2019年03月06日

馬券のネット購入に上限額も ギャンブル依存対策強化へ

馬券のネット購入に上限額も ギャンブル依存対策強化へ

馬券のネット購入に上限額も ギャンブル依存対策強化へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190306/k10011837221000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_017
2019年3月6日 5時10分

政府はギャンブル依存症の対策を強化するため、家族からの申告があれば、本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限できるよう事業者に促すことなどを盛り込んだ対策の基本計画の素案をまとめました。

政府は、去年7月に成立したギャンブル依存症対策の法律に基づいて、今後3年間の具体的な対策を定めた基本計画を策定することにしていて、その素案が明らかになりました。

それによりますと、パチンコへの過度の依存を防ぐため、家族からの申告があれば、本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限できるようにする取り組みを新年度中に導入するよう事業者に促すとしています。

また、競馬の馬券や競艇の舟券をインターネットで購入する際、本人の希望に応じて、あらかじめ上限額を設定できる仕組みを再来年度から導入することや、公営ギャンブルの施設などからATMを撤去することを、それぞれの事業者に要請することが盛り込まれています。

さらに、依存症の患者が専門家に相談できる窓口や、治療を受けられる拠点を再来年度をめどに、すべての都道府県と政令指定都市に整備するとしています。

政府は、6日開かれる事業者や有識者などを集めた会議に、この素案を示すことにしていて、会議での意見を踏まえて、ことし春までに基本計画を閣議決定したいとしています。




昨年7月に成立したギャンブル依存症対策の法律に基づいて、今後3年間の具体的な対策を定めた基本計画を策定することにしていて、その素案が明らかになった。
パチンコへの過度の依存を防ぐ為、家族からの申告があれば、本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限出来るようにする取り組みを新年度中に導入するよう事業者に促す。
また、競馬の馬券や競艇の舟券をインターネットで購入する際、本人の希望に応じて、予め上限額を設定出来る仕組みを再来年度から導入する。




参考

[ギャンブル等依存症対策基本法案] 5月25日、ギャンブル依存症法案が衆院通過 自公維が提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459610422.html

[ギャンブル等依存症対策基本法案] 5月16日、ギャンブル依存症対策法案を提出 カジノ解禁に向け、自公維3党で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459430629.html
posted by hazuki at 22:35| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴山昌彦文科相 海賊版対策の著作権法改正案「丁寧に調整進める」

柴山昌彦文科相 海賊版対策の著作権法改正案「丁寧に調整進める」

柴山文科相 海賊版対策の著作権法改正案「丁寧に調整進める」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190305/k10011836271000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_032
2019年3月5日 12時42分

「海賊版サイト」対策としての著作権法の改正案について、柴山文部科学大臣は、与党内にも慎重な意見があることを踏まえ、今の国会に提出できるよう、関係者との調整を丁寧に進める考えを示しました。

インターネット上の「海賊版サイト」対策をめぐり、文部科学省は、著作権の侵害に対する新たな措置として、違法なダウンロードの範囲を漫画などの著作物すべてに広げる著作権法の改正案を今の国会に提出する方針です。

一方で、日本漫画家協会の声明など内容の見直しを求める声が出ていて、自民党の総務会の了承はまだ得られていません。

柴山文部科学大臣は記者団に対し、「有識者や漫画家をはじめ関係者からの懸念が根強く示されていることは重く受け止めたい。与党からも慎重な意見を聞いている」と述べました。

そのうえで、「文部科学省として丁寧な意見集約をしていきたい」と述べ、改正案を今の国会に提出できるよう、関係者との調整を丁寧に進める考えを示しました。


柴山昌彦・海賊版対策.PNG



「海賊版サイト」対策としての著作権法の改正案について、柴山文科相は、与党内にも慎重な意見があることを踏まえ、今の国会に提出出来るよう、関係者との調整を丁寧に進める考えを示した。
文部科学省は、著作権の侵害に対する新たな措置として、違法なダウンロードの範囲を漫画などの著作物すべてに広げる著作権法の改正案を今の国会に提出する方針。
著作権法改正案の提出が来るかも知れません。
違法ダウンロードの取り締まりが厳しくなる。





参考

[違法DL厳罰化] 違法ダウンロード、罰則拡大へ 文化庁、漫画や小説も対象
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463111138.html

違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A(文化庁)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/280830700.html
ラベル:著作権改正案
posted by hazuki at 21:41| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[放送法の一部を改正する法律案] 3月5日、NHK番組のネット配信を可能に 放送法改正案を閣議決定

[放送法の一部を改正する法律案] 3月5日、NHK番組のネット配信を可能に 放送法改正案を閣議決定

NHK番組のネット配信を可能に 放送法改正案を閣議決定
https://this.kiji.is/475454296139711585
2019/3/5 09:12 3/5 11:12updated

政府は5日、NHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にする放送法改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指しており、NHKは2019年度中にサービスを開始したい考えだ。

 現行の放送法では、同時配信は災害報道やスポーツ中継などに限られているが、法改正によって全ての番組を配信できるようになる。NHKは受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めないとしている。

 法改正の是非を検討してきた総務省の有識者検討会は同時配信を容認する一方、受信料の見直しや不祥事防止の徹底などを要請していた。



平成31年3月5日(火)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2019/kakugi-2019030501.html

放送法の一部を改正する法律案(決定)

(同上)(総務省)



第198回国会(常会)提出法案
http://www.soumu.go.jp/menu_hourei/k_houan.html

平成31年3月5日

放送法の一部を改正する法律案

概要
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604181.pdf

要綱
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604182.pdf

法律案・理由
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604183.pdf

新旧対照条文
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604184.pdf

参照条文
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604185.pdf


放送法の一部を改正する法律案・概要.PNG



政府は5日、NHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にする放送法改正案を閣議決定した。
今国会での成立を目指しており、NHKは2019年度中にサービスを開始したい考え。
NHKは受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めないとしている。
当然ですね。
二重にNHK受信料を支払うことなど、あり得ない。
テレビがなくても、ネットでテレビを見れる環境が整っていれば、受信料を徴収するという内容。
こんな法律を可決・成立させてはダメです。
#NHK解体
ラベル:放送法改正案
posted by hazuki at 21:02| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童虐待防止策“強化”法案、厚生労働省「体罰の禁止」など盛り込む

児童虐待防止策“強化”法案、厚生労働省「体罰の禁止」など盛り込む

児童虐待防止策“強化”法案、厚労省「体罰の禁止」など盛り込む
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3614399.htm?1551797285295
5日 11時07分

厚生労働省は、児童虐待の防止策を強化する法案の概要を自民党の厚労部会に示しました。「体罰の禁止」などを条文に盛り込みます。

 厚労省が5日、自民党に示した児童虐待の防止策を強化する法案は、親権者などによる「体罰の禁止」を条文に明記することや児童相談所の体制を強化することなどが柱となっています。

 一方、親が子どもを戒める権利として民法に規定されている「懲戒権」については、法律の「施行後5年を目途に検討を加え、必要な措置を講じる」としています。しかし、自民党議員からは「懲戒権」の検討が「5年では長すぎる」などの意見が相次ぎました。

 今月19日の閣議決定を目指し、条文の調整を急ぐ考えです。


自民党厚労部会・児童虐待防止.PNG



厚生労働省は、児童虐待の防止策を強化する法案の概要を自民党の厚労部会に示した。
法案は、親権者などによる「体罰の禁止」を条文に明記することや児童相談所の体制を強化することなどが柱となっている。
今月19日の閣議決定を目指し、条文の調整を急ぐ考え。

議案名「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCB326.htm

1月28日に衆院厚生労働委員会に付託された。
昨年の通常国会に野党が提出した法案も審議して欲しいです。
「岡本充功君外十名」が提出した「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」です。




参考

[児童虐待防止法改正案] 体罰禁止明記を 自民 政府に提言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464480832.html

自民若手議員、「児童虐待罪」創設目指し勉強会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464360387.html

児童虐待防止で2月8日に閣僚会議 安倍首相、情報共有策を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464072635.html




関連

[水道民営化] 6月29日、衆院厚生労働委員会で水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)の実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460283347.html
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 00:15| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする