2018年12月31日

[TPP11] TPP発効、5億人経済圏誕生 貿易拡大へ関税95%超撤廃

[TPP11] TPP発効、5億人経済圏誕生 貿易拡大へ関税95%超撤廃

TPP発効、5億人経済圏誕生 貿易拡大へ関税95%超撤廃
https://this.kiji.is/451766236565505121?c=39546741839462401
2018/12/30 00:16

日本を含む11カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)が30日発効した。世界の国内総生産(GDP)の13%を占め、域内人口が5億人を超える新たな経済圏が誕生。米中がお互いの通商政策を批判して追加関税の応酬を繰り広げるなど保護主義が拡大する中、対抗軸となる自由貿易圏を目指す。将来的に域内の農産物や工業品の95%超の品目で関税を撤廃する。来年2月には欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)も発効し、日本の通商戦略は新たな局面を迎える。

 TPP発効は日本にとって工業品輸出に追い風となり、食品の値下がりも期待できる。だが安い農産物の流入は国内農業に試練となる。




日本を含む11カ国が参加するTPPが30日発効した。
GDPの13%を占め、域内人口が5億人を超える新たな経済圏が誕生。
将来的に域内の農産物や工業品の95%超の品目で関税を撤廃する。
昨日、12月30日、TPPが発効しました。
1%の富裕層と99%の国民との闘い。
日本は国益を守る為ならば、TPPを脱退しなければならない。
国民皆保険制度が危うくなって来る。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えて来た。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




参考

[TPP11] TPP、12月30日発効へ 6カ国が国内手続き終了
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462476030.html

[TPP11] TPP、年内にも発効見通し カナダがTPP批准 オーストラリアも手続き終了へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462403233.html

[TPP11] ニュージーランドがTPP批准 国内手続き終了4カ国目
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462402628.html

[TPP11] TPP、オーストラリアが手続き完了 ベトナムもAPEC前に批准へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462234880.html

[TPP11] TPP手続き、11月完了へ 茂木氏、参加国大使と確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462217265.html

[TPP11] TPP拡大 来年にも 新規加盟交渉 発効直後、日本主導で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460657373.html

[TPP11] 7月18日から箱根でTPP首席会合 茂木敏充氏、参加国拡大に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460521648.html

[TPP11] TPP首席交渉官が会合へ 政府、7月17〜19日で調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460378673.html

[TPP11] 6月29日、参院本会議でTPP関連法が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460256278.html

[TPP11] 6月28日、参院内閣委員会でTPP関連法案が可決 米要求は拒絶と付帯決議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460238838.html

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460199031.html

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:CPTPP TPP
posted by hazuki at 12:15| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

[緊急拡散] パブリックコメント: 「外国人材拡大」出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案概要等に係る意見公募 法務省 2019年1月26日締切

[緊急拡散] パブリックコメント: 「外国人材拡大」出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案概要等に係る意見公募 法務省 2019年1月26日締切

外国人材拡大で意見公募=来月下旬まで−法務省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122800684&g=pol

外国人労働者の受け入れ拡大に向けて来年4月に導入する新在留資格「特定技能」をめぐり、法務省は28日、新資格の詳細を定める政省令案に関するパブリックコメント(意見公募)を始めた。来年1月26日まで受け付ける。
 山下貴司法相は28日の記者会見で「意見や国会での議論を踏まえ、3月には政省令を公布できるように引き続きスピード感を持って準備を進めていく」と述べた。
 政省令案は、対象の外国人について、18歳以上で仲介業者から保証金を徴収されていないことなどを要件とした。受け入れ先の企業が外国人と結ぶ雇用契約に関しては、日本人と同等以上の報酬とし、教育訓練や福利厚生などで差別的取り扱いをしないよう求めている。給与は透明性確保のため金融機関口座に振り込むことや、外国人が一時帰国を希望すれば有給休暇を与えることも義務付けている。(2018/12/28-15:06)



出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案概要等に係る意見公募手続の実施について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130143&Mode=0

案件番号 300130143
定めようとする命令等の題名 ・出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令
・特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令
・出入国管理及び難民認定法別表第一の二の表の特定技能の項の下欄に規定する産業上の分野等を定める省令
・出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の一部を改正する省令
・出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令
根拠法令項 出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)第2条の2第3項,第2条の5第1項,同条第3項,同条第6項,同条第8項,第7条第1項第2号,第19条の18第1項,同条第2項,第19条の23第3項,第19条の24第1項,同条第2項,第19条の26第1項第2号,同項第5号,同項第14号,第19条の27第1項,同条第3項,第19条の29第1項,第19条の30第2項,第69条,第69条の2,別表第1の2の表の特定技能の項の下欄第1号及び同欄第2号
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
問合せ先
(所管府省・部局名等) 法務省入国管理局参事官室
電話:03-3580-4111(内6820)
案の公示日 2018年12月28日 意見・情報受付開始日 2018年12月28日 意見・情報受付締切日 2019年01月26日
関連情報
意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見募集要領   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181684
入管法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案【仮称】概要   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181685
特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令案【仮称】概要   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181686
入管法別表第一の二の表の特定技能の項の下欄に規定する産業上の分野等を定める省令案【仮称】概要   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181687
入管法第七条第一項第二号の基準を定める省令の一部を改正する省令案【仮称】概要   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181688
入管法施行規則の一部を改正する省令案【仮称】概要   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181689

関連資料、その他

新たな外国人材受入れに関する政省令の骨子案(イメージ)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181690
参照条文   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181691


政省令のイメージ.PNG



追記(2018年12月30日、12時)

12月27日に公開したパブリックコメントとは別の新規のパブリックコメントが募集開始になりました。

[緊急拡散] パブリックコメント: オンライン申請等に係る改正出入国管理法による外国人受け入れのための政省令について法務省が意見公募 2019年1月25日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463403383.html

只今、記事を作成中ですので、パブリックコメントの提出文例を作成したら、参考リンク等を入れて、UPし直します。
余力がある方は、パブコメを提出して下さい。
年末の慌ただしい中、主人が入院してしまい、面会の為、ほぼ毎日、病院へ行き来しているので、十分な時間が取れません。
よろしくお願いします。




法務省は12月28日から「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案概要等に係る意見公募手続の実施について」のパブリックコメントを始めた。
来年1月26日が締切日です。
パブリックコメントの入力フォームから提出して下さい。
電子メールの場合 電子メールアドレス:nyukan74@i.moj.go.jp へテキスト形式で送信して下さい。
1.入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令、2,.特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令 3. 出入国管理及び難民認定法別表第一の二の表の特定技能の項の下欄に規定する産業上の分野等を定める省令、4. 出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の一部を改正する省令、5. 出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令。
法務省は、1〜5までの政省令を定めようとしている。
政省令案は、対象の外国人について、18歳以上で仲介業者から保証金を徴収されていないことなどを要件とした。
受け入れ先の企業が外国人と結ぶ雇用契約に関しては、日本人と同等以上の報酬とし、教育訓練や福利厚生などで差別的取り扱いをしないよう求めている。
給与は透明性確保のため金融機関口座に振り込むことや、外国人が一時帰国を希望すれば有給休暇を与えることも義務付けている。
政府は12月25日、改正入管難民法に基づく外国人労働者受け入れ拡大の新制度について、基本方針などを閣議決定し、全容を固めた。
深刻な人手不足を理由に、高度専門職に限っていた従来施策を変更。
特定技能1号、2号の在留資格を新設して単純労働分野にも広げ、来年4月から5年間で最大34万5150人を受け入れる。
順番が逆であって、法律の作り方として間違っていると思います。
本来、法案に書き込まなければならないようなことすら、政令に落としている。
政府の閣議決定は順番が逆。
先の臨時国会で成立した入管法改正案に、本来、書き込むべき内容です。
政府は制度の詳細を法務省の政令で定めるとしていますが、政令は国会の議論なく知らないうちに変えられてしまうので、今後、出来るだけ早く法律を改正する必要性があると思います。
そもそも、我々、国民の多くは政府の入管法改正案の拙速な強行採決、成立に反対です。
外国人就労拡大の中には、介護業、ビルクリーニング業、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設業、造船・舶用工業、自動車整備業、航空業、宿泊業、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業が含まれる。
全部で14職種に及ぶ。
何故、政府は日本人の労働者を積極的に雇うようにしないのか、何故、外国人労働者に頼るのか。
日本語能力も問われるようである。
来年3月には政省令を公布出来るようにし、施行日を来年(平成31年)4月1日ととしている。
拙速な政省令の公布・施行に反対し、出来るだけ早い段階の法律の改正を願います。




意見入力フォーム
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130143&Mode=0

(2000字以内で、お願いします。)

1.入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令、2,.特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令 3. 出入国管理及び難民認定法別表第一の二の表の特定技能の項の下欄に規定する産業上の分野等を定める省令、4. 出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の一部を改正する省令、5. 出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令。法務省は、1〜5までの政省令を定めようとしている。政省令案は、対象の外国人について、18歳以上で仲介業者から保証金を徴収されていないことなどを要件とした。受け入れ先の企業が外国人と結ぶ雇用契約に関しては、日本人と同等以上の報酬とし、教育訓練や福利厚生などで差別的取り扱いをしないよう求めている。給与は透明性確保のため金融機関口座に振り込むことや、外国人が一時帰国を希望すれば有給休暇を与えることも義務付けている。政府は12月25日、改正入管難民法に基づく外国人労働者受け入れ拡大の新制度について、基本方針などを閣議決定し、全容を固めた。深刻な人手不足を理由に、高度専門職に限っていた従来施策を変更。特定技能1号、2号の在留資格を新設して単純労働分野にも広げ、来年4月から5年間で最大34万5150人を受け入れる。順番が逆であって、法律の作り方として間違っていると思います。本来、法案に書き込まなければならないようなことすら、政令に落としている。政府の閣議決定は順番が逆。先の臨時国会で成立した入管法改正案に、本来、書き込むべき内容です。政府は制度の詳細を法務省の政令で定めるとしていますが、政令は国会の議論なく知らないうちに変えられてしまうので、今後、出来るだけ早く法律を改正する必要性があると思います。そもそも、我々、国民の多くは政府の入管法改正案の拙速な強行採決、成立に反対です。外国人就労拡大の中には、介護業、ビルクリーニング業、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設業、造船・舶用工業、自動車整備業、航空業、宿泊業、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業が含まれる。全部で14職種に及ぶ。何故、政府は日本人の労働者を積極的に雇うようにしないのか、何故、外国人労働者に頼るのか。日本語能力も問われるようである。来年3月には政省令を公布出来るようにし、施行日を来年(平成31年)4月1日ととしている。拙速な政省令の公布・施行に反対し、出来るだけ早い段階の法律の改正を願います。



関連

[外国人就労、政府が方針決定] 立憲民主・枝野幸男氏「法律の作り方間違っている」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463401176.html




参考

[緊急拡散] パブリックコメント: オンライン申請等に係る改正出入国管理法による外国人受け入れのための政省令について法務省が意見公募 2019年1月25日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463403383.html

来春から最大34万人を受け入れ 外国人就労、政府が方針決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463385085.html

[入国管理法][法務省設置法] 外国人材拡大 1月23日に閉会中審査へ 衆院法務委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463301816.html

技能試験、来年4月開始は3業種 外国人就労拡大で政府案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463287233.html

菅義偉官房長官、外国人労働者支援で相談窓口100か所
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463272962.html

外国人労働者受け入れ拡大 アジア8カ国と協定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463200133.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 12月8日、参院法務委員会で入管法を強行採決し可決⇒12月8日、参院本会議で入管法成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463132426.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 入管法、採決へ大詰め攻防 与党、12月7日に成立強行の構え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463096977.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月28日、入管法が参院本会議で審議入り 安倍首相「新制度早期実施を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462973708.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月27日、入管法改正案が衆院通過 自公維採決強行、野党反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462962227.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月22日、衆院法務委員会で参考人質疑 評価分かれ、技能実習制度批判も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462876054.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月21日、衆院法務委員会で実質審議入り 技能実習生調査の誤り、山下貴司法相が謝罪
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462870286.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月16日、葉梨康弘(法務委員長)解任決議案の提出で衆院法務委員会は実質審議見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462758145.html

外国人労働者業種別見込み数提示 介護6万人、外食5万3千人、建設業4万人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462724749.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月13日、衆院本会議で審議入り 外国人受け入れに上限 安倍首相「近く業種別提示」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462724141.html

入管法、11月13日審議入りで合意 法務省が「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案」の資料を公開
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462659871.html

入管法、11月8日の審議入り見送り 自民、拙速批判回避狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462595633.html

[外国人材受け入れ] 野党が対案 受け入れ総数上限や新機関設置も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462595418.html

[外国人就労受け入れ] 政府、初年度は4万人想定 新在留資格
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462542901.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538050.html

[入管難民法改正案] 11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462477320.html

外国人労働者 熟練技能者、永住可能に 在留資格2種新設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462133724.html

外国人材受け入れ体制構築へ 臨時国会で法整備の考え 菅義偉官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462061154.html

菅義偉官房長官、新たな在留資格盛り込んだ法案を臨時国会に提出する考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461874078.html

[法務省] 入国管理局を「庁」に格上げへ 「入国在留管理庁」で体制強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461355000.html

外国人材受け入れ対策 検討会で財界や自治体の意見集約へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461076958.html

[経済財政諮問会議] 外国人就労拡大、安倍首相が表明 建設・農業・介護など「2025年までに50万人超」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459835510.html

外国人就労 単純労働分野でも受け入れへ 政府案「2025年に50万人超」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459684182.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者の受け入れ分野拡大も視野に検討へ 18の分野に限定されている専門的・技術的分野の対象の拡大を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457079677.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者受け入れに向け 安倍首相が制度改正検討を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457049960.html




関連

[国連] 12月17日、難民対処で新枠組み採択 米国、ハンガリーは反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463271948.html

国連、「移民協定」(グローバル・コンパクト)を採択 不参加表明相次ぐ中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463155626.html

7月13日、国連「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」で合意 2018年12月採択へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462114386.html




関連

国民民主党・玉木雄一郎代表「欧米的な移民受け入れを」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538660.html
posted by hazuki at 11:55| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

入管に組織的に虚偽申請か 在留資格で代行グループ

入管に組織的に虚偽申請か 在留資格で代行グループ
https://this.kiji.is/451429727756928097?c=39546741839462401
2018/12/29 02:00

東京を拠点に外国人の在留資格取得の申請代行業を全国展開する「Asia Group」が、入国管理局に組織的に虚偽の申請などを繰り返していた疑いがあることが28日、関係者への取材で分かった。複数のOBらが、外国人が実際に従事する業務内容を偽るなどしていたと証言。内部関係者は今月、警視庁などに入管難民法違反容疑でグループを告発する文書を出している。

 行政書士資格のない職員が中心となって申請書類を作成していたとの内部証言もあり、東京都行政書士会も調査中。




東京を拠点に外国人の在留資格取得の申請代行業を全国展開する「Asia Group」が、入国管理局に組織的に虚偽の申請などを繰り返していた疑いがあることが28日、関係者への取材で分かった。
入管法が改正されたので、同様の事件は起こるかも知れませんね。
虚偽の申請を繰り返されたら、困ります。
入管管理局は、来年の4月から庁になるのでしたっけ?
実質、入管管理局は「移民庁」になる。




関連

[法務省] 入国管理局を「庁」に格上げへ 「入国在留管理庁」で体制強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461355000.html
ラベル:事件
posted by hazuki at 10:48| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英HMVが事実上破綻 ネット配信に押され

英HMVが事実上破綻 ネット配信に押され
https://this.kiji.is/451391345103455329?c=39546741839462401
2018/12/29 00:53

【ロンドン共同】CD・DVD販売の英HMVは28日、国際会計事務所KPMGを管財人に指定したと発表し、事実上の経営破綻に陥った。インターネットを通じた音楽や動画の配信サービスなどに押され、店舗販売が落ち込んでいた。

 英国にある125店舗の運営は続ける。日本事業はコンビニエンスストア大手ローソンの傘下に入っており、直接の影響はないとみられる。

 HMVは2013年にも破綻し英投資会社が支援をしてきたが、再び経営が行き詰まった。支援の獲得に向けレコード会社などと協議を進めるとしている。


HMVイギリス.PNG



CD・DVD販売の英HMVは28日、国際会計事務所KPMGを管財人に指定したと発表し、事実上の経営破綻に陥った。
インターネットを通じた音楽や動画の配信サービスなどに押され、店舗販売が落ち込んでいた。
イギリスのHMVが破綻。
CDが売れなくなっていますね。
音楽が好きな私は、CDを買って聴いていますが、ここ1年ぐらい新しいCDを買ってないです。
これ以上、CDを増やさないことにしていますし、今まで集めたCDだけでも満足している。
どうしても欲しいCDがあれば買うことになると思いますが、渋谷のタワーレコードまで買いに行きたいと思っています。
日本のHMVも店舗が減って、ネットのHMVしか見ないですが、Amazonの方が買い物は楽ですね。
音楽好きには気になる話題です。




関連リンク

HMV UK
https://www.hmv.com/

ローチケHMV
https://www.hmv.co.jp/
ラベル:HMV
posted by hazuki at 10:26| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

海外世論「日本を信頼」70%超 外務省の調査

海外世論「日本を信頼」70%超 外務省の調査
https://this.kiji.is/451315592610727009?c=39546741839462401
2018/12/28 18:26

外務省は28日、米国、中南米5カ国、オーストラリア、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国で今年2〜3月に実施した対日世論調査の結果を発表した。日本を「信頼できる」とする回答は、全ての国・地域で70%以上となった。

 日本を「とても信頼できる」「どちらかというと信頼できる」と答えた人の割合はインドが最も多く、94%に達した。ASEAN10カ国84%、オーストラリア76%、中南米5カ国(メキシコ、ブラジル、コロンビア、アルゼンチン、トリニダード・トバゴ)70%が続いた。米国は質問形式が異なるが「信頼できる」が87%だった。




外務省は28日、米国、中南米5カ国、オーストラリア、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国で今年2〜3月に実施した対日世論調査の結果を発表した。
日本を「信頼できる」とする回答は、全ての国・地域で70%以上となった。
安倍首相の外交で、海外にカネをばら撒いてくれますものね。
米国に関しては、安倍首相は米国の言いなりになっている。
日米TAGという日米FTAが来年に始まる。
TPPを推進して、12月30日に発効する。
ASEANと言えば、RCEPがある。
日本はRCEPの妥結を望んでいる。
信頼出来るという意味を知りたい。




参考資料

平成29年度海外対日世論調査
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006943.html
ラベル:外務省 世論調査
posted by hazuki at 23:29| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亥年の国会議員、衆参で76人 相次ぐ選挙へ猪突猛進 「自民党の別機動隊、維新の片山虎之助、仕事が出来ない自民の今井絵理子、天賦人権論(説)否定の自民の片山さつき」

亥年の国会議員、衆参で76人 相次ぐ選挙へ猪突猛進 「自民党の別機動隊、維新の片山虎之助、仕事が出来ない自民の今井絵理子、天賦人権論(説)否定の自民の片山さつき」

亥年の国会議員、衆参で76人 相次ぐ選挙へ猪突猛進
https://this.kiji.is/451297349835457633?c=39546741839462401
2018/12/28 17:31

来年の干支、亥年生まれの国会議員は衆院47人、参院29人の計76人だ。最年長は日本維新の会の片山虎之助共同代表で1935年生まれ。最年少の83年組は、自民党の今井絵理子参院議員ら4人だ。春の統一地方選と夏の参院選が重なる12年に1度の選挙イヤーが、党勢拡大に向けた猪突猛進の1年となるか。永田町の年男、年女に抱負を聞いた。

 来年84歳となる片山氏は「猪突の勇気は持つが、年も年なので突き進むかどうかは冷静に考える。党勢拡大につながる年にしたい」と力説した。

 36歳を迎える最年少組の今井氏は「障害がある子どもの支援に取り組む」と強調した。


片山虎之助、今井絵理子、片山さつき.PNG
片山さつきツイート・天賦人権論.PNG




来年の干支、亥年生まれの国会議員は衆院47人、参院29人の計76人。
最年長は日本維新の会の片山虎之助共同代表で1935年生まれ。
片山虎之助は、そろそろ引退したら?
今井絵理子は、不倫の後も同じ人と付き合っているとか?
片山さつきは、天賦人権説(すべて人間は生まれながらに自由かつ平等で、幸福を追求する権利をもつという思想)を否定した。

天賦人権論をとるのは止めよう、というのが私たち(自民党)の基本的考え方です。
https://togetter.com/li/419339

自民党の西田昌司と片山さつきが、国民主権と基本的人権を否定してしまいました

本当に猪突猛進な面々ですね。




参考資料

天賦人権説
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E8%B3%A6%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E8%AA%AC
ラベル:片山さつき
posted by hazuki at 23:04| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[緊急拡散] パブリックコメント: オンライン申請等に係る改正出入国管理法による外国人受け入れのための政省令について法務省が意見公募 2019年1月25日締切

[緊急拡散] パブリックコメント: オンライン申請等に係る改正出入国管理法による外国人受け入れのための政省令について法務省が意見公募 2019年1月25日締切

外国人受け入れ政省令、年内に意見公募=山下法相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122501504&g=pol

山下貴司法相は25日の閣議後の記者会見で、改正出入国管理法による外国人受け入れのための政省令について「年内にはパブリックコメント(意見公募)を開始し、来年3月に公布できるよう準備を進めている」と述べた。(2018/12/25-12:32)



オンライン申請等に係る出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令案について(意見募集)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130142&Mode=0

案件番号 300130142
定めようとする命令等の題名 出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令
根拠法令項 出入国管理及び難民認定法施行規則(昭和五十六年法務省令第五十四号)第六十一条の三
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
問合せ先
(所管府省・部局名等) 法務省入国管理局参事官室
電話:03-3580-4111(内6820)
案の公示日 2018年12月27日 意見・情報受付開始日 2018年12月27日 意見・情報受付締切日 2019年01月25日

関連情報

意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見募集要領   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181586
改正の概要   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181587
出入国管理及び難民認定法施行規則(改正案)新旧対照条文   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181588
関連資料、その他

参照条文   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181589




法務省が12月27日からパブリックコメントを募集した。
2019年1月25日が締切である。
パブリックコメントの入力フォームから提出して下さい。
電子メールの場合 電子メールアドレス:nyukan74@i.moj.go.jp へテキスト形式で送信して下さい。
出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令を定めようとしているが、出入国管理及び難民認定法施行規則(昭和五十六年法務省令第五十四号)第六十一条の三が根拠法令項である。
政府は12月25日、改正入管難民法に基づく外国人労働者受け入れ拡大の新制度について、基本方針などを閣議決定し、全容を固めた。
深刻な人手不足を理由に、高度専門職に限っていた従来施策を変更。
特定技能1号、2号の在留資格を新設して単純労働分野にも広げ、来年4月から5年間で最大34万5150人を受け入れる。
順番が逆であって、法律の作り方として間違っていると思います。
本来、法案に書き込まなければならないようなことすら、政令に落としている。
政府の閣議決定は順番が逆。
先の臨時国会で成立した入管法改正案に、本来、書き込むべき内容です。
政府は制度の詳細を法務省の政令で定めるとしていますが、政令は国会の議論なく知らないうちに変えられてしまうので、今後、出来るだけ早く法律を改正する必要性があると思います。
そもそも、我々、国民の多くは政府の入管法改正案の拙速な強行採決、成立に反対です。
公布日が平成31年(2019年)3月中旬、 施行日が平成31年3月下旬となっていますが、出来るだけ早い段階の法律の改正を願います。




意見入力フォーム
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130142&Mode=0

(2000字以内で、お願いします。)

出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令を定めようとしているが、出入国管理及び難民認定法施行規則(昭和五十六年法務省令第五十四号)第六十一条の三が根拠法令項である。政府は12月25日、改正入管難民法に基づく外国人労働者受け入れ拡大の新制度について、基本方針などを閣議決定し、全容を固めた。深刻な人手不足を理由に、高度専門職に限っていた従来施策を変更。特定技能1号、2号の在留資格を新設して単純労働分野にも広げ、来年4月から5年間で最大34万5150人を受け入れる。順番が逆であって、法律の作り方として間違っていると思います。本来、法案に書き込まなければならないようなことすら、政令に落としている。政府の閣議決定は順番が逆。先の臨時国会で成立した入管法改正案に、本来、書き込むべき内容です。政府は制度の詳細を法務省の政令で定めるとしていますが、政令は国会の議論なく知らないうちに変えられてしまうので、今後、出来るだけ早く法律を改正する必要性があると思います。そもそも、我々、国民の多くは政府の入管法改正案の拙速な強行採決、成立に反対です。公布日が平成31年(2019年)3月中旬、 施行日が平成31年3月下旬となっていますが、出来るだけ早い段階の法律の改正を願います。



関連

[外国人就労、政府が方針決定] 立憲民主・枝野幸男氏「法律の作り方間違っている」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463401176.html




参考

来春から最大34万人を受け入れ 外国人就労、政府が方針決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463385085.html

[入国管理法][法務省設置法] 外国人材拡大 1月23日に閉会中審査へ 衆院法務委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463301816.html

技能試験、来年4月開始は3業種 外国人就労拡大で政府案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463287233.html

菅義偉官房長官、外国人労働者支援で相談窓口100か所
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463272962.html

外国人労働者受け入れ拡大 アジア8カ国と協定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463200133.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 12月8日、参院法務委員会で入管法を強行採決し可決⇒12月8日、参院本会議で入管法成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463132426.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 入管法、採決へ大詰め攻防 与党、12月7日に成立強行の構え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463096977.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月28日、入管法が参院本会議で審議入り 安倍首相「新制度早期実施を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462973708.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月27日、入管法改正案が衆院通過 自公維採決強行、野党反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462962227.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月22日、衆院法務委員会で参考人質疑 評価分かれ、技能実習制度批判も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462876054.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月21日、衆院法務委員会で実質審議入り 技能実習生調査の誤り、山下貴司法相が謝罪
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462870286.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月16日、葉梨康弘(法務委員長)解任決議案の提出で衆院法務委員会は実質審議見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462758145.html

外国人労働者業種別見込み数提示 介護6万人、外食5万3千人、建設業4万人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462724749.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月13日、衆院本会議で審議入り 外国人受け入れに上限 安倍首相「近く業種別提示」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462724141.html

入管法、11月13日審議入りで合意 法務省が「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案」の資料を公開
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462659871.html

入管法、11月8日の審議入り見送り 自民、拙速批判回避狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462595633.html

[外国人材受け入れ] 野党が対案 受け入れ総数上限や新機関設置も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462595418.html

[外国人就労受け入れ] 政府、初年度は4万人想定 新在留資格
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462542901.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538050.html

[入管難民法改正案] 11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462477320.html

外国人労働者 熟練技能者、永住可能に 在留資格2種新設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462133724.html

外国人材受け入れ体制構築へ 臨時国会で法整備の考え 菅義偉官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462061154.html

菅義偉官房長官、新たな在留資格盛り込んだ法案を臨時国会に提出する考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461874078.html

[法務省] 入国管理局を「庁」に格上げへ 「入国在留管理庁」で体制強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461355000.html

外国人材受け入れ対策 検討会で財界や自治体の意見集約へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461076958.html

[経済財政諮問会議] 外国人就労拡大、安倍首相が表明 建設・農業・介護など「2025年までに50万人超」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459835510.html

外国人就労 単純労働分野でも受け入れへ 政府案「2025年に50万人超」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459684182.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者の受け入れ分野拡大も視野に検討へ 18の分野に限定されている専門的・技術的分野の対象の拡大を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457079677.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者受け入れに向け 安倍首相が制度改正検討を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457049960.html




関連

[国連] 12月17日、難民対処で新枠組み採択 米国、ハンガリーは反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463271948.html

国連、「移民協定」(グローバル・コンパクト)を採択 不参加表明相次ぐ中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463155626.html

7月13日、国連「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」で合意 2018年12月採択へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462114386.html




関連

国民民主党・玉木雄一郎代表「欧米的な移民受け入れを」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538660.html
posted by hazuki at 01:34| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

[外国人就労、政府が方針決定] 立憲民主・枝野幸男氏「法律の作り方間違っている」

[外国人就労、政府が方針決定] 立憲民主・枝野幸男氏「法律の作り方間違っている」

立憲民主・枝野氏「法律の作り方間違っている」
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3558922.htm
25日 23時06分

立憲民主党の枝野代表はTBS NEWS「国会トークフロントライン」の収録で、政府が25日、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた新制度の基本方針などを閣議決定したことについて、「順番が逆であって法律の作り方として間違っている」と批判しました。

 「本当に順番が逆であって、本来法案に書き込まなければならないようなことすら、政令とかに落としているということで、そもそも法律の作り方として間違っている」(立憲民主党 枝野幸男 代表)

 政府は制度の詳細を法務省の政令で定めるとしていますが、枝野氏は、「政令は国会の議論なく知らないうちに変えられてしまう」と述べ、今後できるだけ早く法律を改正する必要性を強調しました。

 また、枝野氏は今年1年の重大ニュースとして、森友学園問題をめぐる財務省の決裁文書など一連の公文書の改ざん問題をあげ、「民主主義の手続きとして、客観的な情報を基に議論しないといけないが、これが急激にできない国会になってしまった。まっとうな先進国ではない」と述べ、危機感をあらわにしました。


枝野幸男・法律の作り方間違っている.PNG



TBS NEWS「国会トークフロントライン」の収録。
立憲民主党の枝野代表は政府が25日、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた新制度の基本方針などを閣議決定したことについて、「順番が逆であって法律の作り方として間違っている」と批判した。
本来、法案に書き込まなければならないようなことすら、政令とかに落としている。
政府の閣議決定は順番が逆。
入管法改正案に、本来、書き込むべき内容。
枝野がまともなことを言っている。

外国人受け入れ政省令、年内に意見公募=山下法相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122501504&g=pol

改正出入国管理法による外国人受け入れのための政省令。
法務省はパブリックコメントを募集している。
枝野の「法律の作り方が可笑しい」ということをパブリックコメントに書いても良いと思います。




参考

来春から最大34万人を受け入れ 外国人就労、政府が方針決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463385085.html
ラベル:枝野幸男
posted by hazuki at 22:51| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆院沖縄3区補選に新人擁立へ 辺野古移設反対派

衆院沖縄3区補選に新人擁立へ 辺野古移設反対派
https://this.kiji.is/450628763941209185?c=39546741839462401
2018/12/26 21:05

沖縄県知事に転出した玉城デニー氏の衆院議員失職に伴う来年4月の衆院沖縄3区補欠選挙に、玉城氏が所属した自由党県連は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対するフリージャーナリストで新人の屋良朝博氏(56)を擁立する方針を固めた。複数の関係者が26日、明らかにした。近く正式に立候補を要請する。

 同補選は来年夏の参院選の前哨戦として位置付けられる。沖縄3区は辺野古を抱えることから、今年9月の県知事選と同様、辺野古移設の是非が争点となる。

屋良氏は同県北谷町出身で、フィリピン大卒。地元紙「沖縄タイムス」の論説委員や社会部長を経てフリーとなった。


屋良朝博.PNG



玉城デニー氏の衆院議員失職に伴う来年4月の衆院沖縄3区補欠選挙に、玉城氏が所属した自由党県連は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対するフリージャーナリストで新人の屋良朝博氏(56)を擁立する方針を固めた。
近く正式に立候補を要請する。
衆院沖縄3区補選では、自民党は島尻安伊子元沖縄北方担当相(53)を擁立する方針を決めた。
「歯舞」が読めない島尻氏に負けないで欲しい。




参考資料

自民、島尻元沖縄北方相を擁立へ 来春の衆院沖縄3区補選
https://this.kiji.is/449871579200062561?c=39546741839462401
posted by hazuki at 21:50| Comment(0) | 自由党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松井一郎氏、辞職ダブル選近く判断へ 大阪都構想で公明裏切りと合意書公表

松井一郎氏、辞職ダブル選近く判断へ 大阪都構想で公明裏切りと合意書公表

松井氏、辞職ダブル選近く判断へ 都構想で公明裏切りと合意書公表
https://this.kiji.is/450618828155290721?c=39546741839462401
2018/12/27 01:04

松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長は26日、大阪都構想について民意を問うため任期途中で辞職し、来春の統一地方選と同日の出直し選挙に挑むという選択肢を排除しないと強調した。府市の予算編成作業に一定のめどを付けた上で1月中にも判断する。松井氏は昨年4月に公明党府本部と大阪維新の会の幹事長が署名し、任期中に都構想の住民投票を実施すると記載された合意書を公表し「公明党に裏切られた」と批判したが、協議継続には余地を示した。

 住民投票実施には府議や市議らでつくる法定協議会で制度案(協定書)を決定し、府市両議会で可決する必要がある。


松井一郎・都構想.PNG



松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長は26日、大阪都構想について民意を問うため任期途中で辞職し、来春の統一地方選と同日の出直し選挙に挑むという選択肢を排除しないと強調した。
府市の予算編成作業に一定のめどを付けた上で1月中にも判断する。
「公明党に裏切られた」と松井一郎。
大阪都構想で判断をする大阪府民は大変ですね。
頑張って下さい。




参考

大阪府知事と市長、辞職も選択肢 大阪都構想に向け統一選と同日選検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463385633.html
posted by hazuki at 21:26| Comment(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

政府、IWC脱退を表明 30年ぶり商業捕鯨目指す

政府、IWC脱退を表明 30年ぶり商業捕鯨目指す
https://this.kiji.is/450402328185488481?c=39546741839462401
2018/12/26 11:19

政府は26日、約30年ぶりに商業捕鯨再開を目指し、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した。国際協調を重視したこれまでの戦略からは大転換となる。日本の国際機関脱退は戦後ほとんど例がなく、極めて異例な措置。今後は多様な食文化の尊重を世界に訴える構えだが、国際社会からはルール無視との批判は免れない。

 伝統的な捕鯨地域選出の与党議員らの脱退を求める声の高まりを背景に政府が決断。商業捕鯨は日本近海や日本の排他的経済水域で実施する方向。来月1日までに脱退を通知すると来年6月30日に発効する。

 これに先立ち政府は25日、脱退を閣議で決めた。


捕鯨国一覧.PNG捕鯨国.PNG



政府は26日、約30年ぶりに商業捕鯨再開を目指し、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した。
国際協調を重視したこれまでの戦略からは大転換となる。
IWCから脱退すると南極で捕鯨が出来ないなど、問題を抱えるがよく決断したと思います。
多様な食文化があり、他国から意見される覚えはない。
過去には、調査捕鯨でも批判された。
商業捕鯨を目指そう。
ラベル:IWC脱退
posted by hazuki at 22:08| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪府知事と市長、辞職も選択肢 大阪都構想に向け統一選と同日選検討

大阪府知事と市長、辞職も選択肢 大阪都構想に向け統一選と同日選検討

大阪府知事と市長、辞職も選択肢 都構想に向け統一選と同日選検討
https://this.kiji.is/449848948900365409?c=39546741839462401
2018/12/24 21:56

松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が21日に公明党府本部幹部と会談し、大阪都構想の住民投票を参院選と合わせて実施することに協力しない場合、辞職して来春の統一地方選と同日の知事、市長ダブル選に挑む意向を伝えていたことが24日、大阪維新の会幹部への取材で分かった。

 松井氏は24日、大阪市内で記者団の質問に答え、参院選と同日実施という提案を公明党幹部に拒まれ、26日の知事定例記者会見で交渉経緯を全て明らかにすると告げたと説明。「(公明側が)26日まで待ってくれということなので待つ」と述べ、譲歩に期待も示した。


松井一郎と吉村洋文.PNG



松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が21日に公明党府本部幹部と会談し、大阪都構想の住民投票を参院選と合わせて実施することに協力しない場合、辞職して来春の統一地方選と同日の知事、市長ダブル選に挑む意向を伝えていたことが24日、大阪維新の会幹部への取材で分かった。

松井氏、出直しダブル選排除せず 公明裏切りと合意書公表
https://this.kiji.is/450618828155290721?c=39546741839462401

松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長は26日、大阪都構想について民意を問うため任期途中で辞職し、来春の統一地方選と同日の出直し選挙に挑むかどうか明言を避ける一方、選択肢として排除しないとの認識をそれぞれ示した。

12月25日になって、12月21日に松井一郎が言っていたことが変わって来ました。
公明党に裏切られたとか言っているそうです。

大阪都構想はどうなるのでしょう。
大阪府民は大変ですね。
posted by hazuki at 21:44| Comment(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月25日、防災推進国民会議を官邸で開催 安倍首相「国民の意識高める」

12月25日、防災推進国民会議を官邸で開催 安倍首相「国民の意識高める」

防災推進国民会議を官邸で開催 首相「国民の意識高める」
https://this.kiji.is/450142362323420257?c=39546741839462401
2018/12/25 12:44

政府は25日、官民が連携して防災意識の向上を図る「防災推進国民会議」を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は「近年、災害が激甚化しており、国民の防災意識を総合的に高めることが求められている」と述べ、自治体や企業などと協力して対策に取り組む姿勢を強調した。

 会議では、11月5日の「津波防災の日」や「世界津波の日」に各地で啓発イベントが実施されたことや、国民会議などが主催する市民参加型イベント「防災推進国民大会」を来年10月19〜20日、名古屋市で開催することが報告された。

 2015年設置の国民会議は今年で4回目。全国知事会や経団連などの代表で構成される。


安倍晋三・防災.PNG



政府は25日、官民が連携して防災意識の向上を図る「防災推進国民会議」を首相官邸で開いた。
安倍首相は「近年、災害が激甚化しており、国民の防災意識を総合的に高めることが求められている」と述べ、自治体や企業などと協力して対策に取り組む姿勢を強調した。
2015年設置の国民会議は今年で4回目。
全国知事会や経団連などの代表で構成される。

防災推進国民会議
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/suishin/

第4回

平成30年12月25日(火)11時09分〜11時24分
場所 官邸2階大ホール
配付資料
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/suishin/dai4kai.html

災害が多い日本。
官邸で行われている会議は重要です。


自民党宴会.PNG



追記

西日本豪雨の中の「赤坂自民亭」。
どの口が防災と言う?という意見もあるようです。




参考資料

平成30年12月25日 防災推進国民会議 | 平成30年
http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201812/25bousai.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 21:14| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来春から最大34万人を受け入れ 外国人就労、政府が方針決定

来春から最大34万人を受け入れ 外国人就労、政府が方針決定
https://this.kiji.is/450110531588818017?c=39546741839462401
2018/12/25 10:40

政府は25日、改正入管難民法に基づく外国人労働者受け入れ拡大の新制度について、基本方針などを閣議決定し、全容を固めた。深刻な人手不足を理由に、高度専門職に限っていた従来施策を変更。特定技能1号、2号の在留資格を新設して単純労働分野にも広げ、来年4月から5年間で最大34万5150人を受け入れる。外国人が大都市圏に集中しないよう措置を講じるとしたが、地方との賃金格差などを埋める施策を打ち出せるかどうかが課題だ。

 閣議で受け入れ見込み数などを記載する分野別運用方針、関係閣僚会議で受け入れの環境整備施策をまとめた総合的対応策も決定した。


山下貴司と安倍晋三.PNG



政府は25日、改正入管難民法に基づく外国人労働者受け入れ拡大の新制度について、基本方針などを閣議決定し、全容を固めた。
深刻な人手不足を理由に、高度専門職に限っていた従来施策を変更。
特定技能1号、2号の在留資格を新設して単純労働分野にも広げ、来年4月から5年間で最大34万5150人を受け入れる。

平成30年12月25日(火)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018122501.html

特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針について(決定)

(法務省)

12月25日、法務省の「特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針について」を閣議決定。
来月23日の閉会中審査の準備が整った。
衆議院法務委員会は、来年の通常国会が召集されていなくても、来月23日に委員会を開いて質疑を行うことになっている。

国連は、12月10日に移民協定(グローバル・コンパクト)を採択した。
また、国連は、12月17日、難民に関するグローバル・コンパクトを採択した。
日本は、どちらにも出席しており、賛成票を投じた。
日本が移民を断れない理由である。




参考

[入国管理法][法務省設置法] 外国人材拡大 1月23日に閉会中審査へ 衆院法務委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463301816.html

技能試験、来年4月開始は3業種 外国人就労拡大で政府案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463287233.html

菅義偉官房長官、外国人労働者支援で相談窓口100か所
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463272962.html

外国人労働者受け入れ拡大 アジア8カ国と協定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463200133.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 12月8日、参院法務委員会で入管法を強行採決し可決⇒12月8日、参院本会議で入管法成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463132426.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 入管法、採決へ大詰め攻防 与党、12月7日に成立強行の構え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463096977.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月28日、入管法が参院本会議で審議入り 安倍首相「新制度早期実施を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462973708.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月27日、入管法改正案が衆院通過 自公維採決強行、野党反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462962227.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月22日、衆院法務委員会で参考人質疑 評価分かれ、技能実習制度批判も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462876054.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月21日、衆院法務委員会で実質審議入り 技能実習生調査の誤り、山下貴司法相が謝罪
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462870286.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月16日、葉梨康弘(法務委員長)解任決議案の提出で衆院法務委員会は実質審議見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462758145.html

外国人労働者業種別見込み数提示 介護6万人、外食5万3千人、建設業4万人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462724749.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月13日、衆院本会議で審議入り 外国人受け入れに上限 安倍首相「近く業種別提示」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462724141.html

入管法、11月13日審議入りで合意 法務省が「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案」の資料を公開
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462659871.html

入管法、11月8日の審議入り見送り 自民、拙速批判回避狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462595633.html

[外国人材受け入れ] 野党が対案 受け入れ総数上限や新機関設置も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462595418.html

[外国人就労受け入れ] 政府、初年度は4万人想定 新在留資格
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462542901.html

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538050.html

[入管難民法改正案] 11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462477320.html

外国人労働者 熟練技能者、永住可能に 在留資格2種新設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462133724.html

外国人材受け入れ体制構築へ 臨時国会で法整備の考え 菅義偉官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462061154.html

菅義偉官房長官、新たな在留資格盛り込んだ法案を臨時国会に提出する考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461874078.html

[法務省] 入国管理局を「庁」に格上げへ 「入国在留管理庁」で体制強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461355000.html

外国人材受け入れ対策 検討会で財界や自治体の意見集約へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461076958.html

[経済財政諮問会議] 外国人就労拡大、安倍首相が表明 建設・農業・介護など「2025年までに50万人超」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459835510.html

外国人就労 単純労働分野でも受け入れへ 政府案「2025年に50万人超」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459684182.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者の受け入れ分野拡大も視野に検討へ 18の分野に限定されている専門的・技術的分野の対象の拡大を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457079677.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者受け入れに向け 安倍首相が制度改正検討を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457049960.html




関連

[国連] 12月17日、難民対処で新枠組み採択 米国、ハンガリーは反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463271948.html

国連、「移民協定」(グローバル・コンパクト)を採択 不参加表明相次ぐ中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463155626.html

7月13日、国連「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」で合意 2018年12月採択へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462114386.html




関連

国民民主党・玉木雄一郎代表「欧米的な移民受け入れを」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538660.html
ラベル:入国管理法
posted by hazuki at 20:43| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鴻池祥肇参院議員が逝去、小泉内閣で防災相など務める

鴻池祥肇参院議員が逝去、小泉内閣で防災相など務める

鴻池参院議員が死去、小泉内閣で防災相など務める
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3559271.html
7時間前

小泉内閣で防災担当大臣などを務めた鴻池参議院議員が、25日亡くなりました。78歳でした。

 鴻池参議院議員は、兵庫県出身で衆議院議員を2期務めた後、参議院議員になり4期目でした。

 小泉内閣で防災担当大臣などを務めたほか、麻生内閣では官房副長官として麻生氏を支えました。また、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法の審議でも、参議院の特別委員長として審議にあたりました。一方で、森友学園の理事長だった籠池氏夫妻と面会していたことを公表するなど、言動が波紋を呼ぶこともありました。

 鴻池氏は麻生副総理の側近として派閥運営などを支えたほか、参議院の決算審議の充実などにも取り組んできましたが、体調がすぐれないことなどを理由に来年夏の参議院選挙には出馬せず、引退する意向を表明していました。


鴻池祥肇・逝去.PNG



小泉内閣で防災担当大臣などを務めた鴻池祥肇(こうのいけ・よしただ)参議院議員が、25日亡くなりました。
78歳でした。
来年夏の参議院選挙には出馬せず、引退する意向を表明していました。
ご冥福をお祈り致します。




関連

鴻池元大臣会見の「コンニャク」は100万円の隠語 「かまぼこ、ういろう」も気になるが...
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447531215.html

森友学園理事長、鴻池氏に陳情 2014年4月「紙包み持参」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447503982.html
ラベル:鴻池祥肇
posted by hazuki at 17:51| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

山形県の補助金企業から献金 自民・加藤鮎子、大沼瑞穂両氏の2支部

山形県の補助金企業から献金 自民・加藤鮎子、大沼瑞穂両氏の2支部

山形県の補助金企業から献金 自民・加藤、大沼両氏の2支部
https://this.kiji.is/450231838688363617?c=39546741839462401
2018/12/25 18:40

自民党の加藤鮎子衆院議員と大沼瑞穂参院議員がそれぞれ代表を務める政党支部が2017年、山形県の補助金を受給した同県鶴岡市の企業から献金を受けていたことが25日、政治資金収支報告書などで分かった。いずれの支部も「補助金交付企業とは知らなかった」と説明、既に返金したとしている。

 加藤氏が代表の党山形県第3選挙区支部は昨年4月と同10月に計60万円を、大沼氏が代表を務める党山形県参議院選挙区第1支部は同2月に30万円を、鶴岡市の「庄交コーポレーション」から受け取っていた。

 同社は16年、バスターミナル改築費用として補助金100万円の交付決定を受けていた。


加藤鮎子.PNG

大沼瑞穂.PNG



自民党の加藤鮎子衆院議員と大沼瑞穂参院議員がそれぞれ代表を務める政党支部が2017年、山形県の補助金を受給した同県鶴岡市の企業から献金を受けていたことが25日、政治資金収支報告書などで分かった。
こういうことが話題にならない限り、名前が出て来ない自民党議員。
画像も添付します。
加藤鮎子は、元自民党幹事長の加藤紘一の娘です。




参考資料

加藤鮎子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E9%AE%8E%E5%AD%90

大沼瑞穂
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%BC%E7%91%9E%E7%A9%82
posted by hazuki at 23:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症予防、官邸主導で強化 来年5月にも大綱策定へ

認知症予防、官邸主導で強化 来年5月にも大綱策定へ
https://this.kiji.is/450125514976642145?c=39546741839462401
2018/12/25 13:19

認知症対策の強化に向け、政府は25日、関係閣僚会議を設置し初会合を開いた。菅義偉官房長官を議長とし、官邸主導で対策を本格化させる。新薬の開発のほか、運動や社会参加を促すなど予防の取り組みを強化。省庁ごとに担当分野で取り組みの数値目標を設定することも検討し、来年5月にも各施策をまとめた「大綱」を策定する。

 出席した安倍晋三首相は「予防に関する研究やその実用化、認知症バリアフリーを迅速に進め、アジアなどの国と知見を共有し、介護産業の発展や世界の健康寿命増進に貢献することが重要だ」と述べた。閣僚会議の下に専門家らによる会議を置き、具体的な方策を議論する。


安倍晋三・認知症対策.PNG



認知症対策の強化に向け、政府は25日、関係閣僚会議を設置し初会合を開いた。菅義偉官房長官を議長とし、官邸主導で対策を本格化させる。
新薬の開発のほか、運動や社会参加を促すなど予防の取り組みを強化。
省庁ごとに担当分野で取り組みの数値目標を設定することも検討し、来年5月にも各施策をまとめた「大綱」を策定する。
官邸主導で認知症の予防対策ですか。
認知症にはならないように予防したいと思います。
物忘れが酷い時がありましたから。




参考資料

平成30年12月25日(火)午前
https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201812/25_a.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 23:11| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

大島理森衆院議長、国会軽視を憂慮 政府に注文「入管法は粗い」

大島理森衆院議長、国会軽視を憂慮 政府に注文「入管法は粗い」

大島衆院議長、国会軽視を憂慮 政府に注文「入管法は粗い」
https://this.kiji.is/448829082769081441?c=39546741839462401
2018/12/21 21:46

大島理森衆院議長は21日、福岡市で講演し、外国人労働者受け入れを拡大する改正入管難民法の内容に関し「少し粗い。説明責任は政府にある」と述べた。不祥事が相次いだ通常国会を巡り安倍内閣に反省と改善を促す異例の所感を公表したのと同様、国会軽視と言われる事態を憂慮し、再び注文を付けた格好だ。

 外国人労働者受け入れに反対の党はないとして「与野党には合意形成に努めてほしかった」とも指摘。その努力を促すと同時に、労働力不足に直面する地方経済への影響を考慮し、来年4月の法施行前に政省令を含め国会報告させるとの議長裁定を下したと強調した。


大島理森・入管法は粗い.PNG



大島理森衆院議長は21日、福岡市で講演し、外国人労働者受け入れを拡大する改正入管難民法の内容に関し「少し粗い。説明責任は政府にある」と述べた。
国会軽視と言われる事態を憂慮し、再び注文を付けた格好。
外国人労働者受け入れに反対の党はないとして「与野党には合意形成に努めてほしかった」とも指摘。
国民民主党は入管法改正案の附帯決議に賛成した。
技能実習は日本の恥という感覚はあるが、外国人労働者の受け入れに反対してない野党であった。




関連

大島理森衆院議長、安定的皇位継承へ「議論を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463329384.html
ラベル:大島理森
posted by hazuki at 23:19| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大島理森衆院議長、安定的皇位継承へ「議論を」

大島理森衆院議長、安定的皇位継承へ「議論を」

大島衆院議長、安定的皇位継承へ「議論を」
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3555705.html
22日 4時14分

大島衆院議長は「永続する皇室を今後どのように作っていくかという宿題が我々の中にある」と指摘し、来年の新天皇即位に伴う一連の儀式を終えた後から「政治の場で結論を出さなければならない」と議論を促しました。

 「大事な問題は、永続する皇室を今後どのように作っていくか。この宿題が我々の中にある。政治の場にある」(大島理森衆院議長)

 大島衆院議長は21日、福岡市内で行った講演でこのように述べ、さらに、天皇陛下の退位特例法の付帯決議で「女性宮家の創設」について検討が求められていることにも言及しました。

 そのうえで、皇太子さまの新天皇即位に伴う一連の儀式の中心となる来年10月の「即位礼正殿の儀」の終了後を念頭に、安定的な皇位継承について「政府、国会ともに日本の国の姿の1つとして政治の場で結論を出さなければならない課題が残っている」と議論を促しました。


大島理森・皇室.PNG



大島衆院議長は「永続する皇室を今後どのように作っていくかという宿題が我々の中にある」と指摘し、来年の新天皇即位に伴う一連の儀式を終えた後から「政治の場で結論を出さなければならない」と議論を促した。
更に、天皇陛下の退位特例法の附帯決議で「女性宮家の創設」について検討が求められていることにも言及した。
ラベル:大島理森
posted by hazuki at 22:26| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日欧EPA、2月1日発効が確定へ 政府決定

日欧EPA、2月1日発効が確定へ 政府決定
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3923356021122018EAF000/
2018/12/21 11:50

政府は21日の閣議で、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)締結を決定した。日本時間の21日中にもEUと発効に必要な文書を取り交わし、2019年2月1日の発効が確定する。

EUは20日開いた閣僚理事会で、日欧EPAを承認。日本も国会の承認を得ており、双方の国内手続きが完了した。世界の国内総生産(GDP)の27.8%、世界貿易の36.9%を占める世界で最大級の自由貿易圏が誕生する。関税分野で農林水産品と鉱工業品を合わせ日本側が約94%、EU側が約99%を撤廃する。

EUが日本の乗用車にかけている10%の関税は8年目にゼロになる。自動車部品も9割以上の関税が即時に撤廃になる。農林水産品のほとんどのEU側の関税も即時撤廃だ。日本の輸出企業や農家は現地のシェア拡大も期待できる。

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」は12月30日に発効する。巨大な自由貿易圏が相次ぎ生まれる。




政府は12月21日の閣議で、日欧EPA締結を決定した。
日本時間の21日中にもEUと発効に必要な文書を取り交わし、2019年2月1日の発効が確定する。
EUは20日開いた閣僚理事会で、日欧EPAを承認。
日本も国会の承認を得ており、双方の国内手続きが完了した。

平成30年12月21日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018122101.html

経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の効力発生のための外交上の公文の交換について(決定)
(外務省)

日・EU経済連携協定の効力発生のための外交上の公文の交換
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press1_000310.html




参考

日欧EPA見据え「地理的表示(GI)」改正法案提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462417971.html



日欧EPAファクトシート1.PNG



閣議決定して国会に提出した日欧EPA関連法案は「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律の一部を改正する法律案」です。
地理的表示法改正案、地理的表示(GI)改正です。
例えば、「夕張メロン」はEUでGI(地理的表示)保護される。
11月20日、衆院農林水産委員会で可決した。
11月22日、衆院を通過し、参院に送られた。
11月30日、参院で可決・成立した。
日本産の農産物などの地理的表示を保護する為、全会一致は当然かも知れない。
しかし、日欧EPAには問題点がある。

日EU経済連携協定(EPA)に関するファクトシート(PDF)が2017年12月15日に更新された。

日EU経済連携協定(EPA)に関するファクトシート(PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000270758.pdf

ルール分野の概要10. 政府調達。
14. 知的財産。知的財産で「地理的表示(GI)」に言及。
16. 貿易と持続可能な開発。貿易と持続可能な開発で「アジェンダ21」に言及。

政府調達に水などのインフラが盛り込まれた場合、松山市に参入しているヴェオリアの参入を視野に入れておく必要がある。

ラチェット条項に言及し、最恵国待遇やネガティブ・リスト方式にも言及している。
内国民待遇にも言及している。

アジェンダ21(Agenda 21)とは、1992年6月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロ市で開催された地球サミット(環境と開発に関する国際連合会議)で採択された21世紀に向け持続可能な開発を実現するために各国および関係国際機関が実行すべき行動計画。

アジェンダ21」で検索すると良いでしょう。

TPPに含まれている毒素が日欧EPAにも含まれている。
日欧EPAは2019年2月1日の発効となった。
ISD条項を切り離して、2017年内の交渉妥結となった。
日本がISD条項の導入を求め、EUはISDによる仲裁では企業の利益が優先されるとの不安が域内に根強いことから、明確に拒否。
ISDによる仲裁では企業の利益が優先される。
ISD条項は国際資本が国家を鉄鎖に嵌めて事実上、独自の政策の実行や法律の制定が出来なくなる枠組み。
ISD条項は、日本の国内法では裁けない治外法権です。
米韓FTAでISD条項が発動して、韓国が米国から訴えられたことを見れば明らか。
日経新聞は昨年の7月18日にTPPの承認と日欧EPAの早期合意を催促していた。
米首都ワシントンのシンクタンク、CSIS(戦略国際問題研究所)と一体化している日経新聞の社説はジャパンハンドラーズの意向と見て良いでしょう。
日欧EPAもTPPと同じで、CSISの意向のようです。
日経新聞はCSISと合同でジャパンハンドラーズを招いたシンポジウムを開催したり「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」というシンクタンクを設立している。
日経新聞の社説はCSISの意向。
TPPも日欧EPAもRCEPもFTAAPも全て本質は同じなので、「TPPはダメだが日欧EPAは良い」ということはない。
EPAは、Economic Partnership Agreementの略です。
始まりは、WTO(世界貿易機関)。
TPP合意が大きなきっかけとなり、EPAやRCEPの交渉を加速して行くと経済産業省。
JETROセミナーの英語のPDFの資料の作成者、渡邊頼純・慶應大学教授が日欧EPAの「政府調達」の項目(27分野に有り)に「ヴェオリア・ウォーター」を事例に挙げていることを覚えておきましょう。
チーズ、ワイン、自動車しかマスコミは報道しない。
インフラも狙いなので警戒しないといけない。
ヴェオリアは、水道事業で松山市に参入している。
水道民営化のヴェオリアです。
大筋合意を大枠合意と変えてまで合意した。
日欧EPAに合意して、国益が守り切れるか。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

碌でもない、日欧EPAに反対します。

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考資料(外務省)

日EU経済連携協定(EPA)に関するファクトシート(PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000270758.pdf

日EU経済連携協定(EPA)交渉
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page6_000042.html

平成30年7月17日 日EU定期首脳協議等
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201807/17eu.html




参考資料(首相官邸)

平成29年12月8日 ユンカー欧州委員会委員長との電話会談についての会見
http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201712/08kaiken2.html




参考資料(日経新聞)

まず日欧EPAとTPPに集中せよ
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO04973530Y6A710C1PE8000/
2016/7/18 3:30

日経・CSISバーチャル・シンクタンク
http://www.csis-nikkei.com/

日経・CSISバーチャル・シンクタンクとは
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGH0400F_U2A600C1M13000/
2012/6/9付  日本経済新聞 電子版




参考

[日欧EPA] 2月発効へ EUの欧州議会が承認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463199630.html

[日欧EPA] 12月6日、参院外交防衛委員会で日欧EPA承認案と日欧SPAが可決⇒12月8日、参院本会議で日欧EPA承認案と日欧SPAが成立 両方に反対したのは共産党のみ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463139252.html

[日欧EPA] 11月27日、参院農林水産委員会で日欧EPA関連法案の趣旨説明⇒11月29日、日欧EPA関連法案の可決⇒11月30日、参院本会議で日欧EPA関連法案が成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463073167.html

[日欧EPA] 11月29日、衆院本会議で日欧EPA承認案を可決 2月1日発効へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/463043148.html

[日欧EPA] 11月22日、日欧EPA関連法案(特定農林水産物等の名称の保護に関する法律の一部を改正する法律案)を衆院本会議で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462875172.html

[日欧EPA] 11月14日、日欧EPA関連法案を衆院農林水産委員会で趣旨説明⇒11月20日、衆院農林水産委員会で審議入り 起立総員にて可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462871914.html

[日欧EPA] 11月20日、日欧EPA承認案が衆院本会議で審議入り 乳製品に影響懸念 従来答弁繰り返す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462871135.html

[日欧EPA] 11月5日、欧州議会委が可決 2019年春発効へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462627660.html

[日欧EPA] 11月6日、日欧EPA承認案と日欧EPA関連法案を閣議決定 2019年2月の発効をめざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462612885.html

[日EU首脳会談] 日欧EPA早期発効へ努力 安倍首相とユンカーEU委員長
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462269280.html

[日欧EPA] 日欧、経済連携協定に署名 世界最大級の自由貿易圏誕生
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460571745.html

[日欧EPA] 菅義偉官房長官、日欧EPA署名式開催を発表 「アベノミクスの新たなエンジン」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460521024.html

{日欧EPA] 安倍首相、日欧EPA署名へ 7月中旬、欧州中東歴訪
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460099629.html

[日欧EPA] 日欧EPA来春発効へ 7月首脳協議で署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458893461.html

[日欧EPA] GI(地理的表示)保護最終合意 日48、欧71産品 相互対象
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455613223.html

日欧EPA交渉妥結を確認 懸案の紛争解決手続き(ISD条項)は別協定に分離し協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455435148.html

日欧EPA、2019年発効可能 ルクセンブルクのアッセルボルン外相「(投資紛争の解決手続き(ISD条項)は最終)合意に含まれないもようだ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455195317.html

著作権は70年保護 日欧EPA、外務省4カ月遅れの公表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455170802.html

日欧EPA対策を決定 安倍首相、農業強化へ予算指示 TPP含み3千億円規模
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455108375.html

日欧EPA、年内の最終合意目指す 河野太郎外相、欧州委員と一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454930035.html

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html

[緊急拡散] パブリックコメント: [日欧EPA] 「日EU・EPA交渉を通じた地理的表示の保護」に対する意見を国税庁が募集! 10月12日締切!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453831482.html

[日欧EPA] 紛争解決手続き難航 年内最終合意不透明に 日本はISD条項を盛り込みたい考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453179686.html

[日欧EPA] 秋に日欧EPA総合対策 安倍首相「生産者安心に万全」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451808283.html

[日欧EPA] JETROセミナーの英語のPDFの資料の作成者は渡邊頼純・慶應大学教授! 日欧EPA, FTA, RCEP, FTAAP WTO等自由貿易協定のキーパーソンか? 「日本のFTA・EPA戦略」を語る!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451654245.html

[日欧EPA] JETROセミナー(日EU経済連携協定)の英語のPDFの資料に「ヴェオリア・ウォーター」の名前! 「政府調達」の項目(27分野に有り)! 水などのインフラも狙い! マスコミは報道せず!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451608277.html

日欧EPA、2019年発効 首脳、大枠合意を宣言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451576953.html

日欧EPA、大枠合意へ チーズ一部関税15年で撤廃 関税撤廃95%超に TPPと同水準
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451543376.html

[日欧EPA] 車やチーズの関税、依然平行線 7月6日の首脳会談の大枠合意を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451427933.html

重要品目の国境措置確保を 日欧EPAで自民、岸田外相に申し入れ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451232028.html

日欧EPA、日本側が関税9割超を撤廃の方向 EU側も極めて高い割合で撤廃する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451200231.html
ラベル:日欧EPA
posted by hazuki at 21:26| Comment(0) | EPA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする