2018年11月03日

[外国人就労受け入れ] 政府、初年度は4万人想定 新在留資格

[外国人就労受け入れ] 政府、初年度は4万人想定 新在留資格

初年度は4万人想定−政府=新在留資格、外国人就労受け入れ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110300379&g=soc

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案をめぐり、政府が初年度に受け入れる就労者を4万人と想定していることが分かった。今後5年では25万人程度になると見込んでいる。政府関係者が3日、明らかにした。政府・与党は改正案を今国会で成立させ、来年4月からの新制度導入を目指す。
 改正案は新たな在留資格「特定技能」を創設することが柱。政府が2日に閣議決定し、国会に提出した。単純労働者も含めて外国人の就労を認め、建設、農業、外食など人手不足が深刻な14業種を検討している。受け入れ人数の想定は、14業種を所管する関係省庁の試算を合計した。政府はさらに精査を進めた上で公表する見通し。(2018/11/03-15:34)


入管法改正案のポイント.PNG



外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案を巡り、政府が初年度に受け入れる就労者を4万人と想定していることが分かった。
今後5年では25万人程度になると見込んでいる。
政府・与党は改正案を今国会で成立させ、来年4月からの新制度導入を目指す。
単純労働者も含めて外国人の就労を認め、建設、農業、外食など人手不足が深刻な14業種を検討している。
会期の短い臨時国会で法案を成立させ、来年4月から新制度導入を目指すという。
安倍政権は移民ではないという詭弁。
入国管理法改正案と 法務省設置法改正案が審議入りして議論される。
移住とSDGs(持続可能な開発目標)はセットです。
既にSDGsで国内にポリシー・ロンダリングで持ち込まれています。




参考資料

移住者、難民、避難民
http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/ourwork/sustainabledevelopment/successstories/Success_Story_0.html




参考

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538050.html

[入管難民法改正案] 11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462477320.html

外国人労働者 熟練技能者、永住可能に 在留資格2種新設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462133724.html

外国人材受け入れ体制構築へ 臨時国会で法整備の考え 菅義偉官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462061154.html

菅義偉官房長官、新たな在留資格盛り込んだ法案を臨時国会に提出する考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461874078.html

[法務省] 入国管理局を「庁」に格上げへ 「入国在留管理庁」で体制強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461355000.html

外国人材受け入れ対策 検討会で財界や自治体の意見集約へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461076958.html

[経済財政諮問会議] 外国人就労拡大、安倍首相が表明 建設・農業・介護など「2025年までに50万人超」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459835510.html

外国人就労 単純労働分野でも受け入れへ 政府案「2025年に50万人超」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459684182.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者の受け入れ分野拡大も視野に検討へ 18の分野に限定されている専門的・技術的分野の対象の拡大を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457079677.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者受け入れに向け 安倍首相が制度改正検討を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457049960.html




関連

7月13日、国連「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」で合意 2018年12月採択へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462114386.html
posted by hazuki at 22:56| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民民主党・玉木雄一郎代表「欧米的な移民受け入れを」

国民民主党・玉木雄一郎代表「欧米的な移民受け入れを」

国民・玉木代表「欧米的な移民受け入れを」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37169700R31C18A0PP8000/
2018/10/31 17:20

国民民主党の玉木雄一郎代表は31日の記者会見で、党がめざす外国人受け入れ政策について「家族の帯同や同一労働同一賃金のしくみを総合的に整備する。欧米的な移民政策だ」と語った。主要政党が「移民」との表現を使って受け入れを提言するのは初めて。

政府が今国会に提出予定の出入国管理法改正案をめぐり、安倍晋三首相は「移民政策をとることは考えていない」としている。玉木氏は会見で「ごまかしの中から正しい政策は生まれない」と首相を批判した。

野党第1党の立憲民主党は安倍内閣が進める政策を「事実上の移民だ」と追及する一方、党として「移民」を認めるかは明らかにしていない。野党第2党の国民は「移民」の概念に前向きな姿勢を示すことで、社会保障や日本語学習といった具体的な政策論議を与野党に促す方針だ。


玉木雄一郎・国民民主党.PNG



国民民主党の玉木雄一郎代表は10月31日、党が目指す外国人受け入れ政策について「家族の帯同や同一労働同一賃金のしくみを総合的に整備する。欧米的な移民政策だ」と語った。
主要政党が「移民」との表現を使って受け入れを提言するのは初めて。
外国人の受け入れを同一労働同一賃金などあり得ない。
国民民主党が目指すのは、多文化共生でしょう。
日本が移民に乗っ取られる。
せいぜい、安倍政権と仲良くやって下さい。
与野党グルである。




関連

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462538050.html
ラベル:玉木雄一郎
posted by hazuki at 17:16| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針

[入国管理法改正案][法務省設置法改正案] 11月2日、閣議決定 今国会で成立の方針

“外国人材法案”を閣議決定 新たに2つの在留資格
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181102/k10011695521000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_026
2018年11月2日 8時46分

外国人材の受け入れを拡大するため、政府は2日の閣議で、2つの新たな在留資格を設ける出入国管理法の改正案を決定しました。

人手不足を補うため、政府は、来年4月から、外国人材の受け入れ拡大を目指していて、2日の閣議で、「特定技能」の「1号」「2号」という新たな在留資格を設ける出入国管理法の改正案を決定しました。

「特定技能1号」は、特定の分野で、相当程度の技能を持つと認められた外国人に与えられ、在留期間は、最長で通算5年で、家族の同伴は認めないとしています。

「特定技能2号」は、「1号」を上回る「熟練した技能」を持つと認められた外国人に与えられ、在留期間に上限を設けず、長期の滞在や家族の同伴も可能になるとしています。

また、法案には、与党の要求を踏まえ、法律の施行後3年が経過したら、新たな制度の運用を点検し、必要な措置をとるとする、見直し規定が盛り込まれています。

受け入れの対象としては、農業や介護業など14業種が検討されていますが、法案には、制度の詳細は明記されておらず、成立後に、省令で定めるとしています。

一方、2日は、外国人の出入国などの管理を厳格化するため、法務省入国管理局に代わる、「出入国在留管理庁」を設ける法律の改正案も決定されました。

政府与党は、来週8日に衆議院で法案の審議に入り、いまの国会での成立を目指しているのに対し、野党側は、制度の詳細が詰まっておらず、成立を急ぐべきではないとして、十分な審議を求めています。


安倍晋三・入管難民法閣議決定.PNG



外国人材の受け入れを拡大する為、政府は2日の閣議で、2つの新たな在留資格を設ける出入国管理法の改正案を決定した。
政府は、来年4月から、外国人材の受け入れ拡大を目指していて、2日の閣議で、「特定技能」の「1号」「2号」という新たな在留資格を設ける出入国管理法の改正案を決定した。
2日は、外国人の出入国などの管理を厳格化する為、法務省入国管理局に代わる、「出入国在留管理庁」を設ける法律の改正案も決定された。

入管法改正案閣議決定 今国会で成立の方針
http://www.news24.jp/articles/2018/11/02/07408285.html

政府は2日、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた法案を閣議決定した。
閣議決定されたのは、「入国管理法改正案」と「法務省設置法改正案」。

移住とSDGs(持続可能な開発目標)はセットです。
既にSDGsで国内にポリシー・ロンダリングで持ち込まれています。

法務省: 国会提出法案など
http://www.moj.go.jp/houan1/houan_index.html

平成30年11月2日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018110201.html

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案(決定)

(法務・財務省)

移住者、難民、避難民
http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/ourwork/sustainabledevelopment/successstories/Success_Story_0.html




参考

[入管難民法改正案] 11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462477320.html

外国人労働者 熟練技能者、永住可能に 在留資格2種新設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462133724.html

外国人材受け入れ体制構築へ 臨時国会で法整備の考え 菅義偉官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462061154.html

菅義偉官房長官、新たな在留資格盛り込んだ法案を臨時国会に提出する考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461874078.html

[法務省] 入国管理局を「庁」に格上げへ 「入国在留管理庁」で体制強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461355000.html

外国人材受け入れ対策 検討会で財界や自治体の意見集約へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461076958.html

[経済財政諮問会議] 外国人就労拡大、安倍首相が表明 建設・農業・介護など「2025年までに50万人超」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459835510.html

外国人就労 単純労働分野でも受け入れへ 政府案「2025年に50万人超」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459684182.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者の受け入れ分野拡大も視野に検討へ 18の分野に限定されている専門的・技術的分野の対象の拡大を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457079677.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者受け入れに向け 安倍首相が制度改正検討を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457049960.html




関連

7月13日、国連「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」で合意 2018年12月採択へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462114386.html
posted by hazuki at 16:26| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする