2018年10月11日

米カジノ大手「ラスベガス・サンズ」の日本参入を要求 安倍首相にトランプ大統領

米カジノ大手「ラスベガス・サンズ」の日本参入を要求 安倍首相にトランプ大統領

米カジノ大手の日本参入を要求 安倍首相にトランプ大統領
https://this.kiji.is/422875193242027105?c=39546741839462401
2018/10/11 07:06

【ワシントン共同】調査報道で知られる米ニュースサイト「プロパブリカ」は10日、トランプ米大統領が2017年2月に南部フロリダ州で安倍晋三首相と会談した際、トランプ氏を支持する大口献金者が経営する米カジノ大手「ラスベガス・サンズ」に対し日本参入の免許を与えることを検討するよう強く求めたと報じた。

 同サイトは「外国首脳との会談で、献金者の利益に直接結びつく話を持ち出すのは外交儀礼に反する」と問題視。安倍氏はことし7月の国会審議で口利きはなかったと否定している。


安倍晋三とトランプ・夕食会.PNG



米ニュースサイト「プロパブリカ」は10日、トランプ大統領が2017年2月に南部フロリダ州で安倍首相と会談した際、トランプ氏を支持する大口献金者が経営する米カジノ大手「ラスベガス・サンズ」に対し日本参入の免許を与えることを検討するよう強く求めたと報じた。

Trump lobbied Japan’s Abe on casino for Sheldon Adelson − report
https://www.timesofisrael.com/trump-lobbied-japans-abe-on-casino-for-adelson-report/

10月10日のタイムズ・オブ・イスラエルで「Trump lobbied Japan’s Abe on casino for Sheldon Adelson − report」(トランプはシェルドン・アデルソンのカジノで日本の安倍を暴動させた)という見出しで報道されているので、本当でしょう。
ラスベガス・サンズ、マリーナベイ・サンズは シェルドン・アデルソンのカジノ。

アメリカの大富豪が、アメリカのトランプ大統領に2千万ドルを贈賄
http://parstoday.com/ja/news/world-i37581

シオニスト政権を支持するアメリカの実業家シェルドン・アデルソン氏は、イスラエル・テルアビブにあるアメリカ大使館を聖地ベイトルモガッダスに移転するという約束の見返りとして、2016年のアメリカ大統領選挙の際、トランプ大統領の選挙事務所に2000万ドルを寄付した。

安倍政権がカジノ法案の成立を急いだ理由でしょう。
posted by hazuki at 23:34| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[厚生労働省] 年金制度見直し 高齢者の就労長期化や自助努力促進も

[厚生労働省] 年金制度見直し 高齢者の就労長期化や自助努力促進も

年金制度見直し 高齢者の就労長期化や自助努力促進も 厚労省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181010/k10011666531000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001
2018年10月10日 21時23分

5年に一度行われている公的年金制度の見直しで厚生労働省は、高齢者の働く期間の長期化や多様な働き方を反映する制度にする一方、高齢者の自助努力の促進も図るとした、見直しの方向性を初めて示しました。

政府は、全世代型の社会保障の実現に向けて、2021年度までに公的年金を含む制度改革を行う方針で、社会保障審議会の年金部会では、働く高齢者の増加も踏まえて、5年に一度行う制度の見直しをことし4月から始めています。

10日行われた部会で厚生労働省は、平均寿命が延びたため、1990年生まれで65歳になった人のうち、さらに90歳まで長生きする人は男性の5人に2人、女性は3人に2人になるとしたうえで、働く高齢者も増えているとしたデータを示しました。

そして公的年金制度の見直しの方向性を初めて示し、就労期間の長期化を反映するとともに、多様な働き方に合わせた柔軟な制度にすること、さらに高齢者の自助努力の促進も図るとしています。

これに対し、出席者からは、健康状態には個人差があり、就労が困難な高齢者への影響も考慮すべきだといった指摘が出されました。

厚生労働省は、今後受給開始年齢の選択肢を広げることや、私的年金の活用促進など具体的な制度改正についての議論を進め、再来年・2020年に法改正を目指すことにしています。




5年に一度行われている公的年金制度の見直しで厚生労働省は、高齢者の働く期間の長期化や多様な働き方を反映する制度にする一方、高齢者の自助努力の促進も図るとした、見直しの方向性を初めて示した。
就労が困難な高齢者への影響も考慮すべき。
厚労省は、えげつない。
障害年金ですが、毎年、医者の診断書を提出するようになったようです。
障害3級で、障害年金は支給されませんから、毎年、ふるいにかけて障害年金適用外の人を増やしたいらしい。
平均寿命が延びたと言っても、健康には個人差がある。
高齢者イジメを止めろ。
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 00:28| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする