2018年10月29日

[日印首脳会談] 安倍首相が総額約3165億円の円借款供与を表明、総額750億ドル(約8兆4000億円)の通貨スワップ締結を決定

[日印首脳会談] 安倍首相が総額約3165億円の円借款供与を表明、総額750億ドル(約8兆4000億円)の通貨スワップ締結を決定

日印2プラス2設置=安保・経済の連携強化−首脳会談
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102900811&g=pol

 安倍晋三首相は29日、インドのモディ首相と首相官邸で約1時間会談した。安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」を推進するため、安全保障や経済の分野での連携強化を確認。外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の設置で一致した。日印両政府は会談の成果を盛り込んだ共同声明を発表した。
 安倍首相は共同記者発表で「自由で開かれたインド太平洋というビジョンの実現に向けて日印の特別戦略的グローバル・パートナーシップを力強く推進する」と強調。モディ首相は2プラス2の目的を「世界に平和、安定性を強調するためだ」と説明した。
 安倍首相は、日本の新幹線方式を採用する高速鉄道整備事業などを対象に総額約3165億円の円借款供与を表明。鉄道整備を「日印新時代の象徴だ」と指摘した。両首脳はスリランカやミャンマーなど第三国向けのインフラ開発や、保健・医療分野での協力、デジタル分野の起業促進などで合意。金融危機に備え、総額750億ドル(約8兆4000億円)の通貨スワップ(交換)協定を締結することも決めた。
 両首脳は、自衛隊とインド軍との間で食料や燃料を相互に融通する物品役務相互提供協定(ACSA)の交渉開始を確認。両政府は海上自衛隊とインド海軍の協力発展に向けた文書に署名した。宇宙分野の2国間協力を強化するための宇宙対話も始める。(2018/10/29-22:09)


インドのモディ首相と安倍晋三・首脳会談.PNG



安倍首相は29日、インドのモディ首相と首相官邸で約1時間会談した。
安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」を推進する為、安全保障や経済の分野での連携強化を確認。
インドのモディ首相を安倍首相の別荘に招待したり、楽しそうですね。
円借款とか通過スワップとか、ふざけるな。
自国民のことは考えない癖に海外にはバラマキ。
血税ですよ、血税。
さて、インドと協力するのは中国をけん制している為でもあると思います。
助けて、モディ首相です。

自由で開かれたインド太平洋に向けて(PDF)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000407642.pdf

インドが中国「一帯一路」に対抗 「アクト・イースト」政策
https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2018/01/0125.html

「自由で開かれたインド太平洋戦略」とインドの「アクト・イースト」政策を連携するということでしょうか。
「アクト・イースト」政策は中国の一帯一路に対抗しているようです。




参考

インドに円借款3000億円超 安倍首相、10月29日首脳会談で表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462434000.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 23:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[代表質問] 安倍首相「日米物品協定(TAG)がFTAの一種との意見、承知している」

[代表質問] 安倍首相「日米物品協定(TAG)がFTAの一種との意見、承知している」

日米物品協定がFTAの一種との意見、承知している=安倍首相
https://jp.reuters.com/article/abe-tag-idJPKCN1N30SK
2018年10月29日 / 16:43

[東京 29日 ロイター] - 安倍晋三首相は29日午後の衆院本会議で、9月末の日米首脳会談で交渉開始で合意した「TAG(物品貿易協定)」を米国側が自由貿易協定(FTA)と呼んでいる問題について、「FTAに国際的に確立した定義は存在しない」とする一方、「TAGがFTAの一種との意見があるのは承知している」と述べた。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。

首相がこれまで日米通商交渉について「FTA交渉でもFTAの予備協議でもない」と説明してきたのは、「農林水産業関係者に環太平洋連携協定(TPP)以上の関税引き下げ懸念があったため」と解説。首脳会談では、TPPで合意された水準以上に関税を引き下げない点で理解が得られたと説明した。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48412&media_type=fp

2018年10月29日 (月)
本会議 (2時間25分)

案件:
モンゴメリ・サンチェスエクアドル共和国国会議員団団長一行本会議傍聴につき紹介
国務大臣の演説に対する質疑(代表質問)

玉木雄一郎(国民民主党・無所属クラブ)


安倍晋三・代表質問10月29日.PNG



「TAG(物品貿易協定)」を米国側が自由貿易協定(FTA)と呼んでいる問題。
FTAに国際的に確立した定義は存在しない」とする一方、「TAGがFTAの一種との意見があるのは承知している」と述べた。
国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。
衆議院インターネット審議中継の玉木氏の質疑をご覧ください。
玉木氏はWTOの前身のGATTについても、突っ込んだ質問をした。
GATT24条と言っています。
玉木氏は国連が採択したSDGsにも言及しました。
嘘はつけないですね。
国民民主党は外国人の就労問題で同一賃金とか言っていますし、皇室の問題でも女性宮家と言っていますので、信用は出来ないですが。




参考資料

関税及び貿易に関する一般協定 第三部 第二十四条 適用地域―国境貿易―関税同盟及び自由貿易地域
http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/wto_agreements/custom_duty/html/03.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 21:48| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする