2018年06月26日

RCEP、事務交渉開始 7月1日に閣僚会合

RCEP、事務交渉開始 7月1日に閣僚会合

RCEP、事務交渉開始=7月1日に閣僚会合
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062501009&g=eco

日本、中国、韓国や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の事務レベルの交渉会合が25日、東京都内で始まった。7月1日に東京で予定する閣僚会合に向け、物品の関税撤廃や貿易・投資のルール作りを協議する。
 RCEPは、16カ国が締結を目指す広域の自由貿易協定(FTA)。閣僚会合をASEAN域外で開くのは今回が初めてで、日本とシンガポールが議長国を務める。(2018/06/25-18:29)




日本、中国、韓国やASEAN加盟国など計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の事務レベルの交渉会合が25日、東京都内で始まった。
7月1日に東京で予定する閣僚会合に向け、物品の関税撤廃や貿易・投資のルール作りを協議する。
閣僚会合へ向けて、地ならしですね。
RCEPは実現すれば世界人口の半分、国内総生産(GDP)の3割、貿易額の3割を占める巨大な経済圏となる。
交渉は遅れ気味のようですが、RCEPの年内妥結などしなくて良い。
RCEPは秘密裡に進んでいる。
WTOが母体の自由貿易は、どれも反対した方が良い。
WTOが母体の自由貿易は、国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)の推進を意味する。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によるとTPPとRCEPは2020年、FTAAPに吸収される。
FTAAP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は2020年:WTO新ラウンド立ち上げ2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
経団連の工程表は、経団連独自の工程表ではない。
TPPのみ反対し、他の自由貿易に反対しない者は、SDGsを推進している。


多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(SDGs)

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html




参考

RCEP閣僚級会合、7月1日に東京で開催 世耕弘成経済産業相「交渉妥結に向けた道筋をつけていきたい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459418327.html

ASEANは年内妥結を期待 RCEP交渉会合が閉幕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456845119.html

RCEP初の首脳会議 高いレベルの経済連携へ交渉継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454907971.html

RCEP 韓国・仁川で交渉会合 10月17日開催、10月28日閉幕 関税の扱いや貿易・投資のルールなどの分野を協議 韓国政府 RCEP交渉代表団に投資説明会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454539713.html

フィリピンでRCEP閣僚会合 年末までの重要成果に努力 9月11日閉幕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453528984.html

RCEP締結がASEANの優先事項 フィリピン貿易相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449480015.html

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の早期妥結で一致 日ASEAN経済会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448873336.html

RCEP交渉会合閉幕 通商秩序維持へ交渉加速 米の保護主義、歯止め狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447633337.html
ラベル:RCEP
posted by hazuki at 17:03| Comment(0) | RCEP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調

倍首相 TPPの経済効果を強調 参院内閣委員会
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180626/k10011495871000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_009
2018年6月26日 12時14分

日本など11か国が参加する、TPP=環太平洋パートナーシップ協定をめぐり、安倍総理大臣は参議院内閣委員会で、日本国内にも大きな経済効果が見込まれると重ねて意義を強調したうえで、離脱したアメリカの復帰を引き続き粘り強く働きかける考えを示しました。

この中で安倍総理大臣は、アメリカが離脱したTPPについて「11か国で大きな経済圏が生まれ、わが国のGDPを8兆円押し上げ、大きな経済効果が見込まれる。消費者がよい商品をより安く、安心して手に入れることができるようになる。こうした21世紀型のルールが、アジア・太平洋地域に広く共有される意義は大変大きい」と述べました。

そして、安倍総理大臣は「世界最大の経済力を持ったアメリカの参加は大きな力を持つと現在も考えている。保護主義によるものではなくTPPへの復帰こそ、アメリカの経済や雇用にプラスになることを引き続き粘り強く訴えていきたい」と述べました。

さらに安倍総理大臣は、日米の閣僚による新たな貿易・投資の協議、通称「FFR」について「米側は2国間取り引きに関心を有していると承知しているが、日米のFTA=自由貿易協定の交渉と位置づけられるものではなく、その予備協議でもない。TPPが両国にとって最善でいかなる国とも国益に反する合意を行うつもりはない」と述べました。


安倍晋三・TPP関連法案・参院内閣委.PNG



TPPを巡り、安倍首相は参議院内閣委員会で、日本国内にも大きな経済効果が見込まれると重ねて意義を強調した上で、離脱した米国の復帰を引き続き粘り強く働きかける考えを示した。
安倍首相は、米国が離脱したTPPについて「11か国で大きな経済圏が生まれ、わが国のGDPを8兆円押し上げ、大きな経済効果が見込まれる。消費者がよい商品をより安く、安心して手に入れることができるようになる。こうした21世紀型のルールが、アジア・太平洋地域に広く共有される意義は大変大きい」と述べた。
新協議「FFR」についても言及し、国益を損なう合意はないと発言している。
RCEPについて、国民民主党の矢田わか子氏より質疑があり、政府関係者が答弁した。
参院内閣委員会では、TPP関連法案の採決は行わなかった。

TPP発効がデフレ加速させるとの指摘、当たらない=安倍首相
https://jp.reuters.com/article/abe-tpp-idJPKBN1JM078

安倍首相はTPPの発効に伴ってデフレ圧力が高まるとの懸念に対して否定的な見方を示した。
立憲民主党の相原久美子氏への答弁。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(新協議、FFR)

7月上旬にも日米通商協議 茂木敏充経済再生担当相が訪米
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459932935.html

[FFR] 日米貿易協議「時間かかる」 準備不足に不快感 麻生太郎財務相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459931701.html

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459920161.html

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459025025.html

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html




参考(経団連)

[経団連] 記者会見における榊原会長発言要旨 2017年11月8日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775057.html

経団連の榊原定征会長、アジアの通商ルール「日米が主導を」「米国がTPPに復帰することを期待する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454656454.html




参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

日欧EPA交渉妥結を確認 懸案の紛争解決手続き(ISD条項)は別協定に分離し協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455435148.html




関連(日米FTA)

[日米首脳会談] トランプ氏、対日赤字削減を強調 日米FTAに意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459952805.html

[トランプ政権] ライトハイザーUSTR代表「いつかは自由貿易協定(FTA)を結びたいと思う」、ウィルバー・ロス米商務長官「TPPは「欠陥」」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459197395.html

[日米FTA] ラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長、日米FTAに意欲 TPP復帰は再交渉条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458880628.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官、日本や中国とのFTA交渉開始に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455783734.html

[日米FTA] トランプ=安倍会談でFTAを議論、ハガティ駐日米大使が明かす 日本の説明と矛盾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454998672.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官「TPP発効は難しい」「2国間の貿易協定を進めていく」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454931191.html

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html




参考

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:TPP CPTPP
posted by hazuki at 16:20| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[農林水産省] 5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案を可決⇒5月25日、参院本会議で可決・成立⇒6月1日、森林経営管理法を公布⇒平成31年4月1日に施行(附則第六条の規定は公布の日から施行)

[農林水産省] 5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案を可決⇒5月25日、参院本会議で可決・成立⇒6月1日、森林経営管理法を公布⇒平成31年4月1日に施行(附則第六条の規定は公布の日から施行)

森林経営管理法が成立 市町村に過大負担 紙氏が反対
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-02/2018060205_04_1.html
2018年6月2日(土)

森林所有者の経営管理権を市町村を通じて民間事業者に委託する森林経営管理法が、5月25日の参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決、成立しました。日本共産党は反対しました。

 日本共産党の紙智子議員は24日の参院農林水産委員会での質疑で、利益が出ない森林を市町村が管理することになり、過大な負担になる恐れがあると指摘。沖修司林野庁長官は、市町村が地域林政アドバイザーを嘱託職員として雇用すると答弁しました。

 紙氏は、参考人質疑での野口俊邦信州大名誉教授の「林業は100年の大計を立て、担い手と支援の方法を決めることで成り立つ」との指摘にふれ、「非常勤職員でその役割を安定的に果たせるのか。市町村が林業の専門職員の増員や育成をできるよう支援すべきだ」と主張しました。

 また紙氏は、林業経営が赤字になれば経営者が管理権を手放す可能性があると指摘。所有者には固定資産税などの負担が残るとして「所得向上のうたい文句に反するのでは」とただすと、沖氏は「意欲と能力のある者を林業経営者と指定するので、指摘のことは起こらない」と強弁するだけで、具体的根拠を示せませんでした。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年5月24日
農林水産委員会

会議の経過
  農林水産委員会(第十七回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   森林経営管理法案(閣法第三八号)(衆議院送付)
   独立行政法人農林漁業信用基金法の一部を改正する法律案(閣法
   第三九号)(衆議院送付)
    右両案について齋藤農林水産大臣、谷合農林水産副大臣及び政
    府参考人に対し質疑を行い、討論の後、いずれも可決した。
    なお、森林経営管理法案(閣法第三八号)(衆議院送付)につ
    いて附帯決議を行った。

発言者一覧

岩井茂樹(農林水産委員長)
平野達男(自由民主党・こころ)
横山信一(公明党)
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)
徳永エリ(国民民主党・新緑風会)
川田龍平(立憲民主党・民友会)
小川勝也(立憲民主党・民友会)
紙智子(日本共産党)
儀間光男(日本維新の会)
森ゆうこ(希望の会(自由・社民))
紙智子(日本共産党)
森ゆうこ(希望の会(自由・社民))
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)


紙智子・森林.PNG


参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年5月25日
本会議

会議の経過
〇議事経過 今二十五日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午前十時一分
 消費者契約法の一部を改正する法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、福井国務大臣から趣旨説明があった後、太田
  房江君、森本真治君、杉尾秀哉君、山添拓君、片山大介君がそれぞ
  れ質疑をした。
 日程第 一 海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関す
       る法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、国土交通委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一五、
  反対一四にて可決された。
 日程第 二 地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出によ
       る若者の修学及び就業の促進に関する法律案(内閣提
       出、衆議院送付)
日程第 三 地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院
       送付)
  右の両案は、内閣委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、日程第二は賛成
  一八二、反対四七にて可決、日程第三は賛成二〇八、反対二一にて
  可決された。
 日程第 四 統計法及び独立行政法人統計センター法の一部を改正す
       る法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、総務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一五、反
  対一四にて可決された。
 日程第 五 学校教育法等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議
       院送付)
右の議案は、文教科学委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 六 森林経営管理法案(内閣提出、衆議院送付)
 日程第 七 独立行政法人農林漁業信用基金法の一部を改正する法律
       案(内閣提出、衆議院送付)
  右の両案は、農林水産委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、日程第六は賛
  成二一二、反対一八にて可決、日程第七は賛成二一五、反対一四に
  て可決された。
 散会 午前十一時五十四分

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
福井照(内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、海洋政策)、領土問題担当)
太田房江(自由民主党・こころ)
森本真治(国民民主党・新緑風会)
杉尾秀哉(立憲民主党・民友会)
山添拓(日本共産党)
片山大介(日本維新の会)
長浜博行(国土交通委員長)
柘植芳文(内閣委員長)
竹谷とし子(総務委員長)
高階恵美子(文教科学委員長)
岩井茂樹(農林水産委員長)


森林経営管理法案・経過.PNG

森林経営管理法案・可決・成立.PNG



森林所有者の経営管理権を市町村を通じて民間事業者に委託する森林経営管理法が、5月25日の参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決、成立した。
共産党は反対した。
5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案の審議があり、共産党の紙智子氏と自由党の森裕子氏が反対討論を行った。
その後、採決をし、賛成多数で可決した。
5月25日、参院本会議で、自民党の岩井茂樹(農林水産委員長)より、委員会で可決したことを報告後、採決をし、賛成多数で可決した。
6月1日、森林経営管理法が公布された。
法律の施行は、平成31年4月1日となっているが、「附則第六条の規定は、公布の日から施行する。」とされた。
つまり、森林経営管理法の附則第六条の規定は6月1日から施行された。

森林経営管理法案は、規制改革推進会議で、森林経営管理法案(仮称)として提案された。
またもや、大田弘子ら規制改革推進会議が農林水産省に丸投げした法案です。

第10回農林ワーキング・グループ 議事次第
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/nourin/20180216/agenda.html

森林経営管理法案(仮称)の概要・骨子(案)(農林水産省提出資料)(PDF)
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/nourin/20180216/180216nourin04.pdf

共産党の紙智子氏の質疑の通り、利益が出ない森林を市町村が管理することになり、過大な負担になる恐れがある。
林業経営が赤字になれば経営者が管理権を手放す可能性がある。

新理科経営管理法案の閣議決定は、3月6日。
衆院農林水産委員会に付託されたのが、3月29日。
4月5日、衆院農林水産委員会で趣旨説明が行われた。
4月11日、衆院農林水産委員会で審議入り、4月19日、衆院通過した。

安倍政権が掲げる林業の成長産業化へ、行政主導で森林経営への民間事業者の参入を図る。
規制改革推進会議が提案した法案は、どうして、民間事業者の参入を図る内容なのですかね。

案件名:日程第6 森林経営管理法案(内閣提出、衆議院送付)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/196/196-0525-v006.htm

反対したのは共産党のみ。
自由党と社民党は反対と賛成で割れた。




追記

5月17日、未来投資会議に竹中平蔵が提出した資料が「国有林野への新たな民活手法の導入の必要性について」ですが、森林経営管理法と関係ありそうです。
規制改革推進会議から未来投資会議のメンバーになった竹中平蔵が絡んでいるかも知れません。
国有林野を狙う竹中平蔵。
【首相官邸】未来投資会議(第16回) 配布資料平成30年5月17日
資料9:竹中議員提出資料

「国有林野において林業の成長産業化に貢献するためにも、 以下のようなPPP/PFI手法の導入が必要である。」

国有林野への新たな民活手法の導入の必要性について(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai16/siryou9.pdf





参考資料

森林経営管理法案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19605038.htm

森林経営管理法案・概要(PDF)
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/196houritsu/attach/pdf/index-41.pdf

国有林野への新たな民活手法の導入の必要性について(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai16/siryou9.pdf
posted by hazuki at 13:21| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする