2018年06月11日

自民・小泉進次郎氏「働き方改革が一番必要なのは国会」「参議院ですでに導入されている押しボタンでの採決の方式を衆議院でも検討すべき」

自民・小泉進次郎氏「働き方改革が一番必要なのは国会」「参議院ですでに導入されている押しボタンでの採決の方式を衆議院でも検討すべき」

自民・小泉氏「働き方改革が一番必要なのは国会」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3392748.htm?1528725195680
10日 22時41分

自民党の小泉筆頭副幹事長は、閣僚が答弁の機会がないのに国会で長時間の出席を求められる慣例は「国民の求める国会議員の働き方ではない」として、国会改革の必要性を改めて訴えました。

 「答弁をしているのは安倍総理。後ろの大臣たち、答弁機会がないんですよ。ないけど7時間座っている。皆さんが選んだ国会議員が、質問もないのに7時間、部屋に座っていることが、本当に皆さんは国会議員に求めている働き方なのでしょうか。今、日本で一番、働き方改革が必要なのは国会だと思う」(自民党・小泉進次郎 筆頭副幹事長)

 小泉氏は青森県三沢市内で行った講演でこのように述べたほか、本会議で投票にかかる時間を短縮するため、参議院ですでに導入されている押しボタンでの採決の方式を衆議院でも検討すべきとの考えを示しました。

 また講演では、最近自身が考えていることとして「大人になるとおかしいことに『おかしい』と言えなくなってきて、一つのことにおかしいと言えなくなると、段々口をつぐむことに慣れてしまう。そうなったら終わりだ」と強調しました。


小泉進次郎・働き方が必要なのは国会.PNG



小泉進次郎は、閣僚が答弁の機会がないのに国会で長時間の出席を求められる慣例は「国民の求める国会議員の働き方ではない」として、国会改革の必要性を改めて訴えた。
答弁機会がなくても7時間も座っているのは閣僚の仕事だろう。
皆さんが、国会議員に求めている働き方です。
閣僚は答弁機会がなければ国会に出席しなくても良いとでも言うのか。
進次郎は馬鹿か。
国民には苦労を求め、国会議員には楽を求める馬鹿馬鹿しさ。
衆院厚生労働委員会で、働き方改革が強行採決された時に、直ぐに立った進次郎。
国会議員の働き方改革は怠けることですか。
ラベル:小泉進次郎
posted by hazuki at 23:20| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月上旬にも日米通商協議 茂木敏充経済再生担当相が訪米

7月上旬にも日米通商協議 茂木敏充経済再生担当相が訪米

7月上旬にも日米通商協議 茂木大臣が訪米
https://www.fnn.jp/posts/00393696CX
2018年6月6日 水曜 午後3:47

茂木経済再生担当相が先週、アメリカ通商代表部の代表と電話会談し、新たな通商交渉の1回目の協議を7月上旬にも行う方向で調整に入ったことが、FNNの取材でわかった。

アメリカが保護主義的な通商政策をとる中、日本とアメリカは、新たな通商交渉の枠組みを設け、協議していくことで一致している。

関係者によると、先週、茂木経済再生担当相がアメリカ通商代表部のライトハイザー代表と電話会談を行い、7月上旬にも茂木経済再生担当相が訪米し、ワシントンで1回目の協議を開く方向で調整していることがわかった。

電話会談では、ライトハイザー代表が再度、2国間のFTA(自由貿易協定)を求めたのに対し、茂木経済再生担当相は、双方にメリットのある形で交渉をしたいと伝えたという。

日本としては、3月に11カ国で合意したTPP(環太平洋経済連携協定)への復帰につなげたい考え。


ライトハイザー(右).PNG



茂木経済再生担当相とライトハイザーUSTR代表の電話会談。
7月上旬にも茂木経済再生担当相が訪米し、ワシントンで1回目の協議を開く方向で調整していることが分かった。
ライトハイザーUSTR代表が再度、2国間のFTA(自由貿易協定)を求めたのに対し、茂木経済再生担当相は、双方にメリットのある形で交渉をしたいと伝えたという。
米国をTPPに復帰させたい安倍政権。
ライトハイザーUSTR代表は、日米FTAを求めている。
新協議FFRがインド太平洋の安全保障と絡めるのならば、安倍首相の提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」と一致する。
安倍政権は、新協議FFRでは「自由で開かれたインド太平洋戦略」を絡めると思われる。
日米FTA交渉が始まった場合、茂木敏充氏とライトハイザー氏が担当する。




参考(新協議、FFR)

[FFR] 日米貿易協議「時間かかる」 準備不足に不快感 麻生太郎財務相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459931701.html

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459920161.html

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459025025.html

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html




関連(日米FTA)

[トランプ政権] ライトハイザーUSTR代表「いつかは自由貿易協定(FTA)を結びたいと思う」、ウィルバー・ロス米商務長官「TPPは「欠陥」」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459197395.html

[日米FTA] ラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長、日米FTAに意欲 TPP復帰は再交渉条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458880628.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官、日本や中国とのFTA交渉開始に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455783734.html

[日米FTA] トランプ=安倍会談でFTAを議論、ハガティ駐日米大使が明かす 日本の説明と矛盾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454998672.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官「TPP発効は難しい」「2国間の貿易協定を進めていく」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454931191.html

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html
ラベル:FFR
posted by hazuki at 16:43| Comment(0) | FFR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[FFR] 日米貿易協議「時間かかる」 準備不足に不快感 麻生太郎財務相

[FFR] 日米貿易協議「時間かかる」 準備不足に不快感 麻生太郎財務相

日米貿易協議「時間かかる」=準備不足に不快感−麻生財務相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060800619&g=use

麻生太郎財務相は8日の閣議後会見で、日米首脳会談で茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー通商代表部(USTR)代表による新たな貿易協議(通称FFR)が7月に始まる見通しになったことについて、「USTRのスタッフが不足している。具体的な話になると時間がかかる」との見方を示した。
 また、米国が貿易協議で目指している対日貿易赤字の削減に向けた要求書類の内容について、両国で調整を進めているにもかかわらず数カ月前から変わっていないと指摘。「何だこれは。ふざけているのかね、と思うほどだ」と述べ、米側の準備不足に不快感を示した。(2018/06/08-11:30)


麻生太郎・新協議時間が掛かる.PNG



麻生太郎財務相は8日の閣議後会見で、日米首脳会談で茂木敏充経済再生担当相とライトハイザーUSTR代表による新たな貿易協議(通称FFR)が7月に始まる見通しになったことについて、「USTRのスタッフが不足している。具体的な話になると時間がかかる」との見方を示した。
また、米国が貿易協議で目指している対日貿易赤字の削減に向けた要求書類の内容について、両国で調整を進めているにもかかわらず数カ月前から変わっていないと指摘。

「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3391392.htm

TBSニュースの引用で、間違いがあったようです。
「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」(麻生財務相)
これは、日米首脳会談の見返りではなく、新協議「FFR」のことのようです。
米側の準備不足に不快感を示したとありますから、米国はFFRをやる気がないと考えて良さそうです。




参考

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459920161.html

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459025025.html

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html
ラベル:FFR
posted by hazuki at 15:16| Comment(0) | FFR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[G7] トランプ氏、首脳宣言の合意を「ちゃぶ台返し」⇒メルケル独首相がトランプ氏を説得?

[G7] トランプ氏、首脳宣言の合意を「ちゃぶ台返し」⇒メルケル独首相がトランプ氏を説得?

トランプ氏、首脳宣言の合意を「ちゃぶ台返し」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180610-OYT1T50021.html
2018年06月10日 09時22分

【ケベック市(カナダ東部)=橋本潤也】先進7か国(G7)の首脳らが参加する主要国首脳会議(シャルルボワ・サミット)は9日(日本時間10日)、「ルールに基づく国際的な貿易体制の重要な役割を強調し、保護主義と戦い続ける」などと明記した首脳宣言を採択し、閉幕した。

 北朝鮮問題に関しては、首脳宣言で「北朝鮮に対して全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄を求め続ける」と明記した。

 一方、カナダのトルドー首相が9日の記者会見で、米国の関税措置を批判したことなどに反発したトランプ米大統領は、自らのツイッターで首脳宣言を米国として承認しないよう、事務方に指示したことを明らかにした。一度、合意された首脳宣言に対して、トランプ氏が「ちゃぶ台返し」とも言える行動に出た格好だ。


トランプ・G7ちゃぶ台返し.PNG


「トランプ氏を説得する独首相」G7写真が話題
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180610-OYT1T50022.html
2018年06月10日 09時27分

【ケベック市(カナダ東部)=戸田雄】主要国首脳会議(シャルルボワ・サミット)で真剣に討議をする首脳らの写真が話題を呼んでいる。

 サミットでは貿易問題で米国と欧州の首脳らの意見が食い違い、首脳宣言のとりまとめが難航した。

 写真は9日の午前9時20分(現地時間)から午後10時まで、首脳宣言の採択に向けて最後の詰めの議論を交わす場面だ。腕組みをするトランプ米大統領に対し、メルケル独首相は身を乗り出して説得しているかのようだ。安倍首相は一歩引いた感じで腕組みをしており、各国の立場を示しているようにみえる。


G7・メルケルとトランプ、他.PNG



先進7か国(G7)の首脳らが参加する主要国首脳会議(シャルルボワ・サミット)は9日(日本時間10日)、「ルールに基づく国際的な貿易体制の重要な役割を強調し、保護主義と戦い続ける」などと明記した首脳宣言を採択し、閉幕した。
カナダのトルドー首相が9日の記者会見で、米国の関税措置を批判したことなどに反発したトランプ米大統領は、自らのツイッターで首脳宣言を米国として承認しないよう、事務方に指示したことを明らかにした。
一度、合意された首脳宣言に対して、トランプ氏が「ちゃぶ台返し」とも言える行動に出た格好。
9日、首脳宣言の採択に向けて最後の詰めの議論を交わす場面。
腕組みをするトランプ米大統領に対し、メルケル独首相は身を乗り出して説得しているかのよう。

G7首脳宣言採択、トランプ大統領が一転拒否 自動車関税も示唆
https://jp.reuters.com/article/g7-summit-idJPKBN1J60BE

通商政策を巡り米国と6国の意見対立が解消されないまま、かろうじて首脳宣言が採択されたが、サミットを途中退席したトランプ米大統領がカナダのトルドー首相の発言に立腹、一転して宣言を承認しないとしたことで、G7の結束を示そうとした各国の取り組みは台無しに終わった。
トランプ大統領は9日、G7サミットを途中で切り上げ、米朝首脳会談が行われるシンガポールに向かう途中、急きょ首脳宣言を受け入れないとツイッターで発表。
G7の他の加盟国は対応に追われた。
今回のG7サミットはトランプ大統領に終始翻弄された格好となった。




参考資料

トランプ大統領、G7首脳宣言を承認せず−加首相を批判
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-10/PA2YJO6KLVR401
posted by hazuki at 08:38| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」

「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3391392.htm
8日 17時19分


史上初めての米朝首脳会談まであと4日。安倍総理はG7サミットを前にアメリカを訪れ、トランプ大統領と首脳会談を行いました。

 「日米の長い歴史の中で、今ほど同盟の絆が強いときはない」(安倍首相)

 トランプ大統領との信頼関係に自信を持つ安倍総理ですが、北朝鮮との対話に前のめりなトランプ大統領に対し、どうしても念押しをしておかなければならないことがありました。

 それは「拉致問題」。金正恩(キム・ジョンウン)党委員長との会談で、拉致問題を提起するようトランプ大統領に改めて求めました。2時間近くに及んだ首脳会談を終えて行われた共同記者会見。トランプ大統領は拉致問題について・・・

 「安倍首相はこの問題をとても熱心に語ったし、私も彼の意思に従う。北朝鮮との間で拉致問題を確実に議論する」(アメリカ トランプ大統領)

 米朝首脳会談で拉致問題を取り上げることを明言しました。これに対し、安倍総理は・・・

 「大統領にも十分に理解をしていただき、“提起”をしていただくことを今もお話をいただきましたが、約束をしていただきました。本当にうれしく思っています」(安倍首相)

 トランプ大統領から希望通りの言葉を引き出した安倍総理は、日朝首脳会談に意欲を示しました。

 「拉致問題については最終的にはやはり、私と金正恩党委員長、日朝の間で解決しなければならないと決意している」(安倍首相)

 そして、安倍総理は「その先」にまで踏み込みました。

 「北朝鮮が正しい道を歩むのであれば、明るい未来を描くこともできる。我が国も日朝平壌宣言に基づいて、不幸な過去を清算し、国交を正常化し、経済協力を行う用意があります」(安倍首相)

 政府関係者はこの発言について、こう解説します。

 「日本としては拉致が解決しないと経済支援はできないが、“拉致ばかり”というわけにもいかない。いずれにせよ朝鮮戦争の終結の方が先になるだろう」(政府関係者)

 「拉致問題」では確約を得た安倍総理、ただ甘い話ばかりではなかったようです。トランプ大統領は、安倍総理がこんな約束をしたと述べました。

 「安倍首相は先ほど、軍用機や航空機、それに農産物など数十億ドルに及ぶ製品を購入すると話した」(アメリカ トランプ大統領)

 一方、麻生財務大臣は不快感を示しました。

 「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」(麻生財務相)

 麻生大臣はこのように述べた上で、アメリカの要求が実現するには時間がかかるという認識を示しました。いずれにせよ問題は、トランプ大統領がどう動くのかということです。


麻生太郎・米国の要求ふざけている.PNG



日米首脳会談。
拉致問題では確約を得た安倍首相だが、甘い話ばかりではなかった。
「安倍首相は先ほど、軍用機や航空機、それに農産物など数十億ドルに及ぶ製品を購入すると話した」(トランプ大統領)
麻生財務相は、不快感を示した。
拉致問題の解決の見返りの要求は酷い内容のようです。
一体、安倍首相はどんな約束をして、日本政府はトランプ政権からどんな要求を叩き付けられたのか。
トランプに頼らず、独自に北朝鮮と対話した方が良かったのではないのか。



日米貿易協議「時間かかる」=準備不足に不快感−麻生財務相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060800619&g=use

日米貿易協議(通称FFR)。
7月に始まる見通しになったが、「USTRのスタッフが不足している。具体的な話になると時間がかかる」との見方を示した。
また、米国が貿易協議で目指している対日貿易赤字の削減に向けた要求書類の内容について、両国で調整を進めているにもかかわらず数カ月前から変わっていないと指摘。
「何だこれは。ふざけているのかね、と思うほどだ」と述べ、米側の準備不足に不快感を示した。
TBSニュースでは、「一方、麻生財務大臣は不快感を示しました。」としていますが、日米首脳会談のことではないと思われます。
誤解を招く記事を書いたことについては、お詫び申し上げます。




参考

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459025025.html

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html




関連

[日米首脳会談] トランプ氏、安倍首相に確約「拉致問題 確実に議論」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459919406.html
ラベル:FFR
posted by hazuki at 00:08| Comment(0) | FFR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする