2019年03月02日

「国際リニアコライダー」 超党派の議連が柴山昌彦文科相に誘致要望

「国際リニアコライダー」 超党派の議連が柴山昌彦文科相に誘致要

「国際リニアコライダー」 超党派の議連が文科相に誘致要望
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190228/k10011831111000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_039
2019年2月28日 15時09分

「国際リニアコライダー」と呼ばれる巨大な実験施設をめぐり、超党派の議員連盟は柴山文部科学大臣に、政府として日本への誘致に前向きな姿勢を示すよう要望しました。

宇宙が誕生した直後の状態を再現する巨大な実験施設、「国際リニアコライダー」をめぐっては、東北の北上山地への誘致活動が進められている一方、日本学術会議は去年12月、成果が経費負担に十分見合わないという見解を出しています。

来月上旬には実験施設に関する国際会議が都内で開かれることから、28日、超党派の議員連盟のメンバーが柴山文部科学大臣と面会しました。

そして実験施設は、日本の科学技術の発展につながるものだとして、来月の国際会議で誘致に前向きな姿勢を示すよう要望しました。

これに対し、柴山大臣は「国際会議では現時点での建設計画に対する政府の見解を示したい。現在、関係省庁と連絡を取り合って内容を検討している」と述べました。

このあと、議員連盟の会長を務める河村元官房長官は「これだけ大きいプロジェクトを日本が主導する例はこれまでになく、期待が高まっている。政府には前向きな意思を表明してもらいたい」と述べました。


国際リニアコライダー・超党派.PNG



宇宙が誕生した直後の状態を再現する巨大な実験施設、「国際リニアコライダー」を巡り、超党派の議員連盟は柴山文科相に、政府として日本への誘致に前向きな姿勢を示すよう要望した。
実験施設は、日本の科学技術の発展に繋がるものだとして、来月の国際会議で誘致に前向きな姿勢を示すよう要望した。




参考資料

国際リニアコライダー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC
ラベル:柴山昌彦
posted by hazuki at 00:22| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする