2018年10月31日

[入管難民法改正案] 11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案

[入管難民法改正案] 11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案

入管法11月2日閣議決定へ 外国人労働者受け入れ案
https://this.kiji.is/429936976242836577?c=39546741839462401
2018/10/30 19:58

自民党は30日の総務会で、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を了承した。これで閣議決定の前提となる党内手続きを終えた形となり、政府は公明党の党内手続きも経て、11月2日に閣議決定し、国会に提出する方針。臨時国会で成立させ、来年4月1日の施行を目指す。

 総務会は了承に当たり、施行後に制度の実施状況を検証し、必要に応じて見直す条項を盛り込むことを条件とした。加藤勝信総務会長は記者会見で、見直し条項の期間は「3年が軸となる」と述べ、改正案の修正を求める考えを示した。

 改正案は、単純労働分野への外国人の就労を可能とする在留資格を新設する内容。




自民党は30日の総務会で、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を了承した。
政府は公明党の党内手続きも経て、11月2日に閣議決定し、国会に提出する方針。
臨時国会で成立させ、来年4月1日の施行を目指す。
これは移民政策と言えます。
閣議決定後の法案提出を注視しましょう。




参考

外国人労働者 熟練技能者、永住可能に 在留資格2種新設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462133724.html

外国人材受け入れ体制構築へ 臨時国会で法整備の考え 菅義偉官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462061154.html

菅義偉官房長官、新たな在留資格盛り込んだ法案を臨時国会に提出する考え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461874078.html

[法務省] 入国管理局を「庁」に格上げへ 「入国在留管理庁」で体制強化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461355000.html

外国人材受け入れ対策 検討会で財界や自治体の意見集約へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461076958.html

[経済財政諮問会議] 外国人就労拡大、安倍首相が表明 建設・農業・介護など「2025年までに50万人超」 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459835510.html

外国人就労 単純労働分野でも受け入れへ 政府案「2025年に50万人超」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459684182.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者の受け入れ分野拡大も視野に検討へ 18の分野に限定されている専門的・技術的分野の対象の拡大を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457079677.html

[経済財政諮問会議] 外国人労働者受け入れに向け 安倍首相が制度改正検討を指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457049960.html




関連

7月13日、国連「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」で合意 2018年12月採択へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462114386.html
posted by hazuki at 17:41| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] TPP、12月30日発効へ 6カ国が国内手続き終了

[TPP11] TPP、12月30日発効へ 6カ国が国内手続き終了

TPP11、12月30日発効へ 6カ国が国内手続き終了
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37155380R31C18A0000000/
2018/10/31 5:58

【シドニー=松本史】米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の協定「TPP11」が12月30日に発効する。事務局を務めるニュージーランド(NZ)のパーカー貿易・輸出振興相が31日記者会見し、発効に必要な6カ国の国内手続きが終了したと発表した。世界の国内総生産(GDP)の13%を占める巨大な自由貿易圏が誕生する。

TPP11は6カ国の国内手続きが終了した60日後に発効する。すでにメキシコと日本、シンガポール、NZ、カナダが国内手続きを終えており、6カ国目となるオーストラリアが31日、手続き終了をNZに通知した。

残る5カ国はベトナム、ペルー、チリ、ブルネイ、マレーシア。ベトナムは11月中旬までに議会の承認を終える見通し。パーカー氏は「多くの国が国内手続きを進めており、数週間から数カ月で終了するだろう」との見通しを示した。

発効後には閣僚級による「TPP委員会」を開催。タイや英国など新規加盟を希望する国との手続き内容を決める。

TPP11は農作物や工業品の輸出入の関税を引き下げるほか、ビジネスのルールを統一する。発効すれば日本からの輸出では工業品の99.9%、農林水産物の98.5%で最終的に関税が撤廃される。

日本の消費者にとっては安い輸入肉や野菜が手に入りやすくなる利点がある。豪州のモリソン首相は31日、日本への牛肉や乳製品の輸出について「TPP11の発効で、日豪経済連携協定(EPA)を超える市場アクセスが得られる」と述べた。

米国を含む12カ国は2016年2月にTPPに署名したが、17年にトランプ米大統領が離脱を表明して発効できなくなった。日本は残る11カ国の再交渉を主導してTPP11をまとめ、早期発効を各国に働きかけてきた。

日本や中国、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」も11月の実質妥結を目指し交渉が進んでいる。米中貿易戦争が激化し、米国が保護主義的な動きを強めるなか、各国は多国間の自由貿易体制を早期に構築し、新たな対抗軸としたい考えだ。




米国を除くTPP参加11カ国の協定「TPP11」が12月30日に発効する。
事務局を務めるニュージーランド(NZ)のパーカー貿易・輸出振興相が31日記者会見し、発効に必要な6カ国の国内手続きが終了したと発表した。
世界の国内総生産(GDP)の13%を占める巨大な自由貿易圏が誕生する。
オーストラリアが10月31日に国内手続きを終了し、ニュージーランドに通知した。
TPP11は6カ国の国内手続きが終了した60日後に発効する。
メキシコ、日本、シンガポール、ニュージーランド、カナダ、オーストラリアの6カ国が国内手続きが完了した。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




参考

[TPP11] TPP、年内にも発効見通し カナダがTPP批准 オーストラリアも手続き終了へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462403233.html

[TPP11] ニュージーランドがTPP批准 国内手続き終了4カ国目
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462402628.html

[TPP11] TPP、オーストラリアが手続き完了 ベトナムもAPEC前に批准へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462234880.html

[TPP11] TPP手続き、11月完了へ 茂木氏、参加国大使と確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462217265.html

[TPP11] TPP拡大 来年にも 新規加盟交渉 発効直後、日本主導で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460657373.html

[TPP11] 7月18日から箱根でTPP首席会合 茂木敏充氏、参加国拡大に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460521648.html

[TPP11] TPP首席交渉官が会合へ 政府、7月17〜19日で調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460378673.html

[TPP11] 6月29日、参院本会議でTPP関連法が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460256278.html

[TPP11] 6月28日、参院内閣委員会でTPP関連法案が可決 米要求は拒絶と付帯決議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460238838.html

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460199031.html

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:CPTPP TPP
posted by hazuki at 15:53| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

[日印首脳会談] 安倍首相が総額約3165億円の円借款供与を表明、総額750億ドル(約8兆4000億円)の通貨スワップ締結を決定

[日印首脳会談] 安倍首相が総額約3165億円の円借款供与を表明、総額750億ドル(約8兆4000億円)の通貨スワップ締結を決定

日印2プラス2設置=安保・経済の連携強化−首脳会談
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102900811&g=pol

 安倍晋三首相は29日、インドのモディ首相と首相官邸で約1時間会談した。安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」を推進するため、安全保障や経済の分野での連携強化を確認。外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の設置で一致した。日印両政府は会談の成果を盛り込んだ共同声明を発表した。
 安倍首相は共同記者発表で「自由で開かれたインド太平洋というビジョンの実現に向けて日印の特別戦略的グローバル・パートナーシップを力強く推進する」と強調。モディ首相は2プラス2の目的を「世界に平和、安定性を強調するためだ」と説明した。
 安倍首相は、日本の新幹線方式を採用する高速鉄道整備事業などを対象に総額約3165億円の円借款供与を表明。鉄道整備を「日印新時代の象徴だ」と指摘した。両首脳はスリランカやミャンマーなど第三国向けのインフラ開発や、保健・医療分野での協力、デジタル分野の起業促進などで合意。金融危機に備え、総額750億ドル(約8兆4000億円)の通貨スワップ(交換)協定を締結することも決めた。
 両首脳は、自衛隊とインド軍との間で食料や燃料を相互に融通する物品役務相互提供協定(ACSA)の交渉開始を確認。両政府は海上自衛隊とインド海軍の協力発展に向けた文書に署名した。宇宙分野の2国間協力を強化するための宇宙対話も始める。(2018/10/29-22:09)


インドのモディ首相と安倍晋三・首脳会談.PNG



安倍首相は29日、インドのモディ首相と首相官邸で約1時間会談した。
安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」を推進する為、安全保障や経済の分野での連携強化を確認。
インドのモディ首相を安倍首相の別荘に招待したり、楽しそうですね。
円借款とか通過スワップとか、ふざけるな。
自国民のことは考えない癖に海外にはバラマキ。
血税ですよ、血税。
さて、インドと協力するのは中国をけん制している為でもあると思います。
助けて、モディ首相です。

自由で開かれたインド太平洋に向けて(PDF)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000407642.pdf

インドが中国「一帯一路」に対抗 「アクト・イースト」政策
https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2018/01/0125.html

「自由で開かれたインド太平洋戦略」とインドの「アクト・イースト」政策を連携するということでしょうか。
「アクト・イースト」政策は中国の一帯一路に対抗しているようです。




参考

インドに円借款3000億円超 安倍首相、10月29日首脳会談で表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462434000.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 23:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[代表質問] 安倍首相「日米物品協定(TAG)がFTAの一種との意見、承知している」

[代表質問] 安倍首相「日米物品協定(TAG)がFTAの一種との意見、承知している」

日米物品協定がFTAの一種との意見、承知している=安倍首相
https://jp.reuters.com/article/abe-tag-idJPKCN1N30SK
2018年10月29日 / 16:43

[東京 29日 ロイター] - 安倍晋三首相は29日午後の衆院本会議で、9月末の日米首脳会談で交渉開始で合意した「TAG(物品貿易協定)」を米国側が自由貿易協定(FTA)と呼んでいる問題について、「FTAに国際的に確立した定義は存在しない」とする一方、「TAGがFTAの一種との意見があるのは承知している」と述べた。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。

首相がこれまで日米通商交渉について「FTA交渉でもFTAの予備協議でもない」と説明してきたのは、「農林水産業関係者に環太平洋連携協定(TPP)以上の関税引き下げ懸念があったため」と解説。首脳会談では、TPPで合意された水準以上に関税を引き下げない点で理解が得られたと説明した。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48412&media_type=fp

2018年10月29日 (月)
本会議 (2時間25分)

案件:
モンゴメリ・サンチェスエクアドル共和国国会議員団団長一行本会議傍聴につき紹介
国務大臣の演説に対する質疑(代表質問)

玉木雄一郎(国民民主党・無所属クラブ)


安倍晋三・代表質問10月29日.PNG



「TAG(物品貿易協定)」を米国側が自由貿易協定(FTA)と呼んでいる問題。
FTAに国際的に確立した定義は存在しない」とする一方、「TAGがFTAの一種との意見があるのは承知している」と述べた。
国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。
衆議院インターネット審議中継の玉木氏の質疑をご覧ください。
玉木氏はWTOの前身のGATTについても、突っ込んだ質問をした。
GATT24条と言っています。
玉木氏は国連が採択したSDGsにも言及しました。
嘘はつけないですね。
国民民主党は外国人の就労問題で同一賃金とか言っていますし、皇室の問題でも女性宮家と言っていますので、信用は出来ないですが。




参考資料

関税及び貿易に関する一般協定 第三部 第二十四条 適用地域―国境貿易―関税同盟及び自由貿易地域
http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/wto_agreements/custom_duty/html/03.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 21:48| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

インドに円借款3000億円超 安倍首相、10月29日首脳会談で表明

インドに円借款3000億円超 安倍首相、10月29日首脳会談で表明

インドに円借款3000億円超=安倍首相、29日首脳会談で表明
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102501063&g=pol

政府は25日、インドに対し、日本の新幹線方式を採用する高速鉄道整備事業などを対象に今年度、総額3000億円超の円借款を供与する方針を固めた。安倍晋三首相が29日にモディ首相との首脳会談で表明する見通し。
 インドに対する円借款の累計額は今年度を含めると約6兆円に上り、供与先としては最大。日本はインドを「自由で開かれたインド太平洋戦略」の最重要パートナーと位置付けており、協力関係を一層強化したい考えだ。(2018/10/25-19:47)


インドのモディ首相と安倍晋三.PNG



政府は25日、インドに対し、日本の新幹線方式を採用する高速鉄道整備事業などを対象に今年度、総額3000億円超の円借款を供与する方針を固めた。
安倍首相が29日にモディ首相との首脳会談で表明する見通し。
インドのモディ首相が来日して、安倍首相が嬉しそうにしているかと思ったら、総額3000億円超の円借款か。
自国民のことを顧みずに、また海外へバラマキか。
いい加減にして欲しい。

安倍首相 別荘でインド首相と会談 強固な関係アピールか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181028/k10011689391000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_003

安倍首相の別荘での夕食会が終わったところですね。




参考資料

安倍総理大臣とモディ・インド首相の非公式昼食会
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/in/page6_000213.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 23:24| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自民党] 各小選挙区に改憲本部設置 世論喚起狙う

「自民党] 各小選挙区に改憲本部設置 世論喚起狙う

各小選挙区に改憲本部設置 自民、世論喚起狙う
https://this.kiji.is/428501391290106977?c=39546741839462401
2018/10/26 21:28

自民党憲法改正推進本部の下村博文本部長は26日、289ある党の衆院小選挙区支部に、憲法改正推進本部を設立する方針を記者団に示した。改憲実現に向け国民運動を展開し、世論の機運を高める。小選挙区支部長に宛て、年内の設置を求める要請文を29日に送付する。

 下村氏は、国会発議を受けて憲法改正の是非を問う国民投票に触れて「過半数の賛成を得なければ改憲できない。自民党の国会議員が先頭に立ち、国民的関心を広げたい」と設立の狙いを説明した。

 支部の改憲推進本部では、憲法9条への自衛隊明記など自民党改憲案への理解を広げるため、街頭演説や集会を開催してもらう。


下村博文・改憲本部.PNG



自民党憲法改正推進本部の下村博文本部長は26日、289ある党の衆院小選挙区支部に、憲法改正推進本部を設立する方針を記者団に示した。
改憲実現に向け国民運動を展開し、世論の機運を高める。
小選挙区支部長に宛て、年内の設置を求める要請文を29日に送付する。
過半数の賛成を得なければ改憲出来ないからと、衆院小選挙区に自民党の憲法改正推進本部を設立する。
スケジュールありきの改憲ですね。
憲法9条への自衛隊明記はしなくて良い。
改憲した方が良いか迷ったら、護憲を貫くのがベスト。




重要

CIAコードネーム「POCAPON」元朝日新聞社副社長・主筆、緒方竹虎氏の押し付け憲法論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454017528.html




参考

自民、改憲案で与党協議見送りへ 国会に単独提示、9条改正、緊急事態条項など
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462029455.html

自民、改憲4項目(9条、教育充実、緊急事態条項、参院合区解消)の提示先送り 第196回国会は断念
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460709487.html

[自民党改憲本部] 自民改憲案、柔軟に修正を検討 細田博之氏、改憲発議時期は「白紙」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458730677.html

[自民党改憲本部] 9条改正案、「9条2項を維持」軸に細田博之本部長一任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458259565.html

自民・細田博之氏:改憲4項目の検討状況報告 緊急事態条項、改憲案示す 大規模災害時に権限集中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458148743.html

[自民党改憲本部] 9条改憲7案を議論 9条に自衛隊保持明記へ 「首相指揮」で文民統制確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458019514.html

[自民党改憲本部]「9条改正」7案示す 2項維持の安倍首相案ベース
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457951314.html

[自民党改憲本部] 憲法9条の改正案、条文案もとに議論 3月25日の党大会までに意見集約を急ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457250295.html

[自民党改憲本部] 改憲条文案を了承 教育充実「国に努力義務」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457052262.html

[自民党改憲本部] 参院選「各県最低1人」 合区解消狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456928912.html

[自民党改憲本部] 9条改憲案づくり着手 所属議員から意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456759377.html

[産経新聞] 憲法と緊急事態 任期延長だけでは足りぬ「重要なのは、緊急事態を宣言し、一時的に首相や内閣に権限を集め、法律に代わる緊急政令を出し、財政支出を行う仕組み」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456693251.html

[自民改憲本部] 国民の私権制限求める声続出 緊急事態条項「理想は2012年の党改憲草案だ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456581096.html

自民改憲本部、国民の私権の制限見送りへ 緊急事態条項で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456538668.html

自民・柴山昌彦氏、憲法改正「9条2項温存が穏当」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456373317.html

[参院合区解消] 参院選の合区解消、改憲にらむ自民のジレンマ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455988992.html

[自民党] 9条改憲、両論併記(首相案と2項削除案) 年明け議論再開
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455743154.html

自民党 憲法改正案の取りまとめ 年内見送りへ「条文化する段階には至っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455285029.html

自民改憲本部、教育「無償」明記見送りへ 財源めど立たず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455186716.html

「緊急事態条項」で首相の好き放題…改憲の危険性はどこにあるか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454953115.html

自民党、次国会に9条改憲案提示へ 改憲本部長に細田博之氏就任 緊急事態条項を含む改憲4項目について意見集約を進め原案づくりを急ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454791103.html

自民公約に首相改憲4項目(9粂、緊急事態条項の創設、参院選挙区の合区解消、教育無償化) 9条に自衛隊、条文は見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453617363.html

自民改憲本部が議論再開 9条テーマ、意見集約難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453422637.html

憲法改正案 秋の臨時国会までに取りまとめへ 自民 緊急事態条項の新設を議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451546096.html

9条改憲「性急すぎる」 自民全体会合で異論も 推進本部は教育無償化、緊急事態条項の新設などを議論する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451189121.html

9条解釈「1ミリも動かさず」 自民改憲本部長の保岡氏 9条、教育無償化、緊急事態条項などを議論し、改憲案をまとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450805753.html

自民党、改憲で9条、教育無償化、緊急事態条項など4項目議論 幹部初会合、検討本格化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450625079.html

[産経新聞] 憲法と緊急事態 議論の矮小化にあきれる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449711421.html

施行70年、転機の憲法 改正項目で各党駆け引き 緊急事態条項の新設、教育無償化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449566704.html

与野党、緊急事態条項で隔たり 改憲巡り討論 自民党の保岡興治氏は緊急事態条項の創設を訴え、民進党の武正公一氏は反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449559990.html

日本のこころが憲法草案発表 「天皇元首」「軍保持」「緊急事態条項(日本版FEMA)」など明記
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449416015.html

細野豪志「改憲議論に積極参加」 民進代表代行辞任で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449049688.html

民進・細野豪志が代表代行辞任へ 改憲巡り「考え方に違い」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448991057.html

安倍政権が新憲法改正草案を作成へ!9条改正を外し、緊急事態条項(日本版FEMA)追加を優先!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448879120.html

「党内で言え」民進党の前原誠司元外相、細野豪志代表代行の憲法改正私案公表に苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448857541.html

民進党の細野豪志が憲法改正私案を公表 教育無償化や緊急事態条項
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448856451.html

改憲、自民党改憲草案基本に議論 下村博文幹事長代行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448537498.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html

スターウォーズにみる「緊急事態条項」の問題点、弁護士が解説「ヤバさを実感して」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445855545.html

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である (自民党草案の問題点を考える) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445679581.html




関連

自民・船田元氏「今年中に改憲の発議したい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457105935.html
posted by hazuki at 22:35| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[未来投資会議] 10月22日、日本的雇用慣行改革、政策のみでは限界 「2本柱」取り上げも企業の協力不可欠

[未来投資会議] 10月22日、日本的雇用慣行改革、政策のみでは限界 「2本柱」取り上げも企業の協力不可欠

日本的雇用慣行改革、政策のみでは限界 未来投資会議で「2本柱」取り上げも企業の協力不可欠
https://www.sankeibiz.jp/econome/news/181023/ecd1810230500002-n1.htm
https://www.sankeibiz.jp/econome/news/181023/ecd1810230500002-n2.htm
2018.10.23 06:13

22日の未来投資会議では、雇用改革の2本柱の一つとして、新卒一括採用見直しと中途採用拡大が取り上げられた。政府は、経済のグローバル化を踏まえ、採用改革を通じて終身雇用、年功序列といった「日本的雇用慣行」を見直していきたい考えだが、採用制度は個別の企業の問題でもあり、政府の取り組みには限界があるのも実情だ。

 政府の未来投資会議は22日、全世代型社会保障の構築に向け、高齢者の就業拡大や新卒一括採用見直しといった雇用改革と病気・介護予防について議論した。議長の安倍晋三首相は、新卒一括採用見直しに対し、中途採用に積極的な企業による協議会を設立し、雇用慣行を変革する運動を展開する考えを明らかにした。

就職・採用活動ルールをめぐっては、今月15日の関係省庁連絡会議で、現在の大学2年生が対象の2021年入社の学生について、現行の採用活動解禁などの日程を維持する方針で一致。22年入社組以降も当面は現行日程が続く方向だが、中長期のあり方に関しては、日本経済全体に影響するため、未来投資会議が検討することになっている。

 リクルートワークス研究所の中途採用実態調査(17年度実績)によると、従業員300人以上の大企業で新卒の採用比率は5割を超え、5000人以上では62.6%に上る。

 企業規模が大きいほど新卒採用が多くなっている状況だが、一方で中途採用は大企業ほど少なくなる。経団連加盟企業の9割近くが新卒一括採用を基本としており、中途採用の促進には大企業の採用制度の見直しが不可欠だ。

近年、転職者数は増加傾向にあり、異業種・異職種間への転職も少なくない。中途採用の拡大は、人工知能(AI)やロボットなどの「第4次産業革命」といった経済環境の変化に伴い、自分にマッチした仕事を求める働き手側からもニーズがある。

 ただ、個別の企業の採用制度に関し、賃上げなどと同様、政府が法律などで強制することもできないため、政府の取り組みは中途採用の促進策に限られる。「中途採用協議会」を設立し優良事例を横展開しても、大部分の企業にとってはそのまま導入することもできないだけに、実を結ぶか定かではない。

 政府高官は「採用改革は日本社会のあり方を変えることにもつながるので、関係者の理解を得ながら慎重に進めるしかない」と強調するが、雇用をめぐる情勢は急速に変化しつつある。(桑原雄尚)


安倍晋三・未来投資会議10月22日.PNG



22日の未来投資会議では、雇用改革の2本柱の一つとして、新卒一括採用見直しと中途採用拡大が取り上げられた。
政府は、経済のグローバル化を踏まえ、採用改革を通じて終身雇用、年功序列といった「日本的雇用慣行」を見直していきたい考えだが、採用制度は個別の企業の問題でもあり、政府の取り組みには限界があるのも実情。

未来投資会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/

10月22日の未来投資会議では、高齢者雇用促進及び中途採用拡大・新卒一括採用見直しと疾病・介護予防が議論された。

開催要領(PDF)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai20/kaisaiyouryo.pdf

未来投資会議のメンバーに竹中平蔵がいる。
連合の会長の神津里季生氏、経済同友会の代表幹事の小林喜光氏も民間のメンバー。

平成30年10月22日 未来投資会議
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201810/22mirai.html

安倍首相は「65歳以上への継続雇用年齢の引上げについては、70歳までの就業機会の確保を図り、高齢者の希望・特性に応じて、多様な選択肢を許容する方向で検討したいと思います。」と述べている。
また、「病気の予防については、国民健康保険の保険者努力支援制度や健康保険組合の後期高齢者支援金の加減算制度の見直しを図り、保険者の予防措置へのインセンティブの大幅な強化を検討してまいります。さらに、介護の予防についても、介護事業者等に対するインセンティブ措置の強化を進めてまいります。」とも述べている。

安倍首相は民間のメンバーが決めたことを覆したことがないらしく、未来投資会議で決まったことが各省庁に丸投げされ、法案となって決まるのだろう。




参考

[未来投資会議] 6月4日、医療・介護でAI導入推進 成長戦略の素案提示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459821538.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 18:12| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月19日、日本、北極圏発展へ関与強化表明 河野太郎外相、国際会議初参加

10月19日、日本、北極圏発展へ関与強化表明 河野太郎外相、国際会議初参加

日本、北極圏発展へ関与強化表明 河野外相、国際会議初参加
https://this.kiji.is/425947185114285153?c=39546741839462401
2018/10/19 18:25

【レイキャビク共同】北極圏の課題を協議する産官学による国際会議「北極サークル」総会が19日、アイスランドの首都レイキャビクで開幕、河野太郎外相が日本の閣僚として初めて出席し、資源開発協力や気候変動の科学調査を通して、北極圏の持続的発展に貢献する考えを表明した。

 北極サークルの総会は北極版「ダボス会議」とも呼ばれ、50カ国以上の政府や企業の関係者らが参加。中国やロシアが北極圏での影響力を強める中、日本としては外相の出席で存在感を高め、極地での国際秩序を維持するためのルール形成に主導的に参画する姿勢を示す狙いがある。


河野太郎・北極サークル.PNG



北極圏の課題を協議する産官学による国際会議「北極サークル」総会が19日、アイスランドの首都レイキャビクで開幕、河野外相が日本の閣僚として初めて出席し、資源開発協力や気候変動の科学調査を通して、北極圏の持続的発展に貢献する考えを表明した。

河野外務大臣の北極サークル出席
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/msp/page1_000678.html

10月19日午前(日本時間同日午後),河野太郎外務大臣は,レイキャビク(アイスランド)で開催された「北極サークル」に,日本の外務大臣として初めて出席し,その開会セッションにおいて,我が国の北極政策に関する基調講演(仮訳(PDF)/英文(PDF))を行いました。

河野大臣は,基調講演の中で,天然資源の開発や北極海航路の利用といった北極に生まれつつある「機会」をとらえるとともに,先住民の生活や生態系への悪影響といった北極の「課題」に国際社会が適切に対応するためには,北極の環境変化のメカニズムを解明し,その影響を理解することが特に重要である旨強調しました。

河野太郎の北極サークルの参加。
日本に意見される覚えがないと思います。
北極圏国との協力の為に北極サークルに河野太郎を出席させる安倍政権。
自国民のことも考えて欲しい。




参考資料

河野外務大臣の北極サークル出席
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/msp/page1_000678.html
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 16:33| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月20日、河野太郎外相、「P4Gコペンハーゲン・サミット2018」で国際連帯税を訴える

10月20日、河野太郎外相、「P4Gコペンハーゲン・サミット2018」で国際連帯税を訴える

【速報】河野外相、「P4Gコペンハーゲン・サミット2018」で国際連帯税を訴える
http://isl-forum.jp/archives/2504
2018.10.20

10月20日午前(日本時間同日午後)、河野太郎外務大臣は、ラスムセン・デンマーク首相主催「P4Gコペンハーゲン・サミット2018」に出席し、「持続可能な未来に向けたグローバルリーダーシップ」セッションにおいてスピーチを行いましたが、そのもようを同日の8時45分からのNHKテレビが報道しました。

「P4Gコペンハーゲン・サミット2018」とは【=外務省解説】:
 P4G(Partnering for Green Growth and the Global Goals 2030)は,環境に優しい経済成長とSDGs実現のため,官民連携強化を目的として2018年に設立されたネットワーク。今回のサミットには,P4Gメンバー国であるデンマーク,オランダ,ベトナム,韓国,バングラデシュ,エチオピアの他,世界経済フォーラム(WEF)等経済界の要人が出席。

【NHK】河野外相 途上国貧困対策で為替取引への課税導入を(⇒削除)

デンマークを訪れている河野外務大臣は、環境問題や経済成長について話し合う国際会議で講演し、為替取引などに課税して、その税収で途上国の貧困対策などの資金をまかなう「国際連帯税」の導入を検討すべきだと訴えました。

この中で、河野外務大臣は、2030年までに世界から貧困や格差などをなくそうという国連の目標を達成するには、世界で毎年2兆5000億ドルの資金が不足していて、先進国によるODA=政府開発援助などではまかなえないと指摘しました。

そのうえで「グローバリゼーションの恩恵を受けている人たちから税金を徴収して、人道支援を行う国際機関に直接渡す『国際連帯税』は長期的な解決策の1つだ。為替取引に税をかければ非常に低い税率でも資金調達のギャップをたやすく埋めることができる」と述べ、「国際連帯税」の導入を国際社会として検討すべきだと訴えました。


河野太郎・P4G.PNG



グローバル連帯税フォーラムより転載。
デンマークで、河野太郎は環境問題や経済成長について話し合う国際会議で講演し、為替取引などに課税して、その税収で途上国の貧困対策などの資金をまかなう「国際連帯税」の導入を検討すべきだと訴えた。

国際連帯税
https://www.taro.org/2018/07/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%B8%AF%E7%A8%8E.php

「国際連帯税」は、河野太郎が自身のサイトで訴えている。

「P4Gコペンハーゲン・サミット2018」への河野外務大臣の出席
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page4_004429.html

1 冒頭,河野大臣から,北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な,検証可能な,かつ,不可逆的な廃棄に向けた国際社会の支持に謝意を表明するとともに,関連安保理決議の完全な履行の重要性を訴えました。

2 その上で,日本が,冷戦後の多様で複雑な地球規模課題に対応するため,「人間の安全保障」の考え方に基づき,SDGs(持続可能な開発目標)採択以前から「誰ひとり取り残さない」社会の実現に向けて取り組んできた実績を強調しつつ,国際社会は厳しい現実から目を背けるべきではなく,2030年までのSDGs達成に向けて必要な資金ギャップを埋めるため,国際連帯税を含む革新的資金調達のあり方を真剣に検討する必要がある旨訴えました。

「ODAと地球規模の課題」として、P4Gがあるようです。
国連が採択したSDGsとも関わって来ます。

国際連帯税とは
http://isl-forum.jp/vision

グローバル連帯税フォーラム
http://isl-forum.jp/


ちなみに、河野太郎の父、河野洋平は世界連邦運動協会顧問です。
http://timetide.way-nifty.com/993666/2016/12/post-1a0a.html

グローバル連帯税フォーラムとは?
http://isl-forum.jp/aboutus/

国際連帯税フォーラム 賛同、参加者、団体に阿久根武志(世界連邦運動協会)、成田好孝(世界連邦21世紀フォーラム)の名前があり、世界連邦と関係している。
事務局の住所:丸幸ビルは、通称NGOビルと呼ばれている。




参考

河野太郎外相「国際連帯税」導入検討を 発展途上国援助に 持続可能な開発のための2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460814253.html
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 14:11| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[水道民営化] 新潟県議会 自民党が野党の意見書に異例の賛成 水道事業民営化

[水道民営化] 新潟県議会 自民党が野党の意見書に異例の賛成 水道事業民営化

県議会 自民党が野党の意見書に異例の賛成 水道事業民営化
http://bakusai.com/thr_res/acode=4/ctgid=104/bid=330/tid=7008698/

県議会で、自民党が異例の対応です。野党が発案した意見書の採決で、「賛成」にまわる一幕がありました。野党の「未来にいがた」が発案したのは、水道事業の民営化を進める国の法改正に反対する意見書など、2つの意見書です。採決では自民党を含む賛成多数で可決されました。「未来にいがた」は去年4月の発足以降、17件の意見書を出し、いずれも自民党などの反対で否決されています。異例の賛成の判断について自民党県連の幹部は、「民間参入による弊害から県民を守るという点で意見が一致した」と説明しています。一方、公明党は水道法改正案に反対する意見書には賛成せず、県政与党内で対応が分かれました。


新潟・水道法改正.PNG





hazukinotaboo @hazukinotaboo2
県議会 自民党が野党の意見書に異例の賛成 http://www.uxtv.jp/news-ux/%e7%9c%8c%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%87%aa%e6%b0%91%e5%85%9a%e3%81%8c%e9%87%8e%e5%85%9a%e3%81%ae%e6%84%8f%e8%a6%8b%e6%9b%b8%e3%81%ab%e7%95%b0%e4%be%8b%e3%81%ae%e8%b3%9b%e6%88%90/ … Yahoo!ニュースは削除されましたが新潟の「水道事業の民営化を進める国の法改正に反対する意見書」に関するニュースが見れます。自民党は野党案に賛成で公明党は野党案に賛成せず。 #水道法改正案 がどうなるか? #水道民営化




10月12日のUX新潟テレビ21のニュース。
ニュースは削除されたが、新潟県議会で、自民党が異例の対応をしたことが話題です。
野党が発案した意見書の採決で、「賛成」に回った。
水道事業の民営化を進める国の法改正に反対する意見書に自民党が賛成した。
公明党は賛成せず。
水道法改正案の反対を地方自治体から集めて行く良い例となった。
新潟、頑張れ。
新潟の自民党は腐ってなかった。

「水道民営化を推し進める水道法改正案に反対する意見書」はこちらです。

平成30年9月定例会(第25号発議案)
http://www.pref.niigata.lg.jp/gijichosa/1356904464325.html




追記

4月26日、竹中平蔵が「未来投資会議構造改革徹底推進会合 「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)(第5回) 配布資料」を提出した。

未来投資会議構造改革徹底推進会合 「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)(第5回) 配布資料
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/index.html

資料1「竹中会長提出資料」(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/siryou1.pdf

資料2「竹中会長提出資料」(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/siryou2.pdf



水道民営化を意図する水道法改正案を阻止してもらうようにお願いしよう。
↓↓↓

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html



【奈須りえさんと語る7 水道法改悪は問題だ!】


水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)/ PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘! 2017.4.16


水道民営化中止求める 推進政府批判


【水道民営化】麻生太郎副総理兼財務相が言及 2013年4月19日 G20財務相・中央銀行総裁会議 CSIS戦略国際問題研究所




velvetmorning blogより転載
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/

麻生太郎財務大臣兼副総理が、CSISの講演で、『日本の水道を全て民営化する』と発言 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/04/24/6789154




参考

[緊急拡散] パブリックコメント: [水道民営化] 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律(PFI法)の10月1日施行に伴う意見公募を内閣府が募集 9月23日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461569325.html

[水道民営化] 8月15日、自由報道協会が斬る! 2018トークライブ 日本の水道が危ない! 水道法改正と民営化の落とし穴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461076132.html

[水道民営化] 8月5日、TBS「サンデーモーニング」で水道法改正案を取り上げる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460921733.html

[水道民営化] 水道事業の民営化は是か非か? 「『運営の民営化』で水道事業は守れるか」 「進むか民間委託 水道「危機」の行方」 水道民営化に関する動画を見よう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460796856.html

[水道民営化] 7月19日、参院厚生労働委員会に水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)が付託⇒7月20日、水道法改正案が継続審査
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460639027.html

[水道民営化] 7月18日、7時6分〜TBS「あさチャン」で「今後“水道民営化”衆議院通過していた・高品質安価・日本の水どうなる 」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460588454.html

[水道民営化] 7月13日、水道法改正案、今国会見送りへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460536321.html

[水道法改正案] 石原伸晃「所有と経営の両方を民間に委ねることを意味する「水道民営化」の表現はミスリーディングに過ぎる。まして外資に売り渡すなどありえない。」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460418229.html

[水道民営化] 7月5日、衆院本会議で水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460359222.html

[水道民営化] 7月4日、衆院厚生労働委員会で水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)が可決 審議日数2日、審議時間9時間で採決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460341073.html

[水道民営化] 7月4日、13時15分〜衆院厚生労働委員会開催予定 野党提出法案の「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」を審議しなければ「水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)」の審議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460323782.html

[水道民営化] 6月29日、衆院厚生労働委員会で水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)の実質審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460283347.html

[水道民営化] 6月27日、立憲民主党と共産党が欠席の中、衆院厚生労働委員会で水道法改正案(水道法の一部を改正する法律案)の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460220817.html

[水道民営化] 6月15日、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律(PFI法)の公布を閣議決定⇒6月20日、PFI法を公布⇒6ヶ月以内に政令で定める日から施行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460153047.html

[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

[水道民営化] 5月15日、衆院本会議でPFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459413668.html

[水道民営化] 5月11日、衆院内閣委員会でPFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459379716.html

[水道民営化] 4月25日、野党、審議拒否で欠席の中、PFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を審議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459154033.html

[水道民営化] 4月20日、野党、審議拒否で衆院内閣委員会を欠席の中、PFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458928138.html

[水道民営化] 4月12日、梶山弘志内閣府特命担当大臣が衆院本会議でPFI法改正案の趣旨説明⇒4月18日、梶山弘志内閣府特命担当大臣が衆院内閣委員会でPFI法改正案の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458925546.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 宮城県、水道3事業を一体管理へ 村井知事「みやぎ型管理運営方式」を導入 キーパーソンは内閣府の福田隆之大臣補佐官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457222713.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] [高橋洋一が水道民営化をミスリード] 誤解だらけの「水道民営化」 外資乗っ取り懸念は杞憂だ、競争力はあり選択肢も広い
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456670213.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html

[水道民営化] 宮城県、水道3事業を一体管理へ 村井知事、経営安定化目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456221915.html

[水道民営化] 公共施設を民間が担う「コンセッション」シンポ 菅義偉官房長官、導入自治体を応援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456220905.html

[水道民営化] 菅義偉官房長官「新聞社主催のコンセッションに関するシンポジウムで安倍内閣の考え方をお話ししました。」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456220364.html

[水道民営化] 水道運営権、売却を支援…政府が法案提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456163072.html

[水道民営化] 公共インフラの民間売却容易に 自治体の負担軽く
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456069772.html

[水道民営化] 民間への下水道運営権売却、東京都が検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456056208.html

[水道民営化] 日経新聞が「公共施設・インフラの運営を民間に任せるのは世界の流れです。」とフェイクニュースをツイート
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456053259.html

[水道民営化] 水道民営化の問題点 椿本祐弘さん講演会11月25日(土)13時半〜京王小田急永山(Come Back 東都生協仕入委員会より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454528170.html

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html

[水道民営化] [総務省] 公営企業133事業廃止、簡易水道が93件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453372636.html

[水道民営化] 第193回国会に提出された水道法改正案を「水道管 老朽化」と一斉に報道するマスコミ! 大幅に参入障壁を下げることで国内外の企業が本格的に参入することは報道せず!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453111288.html

[水道民営化] 水道民営化は憲法13条、25条、99条違反なので98条は無効! 憲法を勉強して廃案に追い込もう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452068400.html

[水道民営化] 水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)は継続審査! 臨時国会で継続審議へ! 厚生労働省は特例措置を準備!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451024610.html

安倍首相 すべての重要法案成立目指す! 水道民営化を意図する水道法改正案も?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449919902.html

[水道民営化] 水道広域化を批判 共産党の田村貴昭氏 「自治体事情考慮を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449117424.html

[水道民営化] 吉村大阪市長、水道局の民営化に法改正受け再挑戦へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448844284.html

[水道民営化] 大阪市水道民営化が廃案 水道法改正で練り直しへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448667071.html

[水道民営化] 水道民営化中止求める 2月21日、衆院総務委員会 共産党の田村貴昭議員が推進政府批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448075252.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html

[水道民営化] [大阪維新の会] 市民に悪影響なのに 大阪市水道民営化のなぜ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447853419.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 厚生労働省は水道法改正案を第193回国会に提出済み! さらに民間が参入し易く法改正へ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447779618.html

3月7日、水道の広域化促進へ...水道法法改正案を閣議決定! 厚生労働省は「水道民営化ではない」と回答!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447712828.html

水道事業のコンセッション方式に関して、株式会社ジャパンウォーターのサイトが参考になります!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447312455.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸しました
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447248123.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸した方がいらっしゃいます
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447198714.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条に「外国企業の参加を永久に禁止し、区市町村運営を永久に守る」という文言を加えるようにお願いしよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447148654.html

[水道民営化] [大阪府堺市長選] 因縁の「水道事業統合」が争点化? 大阪維新の会の候補を選べば水道民営化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446664032.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条の改正案が危ない! 水道事業を外資に譲り渡せる内容である! 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446338446.html

[緊急拡散] 日米首脳会談 トランプ政権が麻生財務相の同行求めた狙い 水道民営化に応じる為か 安倍自民は水道法改正案を今国会に提出する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446307417.html

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445632814.html

[水道民営化] 水道への企業参入促す 災害時復旧の負担軽く 2017年にも法改正 料金改定も柔軟に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443121536.html

PFI法案の特例が新設され〜空港・上水道・下水道・道路事業の民営化が加速する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437692333.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 11:46| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日中“急接近”双方の思惑 「競争から協調へ」 「一帯一路」ではなく「第三国市場協力」という表現に言い換えた日本政府

日中“急接近”双方の思惑 「競争から協調へ」 「一帯一路」ではなく「第三国市場協力」という表現に言い換えた日本政府

日中“急接近”双方の思惑 「競争から協調へ」
https://www.fnn.jp/posts/00404128CX
2018年10月27日 土曜 午前0:43

競争から協調へ。

新たな段階に入ったとした安倍首相。

日本と中国が急接近する訳とは。

日本時間26日午後6時前から始まった、安倍首相と中国・習近平国家主席による首脳会談。

安倍首相は、「わたしの訪問を契機として、競争から協調へ、日中関係を新しい時代に押し上げていきたい」と述べた。

習近平国家主席は、「中日関係はさまざまな課題を乗り越え、紆余(うよ)曲折を経てきたが、双方の努力によって再構築され、正常な軌道へと戻りつつあり、再びよい傾向を見せています」と述べた。

競争から協調へ。

会談で両首脳は、新たな日中関係を構築し、安全保障については、東シナ海の問題について、安倍首相が現状の改善を求める一方、意思の疎通を強化し、不測の事態を回避することで一致。

また、安倍首相が習主席に対し、2019年の訪日を要請したところ、習主席は真剣に検討したいと応じた。

これに先だって行われた「第三国市場協力フォーラム」では、日中の企業による、タイでのスマートシティの開発など、52の覚書が交わされ、経済面でも、今後さらに協力していくことが確認された。

かつては、尖閣問題などで、冷え込んでいた日本と中国がここへ来て急接近。

しかし一方で、日本の政府関係者からは「日本政府は中国が提唱する『一帯一路』には賛同しない」といった声も上がっている

「一帯一路」とは、習近平国家主席が提唱する「巨大経済圏構想」。

その事業の対象となる範囲は、中国から陸路、そして、海を通じてヨーロッパにもおよぶ。

中国国営の中央テレビは、26日の会談で、習主席が「ともに一帯一路を建設することは、中日の深化、ウィンウィンの協力に新たな舞台と試験場を提供する」と発言したと報道。

日本が今後、「一帯一路」構想に参加するかのような発言だが、実は今回、日本政府は、あえてフォーラムの名前に「一帯一路」という言葉を使わず、わざわざ「第三国市場協力」という表現に言い換えている。

26日、FNNの単独取材に応じた安倍首相は、「『一帯一路』については、国際的に日本を含めて、さまざまな懸念があることは事実です。そこで先ほど、中国側と『第三国協力フォーラム』というものを開催して、国際スタンダードにのっとって、協力していこうということで、完全に一致することができました」と述べた。

急接近の一方で、「一帯一路」への直接の支持を表明せず、一定の距離を置いた形の日本政府。

この背景について、拓殖大学・富坂聰教授は「おそらくアメリカに遠慮したのではないかと」、「(今回中国と組むことになった背景は?)やはり、対立していられないというのが大きな意味としてあると思う。ある意味、中国とうまくやっていくというのは、日本経済の将来を考えるうえで、非常に大事だということが言える」と話した。


安倍晋三と習近平・首脳会談.PNG



日中首脳会談で、一帯一路が焦点とされていた。
尖閣問題などで、冷え込んでいた日本と中国が急接近したが、日本の政府関係者からは「日本政府は中国が提唱する『一帯一路』には賛同しない」といった声も上がっているという。
中国国営の中央テレビは、26日の会談で、習主席が「ともに一帯一路を建設することは、中日の深化、ウィンウィンの協力に新たな舞台と試験場を提供する」と発言したと報道。
日本が今後、「一帯一路」構想に参加するかのような発言だが、実は今回、日本政府は、あえてフォーラムの名前に「一帯一路」という言葉を使わず、わざわざ「第三国市場協力」という表現に言い換えている。
急接近の一方で、「一帯一路」への直接の支持を表明せず、一定の距離を置いた形の日本政府。

安倍総理の訪中(全体概要)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page4_004452.html

安倍総理は,日中の財界トップを含め,約1,400名の参加を得て開催された「第1回日中第三国市場協力フォーラム」に出席し,挨拶を行った。同フォーラムに合わせ,両国の政府関係機関・企業・経済団体等の間で,インフラ,物流,IT,ヘルスケア,金融等に関する52件の協力覚書が署名・交換された。

外務省の「安倍総理の訪中」でも、安倍首相は第三国市場協力フォーラムに出席し、挨拶したとある。

「一帯一路」アジアで不評、見直しや中止相次ぐ
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181026-OYT1T50136.html

10月26日の読売新聞。
「中国の巨大経済圏構想「一帯一路」を巡り、アジアで事業の見直しや中止を表明する国が相次いでいる。」などと報道されている。

安倍首相と習近平との間で一帯一路が話し合われたことがあっても、なかったことにする政府とマスコミです。




参考

[日中首脳会談] 安倍首相10月訪中で一致 習近平氏「歓迎」と表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461628588.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 10:07| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

日中通貨スワップ、再開合意…人民元の流通確保

日中通貨スワップ、再開合意…人民元の流通確保
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181026-OYT1T50098.html
2018年10月26日 12時55分

日本銀行と中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は26日、円と人民元を互いに融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を再開することで合意した。日中関係の悪化で、2013年に失効して以来となる。融通額は前回の10倍に当たる3兆円規模になる見通しだ。

 協定により、システム障害などで人民元が不足した際に、日銀は円を人民銀行に渡して人民元を受け取り、中国に進出している日系金融機関に人民元を供給する。対中投資が増加する中、人民元の流通を確保して日系企業がビジネスをしやすい環境を整える狙いがある。




日本銀行と中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は26日、円と人民元を互いに融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を再開することで合意した。
日中関係の悪化で、2013年に失効して以来となる。
融通額は前回の10倍に当たる3兆円規模になる見通し。

安倍首相 日中協力は新次元へ「ODAは歴史的使命終えた」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462418752.html

安倍首相は日中協力は新次元へと言っていますが、次元が違うのは安倍首相の頭だけ。
日本の対中ODAを終了しても、3兆円規模のスワップが再開する。




参考

日中「スワップ協定」再開で合意へ…3兆円規模
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462302049.html
ラベル:日中関係
posted by hazuki at 23:50| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相 日中協力は新次元へ「ODAは歴史的使命終えた」

安倍首相 日中協力は新次元へ「ODAは歴史的使命終えた」

安倍首相 日中協力は新次元へ「ODAは歴史的使命終えた」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011685851000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_034
2018年10月25日 20時56分

中国に到着した安倍総理大臣は、日中平和友好条約の発効から40年を迎えたことを記念するレセプションに出席し、中国に対するODA=政府開発援助は「歴史的使命を終えた」と述べたうえ、新たな次元の協力の在り方を26日の首脳会談の場などで議論したいという考えを示しました。

安倍総理大臣は、日本時間の午後6時半ごろから、北京中心部の人民大会堂で、日中平和友好条約の発効から40年を迎えたことを記念するレセプションに出席しました。

この中で、安倍総理大臣は、日中平和友好条約について「『恒久的な平和友好関係を発展させる』、『すべての紛争を平和的手段により解決する』、『覇権を求めない』、これらの諸原則は日中関係を導く羅針盤となってきた」と述べました。

そして、「今や中国は世界第2位の経済大国へと発展し、日本の対中ODAはその歴史的使命を終えた。今日、日本と中国はアジアのみならず世界全体の経済発展に欠くことのできない役割を果たしている」と述べました。

そのうえで、「世界がかつてないほどつながり合い、一国だけで解決のできない問題が増える中、日中両国が世界の平和と繁栄のために共に貢献する、そうした時代が来ている」と述べ、新たな次元の日中協力の在り方を26日の首脳会談の場などで議論したいという考えを示しました。


安倍晋三・中国ODA終了.PNG



安倍首相は中国から帰国した。
10月25日、安倍首相は日中平和友好条約の発効から40年を迎えたことを記念するレセプションに出席し、中国に対するODA=政府開発援助は「歴史的使命を終えた」と述べた。
日本の対中ODAが終了したが、中国を経済大国にしてからも続いていたことを考えると遅い。
また、3兆円規模の通貨スワップが再開する。




参考

中国へのODA 終了へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462387767.html




関連

日中「スワップ協定」再開で合意へ…3兆円規模
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462302049.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 23:23| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日欧EPA見据え「地理的表示(GI)」改正法案提出へ

日欧EPA見据え「地理的表示(GI)」改正法案提出へ

日欧EPA見据え「地理的表示(GI)」改正法案提出へ
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181024/mca1810240500006-n1.htm
2018.10.24 05:00

農林水産省は23日、自民党農林部会に、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)」に関する法律の一部を改正する法案を示し、了承された。24日招集の臨時国会に提出する。欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)発効を見据え、GIを高いレベルで保護し農産物の輸出拡大につなげる。改正法案では、GI保護前であればGIと同じ名称を例外的に使える「先使用」について、使用期間を原則7年に制限。またGI表示の規制対象を包装以外に、広告や飲食店のメニューに広げることが盛り込まれた。地図や国旗を組み合わせて消費者に真正のGI産品と誤認させる表示も新たに規制対象とする。




農林水産省は23日、自民党農林部会に、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)」に関する法律の一部を改正する法案を示し、了承された。
24日招集の臨時国会に提出する。
日欧EPA発効を見据え、GIを高いレベルで保護し農産物の輸出拡大に繋げる。

地理的表示法とは
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gi_act/outline/index.html

「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」(地理的表示法)は、特定の産地と品質等の面で結び付きのある農林水産物・食品等の産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護し、もって、生産業者の利益の増進と需要者の信頼の保護を図ることを目的としています。




参考資料

地理的表示(GI)保護制度
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gi_act/
posted by hazuki at 22:05| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RCEP交渉官会合、紛争解決分野で合意 11月妥結へ

RCEP交渉官会合、紛争解決分野で合意 11月妥結へ

RCEP交渉官会合、紛争解決分野で合意
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3702062027102018EA3000/
2018/10/27 17:28

【オークランド=松本史】日本や中国、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)などの16カ国は27日、ニュージーランドのオークランドで18日から開いていた「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」の首席交渉官会合を終えた。新たに「紛争解決」分野で合意し、11月を目指す実質妥結に向け、引き続き詰めの協議を進める。

RCEPは全18にわたる分野のうちこれまで妥結したのは「税関手続き・貿易円滑化」や「中小企業」など4分野。今回の合意で5分野となった。一部分野の合意は実質妥結後の来年に積み残す可能性がある。

2013年に交渉を開始したRCEPは、合意すれば世界の人口の約半分、国内総生産(GDP)や貿易額の3割前後をカバーする自由貿易圏が誕生する。ただ、高いレベルの自由化を求める日本やオーストラリアなどと、自国産業を保護したいインドや中国との間に隔たりがある。




日本や中国、インド、ASEANなどの16カ国は27日、ニュージーランドのオークランドで18日から開いていた「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」の首席交渉官会合を終えた。
新たに「紛争解決」分野で合意し、11月を目指す実質妥結に向け、引き続き詰めの協議を進める。
RCEPは全18にわたる分野のうちこれまで妥結したのは「税関手続き・貿易円滑化」や「中小企業」など4分野。
今回の合意で5分野となった。

RCEPに関しては、情報が少ない。
RCEPは18の交渉分野があり、「税関手続き・貿易円滑化」や「中小企業」など4分野で妥結。
「紛争解決」分野で合意し5分野になった。

WTOが母体の自由貿易は、どれも反対した方が良い。
WTOが母体の自由貿易は、国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)の推進を意味する。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によるとTPPとRCEPは2020年、FTAAPに吸収される。
FTAAP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は2020年:WTO新ラウンド立ち上げ2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
経団連の工程表は、経団連独自の工程表ではない。
TPPのみ反対し、他の自由貿易に反対しない者は、SDGsを推進している。


多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(SDGs)

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html




参考

RCEP閣僚会合、年内妥結を再確認 世耕弘成経産相「いよいよ大詰め」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462199433.html

河野太郎氏、RCEPの早期妥結に意欲 ASEAN・日中韓外相会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460906739.html

RCEP交渉、年内の大筋合意目指すことで一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460304992.html

RCEP、事務交渉開始 7月1日に閣僚会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460199481.html

RCEP閣僚級会合、7月1日に東京で開催 世耕弘成経済産業相「交渉妥結に向けた道筋をつけていきたい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459418327.html

ASEANは年内妥結を期待 RCEP交渉会合が閉幕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456845119.html

RCEP初の首脳会議 高いレベルの経済連携へ交渉継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454907971.html

RCEP 韓国・仁川で交渉会合 10月17日開催、10月28日閉幕 関税の扱いや貿易・投資のルールなどの分野を協議 韓国政府 RCEP交渉代表団に投資説明会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454539713.html

フィリピンでRCEP閣僚会合 年末までの重要成果に努力 9月11日閉幕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453528984.html

RCEP締結がASEANの優先事項 フィリピン貿易相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449480015.html

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の早期妥結で一致 日ASEAN経済会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448873336.html

RCEP交渉会合閉幕 通商秩序維持へ交渉加速 米の保護主義、歯止め狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447633337.html
ラベル:RCEP
posted by hazuki at 21:24| Comment(0) | RCEP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

[TPP11] TPP、年内にも発効見通し カナダがTPP批准 オーストラリアも手続き終了へ

[TPP11] TPP、年内にも発効見通し カナダがTPP批准 オーストラリアも手続き終了へ

カナダがTPPを批准
https://jp.sputniknews.com/politics/201810265504345/
2018年10月26日 15:07

カナダ議会上院は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を批准した。CBCテレビによればTPPは加盟交渉参加の11か国のうち6か国が批准プロセスを完了させ次第、その60日後に発効する

現段階の協定批准国はカナダの他はニュージーランド、メキシコ、日本、シンガポールの4か国。近いうちにこれにベトナム、豪州が加わるものと期待されている。



TPP、年内にも発効見通し カナダと豪も手続き終了へ
https://this.kiji.is/428384120134255713?c=39546741839462401
2018/10/26 11:44

米国を除く11カ国による環太平洋連携協定(TPP)が早ければ年内にも発効する見通しになったことが26日、分かった。TPPは6カ国以上の手続きが終わってから60日後に発効する。既に4カ国が終了しているが、茂木敏充経済再生担当相は同日の閣議後会見でカナダとオーストラリアも近日中に完了するとの認識を示した。

 年明けに持ち越す可能性も残っているが、2カ国が10月中か、11月初めまでに手続きを終えれば年内に発効することになる。茂木氏は「自由で公正な新たなルールを世界に広げるというメッセージになる」と述べ、早期発効に期待を示した。


米国を除く11カ国によるTPPが早ければ年内にも発効する見通しになったことが26日、分かった。
TPPは6カ国以上の手続きが終わってから60日後に発効する。
カナダ議会上院はTPPを批准した。
メキシコ、日本、シンガポール、ニュージーランドが批准した。
カナダがTPP批准した。
国内手続きが完了しているオーストラリアを含めて、6カ国。
ベトナムの批准を待たなくても6カ国の批准で発効しそうです。

[TPP11] ニュージーランドがTPP批准 国内手続き終了4カ国目
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462402628.html

ニュージーランドがTPPを批准したところまで、お伝えした。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




参考

[TPP11] ニュージーランドがTPP批准 国内手続き終了4カ国目
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462402628.html

[TPP11] TPP、オーストラリアが手続き完了 ベトナムもAPEC前に批准へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462234880.html

[TPP11] TPP手続き、11月完了へ 茂木氏、参加国大使と確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462217265.html

[TPP11] TPP拡大 来年にも 新規加盟交渉 発効直後、日本主導で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460657373.html

[TPP11] 7月18日から箱根でTPP首席会合 茂木敏充氏、参加国拡大に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460521648.html

[TPP11] TPP首席交渉官が会合へ 政府、7月17〜19日で調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460378673.html

[TPP11] 6月29日、参院本会議でTPP関連法が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460256278.html

[TPP11] 6月28日、参院内閣委員会でTPP関連法案が可決 米要求は拒絶と付帯決議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460238838.html

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460199031.html

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:TPP CPTPP
posted by hazuki at 22:33| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] ニュージーランドがTPP批准 国内手続き終了4カ国目

[TPP11] ニュージーランドがTPP批准 国内手続き終了4カ国目

ニュージーランドがTPP批准 国内手続き終了4カ国目
https://this.kiji.is/428004237362234465
2018/10/25 10:35

【シドニー共同】ニュージーランドのパーカー貿易・輸出振興相は25日、米国を除く11カ国による環太平洋連携協定(TPP)を批准したと発表した。TPPは6カ国以上の国内手続きが終わってから60日後に発効する。ニュージーランドはメキシコ、日本、シンガポールに続き、4番目に国内手続きを終えた。

 ニュージーランド議会が24日、TPP関連法案を可決していた。パーカー氏は声明で「世界中で保護主義的な動きが急速に高まったこの数カ月間で11カ国によるTPPの重要性は増した」と述べた。




ニュージーランドのパーカー貿易・輸出振興相は25日、米国を除く11カ国によるTPPを批准したと発表した。
TPPは6カ国以上の国内手続きが終わってから60日後に発効する。
ニュージーランドはメキシコ、日本、シンガポールに続き、4番目に国内手続きを終えた。

[TPP11] TPP、オーストラリアが手続き完了 ベトナムもAPEC前に批准へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462234880.html

オーストラリアが10月17日、国内手続きは事実上完了した。
国内手続きが事実上完了したオーストラリアを加えると5カ国が批准。
パプアニューギニアで来月17、18両日に開かれるAPECの前にベトナムが批准する。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




参考

[TPP11] TPP、オーストラリアが手続き完了 ベトナムもAPEC前に批准へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462234880.html

[TPP11] TPP手続き、11月完了へ 茂木氏、参加国大使と確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462217265.html

[TPP11] TPP拡大 来年にも 新規加盟交渉 発効直後、日本主導で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460657373.html

[TPP11] 7月18日から箱根でTPP首席会合 茂木敏充氏、参加国拡大に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460521648.html

[TPP11] TPP首席交渉官が会合へ 政府、7月17〜19日で調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460378673.html

[TPP11] 6月29日、参院本会議でTPP関連法が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460256278.html

[TPP11] 6月28日、参院内閣委員会でTPP関連法案が可決 米要求は拒絶と付帯決議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460238838.html

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460199031.html

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:CPTPP TPP
posted by hazuki at 21:40| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、難民受け入れ拡大へ 倍増視野、2020年運用目指す

政府、難民受け入れ拡大へ 倍増視野、2020年運用目指す

政府、難民受け入れ拡大へ 倍増視野、20年運用目指す
https://this.kiji.is/427150870901261409
2018/10/23 10:28

政府は、母国を逃れ近隣諸国に滞在する難民を受け入れる「第三国定住制度」を改正し、入国枠を拡大する方向で検討することを決めた。人数は今後詰めるが、現行の「年約30人」の倍増を視野に入れる。ミャンマー難民に限定した対象国の拡大も検討。既に着手している地方への定住を、さらに促進する。首相官邸と関係省庁で協議し、東京五輪が開かれる2020年の運用開始を目指す。複数の政府関係者が22日、明らかにした。

 24日から来日する国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のグランディ高等弁務官に、こうした方針を伝え、事実上の国際公約とする。第三国定住の担い手となってきた欧米諸国で難民・移民に対する排斥感情が強まり、入国規制が強化される中、人道的見地から前向きな動きとなる。

 日本は10年から、第三国定住制度による難民受け入れを実施。ミャンマー西部ラカイン州を中心に暮らすイスラム教徒少数民族ロヒンギャを含め、弾圧や迫害を受けてタイやマレーシアに滞在するミャンマー難民計174人(44家族)を受け入れてきた。

 複数の政府関係者によると、来年秋に第10陣の第三国定住難民を受け入れ、20年から「次の10年」に入ることなどを機に、制度見直しに着手。年1回のペースで行ってきた受け入れを年2回とすることを検討する。

 これに伴い、年間約30人を目安としてきた受け入れ枠を拡大。関係者によると、倍増させることを視野に入れている。ミャンマー以外のアジアの難民受け入れも検討。具体的な対象国について調整を進める。

 定住先に関し、政府は昨年5月、首都圏中心から、人口減に悩む地方へ広げていくことを決めた。難民に対する理解を深め、各地で受け入れ体制を整えるため、地方定住をさらに進める。具体的な候補地は未定。

 今秋から半年程度かけて検討を重ね、19年夏前に現行制度を改正、20年秋に受け入れる難民から拡大枠を適用するスケジュールを見込む。




政府は、母国を逃れ近隣諸国に滞在する難民を受け入れる「第三国定住制度」を改正し、入国枠を拡大する方向で検討することを決めた。
人数は今後詰めるが、現行の「年約30人」の倍増を視野に入れる。
難民問題は移民問題。
国連が合意した「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」がポリシーロンダリングで国内に持ち込まれる。
移住のグローバル・コンパクトは12月に採択へ。
難民も移民も断れなくなっている。




関連

7月13日、国連「移民文書(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」で合意 2018年12月採択へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462114386.html
ラベル:法務省
posted by hazuki at 00:25| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

中国へのODA 終了へ

中国へのODA 終了へ

中国へのODA 終了へ
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504726.html
23日 10時35分

安倍総理は、25日からの中国訪問で中国側にODA=政府開発援助を終了する考えを伝える方針です。およそ40年にわたる活動に、終止符を打つことになります。

 安倍総理は25日から27日の予定で中国を訪問し、習近平国家主席や李克強首相らと会談する予定です。一連の会談で安倍総理は、中国に対するODAについて現在継続中の案件を最後に、今年度で終了させる考えを中国側に伝える見通しとなりました。世界第2位の経済大国となった中国へのODAの継続について、日本国内には疑問視する声があがっており、日本側はこれまで終了のタイミングを見計らっていました。

 日本の中国に対するODAは1979年から行われ、その実績は有償の資金協力である円借款や無償の融資など総額で3兆6000億円以上に上っています。




安倍首相は、25日からの中国訪問で中国側にODA=政府開発援助を終了する考えを伝える方針。
およそ40年にわたる活動に、終止符を打つことになる。
世界第2位の経済大国となった中国へODAは必要ない。
3兆6000億円以上のODAに代わって、中国とスワップを再開する。
安倍首相は訪中している。




関連

日中「スワップ協定」再開で合意へ…3兆円規模
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462302049.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 23:47| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

野田佳彦前首相、軽減税率を批判 「天下の愚策」、消費税巡り

野田佳彦前首相、軽減税率を批判 「天下の愚策」、消費税巡り

野田前首相、軽減税率を批判 「天下の愚策」、消費税巡り
https://this.kiji.is/426205007441314913?c=39546741839462401
2018/10/20 11:26

衆院会派「無所属の会」の野田佳彦前首相は20日の読売テレビ番組で、安倍政権が来年10月の消費税率10%への引き上げに伴い導入するとしている軽減税率を批判した。「天下の愚策だ。恩恵を受けるほとんどは低所得者ではない。逆進性対策の目的から逸脱している」と述べた。

 消費税増税で見込まれる追加税収から財政再建に回す金額を大幅に圧縮し、幼児教育無償化などに回す政府方針について「ポピュリズムだ。受けの良いことにお金を使う傾向が強まっている」と指摘。景気対策として検討している2%分のポイント還元策も「ばらまきだ」と断じた。


野田佳彦1.PNG




無所属の会の野田佳彦前首相は20日の読売テレビ番組で、安倍政権が来年10月の消費税率10%への引き上げに伴い導入するとしている軽減税率を批判した。
「天下の愚策だ。恩恵を受けるほとんどは低所得者ではない。逆進性対策の目的から逸脱している」と述べた。
軽減税率の導入にクレジットカードは、低所得者には関係ない。
食料品を買う度にクレジットカードを使っていたら、生活が出来なくなる。
導入するならば、現金にして欲しい。
「天下の愚策だ」と批判している野豚もグローバリスト。
消費税の増税は民主党政権で決まった過去がある。
野豚はTPP参加表明を国内ではせずに、APECでやった。
信用出来ない政治家ではある。
ラベル:野田佳彦
posted by hazuki at 23:16| Comment(0) | 無所属の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする