2018年08月31日

[中国の王毅国務委員兼外相と秋葉剛男外務事務次官の会見] 中国、産経新聞の代表取材拒否 朝日新聞などの日本人記者会がボイコット⇒産経新聞取材拒否で中国側に抗議 政府「極めて遺憾」

[中国の王毅国務委員兼外相と秋葉剛男外務事務次官の会見] 中国、産経新聞の代表取材拒否 朝日新聞などの日本人記者会がボイコット⇒産経新聞取材拒否で中国側に抗議 政府「極めて遺憾」

中国、本紙の代表取材拒否 日本人記者会がボイコット
https://www.sankei.com/world/news/180829/wor1808290017-n1.html
https://www.sankei.com/world/news/180829/wor1808290017-n2.html
2018.8.29 18:52

【北京=藤本欣也、西見由章】中国当局は29日、北京での王毅国務委員兼外相と秋葉剛男外務事務次官の会談に関し、産経新聞記者が会談冒頭を取材することを拒否した。北京駐在の日本の新聞・通信社で構成する日本人記者会は、特定のメディアを対象に取材の機会を奪うことは看過できないとして会談冒頭の取材をボイコットした。テレビ局側も同様の対応をとった。

産経新聞は「合法的な取材活動に対する不当な妨害である」として中国外務省に文書で抗議した。

 会談の冒頭取材をめぐっては、日本人記者会側が28日、代表記者として産経新聞と日本経済新聞記者らを選び、在中国日本大使館を通じて中国外務省側に通知。中国外務省が同日中に「外務省の方針に基づき産経記者は認められない」と日本大使館側に通告し、両国間で調整が行われたが、中国側は翻意しなかった。

秋葉氏は王氏に続いて会談した楽玉成外務次官に対し、「このようなことが二度と起こらないようにしてほしい」と抗議したことを記者団に明らかにした。

 秋葉氏によると、王氏との会談では日中関係の改善の勢いを維持することで一致。10月に予定される安倍晋三首相の訪中については「積極的に両者で調整を進めている」と述べた。

中国当局は6月、日本記者クラブ主催の中国チベット自治区への取材団派遣をめぐっても産経新聞記者の参加を拒否。日本記者クラブは「言論・表現の自由の観点から承認できない」として派遣を中止した。

 産経新聞は、3月に行われた李克強首相の記者会見への出席も昨年に続き拒否されている。

「不当な妨害」

井口文彦産経新聞社執行役員東京編集局長の話

日本記者団の代表取材者として申請した産経新聞記者の取材参加を中国当局が拒絶したことは、合法的な取材活動に対する不当な妨害であり、看過できない措置として遺憾の意を表明する。

 近年、国内外メディアに対する中国当局の締め付けが厳しくなっており、6月にも日本記者クラブが主催したチベット自治区への取材団派遣において産経新聞記者の参加を拒否し、取材団派遣が中止となっている。特定メディアの排除を求める中国当局の対応は、決して承服できるものではない。

 中国の状況を読者に対して正確に伝えるべく、産経新聞社は今後も全力を尽くしていく。


外務省の秋葉剛男事務次官.PNG
外務省の秋葉剛男事務次官





hazukinotaboo @hazukinotaboo2
中国、産経の取材認めず 日本の報道各社は代表取材中止:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL8Y61TXL8YUHBI02F.html … 「中国の王毅国務委員兼外相と秋葉剛男外務事務次官の会見」中国が産経の取材認めず朝日新聞など北京に駐在する日本の報道各社は取材を取りやめた。産経がネットウヨでもメディアはこうあるべき。


https://twitter.com/hazukinotaboo2/status/1035177157725642752


産経新聞取材拒否で中国側に抗議 政府「極めて遺憾」
https://this.kiji.is/407733169623057505?c=39546741839462401
2018/8/30 12:05

菅義偉官房長官は30日の記者会見で、中国の王毅国務委員兼外相と秋葉剛男外務事務次官による29日の北京での会談を巡り、中国側が産経新聞記者の取材を認めなかったことについて中国側に抗議したと明らかにした。「表現の自由を含む自由、基本的人権の尊重、法の支配は国際社会における普遍的価値だ。今般のような事態は極めて遺憾だ」と述べた。

 菅氏によると、日本側は取材拒否の事態を受け、29日に抗議。秋葉次官から楽玉成筆頭外務次官に、横井裕駐中国大使から孔鉉佑外務次官にそれぞれ行った。

 秋葉次官と中国の王氏の会談では、10月に見込まれる安倍晋三首相の訪中時期を巡り協議した。


菅義偉・産経排除に抗議.PNG



中国当局は29日、北京での王毅国務委員兼外相と秋葉剛男外務事務次官の会談に関し、産経新聞記者が会談冒頭を取材することを拒否した。
北京駐在の日本の新聞・通信社で構成する日本人記者会は、特定のメディアを対象に取材の機会を奪うことは看過できないとして会談冒頭の取材をボイコットした。
テレビ局側も同様の対応をとった。
この問題は、菅義偉官房長官が中国側に抗議したと明らかにした。
菅義偉官房長官は、「表現の自由を含む自由、基本的人権の尊重、法の支配は国際社会における普遍的価値だ。今般のような事態は極めて遺憾だ」と述べた。
秋葉次官と中国の王氏の会談では、10月に見込まれる安倍首相の訪中時期を巡り協議した。
安倍首相の訪中が予定されている中、中国の対応には残念である。
朝日新聞をはじめ、北京に駐在する日本の報道各社は「代表取材が成立しない」と日本大使館側に伝え、代表取材者全員が取材を取りやめたことは、産経新聞がネットウヨ新聞でも、メディアは、こうあるべきと思う。

産経排除への抗議に反発=日本政府は「メディア教育」を−中国外務省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018083001149&g=pol

中国外務省の華春瑩・副報道局長は30日の記者会見で、秋葉剛男外務事務次官が王毅国務委員兼外相と会談した際、中国側が産経新聞の代表取材を認めなかったことに日本政府が抗議したのを受け、「理不尽な抗議で受け入れられない」と反発した。

日本政府の抗議が理不尽だという中国です。
「日本政府は自国メディアを教育し制限しないといけない」とまで、言われている。
もう、中国を相手にしなくても良いと思う。




参考資料

産経排除への抗議に反発=日本政府は「メディア教育」を−中国外務省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018083001149&g=pol
ラベル:菅義偉
posted by hazuki at 00:21| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする