日本時間17日まで開かれた日米貿易交渉の初協議で、日米が農産物関税の引き下げ限度をTPP水準とする方針で一致したことが17日、分かった。
米国側にはTPPを超える水準を求める声もあった。
一方、意図的な通貨安誘導を禁じる「為替条項」が盛り込まれる余地を残した。




追記

日米貿易協定を議論するための会合に関するUSTRの声明

Statement from USTR on Meetings to Discuss the United States-Japan Trade Agreement
https://ustr.gov/about-us/policy-offices/press-office/press-releases/2019/april/statement-ustr-meetings-discuss

USTRの声明です。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(pDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米“車”“農産品”で交渉開始、“デジタル貿易”も対象に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465206264.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米、為替条項を改めて要求へ ムニューシン財務長官、対日協議「幅広く」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465153457.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 トランプ政権が送り込む「実力者」にどこまで戦える?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463877243.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉開始へ 政府は米国の出方を注視
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463494703.html

[TAG] 必要な議論は財務相同士で議論 米財務長官の為替条項発言で茂木敏充経財相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462181249.html

[TAG] 日本にも為替条項要求へ ムニューシン米財務長官、TAG交渉巡り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462165396.html

[TAG] 「TAG」は捏造の疑い 日本政府訳にのみ記載 日米共同声明 首相答弁との矛盾隠す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462148959.html

[TAG] 日本を標的にするトランプ大統領(孫崎享・評論家)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462011414.html

[TAG] 日米TAG交渉入り FTA、EPA、FFR… 貿易分野また略語 TAGは日本が独自に使用するFTAの略称
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462010984.html

[TAG] 斎藤健農相「文書で確認、意義大きい」、日米TAG
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461908948.html

[TAG] TAGは「実質FTA」でなく「FTAそのもの」(鈴木宣弘・東京大学教授)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461907602.html

物品貿易協定(TAG)とは モノにかかる関税が対象
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885605.html

[TAG] 関税含む日米物品貿易協定開始で合意 交渉中は関税引き上げ回避
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885291.htmll




関連

米自動車業界、対日貿易で為替条項など要求 USTR公聴会で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463172254.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 23:58| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米“車”“農産品”で交渉開始、“デジタル貿易”も対象に

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米“車”“農産品”で交渉開始、“デジタル貿易”も対象に

日米“車”“農産品”で交渉開始、“デジタル貿易”も対象に・・・
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3650408.htm
6時間前

17日に初会合を終えた日米の新たな貿易交渉。農産品などの関税に加え、新たにデジタル貿易の分野についても話し合うことになりました。

 和やかなムードで始まった貿易交渉。笑顔を交わした両者でしたが、会合が始まると、アメリカは日本に「貿易赤字を減らしたい」と主張。両者は自動車や農産品の関税などについて交渉を始めることにしました。

 さらに今回、新たに話し合うことにしたのが、デジタル貿易。デジタル貿易ではインターネットを介した商取引についてのルール作りが想定されていますが、両国で意見の違いは少ないため、早い段階での合意が可能とみられています。

 ここまでみると、日本側としては、さい先の良いスタートを切ったように見えますが、実はアメリカが今、力を入れているのが中国との交渉。その協議がまとまれば日本との交渉にも本腰を入れ、今後、厳しい要求を突きつけてくるとみられています。

 「早期に良い成果を出したいということで、お互いに一致している」(茂木敏充 経済再生相)

 茂木大臣とライトハイザー通商代表は今月下旬に予定される日米首脳会談を前に、再び協議する予定です。


ライトハイザーと茂木・デジタル貿易.PNG



日米の新たな貿易交渉は17日に初会合を終えた。
農産品などの関税に加え、新たにデジタル貿易の分野についても話し合うことになった。
デジタル貿易では、日米で意見の違いは少ない為、早い段階での合意が可能とみられている。
「早期に良い成果を出したいということで、お互いに一致している」(茂木敏充経済再生相)
茂木敏充氏とライトハイザーUSTR代表は、今月下旬に予定される日米首脳会談を前に、再び協議する予定。
やはり、日本は農業を犠牲にするのか?




追記

日米貿易協定を議論するための会合に関するUSTRの声明

Statement from USTR on Meetings to Discuss the United States-Japan Trade Agreement
https://ustr.gov/about-us/policy-offices/press-office/press-releases/2019/april/statement-ustr-meetings-discuss

USTRの声明です。




参考資料

米国通商代表部(USTR)による「日米貿易交渉の目的の要約」
https://uchidashoko.blogspot.com/2018/12/ustr.html

日米貿易協定(USJTA)交渉 具体的な交渉目的の要約(2018年12月)(pDF)
http://www.parc-jp.org/teigen/2018/USJTA/usjta_objectives.pdf




参考

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 米、為替条項を改めて要求へ ムニューシン財務長官、対日協議「幅広く」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465153457.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉 トランプ政権が送り込む「実力者」にどこまで戦える?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463877243.html

[TAG] [USJTA] [日米FTA] 日米貿易交渉開始へ 政府は米国の出方を注視
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463494703.html

[TAG] 必要な議論は財務相同士で議論 米財務長官の為替条項発言で茂木敏充経財相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462181249.html

[TAG] 日本にも為替条項要求へ ムニューシン米財務長官、TAG交渉巡り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462165396.html

[TAG] 「TAG」は捏造の疑い 日本政府訳にのみ記載 日米共同声明 首相答弁との矛盾隠す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462148959.html

[TAG] 日本を標的にするトランプ大統領(孫崎享・評論家)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462011414.html

[TAG] 日米TAG交渉入り FTA、EPA、FFR… 貿易分野また略語 TAGは日本が独自に使用するFTAの略称
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462010984.html

[TAG] 斎藤健農相「文書で確認、意義大きい」、日米TAG
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461908948.html

[TAG] TAGは「実質FTA」でなく「FTAそのもの」(鈴木宣弘・東京大学教授)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461907602.html

物品貿易協定(TAG)とは モノにかかる関税が対象
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885605.html

[TAG] 関税含む日米物品貿易協定開始で合意 交渉中は関税引き上げ回避
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461885291.htmll




関連

米自動車業界、対日貿易で為替条項など要求 USTR公聴会で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463172254.html
ラベル:日米TAG
posted by hazuki at 22:23| Comment(0) | TAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 4月9日、衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒4月11日、衆院農林水産委員会で農地バンク法改正案が実質審議入り


衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48902&media_type=

2019年4月9日 (火)
農林水産委員会 (3時間20分)

案件:
農林水産関係の基本施策に関する件
豚コレラをはじめとする家畜伝染病対策に関する件
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣23)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  9時 00分  01分
 上杉謙太郎(自由民主党)  9時 01分  22分
 長谷川嘉一(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 23分  29分
 金子恵美(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 52分  41分
 稲津久(公明党)  10時 33分  21分
 緑川貴士(国民民主党・無所属クラブ)  10時 54分  21分
 関健一郎(国民民主党・無所属クラブ)  11時 15分  20分
 田村貴昭(日本共産党)  11時 35分  17分
 森夏枝(日本維新の会)  11時 52分  14分
 佐々木隆博(立憲民主党・無所属フォーラム)  12時 06分  06分
 吉川貴盛(農林水産大臣)  12時 12分  05分

答弁者等
大臣等(建制順):
 濱村進(農林水産大臣政務官)


吉川貴盛(農林水産大臣)・農地バンク法案.PNG


衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48920&media_type=

2019年4月11日 (木)
農林水産委員会 (3時間10分)

案件:
農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(198国会閣23)
発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 武藤容治(農林水産委員長)  9時 00分  01分
 坂本哲志(自由民主党)  9時 01分  20分
 稲津久(公明党)  9時 21分  22分
 大串博志(立憲民主党・無所属フォーラム)  9時 43分  41分
 神谷裕(立憲民主党・無所属フォーラム)  10時 24分  32分
 近藤和也(国民民主党・無所属クラブ)  10時 56分  40分
 田村貴昭(日本共産党)  11時 36分  16分
 森夏枝(日本維新の会)  11時 52分  15分
答弁者等
大臣等(建制順):
 吉川貴盛(農林水産大臣)
 小里泰弘(農林水産副大臣)
 濱村進(農林水産大臣政務官)


大串博志(立憲民主党)・農地バンク法案.PNG



4月9日、吉川貴盛(農林水産大臣)による農地バンク法改正案の趣旨説明が行われた。
4月11日、農地バンク法改正案が実質審議入りした。

第198回国会4月11日農林水産委員会ニュース (PDF 223KB)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/nousui19820190411006.pdf/$File/nousui19820190411006.pdf

農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案。
吉川農林水産大臣、小里農林水産副大臣、濱村農林水産大臣政務官及び政府参考人に対し質疑を行った。

自民党の坂本哲志氏は、人・農地プランの作成手順及び地域における位置付け、地域の実情に即した担い手の育成を図る観点からの規模拡大だけではない農地の集約化の在り方、地域における農地の実態を踏まえた上での担い手への農地集積目標の考え方、法人化した農業者に対して農業経営のノウハウ等に関するきめ細かい指導を行う必要性を質疑した。

立憲民主党の大串博志氏。
農地中間管理事業による農地の集積・集約化の成果、大規模農家を対象とした農地中間管理機構の活用と生産性向上との関係についての調査における大規模農業者のサンプル数、担い手への農地集積目標を8割としている理由及び達成によるメリット、中山間地域での農地中間管理事業による農地の集積状況、農地の貸し手に比べ借り手が少ない等の中山間地域における課題についての認識、地域外からの参入者が地域の集積・集約の核となった件数、農地の交換分合等を伴う集約化が行われた件数、農地中間管理事業の執行体制、農林水産省の定員関係を質疑した。

農地バンク法は平成26年に施行されて、5年を経て、見直すことになった。
立憲民主党の大串博志氏によると、農地バンク法は規制改革推進会議から出た法案であり、法案が可決した時、相当、悩んだそうです。
法案に賛成する為に、沢山の附帯決議を付けたという。




参考

[農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案] 2月12日、農地バンク法改正案を閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464270094.html
posted by hazuki at 21:20| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 参院審議で被害者が意見述べる場を

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 参院審議で被害者が意見述べる場を

旧優生保護法 救済法案 参院審議で被害者が意見述べる場を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190415/k10011884961000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_028
2019年4月15日 20時30分

旧優生保護法のもとで不妊手術を受けた人たちを救済するための法案が、先に衆議院で可決されたことを受け、全国弁護団は参議院厚生労働委員長に対し、審議の中で被害者が意見を述べる場を設けるよう要望書を提出しました。

法案は、旧優生保護法のもとで手術を受けたおよそ2万5000人を対象に、専門家の認定機関によって認められれば、一時金として320万円を支払うなどとしていて、今月11日に衆議院で可決され、参議院での審議を経て今月中に成立する見通しです。

こうした中、全国弁護団は参議院厚生労働委員長に対し、被害者が意見を述べる場を設けるよう、郵送で要望書を提出しました。
弁護団は、被害者の意見を聞くことで法案の問題点を明らかにできるなどとしています。

旧優生保護法をめぐっては、去年1月に全国で初めて、60代の女性が仙台地方裁判所に訴えを起こし、これまでに全国7か所の裁判所で20人が提訴しています。

全国弁護団の団長を務める新里宏二弁護士は「法案では国の法的責任が切り離されていて、被害者の思いがくみ込まれていない。放置された被害を救済する制度は、被害者の声を聞いたうえで作るべきだ」と話しています。




旧優生保護法救済法案が、先に衆院で可決されたことを受け、全国弁護団は参院厚生労働委員長に対し、審議の中で被害者が意見を述べる場を設けるよう要望書を提出した。
法案では国の法的責任が切り離されていて、被害者の思いが汲み込まれていない。
「当時は合法だった」という国が裁判で争う姿勢を示したので、国の責任が切り離されたのでしょう。
4月11日に衆院を通過して、参院に送られてから、旧優生保護法救済法案は審議入りしていない。
被害者が意見を述べる場を設けるべきですね。




参考

[旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案] 4月11日、強制不妊の被害者救済法案が衆院本会議で可決 全会一致、来週にも成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465089030.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済法、4月施行へ 弁護団は反発、訴訟継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464624472.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済法案、与野党提出へ 幅広く一時金、4月成立目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464419833.html

[旧優生保護法] 強制不妊救済へ、弁護団と初面会 与党ワーキングチーム、10月25日に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462269680.html

[旧優生保護法] 記録なし、法逸脱も対象 強制不妊手術の救済案(超党派議連)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461246001.html

[旧優生保護法] 不妊手術の記録なしでも救済検討 年内に基本方針策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461109664.html

[旧優生保護法] 不妊強制の救済立法、来年にも 与党チーム、調査に時間
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458476462.html

[旧優生保護法賠償訴訟] 国、請求棄却求める 仙台地裁初弁論 原告「違憲」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458445381.html

[旧優生保護法] 障害ない男性に手術強制、70代男性が国を提訴へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458288646.html

[旧優生保護法] 旧厚生省が禁止の放射線照射を容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457957877.html

[旧優生保護法] 国は強制不妊実態把握を 北海道が厚生労働省に要望
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457206328.html

[旧優生保護法] 不妊手術強制で救済検討の動き 自民、ハンセン病など参考に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456909620.html
posted by hazuki at 00:21| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする