2018年06月29日

[TPP11] 6月29日、参院本会議でTPP関連法が可決・成立

[TPP11] 6月29日、参院本会議でTPP関連法が可決・成立

TPP関連法、参院本会議で可決・成立
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180629-OYT1T50096.html
2018年06月29日 10時55分

日本や豪州など11か国による環太平洋経済連携協定(TPP)の関連法は29日、参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決、成立した。協定自体も今月承認されており、新たなTPPは国内での承認手続きを終えた。

 TPP11の参加国ではメキシコに次いで2か国目で、年内を目指す協定の発効に向けて前進した。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年6月29日
本会議

案件

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の改正の受諾について承認を求めるの件(閣条第3号)
環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第62号)
働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(閣法第63号)
労働安全衛生法の一部を改正する法律案(参第9号)

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
三宅伸吾(外交防衛委員長)
柘植芳文(内閣委員長)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)
藤川政人(自由民主党・こころ)
相原久美子(立憲民主党・民友会)
田村智子(日本共産党)
島村大(厚生労働委員長)
浜口誠(国民民主党・新緑風会)
そのだ修光(自由民主党・こころ)
石橋通宏(立憲民主党・民友会)
東徹(日本維新の会)
倉林明子(日本共産党)


柘植芳文(内閣委員長)・TPP関連法.PNG

TPP関連法案・可決.PNG



11か国によるTPPの関連法は29日、参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決、成立した。
条約であるTPP承認案も成立しており、TPPの国内での承認手続きを終えた。
自民党の柘植芳文(内閣委員長)が参院内閣委員会で可決したことを報告。
国民民主党の大島九州男氏、立憲民主党の相原久美子氏、共産党の田村智子氏が反対討論を行った。
その後、採決をし、賛成多数で可決・成立した。

第196回国会 附帯決議一覧
http://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/ketsugi/current/futai_ind.html

6月29日現在、まだ公開されていませんが、TPP関連法案の附帯決議は、上記に公開される。
立憲民主党と国民民主党が附帯決議に賛成しています。
TPP断固反対ではないのか?
条件付きで賛成することは「TPP反対」とは言わない。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG






TPP11法 米の対日要求増える危険 2018.6.29 参院本会議 田村智子議員の反対討論


【山本太郎事務所編集】2018 06 28 内閣委員会反対討論「普通3分くらいやのに10倍くらいやってるもん」




参考(新協議、FFR)

7月上旬にも日米通商協議 茂木敏充経済再生担当相が訪米
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459932935.html

[FFR] 日米貿易協議「時間かかる」 準備不足に不快感 麻生太郎財務相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459931701.html

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459920161.html

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459025025.html

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html




参考(経団連)

[経団連] 記者会見における榊原会長発言要旨 2017年11月8日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775057.html

経団連の榊原定征会長、アジアの通商ルール「日米が主導を」「米国がTPPに復帰することを期待する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454656454.html




参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

日欧EPA交渉妥結を確認 懸案の紛争解決手続き(ISD条項)は別協定に分離し協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455435148.html




関連(日米FTA)

[日米首脳会談] トランプ氏、対日赤字削減を強調 日米FTAに意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459952805.html

[トランプ政権] ライトハイザーUSTR代表「いつかは自由貿易協定(FTA)を結びたいと思う」、ウィルバー・ロス米商務長官「TPPは「欠陥」」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459197395.html

[日米FTA] ラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長、日米FTAに意欲 TPP復帰は再交渉条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458880628.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官、日本や中国とのFTA交渉開始に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455783734.html

[日米FTA] トランプ=安倍会談でFTAを議論、ハガティ駐日米大使が明かす 日本の説明と矛盾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454998672.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官「TPP発効は難しい」「2国間の貿易協定を進めていく」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454931191.html

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html




参考

[TPP11] 6月28日、参院内閣委員会でTPP関連法案が可決 米要求は拒絶と付帯決議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460238838.html

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460199031.html

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:CPTPP TPP
posted by hazuki at 23:32| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[働き方改革関連法案] 6月28日、参院厚生労働委員会で働き方改革関連法案が可決⇒6月29日、参院本会議で働き方改革関連法が成立

[働き方改革関連法案] 6月28日、参院厚生労働委員会で働き方改革関連法案が可決⇒6月29日、参院本会議で働き方改革関連法が成立 


参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年6月28日
厚生労働委員会

会議の経過
  厚生労働委員会(第二十四回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(閣
   法第六三号)(衆議院送付)
   労働安全衛生法の一部を改正する法律案(参第九号)
    右両案について発議者参議院議員石橋通宏君、加藤厚生労働大
    臣及び政府参考人に対し質疑を行い、討論の後、
   働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(閣
   法第六三号)(衆議院送付)を可決し、
   労働安全衛生法の一部を改正する法律案(参第九号)を否決した。
    なお、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法
    律案(閣法第六三号)(衆議院送付)について附帯決議を行っ
    た。

発言者一覧

島村大(厚生労働委員長)
小林正夫(国民民主党・新緑風会)
石橋通宏(立憲民主党・民友会)
倉林明子(日本共産党)
東徹(日本維新の会)
福島みずほ(希望の会(自由・社民))
薬師寺みちよ(無所属クラブ)
島村大(厚生労働委員長)
浜口誠(国民民主党・新緑風会)
三浦信祐(公明党)
難波奨二(立憲民主党・民友会)
倉林明子(日本共産党)
福島みずほ(希望の会(自由・社民))
小林正夫(国民民主党・新緑風会)


福島瑞穂・働き方.PNG


働き方改革関連法が成立 罰則付き残業規制、高プロ制度も
https://this.kiji.is/385264825583109217?c=39546741839462401
2018/6/29 13:55

政府が今国会の最重要課題と位置付けた働き方改革関連法が29日の参院本会議で、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。青天井だった時間外労働(残業)に初の罰則付き上限規制を設け、非正規労働者の待遇を改善する「同一労働同一賃金」など働く人の保護策を盛り込んだ。

 長時間労働が慣行の日本の労働現場で残業抑制や過労死防止につながるのか、効果が問われる。

 安倍晋三首相は成立について記者団に「多様な働き方を可能にする法制度が制定された。今後も働く人々の目線に立ち、国会でのさまざまな議論も受け止めながら改革を進めていく」と述べた。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年6月29日
本会議

案件

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の改正の受諾について承認を求めるの件(閣条第3号)
環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第62号)
働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(閣法第63号)
労働安全衛生法の一部を改正する法律案(参第9号)

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
三宅伸吾(外交防衛委員長)
柘植芳文(内閣委員長)
大島九州男(国民民主党・新緑風会)
藤川政人(自由民主党・こころ)
相原久美子(立憲民主党・民友会)
田村智子(日本共産党)
島村大(厚生労働委員長)
浜口誠(国民民主党・新緑風会)
そのだ修光(自由民主党・こころ)
石橋通宏(立憲民主党・民友会)
東徹(日本維新の会)
倉林明子(日本共産党)


島村大(厚生労働委員長).PNG

働き方法案・成立.PNG



働き方改革関連法案は28日夜の参院厚生労働委員会で、与党などの賛成多数で可決された。
国民民主党の浜口誠氏、立憲民主党の難波奨二氏、共産党の倉林明子氏、社民党の福島瑞穂氏が反対討論を行った。
その後、採決をし、賛成多数で可決した。
働き方改革関連法案には附帯決議が付き、国民民主党の小林正夫氏が説明を行った。
附帯決議について、採決を行い、自民党、公明党、日本維新の会、国民民主党などの賛成多数で可決した。
社民党の福島瑞穂氏は、働き方改革関連法案に高度プロフェッショナル制度の創設が含まれていることに、「命を奪う法律」と訴えた。
しかし、附帯決議に賛成した国民民主党は、何処へ行こうとしているのか。
辿る道は与党のコバンザメの維新と同じか。

29日の参院本会議。
自民党の島村大(厚生労働委員長)が委員会で可決したことを報告。
国民民主党の浜口誠氏、立憲民主党の石橋通宏氏、共産党の倉林明子氏が反対討論を行った。
その後、採決をし、賛成多数で可決・成立した。
勤務間インターバルを確保するなど、附帯決議に盛り込まれたが、高度プロフェッショナル制度の創設です。
労働者は高度プロフェッショナル制度の創設を求めてない。
高プロ反対です。



働き方改革法案・概要.PNG

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案の概要

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる。

I 働き方改革の総合的かつ継続的な推進
働き方改革に係る基本的考え方を明らかにするとともに、国は、改革を総合的かつ継続的に推進するための「基本方針」(閣議決定)を定めることとする。(雇用対策法)

II 長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等
1労働時間に関する制度の見直し(労働基準法、労働安全衛生法)
・時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定。
(※)自動車運転業務、建設事業、医師等について、猶予期間を設けた上で規制を適用等の例外あり。研究開発業務について、医師の面接指導を設けた上で、適用除外。
・月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率(50%以上)について、中小企業への猶予措置を廃止する。また、使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないこととする。
・高度プロフェッショナル制度の創設等を行う。(高度プロフェッショナル制度における健康確保措置を強化)
・労働者の健康確保措置の実効性を確保する観点から、労働時間の状況を省令で定める方法により把握しなければならないこととする。(労働安全衛生法の改正)
2 勤務間インターバル制度の普及促進等(労働時間等設定改善法)
・事業主は、前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなければならないこととする。
3 産業医・産業保健機能の強化(労働安全衛生法等)
・事業者から、産業医に対しその業務を適切に行うために必要な情報を提供することとするなど、産業医・産業保健機能の強化を図る。

III 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
1 不合理な待遇差を解消するための規定の整備(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間・有期雇用労働者に関する正規雇用労働者との不合理な待遇の禁止に関し、個々の待遇ごとに、当該待遇の性質・目的に照らして適切と認められる事情を考慮して判断されるべき旨を明確化。併せて有期雇用労働者の均等待遇規定を整備。派遣労働者について、@派遣先の労働者との均等・均衡待遇、A一定の要件※を満たす労使協定による待遇のいずれかを確保することを義務化。また、これらの事項に関するガイドラインの根拠規定を整備。(※)同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であること等
2 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者について、正規雇用労働者との待遇差の内容・理由等に関する説明を義務化。
3 行政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備
1の義務や2の説明義務について、行政による履行確保措置及び行政ADRを整備。

施行期日 I:公布日
II:平成31年4月1日(中小企業における時間外労働の上限規制に係る改正規定の適用は平成32年4月1日、1の中小企業における割増賃金率の見直しは平成35年4月1日)
III:平成32年4月1日(中小企業におけるパートタイム労働法・労働契約法の改正規定の適用は平成33年4月1日)




参考資料

勤務間インターバル
https://bizhint.jp/keyword/62097?trcd=brw_tw_keyword_62097




参考

[働き方改革関連法案] 6月27日、参院本会議で加藤勝信厚労相問責を否決 働き方法案、6月29日成立も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460216925.html

[働き方改革関連法案] 6月26日、安倍首相、参議院厚生労働委員会で意義強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460216372.html

[働き方改革関連法案] 5月31日、衆院本会議で可決 週明けにも参院審議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459704464.html

[働き方改革関連法案] 5月29日、衆院本会議の採決を見送る⇒5月30日、衆院厚生労働委員会で野党が2時間質疑⇒5月31日、衆院本会議の採決へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459663644.html

[働き方改革関連法案] 5月28日、委員会差し戻しを 野党4党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459645199.html

[働き方改革関連法案] 5月25日、衆院厚生労働委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459590642.html

[働き方改革関連法案] 修正協議、維新などと大筋合意 5月23日採決へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459512536.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制適用の28歳社員が過労死 最長月184時間残業、IT企業
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459419469.html

[働き方改革関連法案] 維新、高度プロフェッショナル制度の修正要求へ 適用撤回制度、自民に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459394651.html

[働き方改革関連法案] 5月8日、野党、対案の4法案を提出⇒5月9日、衆院厚生労働委員会で野党が対案の趣旨説明 高度プロフェッショナル制度を削除、勤務間インターバルの確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459358732.html

[働き方改革関連法案] 5月2日、衆院厚生労働委員会で実質審議入り 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459199515.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で加藤勝信厚労省が趣旨説明後、審議入り⇒同日、衆院厚生労働委員会で加藤勝信厚労省が趣旨説明 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459147450.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で審議入り 野党、欠席の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459030735.html

[働き方改革関連法案] 希望 民進「高度プロフェッショナル制度」削除の対案提出へ 勤務間インターバルの確保も盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458859707.html

[働き方改革関連法案] 立憲民主党「働き方改革」で対案 高度プロフェッショナル制度を削除 11時間のインターバルを保障
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458671789.html

[働き方改革関連法案] 4月6日、閣議決定 残業を規制 高度プロフェッショナル制度を創設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458639975.html

[働き方改革関連法案] 自民・公明両党が了承、4月6日閣議決定へ 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458613702.html

[働き方改革関連法案] 自民、働き方法案、了承見送り 残業上限「中小企業除外を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458575405.html

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458512498.html

[共同通信世論調査] 働き方改革関連法案、「今国会で成立させる必要はない」69.1% 「成立させるべきだ」17.1%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457579878.html

[働き方改革関連法案] 野村不動産の社員が過労自殺、裁量労働制の50代男性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457526017.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制の拡大削除「まだ安心できる状況ではない」 法政大・上西教授「高プロについても追及を」と警鐘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457456301.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制を分離 安倍首相、データ不備で方針転換 政権に打撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457245702.html

[毎日新聞世論調査] 裁量労働制の対象拡大「反対」57% 「賛成」18%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457178528.html

[働き方改革関連法案] 裁量制データ「ずさんな調査」 担当した労働基準監督官が証言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457176974.html

[働き方改革関連法案] 厚生労働省の調査誤り受け与野党議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457160818.html

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457140163.html




関連

[産経新聞] 裁量労働制の拡大と民主党政権は関係ないのに「不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457187275.html
posted by hazuki at 17:47| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

[TPP11] 6月28日、参院内閣委員会でTPP関連法案が可決 米要求は拒絶と付帯決議

[TPP11] 6月28日、参院内閣委員会でTPP関連法案が可決 米要求は拒絶と付帯決議

TPP法案、参院委可決 米要求は拒絶と付帯決議
https://this.kiji.is/385019374975272033?c=39546741839462401
2018/6/28 19:49

参院内閣委員会は28日、米国を除く11カ国が署名した環太平洋連携協定(TPP)の関連法案を自民、公明両党などの賛成多数で可決した。7月に始まる新たな日米貿易協議を見据え、TPPを上回る市場開放要求は「断固として拒絶」するよう政府に求める付帯決議を採択した。与党は29日にも参院本会議で法案を可決、成立させてTPP発効を先導する構えだ。

 付帯決議は野党の批判を踏まえ、米国との「国益に反する合意」の拒否に加え、TPPの経済効果や農林水産業への影響試算の精度向上を促した。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年6月28日
内閣委員会

案件

政府参考人の出席要求に関する件
環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第62号)

発言者一覧

柘植芳文(内閣委員長)
江島潔(自由民主党・こころ)
和田政宗(自由民主党・こころ)
熊野正士(公明党)
柘植芳文(内閣委員長)
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)
矢田わか子(国民民主党・新緑風会)
白眞勲(立憲民主党・民友会)
相原久美子(立憲民主党・民友会)
田村智子(日本共産党)
清水貴之(日本維新の会)
山本太郎(希望の会(自由・社民))
柘植芳文(内閣委員長)
田村智子(日本共産党)
山本太郎(希望の会(自由・社民))
矢田わか子(国民民主党・新緑風会)


山本太郎・TPP関連法案反対討論.PNG



参院内閣委員会は28日、米国を除く11カ国が署名したTPP関連法案を自民、公明両党などの賛成多数で可決した。
7月に始まる新たな日米貿易協議(FFR)を見据え、TPPを上回る市場開放要求は「断固として拒絶」するよう政府に求める付帯決議を採択した。
参院内閣委員会では、共産党の田村智子氏と自由党の山本太郎氏が反対討論を行った。
その後、採決をし、賛成多数で可決した。
TPP関連法案には附帯決議が付き、国民民主党の矢田わか子が説明した。
附帯決議には、国民民主党と立憲民主党も賛成した。
FFRでは、国益を損なうような交渉は行わないこと。
山本太郎氏の反対討論では、「なんで採決やっているんですか」と始まった。
「TPP統括官が国会では真逆の答弁を行っている。」
山本太郎氏によると、TPP統括官の渋谷氏は、PFI(コンセッション)がTPP協定の第15章の政府調達に入っていると答えたそうです。
山本太郎氏は、反対討論を早く終わらせるように、自民党の柘植芳文(内閣委員長)より促された。
与党、維新と共に附帯決議に賛成した国民民主党と立憲民主党には残念です。
附帯決議に賛成していることは、TPP断固反対とは意味が違う。
TPPそのものに反対すべきです。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG






【山本太郎事務所編集】2018 06 28 内閣委員会反対討論「普通3分くらいやのに10倍くらいやってるもん」




参考(新協議、FFR)

7月上旬にも日米通商協議 茂木敏充経済再生担当相が訪米
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459932935.html

[FFR] 日米貿易協議「時間かかる」 準備不足に不快感 麻生太郎財務相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459931701.html

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459920161.html

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459025025.html

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html




参考(経団連)

[経団連] 記者会見における榊原会長発言要旨 2017年11月8日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775057.html

経団連の榊原定征会長、アジアの通商ルール「日米が主導を」「米国がTPPに復帰することを期待する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454656454.html




参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

日欧EPA交渉妥結を確認 懸案の紛争解決手続き(ISD条項)は別協定に分離し協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455435148.html




関連(日米FTA)

[日米首脳会談] トランプ氏、対日赤字削減を強調 日米FTAに意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459952805.html

[トランプ政権] ライトハイザーUSTR代表「いつかは自由貿易協定(FTA)を結びたいと思う」、ウィルバー・ロス米商務長官「TPPは「欠陥」」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459197395.html

[日米FTA] ラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長、日米FTAに意欲 TPP復帰は再交渉条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458880628.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官、日本や中国とのFTA交渉開始に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455783734.html

[日米FTA] トランプ=安倍会談でFTAを議論、ハガティ駐日米大使が明かす 日本の説明と矛盾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454998672.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官「TPP発効は難しい」「2国間の貿易協定を進めていく」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454931191.html

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html




参考

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460199031.html

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:TPP CPTPP
posted by hazuki at 22:35| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

[外務省] 北朝鮮専門の「北東アジア2課」、7月1日新設へ

[外務省] 北朝鮮専門の「北東アジア2課」、7月1日新設へ

外務省:北朝鮮専門の「北東アジア2課」、7月1日新設へ
https://mainichi.jp/articles/20180626/k00/00m/010/062000c
毎日新聞2018年6月25日 20時28分(最終更新 6月25日 20時53分)

外務省は、アジア大洋州局で北朝鮮対応を専門に扱う「北東アジア第2課」を7月1日付で新設する方針を固めた。朝鮮半島全体を担当する現行の北東アジア課を分離。第1課は韓国を担当し、第2課は北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題に対応する。

 外務省関係者によると、度重なる北朝鮮の核・ミサイル実験などで北東アジア課の負担が増加。史上初の米朝首脳会談を受けて北東アジア情勢が流動化する可能性があるため、河野太郎外相が4月に同課の分離を表明していた。

 第2課の発足に合わせ、日韓経済室は廃止して第1課が吸収。地域政策課も「室」に改編する。第1課と第2課を合わせた職員数は、当面は現行の北東アジア課(約30人)と同規模とするが、同省幹部は「徐々に増やす」と語る。




外務省は、アジア大洋州局で北朝鮮対応を専門に扱う「北東アジア第2課」を7月1日付で新設する方針を固めた。
朝鮮半島全体を担当する現行の北東アジア課を分離。
第1課は韓国を担当し、第2課は北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題に対応する。
朝鮮半島関連の業務が急激に増大しているので、北東アジア課」を二つに分割する必要に迫られた。

アジア大洋州局の組織改編
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006172.html

1 最近の諸課題への対応における日韓の連携の強化の必要性,北朝鮮をめぐる諸懸案への取組の強化の重要性が高まっていることを受け,7月1日付でこれまで韓国及び北朝鮮の両方を所掌してきたアジア大洋州局北東アジア課を二課に分け,北東アジア第一課及び北東アジア第二課を設置します。両課の設置に伴い,今後は,北東アジア第一課が韓国情勢,日韓協力等,北東アジア第二課が北朝鮮情勢,日朝関係等を所掌します。

2 また,アジア大洋州地域に関する外交政策の総合的な企画立案及び調整の必要性が特に高い事情にかんがみ,7月1日付でアジア大洋州局地域政策課を地域政策参事官に改組します




参考資料

アジア大洋州局の組織改編
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006172.html
ラベル:外務省
posted by hazuki at 22:33| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[水道民営化] 6月27日、立憲民主党と共産党が欠席の中、衆院厚生労働委員会で水道法改正案(水道法の一部を改正する法律案)の趣旨説明

[水道民営化] 6月27日、立憲民主党と共産党が欠席の中、衆院厚生労働委員会で水道法改正案(水道法の一部を改正する法律案)の趣旨説明

水道事業に民間活用などの改正法案 衆院厚労委で審議入り
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180627/k10011497621000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_004
2018年6月27日 15時54分

水道施設の老朽化や人口減少に伴う経営基盤の悪化に対応するため、水道事業者の広域連携や民間活用を推進することなどを盛り込んだ水道法の改正案は27日、衆議院厚生労働委員会で審議入りしました。
衆議院厚生労働委員会で27日審議入りした水道法の改正案には、経営基盤の強化に向けた広域連携や民間活用を推進することや、水道施設の点検・修繕の義務化などが盛り込まれ、政府・与党は先の大阪府北部の地震を踏まえて改正案の早期成立を目指しています。

衆議院厚生労働委員会は、立憲民主党と共産党などが自民党の高鳥委員長が職権で開会を決めたことに反発して欠席する中開かれ、改正案の趣旨説明が行われました。

この中で加藤厚生労働大臣は「水道施設の老朽化がますます進むと見込まれる一方で、人口減少に伴い料金収入が減少し、事業を担う人材も不足するなど、水道事業は深刻な課題に直面している」などと述べ、改正案の必要性を強調しました。

一方、委員会の冒頭、高鳥委員長は、今月15日の委員会で自民党の議員が参考人のがん患者が意見を述べている際に「いいかげんにしろ」と発言したことについて「参考人質疑の場では特に不規則発言を慎み、意見を拝聴して審議に生かしていく姿勢が必要だ。十分に注意するようお願いする」と述べました。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48317&media_type=fp

2018年6月27日 (水)
厚生労働委員会

案件:
水道法の一部を改正する法律案(196国会閣48)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 高鳥修一(厚生労働委員長)  13時 10分  01分
 加藤勝信(厚生労働大臣 働き方改革担当 拉致問題担当 内閣府特命担当大臣(拉致問題))  13時 15分  02分


加藤勝信・衆院厚労委・水道法改正.PNG



水道施設の老朽化や人口減少に伴う経営基盤の悪化に対応する為、水道事業者の広域連携や民間活用を推進することなどを盛り込んだ水道法改正案の趣旨説明が、27日、衆院厚生労働委員会で行われた。
自民党の高鳥修一(厚生労働委員長)が立憲民主党と共産党に出席を求めたが、出席に応じず、会議が始まった。
加藤勝信厚労相が、水道法改正案の趣旨説明を行った。
加藤勝信厚労相は、「水道施設の老朽化がますます進むと見込まれる一方で、人口減少に伴い料金収入が減少し、事業を担う人材も不足するなど、水道事業は深刻な課題に直面している」と述べた。
水道民営化を碌に報道しないNHKが、水道法改正案が審議入りしたと報道した。

与党が急ぐ水道法改正 大阪北部地震で緊急性高まる
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3225149026062018PP8000/

日経新聞は、6月26日に「大阪北部地震で緊急性高まる」と水道法改正案の審議入りについて、報道した。

水道法改正案は、衆院厚生労働委員会に付託されたので、次回より、実質審議入りとなる。
「次回は広報をもってお知らせする」とのことで、衆院厚生労働委員会の審議日程は決まってない。

水道法改正へ公明が主導 大阪北部地震で注目 与党、来年選挙にらむ
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3225149026062018PP8000/

本日、6月27日の日経新聞では、「公明党が今国会での成立の必要性を訴え、大阪北部地震で緊急性が高まった。」と報道されている。

水道管の老朽化をメインに取り上げるマスコミは、水道民営化により、25年、かけて水道料金が2.5倍になった海外のことや水道民営化の失敗により、海外で再公営化されていることを伝えない。

みんなの水が、企業のものになったらどうなる? 「水道民営化」を世界の事例から考える
http://kokocara.pal-system.co.jp/2018/03/26/water-privatization/

パリの水道料金は、水道民営化によって1985年から2010年の間にプラス174%になった。
その後、再公営化している。
外国において、25年かかってダメだと分かって、再公営化したものを、日本でやろうとしている訳です。

いよいよ、戦いが始まった。
立憲民主党と共産党は委員会を欠席せずに、議論を尽くせ。
水道法改正案を阻止しろ。
先に今国会で成立したPFI法改正案とセットで、水道法改正案は国会に提出された。
水道法改正案を成立させなければならない与党。
野党は反対して欲しい。




追記

4月26日、竹中平蔵が「未来投資会議構造改革徹底推進会合 「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)(第5回) 配布資料」を提出した。

未来投資会議構造改革徹底推進会合 「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)(第5回) 配布資料
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/index.html

資料1「竹中会長提出資料」(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/siryou1.pdf

資料2「竹中会長提出資料」(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/siryou2.pdf




水道民営化を意図する水道法改正案に反対の声を届けよう。
↓↓↓

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html



山本太郎 議員 内閣委員会 質疑(2018.6.12)


水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)/ PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘! 2017.4.16


水道民営化中止求める 推進政府批判


【水道民営化】麻生太郎副総理兼財務相が言及 2013年4月19日 G20財務相・中央銀行総裁会議 CSIS戦略国際問題研究所




velvetmorning blogより転載
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/

麻生太郎財務大臣兼副総理が、CSISの講演で、『日本の水道を全て民営化する』と発言 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/04/24/6789154




参考

[水道民営化] 6月15日、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律(PFI法)の公布を閣議決定⇒6月20日、PFI法を公布⇒6ヶ月以内に政令で定める日から施行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460153047.html

[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

[水道民営化] 5月15日、衆院本会議でPFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459413668.html

[水道民営化] 5月11日、衆院内閣委員会でPFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459379716.html

[水道民営化] 4月25日、野党、審議拒否で欠席の中、PFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を審議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459154033.html

[水道民営化] 4月20日、野党、審議拒否で衆院内閣委員会を欠席の中、PFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458928138.html

[水道民営化] 4月12日、梶山弘志内閣府特命担当大臣が衆院本会議でPFI法改正案の趣旨説明⇒4月18日、梶山弘志内閣府特命担当大臣が衆院内閣委員会でPFI法改正案の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458925546.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 宮城県、水道3事業を一体管理へ 村井知事「みやぎ型管理運営方式」を導入 キーパーソンは内閣府の福田隆之大臣補佐官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457222713.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] [高橋洋一が水道民営化をミスリード] 誤解だらけの「水道民営化」 外資乗っ取り懸念は杞憂だ、競争力はあり選択肢も広い
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456670213.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html

[水道民営化] 宮城県、水道3事業を一体管理へ 村井知事、経営安定化目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456221915.html

[水道民営化] 公共施設を民間が担う「コンセッション」シンポ 菅義偉官房長官、導入自治体を応援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456220905.html

[水道民営化] 菅義偉官房長官「新聞社主催のコンセッションに関するシンポジウムで安倍内閣の考え方をお話ししました。」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456220364.html

[水道民営化] 水道運営権、売却を支援…政府が法案提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456163072.html

[水道民営化] 公共インフラの民間売却容易に 自治体の負担軽く
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456069772.html

[水道民営化] 民間への下水道運営権売却、東京都が検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456056208.html

[水道民営化] 日経新聞が「公共施設・インフラの運営を民間に任せるのは世界の流れです。」とフェイクニュースをツイート
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456053259.html

[水道民営化] 水道民営化の問題点 椿本祐弘さん講演会11月25日(土)13時半〜京王小田急永山(Come Back 東都生協仕入委員会より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454528170.html

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html

[水道民営化] [総務省] 公営企業133事業廃止、簡易水道が93件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453372636.html

[水道民営化] 第193回国会に提出された水道法改正案を「水道管 老朽化」と一斉に報道するマスコミ! 大幅に参入障壁を下げることで国内外の企業が本格的に参入することは報道せず!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453111288.html

[水道民営化] 水道民営化は憲法13条、25条、99条違反なので98条は無効! 憲法を勉強して廃案に追い込もう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452068400.html

[水道民営化] 水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)は継続審査! 臨時国会で継続審議へ! 厚生労働省は特例措置を準備!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451024610.html

安倍首相 すべての重要法案成立目指す! 水道民営化を意図する水道法改正案も?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449919902.html

[水道民営化] 水道広域化を批判 共産党の田村貴昭氏 「自治体事情考慮を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449117424.html

[水道民営化] 吉村大阪市長、水道局の民営化に法改正受け再挑戦へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448844284.html

[水道民営化] 大阪市水道民営化が廃案 水道法改正で練り直しへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448667071.html

[水道民営化] 水道民営化中止求める 2月21日、衆院総務委員会 共産党の田村貴昭議員が推進政府批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448075252.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html

[水道民営化] [大阪維新の会] 市民に悪影響なのに 大阪市水道民営化のなぜ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447853419.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 厚生労働省は水道法改正案を第193回国会に提出済み! さらに民間が参入し易く法改正へ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447779618.html

3月7日、水道の広域化促進へ...水道法法改正案を閣議決定! 厚生労働省は「水道民営化ではない」と回答!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447712828.html

水道事業のコンセッション方式に関して、株式会社ジャパンウォーターのサイトが参考になります!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447312455.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸しました
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447248123.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸した方がいらっしゃいます
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447198714.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条に「外国企業の参加を永久に禁止し、区市町村運営を永久に守る」という文言を加えるようにお願いしよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447148654.html

[水道民営化] [大阪府堺市長選] 因縁の「水道事業統合」が争点化? 大阪維新の会の候補を選べば水道民営化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446664032.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条の改正案が危ない! 水道事業を外資に譲り渡せる内容である! 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446338446.html

[緊急拡散] 日米首脳会談 トランプ政権が麻生財務相の同行求めた狙い 水道民営化に応じる為か 安倍自民は水道法改正案を今国会に提出する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446307417.html

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445632814.html

[水道民営化] 水道への企業参入促す 災害時復旧の負担軽く 2017年にも法改正 料金改定も柔軟に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443121536.html

PFI法案の特例が新設され〜空港・上水道・下水道・道路事業の民営化が加速する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437692333.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 21:44| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[働き方改革関連法案] 6月27日、参院本会議で加藤勝信厚労相問責を否決 働き方法案、6月29日成立も

[働き方改革関連法案] 6月27日、参院本会議で加藤勝信厚労相問責を否決 働き方法案、6月29日成立も

参院、加藤厚労相問責を否決 働き方法案、29日成立も
https://this.kiji.is/384532338959909985?c=39546741839462401
2018/6/27 13:01

参院は27日午前、本会議を開いた。働き方改革関連法案の審議を巡って野党が提出した加藤勝信厚生労働相の問責決議案を、与党などの反対多数で否決した。与党は28日に働き方法案を参院厚労委員会で可決し、29日の参院本会議で成立させる構え。野党は、法案採決を阻止するため政権への対決姿勢を強める。

 厚労相への問責決議案は国民民主、立憲民主など野党5会派が26日、法案採決を模索した与党に対抗し、問題の多い法案の審議を強行した加藤氏の責任は重大だとして参院に提出した。

 野党は、法案に盛り込まれた「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の削除を求めている。


加藤勝信・参院本会議・問責.PNG



27日、参院は本会議を開いた。
働き方改革関連法案の審議を巡って野党が提出した加藤勝信厚生労働相の問責決議案を、与党などの反対多数で否決した。
与党は28日に働き方法案を参院厚労委員会で可決し、29日の参院本会議で成立させる構え。
野党は、法案に盛り込まれた「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の削除を求めている。

竹中平蔵パソナ会長「残業代を出すのは一般論としておかしい」「労働者でなく私のニーズで高プロ提唱」
http://blogos.com/article/305938/

竹中平蔵パソナ会長が今朝(6/21)の東京新聞で、残業代ゼロ=高プロ賛成派として登場して呪いの言葉を連発しています。

竹中パソナ会長「時間に縛られない働き方を認めるのは自然なことだ。時間内に仕事を終えられない、生産性の低い人に残業代という補助金を出すのも一般論としておかしい」

 東京新聞6月21日付「残業代ゼロ」=「高プロ」導入是非は

厚生労働大臣加藤勝信君問責決議案に賛成の討論で、共産党の山添拓氏が竹中平蔵が高度プロフェッショナル制度を推奨していることに触れた。
6月26日に安倍首相を参院厚生労働委員会で答弁されたことは時期として早かった。
もっと、高プロについて、審議をすべきだった。
6月28日、参院厚生労働委員会で働き方改革の採決を行う。
6月29日、参院本会議で働き方改革を可決・成立させたい考え。




参考資料

勤務間インターバル
https://bizhint.jp/keyword/62097?trcd=brw_tw_keyword_62097




参考

[働き方改革関連法案] 6月26日、安倍首相、参議院厚生労働委員会で意義強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460216372.html

[働き方改革関連法案] 5月31日、衆院本会議で可決 週明けにも参院審議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459704464.html

[働き方改革関連法案] 5月29日、衆院本会議の採決を見送る⇒5月30日、衆院厚生労働委員会で野党が2時間質疑⇒5月31日、衆院本会議の採決へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459663644.html

[働き方改革関連法案] 5月28日、委員会差し戻しを 野党4党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459645199.html

[働き方改革関連法案] 5月25日、衆院厚生労働委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459590642.html

[働き方改革関連法案] 修正協議、維新などと大筋合意 5月23日採決へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459512536.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制適用の28歳社員が過労死 最長月184時間残業、IT企業
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459419469.html

[働き方改革関連法案] 維新、高度プロフェッショナル制度の修正要求へ 適用撤回制度、自民に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459394651.html

[働き方改革関連法案] 5月8日、野党、対案の4法案を提出⇒5月9日、衆院厚生労働委員会で野党が対案の趣旨説明 高度プロフェッショナル制度を削除、勤務間インターバルの確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459358732.html

[働き方改革関連法案] 5月2日、衆院厚生労働委員会で実質審議入り 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459199515.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で加藤勝信厚労省が趣旨説明後、審議入り⇒同日、衆院厚生労働委員会で加藤勝信厚労省が趣旨説明 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459147450.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で審議入り 野党、欠席の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459030735.html

[働き方改革関連法案] 希望 民進「高度プロフェッショナル制度」削除の対案提出へ 勤務間インターバルの確保も盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458859707.html

[働き方改革関連法案] 立憲民主党「働き方改革」で対案 高度プロフェッショナル制度を削除 11時間のインターバルを保障
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458671789.html

[働き方改革関連法案] 4月6日、閣議決定 残業を規制 高度プロフェッショナル制度を創設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458639975.html

[働き方改革関連法案] 自民・公明両党が了承、4月6日閣議決定へ 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458613702.html

[働き方改革関連法案] 自民、働き方法案、了承見送り 残業上限「中小企業除外を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458575405.html

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458512498.html

[共同通信世論調査] 働き方改革関連法案、「今国会で成立させる必要はない」69.1% 「成立させるべきだ」17.1%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457579878.html

[働き方改革関連法案] 野村不動産の社員が過労自殺、裁量労働制の50代男性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457526017.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制の拡大削除「まだ安心できる状況ではない」 法政大・上西教授「高プロについても追及を」と警鐘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457456301.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制を分離 安倍首相、データ不備で方針転換 政権に打撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457245702.html

[毎日新聞世論調査] 裁量労働制の対象拡大「反対」57% 「賛成」18%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457178528.html

[働き方改革関連法案] 裁量制データ「ずさんな調査」 担当した労働基準監督官が証言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457176974.html

[働き方改革関連法案] 厚生労働省の調査誤り受け与野党議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457160818.html

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457140163.html




関連

[産経新聞] 裁量労働制の拡大と民主党政権は関係ないのに「不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457187275.html
posted by hazuki at 16:59| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[働き方改革関連法案] 6月26日、安倍首相、参議院厚生労働委員会で意義強調

[働き方改革関連法案] 6月26日、安倍首相、参議院厚生労働委員会で意義強調

働き方法案、成立に向け大詰め 首相、厚労委で意義強調
https://this.kiji.is/384187393601012833?c=39546741839462401
2018/6/26 13:27

安倍晋三首相は26日の参院厚生労働委員会で、今国会の最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案の「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」に関し「時間ではなく成果で評価される働き方を自ら選択できるものだ」と重ねて創設の意義を強調した。これに先立つ厚労委理事会で、与党は同日中の採決を提案したが、野党は徹底審議を求めて拒否した。論戦は大詰めを迎えている。

 高プロは高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す制度。首相は「創造的な働き方ができる」とした上で健康確保措置も盛り込んでいると述べた。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年6月26日
厚生労働委員会

会議の経過
  厚生労働委員会(第二十三回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(閣
   法第六三号)(衆議院送付)
   労働安全衛生法の一部を改正する法律案(参第九号)
    右両案について安倍内閣総理大臣、加藤厚生労働大臣、牧原厚
    生労働副大臣及び政府参考人に対し質疑を行った。

発言者一覧

島村大(厚生労働委員長)
石井みどり(自由民主党・こころ)
伊藤孝江(公明党)
浜口誠(国民民主党・新緑風会)
石橋通宏(立憲民主党・民友会)
倉林明子(日本共産党)
東徹(日本維新の会)
福島みずほ(希望の会(自由・社民))
薬師寺みちよ(無所属クラブ)
島村大(厚生労働委員長)
足立信也(国民民主党・新緑風会)
浜口誠(国民民主党・新緑風会)
石橋通宏(立憲民主党・民友会)
倉林明子(日本共産党)
東徹(日本維新の会)
福島みずほ(希望の会(自由・社民))
薬師寺みちよ(無所属クラブ)


安倍晋三・働き方改革・参院厚労委.PNG



安倍首相は26日の参院厚生労働委員会で、働き方改革関連法案の「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」に関し「時間ではなく成果で評価される働き方を自ら選択できるものだ」と重ねて創設の意義を強調した。
首相は「創造的な働き方ができる」とした上で健康確保措置も盛り込んでいると述べた。
立憲民主党の石橋通宏氏は、「まだ総理においでいただくのは早い」と発言。
つまり、審議が不十分である。

竹中平蔵パソナ会長「残業代を出すのは一般論としておかしい」「労働者でなく私のニーズで高プロ提唱」
http://blogos.com/article/305938/

竹中平蔵パソナ会長が今朝(6/21)の東京新聞で、残業代ゼロ=高プロ賛成派として登場して呪いの言葉を連発しています。

竹中パソナ会長「時間に縛られない働き方を認めるのは自然なことだ。時間内に仕事を終えられない、生産性の低い人に残業代という補助金を出すのも一般論としておかしい」

 東京新聞6月21日付「残業代ゼロ」=「高プロ」導入是非は

立憲民主党の石橋通宏氏は、法案の提案者の竹中平蔵が高度プロフェッショナル制度を推奨していることに触れた。
竹中平蔵「生産性の低い人に残業代という補助金を出すのは一般論としておかしい。」
高プロはそういう制度なんだということです。
高プロに関して、「時間ではなく成果で評価される働き方を自ら選択できるものだ」という安倍首相の答弁は嘘ですね。
高度プロフェッショナル制度を創設する限り、働き方改革には賛成出来ない。
高プロ反対です。

6月26日は採決は行われなかった。



働き方改革法案・概要.PNG

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案の概要

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる。

I 働き方改革の総合的かつ継続的な推進
働き方改革に係る基本的考え方を明らかにするとともに、国は、改革を総合的かつ継続的に推進するための「基本方針」(閣議決定)を定めることとする。(雇用対策法)

II 長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等
1労働時間に関する制度の見直し(労働基準法、労働安全衛生法)
・時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定。
(※)自動車運転業務、建設事業、医師等について、猶予期間を設けた上で規制を適用等の例外あり。研究開発業務について、医師の面接指導を設けた上で、適用除外。
・月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率(50%以上)について、中小企業への猶予措置を廃止する。また、使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないこととする。
・高度プロフェッショナル制度の創設等を行う。(高度プロフェッショナル制度における健康確保措置を強化)
・労働者の健康確保措置の実効性を確保する観点から、労働時間の状況を省令で定める方法により把握しなければならないこととする。(労働安全衛生法の改正)
2 勤務間インターバル制度の普及促進等(労働時間等設定改善法)
・事業主は、前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなければならないこととする。
3 産業医・産業保健機能の強化(労働安全衛生法等)
・事業者から、産業医に対しその業務を適切に行うために必要な情報を提供することとするなど、産業医・産業保健機能の強化を図る。

III 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
1 不合理な待遇差を解消するための規定の整備(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間・有期雇用労働者に関する正規雇用労働者との不合理な待遇の禁止に関し、個々の待遇ごとに、当該待遇の性質・目的に照らして適切と認められる事情を考慮して判断されるべき旨を明確化。併せて有期雇用労働者の均等待遇規定を整備。派遣労働者について、@派遣先の労働者との均等・均衡待遇、A一定の要件※を満たす労使協定による待遇のいずれかを確保することを義務化。また、これらの事項に関するガイドラインの根拠規定を整備。(※)同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であること等
2 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者について、正規雇用労働者との待遇差の内容・理由等に関する説明を義務化。
3 行政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備
1の義務や2の説明義務について、行政による履行確保措置及び行政ADRを整備。

施行期日 I:公布日
II:平成31年4月1日(中小企業における時間外労働の上限規制に係る改正規定の適用は平成32年4月1日、1の中小企業における割増賃金率の見直しは平成35年4月1日)
III:平成32年4月1日(中小企業におけるパートタイム労働法・労働契約法の改正規定の適用は平成33年4月1日)




参考資料

勤務間インターバル
https://bizhint.jp/keyword/62097?trcd=brw_tw_keyword_62097




参考

[働き方改革関連法案] 5月31日、衆院本会議で可決 週明けにも参院審議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459704464.html

[働き方改革関連法案] 5月29日、衆院本会議の採決を見送る⇒5月30日、衆院厚生労働委員会で野党が2時間質疑⇒5月31日、衆院本会議の採決へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459663644.html

[働き方改革関連法案] 5月28日、委員会差し戻しを 野党4党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459645199.html

[働き方改革関連法案] 5月25日、衆院厚生労働委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459590642.html

[働き方改革関連法案] 修正協議、維新などと大筋合意 5月23日採決へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459512536.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制適用の28歳社員が過労死 最長月184時間残業、IT企業
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459419469.html

[働き方改革関連法案] 維新、高度プロフェッショナル制度の修正要求へ 適用撤回制度、自民に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459394651.html

[働き方改革関連法案] 5月8日、野党、対案の4法案を提出⇒5月9日、衆院厚生労働委員会で野党が対案の趣旨説明 高度プロフェッショナル制度を削除、勤務間インターバルの確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459358732.html

[働き方改革関連法案] 5月2日、衆院厚生労働委員会で実質審議入り 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459199515.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で加藤勝信厚労省が趣旨説明後、審議入り⇒同日、衆院厚生労働委員会で加藤勝信厚労省が趣旨説明 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459147450.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で審議入り 野党、欠席の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459030735.html

[働き方改革関連法案] 希望 民進「高度プロフェッショナル制度」削除の対案提出へ 勤務間インターバルの確保も盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458859707.html

[働き方改革関連法案] 立憲民主党「働き方改革」で対案 高度プロフェッショナル制度を削除 11時間のインターバルを保障
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458671789.html

[働き方改革関連法案] 4月6日、閣議決定 残業を規制 高度プロフェッショナル制度を創設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458639975.html

[働き方改革関連法案] 自民・公明両党が了承、4月6日閣議決定へ 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458613702.html

[働き方改革関連法案] 自民、働き方法案、了承見送り 残業上限「中小企業除外を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458575405.html

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458512498.html

[共同通信世論調査] 働き方改革関連法案、「今国会で成立させる必要はない」69.1% 「成立させるべきだ」17.1%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457579878.html

[働き方改革関連法案] 野村不動産の社員が過労自殺、裁量労働制の50代男性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457526017.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制の拡大削除「まだ安心できる状況ではない」 法政大・上西教授「高プロについても追及を」と警鐘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457456301.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制を分離 安倍首相、データ不備で方針転換 政権に打撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457245702.html

[毎日新聞世論調査] 裁量労働制の対象拡大「反対」57% 「賛成」18%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457178528.html

[働き方改革関連法案] 裁量制データ「ずさんな調査」 担当した労働基準監督官が証言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457176974.html

[働き方改革関連法案] 厚生労働省の調査誤り受け与野党議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457160818.html

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457140163.html




関連

[産経新聞] 裁量労働制の拡大と民主党政権は関係ないのに「不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457187275.html
posted by hazuki at 16:13| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

RCEP、事務交渉開始 7月1日に閣僚会合

RCEP、事務交渉開始 7月1日に閣僚会合

RCEP、事務交渉開始=7月1日に閣僚会合
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062501009&g=eco

日本、中国、韓国や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の事務レベルの交渉会合が25日、東京都内で始まった。7月1日に東京で予定する閣僚会合に向け、物品の関税撤廃や貿易・投資のルール作りを協議する。
 RCEPは、16カ国が締結を目指す広域の自由貿易協定(FTA)。閣僚会合をASEAN域外で開くのは今回が初めてで、日本とシンガポールが議長国を務める。(2018/06/25-18:29)




日本、中国、韓国やASEAN加盟国など計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の事務レベルの交渉会合が25日、東京都内で始まった。
7月1日に東京で予定する閣僚会合に向け、物品の関税撤廃や貿易・投資のルール作りを協議する。
閣僚会合へ向けて、地ならしですね。
RCEPは実現すれば世界人口の半分、国内総生産(GDP)の3割、貿易額の3割を占める巨大な経済圏となる。
交渉は遅れ気味のようですが、RCEPの年内妥結などしなくて良い。
RCEPは秘密裡に進んでいる。
WTOが母体の自由貿易は、どれも反対した方が良い。
WTOが母体の自由貿易は、国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)の推進を意味する。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によるとTPPとRCEPは2020年、FTAAPに吸収される。
FTAAP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は2020年:WTO新ラウンド立ち上げ2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
経団連の工程表は、経団連独自の工程表ではない。
TPPのみ反対し、他の自由貿易に反対しない者は、SDGsを推進している。


多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(SDGs)

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html




参考

RCEP閣僚級会合、7月1日に東京で開催 世耕弘成経済産業相「交渉妥結に向けた道筋をつけていきたい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459418327.html

ASEANは年内妥結を期待 RCEP交渉会合が閉幕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456845119.html

RCEP初の首脳会議 高いレベルの経済連携へ交渉継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454907971.html

RCEP 韓国・仁川で交渉会合 10月17日開催、10月28日閉幕 関税の扱いや貿易・投資のルールなどの分野を協議 韓国政府 RCEP交渉代表団に投資説明会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454539713.html

フィリピンでRCEP閣僚会合 年末までの重要成果に努力 9月11日閉幕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453528984.html

RCEP締結がASEANの優先事項 フィリピン貿易相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449480015.html

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の早期妥結で一致 日ASEAN経済会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448873336.html

RCEP交渉会合閉幕 通商秩序維持へ交渉加速 米の保護主義、歯止め狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447633337.html
ラベル:RCEP
posted by hazuki at 17:03| Comment(0) | RCEP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調

[TPP11] 6月26日、参院内閣委員会でTPP関連法案を審議 安倍首相 TPPの経済効果を強調

倍首相 TPPの経済効果を強調 参院内閣委員会
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180626/k10011495871000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_009
2018年6月26日 12時14分

日本など11か国が参加する、TPP=環太平洋パートナーシップ協定をめぐり、安倍総理大臣は参議院内閣委員会で、日本国内にも大きな経済効果が見込まれると重ねて意義を強調したうえで、離脱したアメリカの復帰を引き続き粘り強く働きかける考えを示しました。

この中で安倍総理大臣は、アメリカが離脱したTPPについて「11か国で大きな経済圏が生まれ、わが国のGDPを8兆円押し上げ、大きな経済効果が見込まれる。消費者がよい商品をより安く、安心して手に入れることができるようになる。こうした21世紀型のルールが、アジア・太平洋地域に広く共有される意義は大変大きい」と述べました。

そして、安倍総理大臣は「世界最大の経済力を持ったアメリカの参加は大きな力を持つと現在も考えている。保護主義によるものではなくTPPへの復帰こそ、アメリカの経済や雇用にプラスになることを引き続き粘り強く訴えていきたい」と述べました。

さらに安倍総理大臣は、日米の閣僚による新たな貿易・投資の協議、通称「FFR」について「米側は2国間取り引きに関心を有していると承知しているが、日米のFTA=自由貿易協定の交渉と位置づけられるものではなく、その予備協議でもない。TPPが両国にとって最善でいかなる国とも国益に反する合意を行うつもりはない」と述べました。


安倍晋三・TPP関連法案・参院内閣委.PNG



TPPを巡り、安倍首相は参議院内閣委員会で、日本国内にも大きな経済効果が見込まれると重ねて意義を強調した上で、離脱した米国の復帰を引き続き粘り強く働きかける考えを示した。
安倍首相は、米国が離脱したTPPについて「11か国で大きな経済圏が生まれ、わが国のGDPを8兆円押し上げ、大きな経済効果が見込まれる。消費者がよい商品をより安く、安心して手に入れることができるようになる。こうした21世紀型のルールが、アジア・太平洋地域に広く共有される意義は大変大きい」と述べた。
新協議「FFR」についても言及し、国益を損なう合意はないと発言している。
RCEPについて、国民民主党の矢田わか子氏より質疑があり、政府関係者が答弁した。
参院内閣委員会では、TPP関連法案の採決は行わなかった。

TPP発効がデフレ加速させるとの指摘、当たらない=安倍首相
https://jp.reuters.com/article/abe-tpp-idJPKBN1JM078

安倍首相はTPPの発効に伴ってデフレ圧力が高まるとの懸念に対して否定的な見方を示した。
立憲民主党の相原久美子氏への答弁。

自由貿易は、最終目標が規制の全撤廃です。
規制とは実は一般市民を守ることも含まれている訳です。
規制とは、国、企業、国民を守る…、公共の福祉、利益を守ることですが、これが多国籍企業群の支配構造に変えられ国内法も勝手に書き換られる。
恐ろしいことです。
米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んだが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。

詳しくは、SDGsの記事を参考にして下さい。↓

SDGs(持続可能な開発目標)とWTOへ集約する自由貿易、地域貿易協定(RTA) スパゲティ・ボールは複雑な状態となりSDGsの推進を阻害する 2030アジェンダ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457517693.html

種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。
農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


経団連工程表・WTO.PNG



参考(新協議、FFR)

7月上旬にも日米通商協議 茂木敏充経済再生担当相が訪米
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459932935.html

[FFR] 日米貿易協議「時間かかる」 準備不足に不快感 麻生太郎財務相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459931701.html

[日米貿易協議] 麻生太郎財務相「向こう(米国)から出てきた要求の書類の内容を見た?“なんだいこりゃ、ふざけているのかね”と思うほどだった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459920161.html

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459025025.html

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html




参考(経団連)

[経団連] 記者会見における榊原会長発言要旨 2017年11月8日
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775057.html

経団連の榊原定征会長、アジアの通商ルール「日米が主導を」「米国がTPPに復帰することを期待する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454656454.html




参考(チリ)

チリ次期大統領のセバスティアン・ピニェラ氏 TPP推進の意向示す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455703488.html




参考(カナダ)

[TPP11] TPP カナダのシャンパーニュ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 「Despite reports, there is no agreement in principle on TPP.」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454795942.html

[TPP11] カナダ、TPPで合意急がず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454775551.html




参考(ニュージーランド)

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454588272.html

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

日欧EPA交渉妥結を確認 懸案の紛争解決手続き(ISD条項)は別協定に分離し協議継続
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455435148.html




関連(日米FTA)

[日米首脳会談] トランプ氏、対日赤字削減を強調 日米FTAに意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459952805.html

[トランプ政権] ライトハイザーUSTR代表「いつかは自由貿易協定(FTA)を結びたいと思う」、ウィルバー・ロス米商務長官「TPPは「欠陥」」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459197395.html

[日米FTA] ラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長、日米FTAに意欲 TPP復帰は再交渉条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458880628.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官、日本や中国とのFTA交渉開始に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455783734.html

[日米FTA] トランプ=安倍会談でFTAを議論、ハガティ駐日米大使が明かす 日本の説明と矛盾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454998672.html

[日米FTA] ウィルバー・ロス米商務長官「TPP発効は難しい」「2国間の貿易協定を進めていく」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454931191.html

元・経済産業省米州課長の細川昌彦氏、事実上、「日米FTA交渉」は既に始まっている 日米首脳会談で「FTA」に言及がなかった理由
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454745420.html

[日米FTA] 安倍首相「2国間の貿易投資の活性化へ対話を深化させることで一致した」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454744207.html

トランプ大統領、貿易赤字削減を強調 日米FTA交渉に意欲
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454730517.html

[日米FTA] 米国、対日圧力アピール FTAで支持回復狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454729767.html

[日米FTA] 日米FTAに言及、河野太郎外相とライトハイザーUSTR代表が会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454685463.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html




参考

[TPP11] 6月12日、TPP承認案が参院外交防衛委員会で可決⇒6月13日、参院本会議で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459994882.html

[TPP11] 5月24日、衆院本会議でTPP関連法案が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459573326.html

[TPP11] 5月23日、TPP関連法案、衆院内閣委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459554184.html

[TPP11] 5月18日、TPP関連法案で攻防激化 野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457611.html

[TPP11] 5月18日、TPP承認案が衆院通過 米除く11か国が署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459457009.html

[TPP11] 5月8日、TPP関連法案 衆院本会議で茂木敏充・経済再生相が趣旨説明後、審議入り 安倍首相「国内対策も講じる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459271241.html

[TPP11] 4月17日、TPP11承認案、審議入り 衆院本会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458858363.html

[TPP11] 関連法案と新協定の承認案を閣議決定 知的財産や畜産支援の関連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458377452.html

[TPP11] 夏までに首席交渉官会合 早期発効へ規則調整 日本が主導
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458231046.html

[TPP11] TPP11承認案 自民が了承 関連法施行は新協定発効で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457948761.html

[TPP11] 米国抜きのTPPに11カ国が署名、人口5億人の貿易圏誕生へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457790934.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html

[TPP11] 10カ国での署名 踏み切る可能性も 2018年3月上旬までに署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455764704.html

[TPP11] 農業は最大1500億円減 政府、TPP11影響試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455742492.html

[TPP11] 新協定、20項目凍結 6カ国承認で発効 名称は「包括・先進的TPP」(CPTPP)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454818529.html

[TPP11] 11カ国、大筋合意 凍結項目決着、署名式は年明け国内開催も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454781761.html

[TPP11] TPP存続へ正念場 閣僚会合で合意は? 茂木敏充経済再生相「Do our best」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773913.html

[TPP11] TPP閣僚会合開幕 11凍結項目確定へ 個別会談、合意大詰め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454773375.html

[TPP11] 米国抜きTPP 大筋合意へまとまる可能性 首席交渉官会合が閉幕 凍結項目50候補の3分の1確定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454617035.html

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
ラベル:TPP CPTPP
posted by hazuki at 16:20| Comment(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[農林水産省] 5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案を可決⇒5月25日、参院本会議で可決・成立⇒6月1日、森林経営管理法を公布⇒平成31年4月1日に施行(附則第六条の規定は公布の日から施行)

[農林水産省] 5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案を可決⇒5月25日、参院本会議で可決・成立⇒6月1日、森林経営管理法を公布⇒平成31年4月1日に施行(附則第六条の規定は公布の日から施行)

森林経営管理法が成立 市町村に過大負担 紙氏が反対
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-02/2018060205_04_1.html
2018年6月2日(土)

森林所有者の経営管理権を市町村を通じて民間事業者に委託する森林経営管理法が、5月25日の参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決、成立しました。日本共産党は反対しました。

 日本共産党の紙智子議員は24日の参院農林水産委員会での質疑で、利益が出ない森林を市町村が管理することになり、過大な負担になる恐れがあると指摘。沖修司林野庁長官は、市町村が地域林政アドバイザーを嘱託職員として雇用すると答弁しました。

 紙氏は、参考人質疑での野口俊邦信州大名誉教授の「林業は100年の大計を立て、担い手と支援の方法を決めることで成り立つ」との指摘にふれ、「非常勤職員でその役割を安定的に果たせるのか。市町村が林業の専門職員の増員や育成をできるよう支援すべきだ」と主張しました。

 また紙氏は、林業経営が赤字になれば経営者が管理権を手放す可能性があると指摘。所有者には固定資産税などの負担が残るとして「所得向上のうたい文句に反するのでは」とただすと、沖氏は「意欲と能力のある者を林業経営者と指定するので、指摘のことは起こらない」と強弁するだけで、具体的根拠を示せませんでした。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年5月24日
農林水産委員会

会議の経過
  農林水産委員会(第十七回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   森林経営管理法案(閣法第三八号)(衆議院送付)
   独立行政法人農林漁業信用基金法の一部を改正する法律案(閣法
   第三九号)(衆議院送付)
    右両案について齋藤農林水産大臣、谷合農林水産副大臣及び政
    府参考人に対し質疑を行い、討論の後、いずれも可決した。
    なお、森林経営管理法案(閣法第三八号)(衆議院送付)につ
    いて附帯決議を行った。

発言者一覧

岩井茂樹(農林水産委員長)
平野達男(自由民主党・こころ)
横山信一(公明党)
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)
徳永エリ(国民民主党・新緑風会)
川田龍平(立憲民主党・民友会)
小川勝也(立憲民主党・民友会)
紙智子(日本共産党)
儀間光男(日本維新の会)
森ゆうこ(希望の会(自由・社民))
紙智子(日本共産党)
森ゆうこ(希望の会(自由・社民))
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)


紙智子・森林.PNG


参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年5月25日
本会議

会議の経過
〇議事経過 今二十五日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午前十時一分
 消費者契約法の一部を改正する法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、福井国務大臣から趣旨説明があった後、太田
  房江君、森本真治君、杉尾秀哉君、山添拓君、片山大介君がそれぞ
  れ質疑をした。
 日程第 一 海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関す
       る法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、国土交通委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一五、
  反対一四にて可決された。
 日程第 二 地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出によ
       る若者の修学及び就業の促進に関する法律案(内閣提
       出、衆議院送付)
日程第 三 地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院
       送付)
  右の両案は、内閣委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、日程第二は賛成
  一八二、反対四七にて可決、日程第三は賛成二〇八、反対二一にて
  可決された。
 日程第 四 統計法及び独立行政法人統計センター法の一部を改正す
       る法律案(内閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、総務委員長から委員会審査の経過及び結果の報告が
  あった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二一五、反
  対一四にて可決された。
 日程第 五 学校教育法等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議
       院送付)
右の議案は、文教科学委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成二二九、
  反対〇にて全会一致をもって可決された。
 日程第 六 森林経営管理法案(内閣提出、衆議院送付)
 日程第 七 独立行政法人農林漁業信用基金法の一部を改正する法律
       案(内閣提出、衆議院送付)
  右の両案は、農林水産委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、日程第六は賛
  成二一二、反対一八にて可決、日程第七は賛成二一五、反対一四に
  て可決された。
 散会 午前十一時五十四分

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
福井照(内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、海洋政策)、領土問題担当)
太田房江(自由民主党・こころ)
森本真治(国民民主党・新緑風会)
杉尾秀哉(立憲民主党・民友会)
山添拓(日本共産党)
片山大介(日本維新の会)
長浜博行(国土交通委員長)
柘植芳文(内閣委員長)
竹谷とし子(総務委員長)
高階恵美子(文教科学委員長)
岩井茂樹(農林水産委員長)


森林経営管理法案・経過.PNG

森林経営管理法案・可決・成立.PNG



森林所有者の経営管理権を市町村を通じて民間事業者に委託する森林経営管理法が、5月25日の参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決、成立した。
共産党は反対した。
5月24日、参院農林水産委員会で森林経営管理法案の審議があり、共産党の紙智子氏と自由党の森裕子氏が反対討論を行った。
その後、採決をし、賛成多数で可決した。
5月25日、参院本会議で、自民党の岩井茂樹(農林水産委員長)より、委員会で可決したことを報告後、採決をし、賛成多数で可決した。
6月1日、森林経営管理法が公布された。
法律の施行は、平成31年4月1日となっているが、「附則第六条の規定は、公布の日から施行する。」とされた。
つまり、森林経営管理法の附則第六条の規定は6月1日から施行された。

森林経営管理法案は、規制改革推進会議で、森林経営管理法案(仮称)として提案された。
またもや、大田弘子ら規制改革推進会議が農林水産省に丸投げした法案です。

第10回農林ワーキング・グループ 議事次第
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/nourin/20180216/agenda.html

森林経営管理法案(仮称)の概要・骨子(案)(農林水産省提出資料)(PDF)
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/nourin/20180216/180216nourin04.pdf

共産党の紙智子氏の質疑の通り、利益が出ない森林を市町村が管理することになり、過大な負担になる恐れがある。
林業経営が赤字になれば経営者が管理権を手放す可能性がある。

新理科経営管理法案の閣議決定は、3月6日。
衆院農林水産委員会に付託されたのが、3月29日。
4月5日、衆院農林水産委員会で趣旨説明が行われた。
4月11日、衆院農林水産委員会で審議入り、4月19日、衆院通過した。

安倍政権が掲げる林業の成長産業化へ、行政主導で森林経営への民間事業者の参入を図る。
規制改革推進会議が提案した法案は、どうして、民間事業者の参入を図る内容なのですかね。

案件名:日程第6 森林経営管理法案(内閣提出、衆議院送付)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/196/196-0525-v006.htm

反対したのは共産党のみ。
自由党と社民党は反対と賛成で割れた。




追記

5月17日、未来投資会議に竹中平蔵が提出した資料が「国有林野への新たな民活手法の導入の必要性について」ですが、森林経営管理法と関係ありそうです。
規制改革推進会議から未来投資会議のメンバーになった竹中平蔵が絡んでいるかも知れません。
国有林野を狙う竹中平蔵。
【首相官邸】未来投資会議(第16回) 配布資料平成30年5月17日
資料9:竹中議員提出資料

「国有林野において林業の成長産業化に貢献するためにも、 以下のようなPPP/PFI手法の導入が必要である。」

国有林野への新たな民活手法の導入の必要性について(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai16/siryou9.pdf





参考資料

森林経営管理法案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19605038.htm

森林経営管理法案・概要(PDF)
http://www.maff.go.jp/j/law/bill/196houritsu/attach/pdf/index-41.pdf

国有林野への新たな民活手法の導入の必要性について(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai16/siryou9.pdf
posted by hazuki at 13:21| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

日本のこころ代表の中野正志氏、自民からの出馬模索 来年参院選

日本のこころ代表の中野正志氏、自民からの出馬模索 来年参院選

こころ代表、自民からの出馬模索 来年参院選
https://this.kiji.is/383814185035056225?c=39546741839462401
2018/6/25 13:10

日本のこころ代表の中野正志参院議員(70)が自民党に合流し、来年の参院選で同党からの出馬を模索していることが25日、分かった。こころは参院で自民党と統一会派を組んでいる。中野氏は共同通信の取材に「自民党の比例代表候補となり、安倍政権を内側から支えたい」と述べた。

 中野氏は1996年、衆院宮城2区で自民党から立候補し初当選。衆院議員を通算3期務めたが、2009年衆院選で落選した後、離党していた。13年参院選比例代表で日本維新の会(当時)から出馬し当選、政界復帰を果たした。中野氏が現在所属するこころは政党要件を持っていない。


中野正志1.PNG



日本のこころ代表の中野正志参院議員(70)が自民党に合流し、来年の参院選で同党からの出馬を模索していることが25日、分かった。
こころは参院で自民党と統一会派を組んでいる
自民党の比例代表候補となって、当確を狙っていますね。
中野正志が、希望の党に入党した中山恭子と、種子法廃止に賛成したことを忘れない。
日本のこころの代表が日本のこころを壊す。
元々、自民党の議員だった中野正志。
たちあがれ日本の時はマシだった。
杉田水脈も自民党から出馬して、当選した。
日本のこころは、自民党の別機動隊です。




参考資料

中野正志
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E6%AD%A3%E5%BF%97
ラベル:中野正志
posted by hazuki at 23:17| Comment(0) | 日本のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共産・小池晃氏、麻生氏発言に皮肉 「新聞読めば自民不支持」

共産・小池晃氏、麻生氏発言に皮肉 「新聞読めば自民不支持」

共産・小池氏、麻生氏発言に皮肉 「新聞読めば自民不支持」
https://this.kiji.is/383924206326269025?c=39546741839462401
2018/6/25 19:17

共産党の小池晃書記局長は25日の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相が「新聞を読まない人たちは全部自民党(の支持)だ」との発言に関し「麻生氏の言う通りだ。新聞を読んで真実が伝われば、自民支持にならない」と皮肉った。

 麻生氏が新聞購読者の増加に協力しないよう呼び掛けたことに「メディアはもっと怒った方がいい。読売新聞とか産経新聞とか。営業妨害じゃないですか」と語った。

 機関紙「しんぶん赤旗」の電子版を7月2日から開始するのに絡めて「紙の新聞に親しみがない若い層が赤旗電子版を読めば、みんな共産党支持になる状況をつくりたい」と強調した。


小池晃1.PNG



共産党の小池晃書記局長は25日の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相が「新聞を読まない人たちは全部自民党(の支持)だ」との発言に関し「麻生氏の言う通りだ。新聞を読んで真実が伝われば、自民支持にならない」と皮肉った。
小池晃氏、GJです。
新聞を読むとしても、安倍政権擁護の産経新聞と政府ご用達の読売新聞ではダメです。
東京新聞は内容が良い。
共産党のしんぶん赤旗でも良い。
麻生太郎が、阿呆太郎だということがよく分かった。




参考

麻生太郎氏「新聞読まぬ世代は自民」 昨秋の衆院選に関し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460186888.html
ラベル:小池晃
posted by hazuki at 22:48| Comment(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻生太郎氏「新聞読まぬ世代は自民」 昨秋の衆院選に関し

麻生太郎氏「新聞読まぬ世代は自民」 昨秋の衆院選に関し

麻生氏「新聞読まぬ世代は自民」 昨秋の衆院選に関し
https://this.kiji.is/383530313399862369?c=39546741839462401
2018/6/24 19:39

麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、昨年秋の衆院選に関し、30代前半までの若い有権者層で自民党の得票率が高かったとした上で「一番新聞を読まない世代だ。読まない人は全部自民党(の支持)だ」と述べた。

 若年層の支持動向も考慮して選挙戦略を考えるべきだと訴える中、安倍政権への批判が目立つ新聞報道への不満を漏らした発言とみられる。

 麻生氏は「インターネットや放送、通信を当たり前のように使いこなせる若い世代の自民党支持率が高いということが、ものすごく大事だ」とも説明した。


麻生太郎・会見.PNG



麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、昨年秋の衆院選に関し、30代前半までの若い有権者層で自民党の得票率が高かったとした上で「一番新聞を読まない世代だ。読まない人は全部自民党(の支持)だ」と述べた。
自民党支持者は、新聞も読めない連中が多いと言いたいのでしょうか。
ネットやテレビのワイドショーやバラエティ番組のみを情報源にしている人より、新聞を読む人がマシです。
但し、安倍政権擁護の産経新聞と安倍政権ご用達の読売新聞は除きます。
新聞を読まない人でも、自民党支持ではない若い世代は多いと思います。
ラベル:麻生太郎
posted by hazuki at 22:22| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[農林水産省] 5月10日、参院農林水産委員会で農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案を可決⇒5月11日、参院本会議で可決⇒5月18日 、農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律を公布

[農林水産省] 5月10日、参院農林水産委員会で農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案を可決⇒5月11日、参院本会議で可決⇒5月18日 、農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律を公布

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年5月10日
農林水産委員会

会議の経過
  農林水産委員会(第十三回)
   理事の辞任を許可し、補欠選任を行った。
   農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案(閣法第三六
   号)(衆議院送付)について討論の後、可決した。
    なお、附帯決議を行った。

発言者一覧

岩井茂樹(農林水産委員長)
徳永エリ(国民民主党・新緑風会)
紙智子(日本共産党)
田名部匡代(国民民主党・新緑風会)


農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案・経過.PNG


参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2018年5月11日
本会議

会議の経過
〇議事経過 今十一日の本会議の議事経過は、次のとおりである。
 開会 午前十時一分
 情報監視審査会委員辞任の件
  右の件は、石橋通宏君の辞任を許可することに決した。
 情報監視審査会委員の選任
  右の件は、杉尾秀哉君を選任することに決した。
 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正
 する法律案(趣旨説明)
  右は、日程に追加し、石井国土交通大臣から趣旨説明があった後、
  高瀬弘美君、伊藤孝恵君、川田龍平君、山添拓君、室井邦彦君がそ
  れぞれ質疑をした。
 日程第 一 農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案(内
       閣提出、衆議院送付)
  右の議案は、農林水産委員長から委員会審査の経過及び結果の報告
  があった後、押しボタン式投票をもって採決の結果、賛成一九一、
  反対四二にて可決された。
 散会 午前十一時四十五分

発言者一覧

伊達忠一(参議院議長)
石井啓一(国土交通大臣、水循環政策担当)
高瀬弘美(公明党)
伊藤孝恵(国民民主党・新緑風会)
川田龍平(立憲民主党・民友会)
山添拓(日本共産党)
室井邦彦(日本維新の会)
岩井茂樹(農林水産委員長)


農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案・可決・成立.PNG



規制改革推進会議が農林水産省に丸投げした案件の農業経営基盤強化促進法改定案(農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案)。
4月9日、参院農林水産委員会に付託された。
4月10日、参院農林水産委員会で、農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案の趣旨説明が行われた。

第196回国会 農林水産委員会 平成30年4月19日(木) 第12回
http://www.sangiin.go.jp/japanese/kaigijoho/shitsugi/196/s070_0011.html

野党が審議拒否をして、参院農林水産委員会が開かれなかったこともあったのかも知れないが、ふざけたことに参院農林水産委員会での審議入りは4月19日。
4月19日で審議を終了している。
審議時間は、約5時間35分。

5月10日は審議が行われなかった。
国民民主党の徳永エリ氏と、共産党の紙智子氏の反対討論が行われた。
その後、採決をし、賛成多数で可決した。
農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案には附帯決議が付き、国民民主党の田名部匡代氏が説明を行った。

5月11日、参院本会議で、自民党の岩井茂樹(農林水産委員長)が、委員会で可決したことを報告した後、採決。
賛成多数で可決・成立した。

平成30年5月15日(火)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018051501.html

公布(法律)

農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律(決定)

5月15日、農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律の公布が閣議決定されて、5月18日に公布された。

拙ブログでは、「[農林水産省] コンクリート地面でも「農地」 税負担減、ハウス栽培後押し」の記事を2月4日に作成し、公開しました。
また、「[農林水産省] 3月6日、農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案を閣議決定⇒4月4日、衆院農林水産委員会で可決⇒4月5日、衆院本会議で可決」を作成して、公開した。

財界から要望を受けた政府の規制改革推進会議のまとめた意見書を、そのまま法案化したものである。
企業が運営する「植物工場」の進出促進、税負担軽減が狙いであり、農地のあり方をゆがめる。
農地のコンクリート張りを認めることにより農地の多面的機能が失われる懸念がある。
植物工場が増えた場合、コンクリート張りの農地を認めるが、植物工場が廃墟となった場合、農地の在り方が問われる。
制改革推進会議のメンバーであった竹中平蔵は、現在、未来投資会議のメンバーである。
パソナアーバンファーム 都市型植物工場(東京都千代田区)を農地として認めるということです。
オフィス内で植物栽培をするパソナ。
パソナどころか、もっと大きな話なのかも知れない。

アグリ・イノベーション・コンプレックスの構築 - 産業競争力懇談会(COCN)(PDF)
http://www.cocn.jp/thema79-L.pdf

海外植物工場輸出ビジネスを企んでいるようです。
参院で碌に審議もせずに可決・成立とは、本当にふざけた話です。



規制改革推進会議・コンクリ農地.PNG
規制改革推進会議「コンクリ農地」
パソナアーバンファーム.PNG
パソナグループアーバンファーム


★5 最先端企業「パソナ」は会社全体が「植物工場」、オフィス内で植物栽培の驚異!!


農地の多面性ゆがむ




参考資料

コンクリ面の農地扱い 通常国会で法改正 政府・与党
https://www.agrinews.co.jp/p42423.html

パソナグループアーバンファーム
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/2103/Default.aspx

パソナ アーバンファーム 都市型植物工場
https://www.iwasaki.co.jp/projects/examples/detail/id/plp05/cid/16/sid/50/

第8回農林ワーキング・グループ 議事次第
(第8回規制改革推進会議 農林ワーキング・グループ・未来投資会議構造改革徹底推進会合
「地域経済・インフラ」会合(農林水産業)(第5回)合同会合 ※議題1のみ)
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/nourin/20171124/agenda.html

新たなニーズに対応した農地制度の見直しに関する意見(PDF)
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/nourin/20171124/171124nourin01.pdf

アグリ・イノベーション・コンプレックスの構築(COCN) (PDF)
http://www.cocn.jp/thema79-L.pdf




参考

[農林水産省] 3月6日、農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案を閣議決定⇒4月4日、衆院農林水産委員会で可決⇒4月5日、衆院本会議で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458747078.html

[農林水産省] コンクリート地面でも「農地」 税負担減、ハウス栽培後押し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456669518.html
posted by hazuki at 00:11| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

特定秘密指定39件「全て適正」 政府、2017年の検証結果公表

特定秘密指定39件「全て適正」 政府、2017年の検証結果公表

特定秘密指定39件「全て適正」 政府、17年の検証結果公表
https://this.kiji.is/382853603460957281?c=39546741839462401
2018/6/22 20:22

政府は22日、特定秘密保護法を巡り、2017年中に特定秘密に指定された39件は全て適正だったとする検証結果の報告書を公表した。運用状況を検証する内閣府の山西宏紀独立公文書管理監は公表に先立ち、内容を安倍晋三首相に説明。首相は「引き続き厳正かつ実効的な検証、監察に努めてほしい」と指示した。

 14年12月の同法施行後、検証結果の公表は3回目。各行政機関から「特定秘密指定管理簿」の写しの提出を受け、担当者に説明を求めた。報告書によると、17年中に指定した特定秘密の内訳は防衛省19件、内閣官房7件、警察庁5件―など。




政府は22日、特定秘密保護法を巡り、2017年中に特定秘密に指定された39件は全て適正だったとする検証結果の報告書を公表した。
運用状況を検証する内閣府の山西宏紀独立公文書管理監は公表に先立ち、内容を安倍首相に説明。
2014年12月の同法施行後、検証結果の公表は3回目。
一度、施行された法律を廃案に追い込むのは不可能に近いですが、特定秘密保護法は廃案へ追い込んだ方が良い法律のように思います。
特定秘密保護法は、スパイ防止法の代替法ではない模様。
特定秘密保護法が作られる時、一番、熱心だったのが警察庁だった。
警察の権限を強化する法律になるからです。
特定秘密保護法には「警察庁長官」というワードがあちらこちらに沢山出て来る。
詳しくは、らっきーさんの動画をご覧下さい。






兵頭正俊 @hyodo_masatoshi
人質を救済しなかった安倍に対して、批判を禁じる空気が覆っている。こういうときは、安倍自身が「どうぞ、好きなように批判して欲しい」と周りをたしなめるべきだ。表現の自由は憲法が保障している。談論風発の国家、組織こそ豊かに発展する。談論を怖れ、封殺し、秘密の多い国や組織は衰亡する。





孫崎 享 @magosaki_ukeru
安倍首相と妄想:我が国も危ない指導者を持ったものだ。「妄想とは、まったく現実的でない信念のことです。」3日スポニチ「安倍首相は3日夜、自民党議員会合で、”日本人にはこれから先、指一本触れさせない決意と覚悟で事に当たる”」イスラム国兵士世界各地から。襲撃させて侵略は旧軍実施の謀略。






兵頭正俊 @hyodo_masatoshi
特定秘密保護法は、そのうち一人歩き始め、暴走し始めると思う。この法律の危険性は、ときの権力によって恣意的な使われ方をしてしまうことだ。憲法でさえ、たったひとりの男のために、解釈改憲されてしまうのだから。この法律は国民に向かうとともに、官僚・与野党政治家をも監視することになる。





孫崎 享 @magosaki_ukeru
特定秘密保護法.毎日「金沢弁護士会が、同法に反対街頭活動計画。石川県選管から”衆院選期間中の政治活動を規制した公職選挙法に抵触の可能性」と指摘され、中止。弁護士会執行部で見解が分かれたが”慎重なメンバーに配慮”」至る所で自粛。こうして民主主義が瓦解していく



らっきーデタラメ放送局★第128回『秘密保護法って!スパイ防止法だよね?』




参考

特定秘密、運用に勧告行使せず 参議院情報監視審査会の年次報告書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450662487.html

「特定秘密」を非開示のまま廃棄 政府、制度改善を否定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448933558.html

特定秘密443件のうち166件文書なし 政府、36件を改善へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448536620.html

特定秘密、運用適正か判断せず 参院審査会の報告書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434634598.html

特定秘密、審議の実態見えず 非公開の衆院審査会は説明もなし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432837339.html

秘密保護法、調査に支障と指摘 会計検査院「憲法上問題」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430874469.html

秘密保護法適性評価、25人拒否 初判明、防衛や外務両省職員ら 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430698720.html

特定秘密保護法が完全施行=適性評価対象は9万7千人超
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430590348.html

特定秘密、初の国会報告書 指定382件、暗号最多
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/421129414.html

特定秘密、国会がチェック 法施行3カ月過ぎ始動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416518518.html

特定秘密の管理簿、政府が公開 具体的内容記されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415790505.html

特定秘密審査会が始動へ 今月下旬にも初会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415265278.html

特定秘密関連予算金額まちまち省庁任せ 1200万円〜ゼロ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415040391.html

秘密監視の8委員選任 衆院、法運用をチェック
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414717916.html

人質事件検証に秘密法の壁=野党、政府主導を疑問視
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413844020.html

特定秘密以外の「極秘文書」指定期間5年以内に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412730107.html

外交文書 秘密指定の影響は 第三者の審査に変化も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412468428.html

特定秘密382件指定…最多は防衛省247件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412083727.html

特定秘密に6分類指定=警備戦術や衛星画像−警察庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411327824.html

独立公文書管理監に佐藤氏 秘密保護法の運用チェック
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410414648.html

[特定秘密保護法] 反対の街頭活動「公選法抵触のおそれ」中止に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410362977.html

秘密保護法「必要性弱い」 法制局、根幹部分に疑問
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409400906.html

特定秘密保護法、12月10日施行 政府、運用基準を10月10日にも閣議決定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406374195.html

偽装移民法案の成立と特定秘密保護法はセットらしい
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/398308262.html




関連

「人質事件」情報は特定秘密の可能性 首相「内容公表せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413567925.html

首相「報道抑圧なら辞任」 秘密保護法施行で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409178808.html
posted by hazuki at 22:00| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日・ブータン外相会談] 河野太郎氏、ブータンと人的交流 首都ティンプー

[日・ブータン外相会談] 河野太郎氏、ブータンと人的交流 首都ティンプー

河野氏、ブータンと人的交流 首都ティンプーで外相会談
https://this.kiji.is/383177781326431329?c=39546741839462401
2018/6/23 19:26

【ティンプー共同】河野太郎外相は23日、訪問先のブータンの首都ティンプーで同国のドルジ外相と会談した。両政府は人的交流の促進を目指し、ブータンの若手行政官の研修を日本で受け入れるための文書を交換。河野氏はブータン政府が7月から始める新たな経済計画への支援や、貿易、投資を促進する考えを伝えた。日本の閣僚によるブータン訪問は初めて。

 研修事業は、国造りを支えるブータンの若手行政官最大10人に対し、日本の大学院で学位を取得するための学費など約1億8千万円を限度に無償で供与する内容。日本側は両国間の相互理解と友好関係の強化につながると期待している。


河野太郎とブータン外相.PNG



河野太郎外相は23日、訪問先のブータンの首都ティンプーで同国のドルジ外相と会談した。
両政府は人的交流の促進を目指し、ブータンの若手行政官の研修を日本で受け入れる為の文書を交換。
河野氏はブータン政府が7月から始める新たな経済計画への支援や、貿易、投資を促進する考えを伝えた。
河野太郎外相は、ブータンのワンチュク国王の表敬訪問も行った。

日・ブータン外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/bt/page4_004149.html

1 河野大臣から,本年4月にドルジ外務大臣がトブゲー首相とともに大磯町を訪問したことに感謝を述べつつ,日本の閣僚として初となる今回のブータン訪問を実現でき嬉しく思う,これを契機に両国関係を一層促進したい,日本は民主主義等の普遍的価値を共有するブータンを重視しており,ブータンの安定は地域の平和と安定に資するとの認識のもと,日本はブータンの発展を引き続き友人として支えていく決意に変わりはない旨述べました。これに対して,ドルジ外相から,日本の閣僚による初のブータン訪問として,河野大臣をお迎えでき嬉しい,河野大臣とともに両国関係を発展させていきたい旨述べました。

2 河野大臣から,ブータンの第12次5か年計画を踏まえ,後発開発途上国(LDC)卒業後もブータンの経済社会開発を力強く支援する旨述べるとともに,今後,両国間の経済協力のみならず貿易投資関係を促進していきたい旨述べました。これに対して,ドルジ外相から,これまでの日本による支援への感謝が述べられるとともに,今後の日本からの支援に対する期待が述べられました。

3 河野大臣から,日本語能力試験のブータンでの実施に向けた協力,本年7月に予定されるブータンからの初のパラリンピック選手育成指導者の招へい,柔道場設立に向けた取組等を通じたスポーツ分野での取組などを通じて両国の人的交流を一層促進したい旨述べました。これに対して,ドルジ外相から,日本語能力試験のブータンでの実施を通じた日本語学習への関心の高まりに対する期待が示されるとともに,2020年東京パラリンピックでブータンとして初めて選手を派遣できるよう日本政府と協力していきたい旨述べました。さらに,双方は,昨今増加している日本語学校に在学するブータン人留学生について,留学生が効果的に本来の留学目的を達成できるよう,両国政府で協力することで一致しました。

世界一幸福な国、ブータン。
GDPではなく、GNH(国民総幸福量)を重視しているという。
ブータンとの交流が気になります。




参考資料

日・ブータン外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/bt/page4_004149.html

ブータン〜国民総幸福量(GNH)を尊重する国
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol79/index.html
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 18:26| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[種子法復活法案] 6月6日、衆院農林水産委員会で主要農作物種子法案が審議入り

[種子法復活法案] 6月6日、衆院農林水産委員会で主要農作物種子法案が審議入り


衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48241&media_type=fp

2018年6月6日 (水)
農林水産委員会

案件:
主要農作物種子法案(196国会衆13)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 伊東良孝(農林水産委員長)  9時 00分  01分
 後藤祐一(国民民主党・無所属クラブ)  9時 00分  04分
 石川香織(立憲民主党・市民クラブ)  9時 04分  25分
 緑川貴士(国民民主党・無所属クラブ)  9時 29分  16分
 高橋千鶴子(日本共産党)  9時 45分  09分
 森夏枝(日本維新の会)  9時 54分  11分
 坂本哲志(自由民主党)  10時 05分  42分

答弁者等
議員(発言順):
 神谷裕(立憲民主党・市民クラブ)
 亀井亜紀子(立憲民主党・市民クラブ)
 金子恵美(無所属の会)
 関健一郎(国民民主党・無所属クラブ)
 青山大人(国民民主党・無所属クラブ)
 田村貴昭(日本共産党)
大臣等(建制順):
 齋藤健(農林水産大臣)


後藤祐一・種子法復活.PNG

柄沢政策統括官.PNG
農林水産省の柄沢政策統括官


食料主権の根源回復 衆院委 種子法復活法案を審議 高橋氏が質問 田村貴昭氏答弁
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-07/2018060702_03_1.html
2018年6月7日(木)

衆院農林水産委員会は6日、米、麦や大豆など主要農作物について優良な種子の生産、普及を各都道府県に義務づけた主要農作物種子法(1952年成立)の廃止(4月1日)をめぐり、日本共産党など6野党・会派が共同提出(同19日)した同法復活法案を質疑しました。共産党の高橋千鶴子議員が質問し、共同提出者の田村貴昭議員が答弁しました。

 高橋氏は、種子法について「誰もが関係する極めて身近な法律であり、食料主権の根源だ」とした上で、復活法案で新設された付則第3条で「国内の民間事業者の能力も活用した優良な種子の安定的な生産及び普及に配慮」と記し、配慮の相手を国内の民間業者に限定した理由を質問しました。

 田村氏は近年の種子市場の動向について「生産、流通、販売が一握りのグローバル(多国籍)種子会社に集中し、多国籍企業上位7社で(市場の)69・3%を占める」と指摘し、「海外事業者の国内参入を認めることは、グローバル種子会社をもうけさせるだけで、農作物価格の高騰、在来の多様な種資源の消失、消費者の選択の幅の縮小等の弊害を招きかねない」と述べ、法案の狙いを説明しました。

 また、田村氏は宮城県鳴子(なるこ)地域の「ゆきむすび」や佐賀県の「さがびより」などの高品質な米が種子法のもとで生まれ、地域の農業を守ってきたと紹介し、「種子法に基づき各都道府県と農業試験場は、地域の条件に適合した米や麦の品種育成、奨励品種の普及に重要な役割を果たしてきた。種子法はこれからますます重要な役割を果たすと確信する」と強調しました。

 種子法復活法案は、廃止前の種子法を復活させ、都道府県の種子生産に関する知見の海外流出を招きかねない「農業競争力強化支援法第8条第4号」を削除します。




衆院農林水産委員会は6日、種子法廃止(4月1日)を巡り、共産党など6野党・会派が共同提出(同19日)した同法復活法案を質疑した。
共産党の高橋千鶴子氏が質問し、共同提出者の田村貴昭氏が答弁した。
後藤祐一君外九名が提出した種子法復活法案が審議入り。
後藤祐一氏より、趣旨説明がされた後、質疑に入った。

第196回国会6月6日農林水産委員会ニュース (PDF)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/nousui19620180606020.pdf/$File/nousui19620180606020.pdf

提出者後藤祐一君(国民)、関健一郎君(国民)、青山大人君(国民)、亀井亜紀子君(立憲)、神谷裕君(立憲)、金子恵美君(無会)及び田村貴昭君(共産)並びに齋藤農林水産大臣及び政府参考人に対し質疑を行いました。

坂本哲志君(自民)

都道府県の裁量を高めようとしている中で、再び種子の生産に係る措置を義務付けることに対する法案提出者見解を伺いたい。
法案提出者は、旧種子法の廃止により価格の高騰が起こることを懸念されているようであるが、その理由を伺いたい。
旧種子法について、米国通商代表部の外国貿易障壁報告書に廃止を求める旨記載されたことがあるのか、外務省に確認したい。また、米国の農業関係団体から廃止の要請があったのか、農林水産大臣に確認したい。

自民党の坂本哲志氏の質疑が一番、長かった。
法案提出者は、種子法と種苗法を混同していると種子法が制定された背景を説明。
旧種子法について、USTRの外国貿易障壁報告書に廃止を求める旨記載されたことがあるか外務省に確認したところ、過去10年間にそのようなことはなかったとのことだった。
米国ーの農業関係団体から廃止の養成があったのか農水省に堪忍したところ、そのようなことはなかったとのことだった。
坂本哲志氏は、規制改革推進会議には疑問を持っているが種子法はもっと早くに廃止になっていたなどと話していた。
種子法復活法案にとって、自民党は敵です。
TPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えているもので、種子法廃止も水道民営化もTPPの為である。




参考

[種子法復活法案] 6月7日、野党が「主要農作物種子法復活法案」異例の単独審議へ 衆院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459823713.html

[種子法復活法案] 4月19日、野党6党が「主要農作物種子法復活法案」を衆院に共同提出 種子法を復活させ、農業競争力強化支援法の第8条第4号を削除
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459098788.html




関連

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html





参考(種子法廃止)

[種子法廃止] 主要農作物種子法が2018年4月1日に廃止になったことについて、アメリカにお住まいの外国人の方と会話しました。(ツイートまとめ)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459113748.html

[種子法廃止] 種子法廃止の対策を 62地方議会が意見書提出(4月12日現在)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459104346.html

[種子法廃止] 種子法廃止後ただす 共産党の紙智子氏 政府の姿勢は無責任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458552126.html

[種子法廃止] 安倍政権の売国に加担する上念司が「種子法はデマ」とツイート! 業務米不足の問題を取り上げ「おにぎり価格」が上がるとブログで記事を書いた経済評論家をFacebookでシェアし種子法廃止を正当化!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456752678.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第2期締切2018年3月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456537422.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第1期締切2017年11月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454536025.html

[種子法廃止] 産経新聞が主要農作物種子法の廃止を報道「日欧EPAの影響懸念」JA長野県が予算要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453450413.html

[種子法廃止] 鳩山由紀夫元首相が種子法廃止を批判「今後はモンサントなどの多国籍企業に我々の主食までも委ねるのだ」「対米従属極まれり」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453349512.html

[種子法廃止] 「第10回 国際オーガニック映画祭」環境考える6作品上映 9月7〜10日、in 鹿児島 2017
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453009173.html

[種子法廃止] 2018年4月に廃止される種子法を見据え、北海道が独自ルール策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452846614.html

[種子法廃止] アゴラの石井孝明が「林修先生に種子法廃止を説明してもいい」と言うので「種子法廃止を賛成の立場で説明して下さい」と質問したら、「パスする」とスルーした後、ブロックして逃走!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452735387.html

アゴラ研究所の池田信夫の子分・石井孝明が種子法廃止を正当化! 工作員が種子法廃止に反対するのは極左暴力団や朝鮮総連と虚偽を流す!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452529386.html

[緊急拡散] パブリックコメント: [種子法廃止] 主要農作物種子法を廃止する法律の施行に伴い、農林水産省が意見公募! 8月5日締切!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452248161.html

[種子法廃止] 「林先生が驚く初耳学!」で林修先生が「種子法廃止」を説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451892815.html

[種子法廃止] 7月3日、「日本の種子(たね)を守る会」発足 「種子法」に代わる法律を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451622340.html

[種子法、2018年4月1日に廃止へ] [福島民報] 種子は大切な資産や資源
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451621568.html

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449118411.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449037027.html

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449022708.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html
posted by hazuki at 00:07| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

[水道民営化] 6月15日、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律(PFI法)の公布を閣議決定⇒6月20日、PFI法を公布⇒6ヶ月以内に政令で定める日から施行

[水道民営化] 6月15日、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律(PFI法)の公布を閣議決定⇒6月20日、PFI法を公布⇒6ヶ月以内に政令で定める日から施行


平成30年6月15日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018061501.html

公布(法律)

民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律(決定)



議案名「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案」の審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DC7D6A.htm

議案件名 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案

公布年月日/法律番号 平成30年 6月20日 / 60


PFI法・公布.PNG


民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19605018.htm

附 則

 (施行期日)

1 この法律は、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。ただし、附則第四条の改正規定及び附則第五条から第十七条までを削る改正規定並びに次項及び附則第三項の規定は、公布の日から起算して三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。


PFI法・付則.PNG



[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立しました。
6月15日の閣議でPFI法の公布を閣議決定。
6月20日、PFI法が公布されました。
PFI法の附則には、法律の施行日について書かれている。
PFI法は、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。
年内にもPFI法が施行されそうです。
まだ、衆院厚生労働委員会に付託されてない水道法改正案だけでも阻止しなければならない。




追記

4月26日、竹中平蔵が「未来投資会議構造改革徹底推進会合 「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)(第5回) 配布資料」を提出した。

未来投資会議構造改革徹底推進会合 「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)(第5回) 配布資料
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/index.html

資料1「竹中会長提出資料」(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/siryou1.pdf

資料2「竹中会長提出資料」(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/ppp/dai5/siryou2.pdf




水道民営化を意図する水道法改正案に反対の声を届けよう。
↓↓↓

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html



山本太郎 議員 内閣委員会 質疑(2018.6.12)


水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)/ PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘! 2017.4.16


水道民営化中止求める 推進政府批判


【水道民営化】麻生太郎副総理兼財務相が言及 2013年4月19日 G20財務相・中央銀行総裁会議 CSIS戦略国際問題研究所




velvetmorning blogより転載
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/

麻生太郎財務大臣兼副総理が、CSISの講演で、『日本の水道を全て民営化する』と発言 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/04/24/6789154




参考

[水道民営化] 6月12日、参院内閣委員会でPFI法改正案が可決⇒6月13日、参院本会議でPFI法改正案が可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459993792.html

[水道民営化] 5月15日、衆院本会議でPFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459413668.html

[水道民営化] 5月11日、衆院内閣委員会でPFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459379716.html

[水道民営化] 4月25日、野党、審議拒否で欠席の中、PFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を審議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459154033.html

[水道民営化] 4月20日、野党、審議拒否で衆院内閣委員会を欠席の中、PFI法改正案(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)が審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458928138.html

[水道民営化] 4月12日、梶山弘志内閣府特命担当大臣が衆院本会議でPFI法改正案の趣旨説明⇒4月18日、梶山弘志内閣府特命担当大臣が衆院内閣委員会でPFI法改正案の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458925546.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457856279.html

[水道民営化] 3月9日、水道法改正案を閣議決定! 「コンセッション方式」を導入し易くするよう法改正!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457829430.html

[水道民営化] 宮城県、水道3事業を一体管理へ 村井知事「みやぎ型管理運営方式」を導入 キーパーソンは内閣府の福田隆之大臣補佐官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457222713.html

[水道民営化] 2月9日、PFI法改正案が閣議決定! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける! 首相官邸と各政党に抗議文を送ろう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457156294.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] [高橋洋一が水道民営化をミスリード] 誤解だらけの「水道民営化」 外資乗っ取り懸念は杞憂だ、競争力はあり選択肢も広い
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456670213.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html

[水道民営化] 宮城県、水道3事業を一体管理へ 村井知事、経営安定化目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456221915.html

[水道民営化] 公共施設を民間が担う「コンセッション」シンポ 菅義偉官房長官、導入自治体を応援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456220905.html

[水道民営化] 菅義偉官房長官「新聞社主催のコンセッションに関するシンポジウムで安倍内閣の考え方をお話ししました。」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456220364.html

[水道民営化] 水道運営権、売却を支援…政府が法案提出へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456163072.html

[水道民営化] 公共インフラの民間売却容易に 自治体の負担軽く
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456069772.html

[水道民営化] 民間への下水道運営権売却、東京都が検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456056208.html

[水道民営化] 日経新聞が「公共施設・インフラの運営を民間に任せるのは世界の流れです。」とフェイクニュースをツイート
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456053259.html

[水道民営化] 水道民営化の問題点 椿本祐弘さん講演会11月25日(土)13時半〜京王小田急永山(Come Back 東都生協仕入委員会より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454528170.html

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html

[水道民営化] [総務省] 公営企業133事業廃止、簡易水道が93件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453372636.html

[水道民営化] 第193回国会に提出された水道法改正案を「水道管 老朽化」と一斉に報道するマスコミ! 大幅に参入障壁を下げることで国内外の企業が本格的に参入することは報道せず!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453111288.html

[水道民営化] 水道民営化は憲法13条、25条、99条違反なので98条は無効! 憲法を勉強して廃案に追い込もう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452068400.html

[水道民営化] 水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)は継続審査! 臨時国会で継続審議へ! 厚生労働省は特例措置を準備!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451024610.html

安倍首相 すべての重要法案成立目指す! 水道民営化を意図する水道法改正案も?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449919902.html

[水道民営化] 水道広域化を批判 共産党の田村貴昭氏 「自治体事情考慮を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449117424.html

[水道民営化] 吉村大阪市長、水道局の民営化に法改正受け再挑戦へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448844284.html

[水道民営化] 大阪市水道民営化が廃案 水道法改正で練り直しへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448667071.html

[水道民営化] 水道民営化中止求める 2月21日、衆院総務委員会 共産党の田村貴昭議員が推進政府批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448075252.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html

[水道民営化] [大阪維新の会] 市民に悪影響なのに 大阪市水道民営化のなぜ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447853419.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 厚生労働省は水道法改正案を第193回国会に提出済み! さらに民間が参入し易く法改正へ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447779618.html

3月7日、水道の広域化促進へ...水道法法改正案を閣議決定! 厚生労働省は「水道民営化ではない」と回答!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447712828.html

水道事業のコンセッション方式に関して、株式会社ジャパンウォーターのサイトが参考になります!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447312455.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸しました
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447248123.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸した方がいらっしゃいます
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447198714.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条に「外国企業の参加を永久に禁止し、区市町村運営を永久に守る」という文言を加えるようにお願いしよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447148654.html

[水道民営化] [大阪府堺市長選] 因縁の「水道事業統合」が争点化? 大阪維新の会の候補を選べば水道民営化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446664032.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条の改正案が危ない! 水道事業を外資に譲り渡せる内容である! 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446338446.html

[緊急拡散] 日米首脳会談 トランプ政権が麻生財務相の同行求めた狙い 水道民営化に応じる為か 安倍自民は水道法改正案を今国会に提出する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446307417.html

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445632814.html

[水道民営化] 水道への企業参入促す 災害時復旧の負担軽く 2017年にも法改正 料金改定も柔軟に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443121536.html

PFI法案の特例が新設され〜空港・上水道・下水道・道路事業の民営化が加速する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437692333.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 22:45| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

参院議員会館の敷地内に大麻草 自生している大麻草が都内で確認

参院議員会館の敷地内に大麻草 自生している大麻草が都内で確認

参院議員会館の敷地内に大麻草
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3403255.html
7時間前

国会議員の事務室がある東京・千代田区の参院議員会館で、大麻草が生えているのが見つかりました。

 21日午後5時すぎ、「大麻のようなものが生えている」と通報を受けた都の職員が確認したところ、大麻草であることがわかり、4本を回収しました。東京都によりますと、雑草に混ざって生えていて、発芽してから1か月から2か月とみられるということです。

 自生している大麻草が都内で確認されるのは珍しく、東京都が回収作業にあたったのは去年1年間で4件、44本にとどまるということです。


議員会館に大麻草.PNG



国会議員の事務室がある東京・千代田区の参院議員会館で、大麻草が生えているのが見付かった。
21日午後5時過ぎ、「大麻のようなものが生えている」と通報を受けた都の職員が確認したところ、大麻草であることがわかり、4本を回収した。
雑草に混ざって大麻草が生えていたのか。
通報した人は、よく大麻草を見付けました。
自生ではなく、何者かが植えたのかは不明です。
ラベル:事件
posted by hazuki at 23:55| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[政府答弁書] 6月22日、閣僚喫煙、財務省と国家公安委員会で可を閣議決定

[政府答弁書] 6月22日、閣僚喫煙、財務省と国家公安委員会で可を閣議決定

閣僚喫煙、財務省と国家公安委員会で可=政府答弁書
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062200677&g=pol

政府は22日、閣僚が自身の判断で執務室を喫煙可能としているのは国家公安委員会と財務省の2行政機関であることを、同日閣議決定した政府答弁書で明らかにした。財務省では副大臣、政務官の執務室でも喫煙可という。
 政府は今国会で受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を提出しており、成立すれば全ての行政機関の庁舎で屋内禁煙となる。立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書への答弁。(2018/06/22-12:06)



平成30年6月22日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018062201.html

衆議院議員初鹿明博(立憲)提出閣僚等の執務室を直ちに禁煙にすることを求めることに関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)(厚生労働省)




政府は22日、閣僚が自身の判断で執務室を喫煙可能としているのは国家公安委員会と財務省の2行政機関であることを、同日閣議決定した政府答弁書で明らかにした。
財務省では副大臣、政務官の執務室でも喫煙可という。
衆議院議員初鹿明博(立憲)提出閣僚等の執務室を直ちに禁煙にすることを求めることに関する質問に対する答弁書についてを決定。
受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を提出しているのに、閣僚の喫煙が可能とは可笑しい。
受動喫煙対策をするならば、閣僚から禁煙をすべき。




参考資料

平成30年6月22日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018062201.html

第196回国会 385 閣僚等の執務室を直ちに禁煙にすることを求めることに関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/196385.htm

PDF資料
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon_pdf_s.nsf/html/shitsumon/pdfS/a196385.pdf/$File/a196385.pdf




関連

[健康増進法の一部を改正する法律案] 6月19日、“受動喫煙対策を強化” 健康増進法改正案が衆議院本会議で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/460082079.html

[健康増進法の一部を改正する法律案] 6月8日、衆院本会議で健康増進法改正案(受動喫煙対策)が審議入り⇒同日、衆院厚生労働委員会で受動喫煙対策の趣旨説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459957100.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 17:18| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする