2018年05月29日

障害基礎年金、受給者約1000人の支給打ち切り検討

障害基礎年金、受給者約1000人の支給打ち切り検討

障害基礎年金、受給者約1000人の支給打ち切り検討
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3381394.html
29日 11時18分

障害のある人が受け取る「障害基礎年金」の受給者およそ1000人に対し、障害の程度が軽いとして、日本年金機構が来年度の支給の打ち切りを検討していることが分かりました。

 厚生労働省によりますと、年金の支給打ち切りが検討されているのは、20歳前に事故や病気で障害を負った「障害基礎年金」の受給者です。

 「障害基礎年金」は障害の程度によって月額およそ8万円から6万円を受け取ることができ、支給の審査はこれまで、都道府県単位で行われていました。しかし、去年4月から認定の地域差を解消するため全国での一元的な審査に変わり、新たな審査が行われた結果、受給者「1010人」に支給の停止が通知されたということです。

 年金機構は、今年度は猶予期間として支給を続け、来年度改めて審査を行うとしていて、加藤厚生労働大臣は「個々の事例を検討しながら対応を考えていきたい」としています。


障害年金打ち切り検討.PNG



障害がある人に支払われる障害基礎年金を巡り、日本年金機構が受給者約千人について、障害の程度が軽いとして支給打ち切りを検討していることが29日、分かった。
都道府県ごとだった審査業務を昨年4月に一元化した影響とみられる。
機構は経過措置として1年間は支給を継続し、本年度中に再審査するとしているが、不支給となれば受給者の生活に影響が出そう。
受給者「1010人」に支給の停止が通知された。
加藤勝信厚労相は「個々の事例を検討しながら対応を考えていきたい」としている。
障害の程度が軽いとして、障害基礎年金を打ち切るのは如何なものか。
1010人を救済出来るのか。
「個々の事例ごとによく検討しながら対応を考えていきたい」と述べるのは簡単です。




参考資料

障害年金、千人が打ち切りか 一元化の影響、再審査へ
https://this.kiji.is/374022851004646497?c=39546741839462401

年金機構:障害年金問題で厚労相「検証する」
https://mainichi.jp/articles/20180529/k00/00e/040/224000c
posted by hazuki at 23:29| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[働き方改革関連法案] 5月29日、衆院本会議の採決を見送る⇒5月30日、衆院厚生労働委員会で野党が2時間質疑⇒5月31日、衆院本会議の採決へ

[働き方改革関連法案] 5月29日、衆院本会議の採決を見送る⇒5月30日、衆院厚生労働委員会で野党が2時間質疑⇒5月31日、衆院本会議の採決へ

働き方改革法案、衆院採決31日に
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3381707.html
5時間前

安倍政権が最重要法案に位置づける働き方改革関連法案。与党は29日に予定していた本会議での採決を見送りました。一体、何があったのでしょうか。

 政府与党は「働き方改革関連法案」を当初、午後の衆院本会議で採決する方針でしたが、これに待ったをかけたのが立憲民主党などの野党です。

 「もう一度、厚労委員会を開いて、このデータ問題などの集中(審議)をやるように」(立憲民主党 辻元清美国対委員長)

 辻元氏は、先週の法案の委員会採決の際に審議が不十分だったと主張。与党が29日に採決に踏み切った場合、議運委員長の解任決議案を提出する可能性を示唆します。土壇場で野党との全面対決を避けたい与党側が歩み寄りました。

 「一般質疑を2時間、野党の皆さんの持ち時間で開いていただく」(自民党 森山裕国対委員長)

 30日の厚生労働委員会で質疑を行うことを条件に与野党は31日、衆院本会議で法案の採決を行うことで合意しました。これにより、「働き方改革関連法案」の衆院通過に一定の目処がつきました。

 しかし、残りの会期が3週間あまりとなったことから、政府与党はもう一つの重要法案のカジノを含むIR=統合型リゾート整備法案の成立を確実にするため、2〜3週間程度会期を延長する方向で検討しています。


森山裕・国対委員長(自民党).PNG



5月28日、委員会差し戻しを要求した野党4党の願いは叶った。
大島理森・衆議院議長は、5月29日の衆院本会議で働き方改革関連法案を議題にしなかった。
衆院議院運営委員会は29日午前の理事会で、与党が同日午後に目指していた本会議採決を31日に先送りすることを決めた。
与野党が協議し、30日に衆院厚生労働委員会で野党が2時間質疑することで折り合った。
「もう一度、厚労委員会を開いて、このデータ問題などの集中(審議)をやるように」(立憲民主党 辻元清美国対委員長)
土壇場で野党との全面対決を避けたい与党側が歩み寄った。
「一般質疑を2時間、野党の皆さんの持ち時間で開いていただく」(自民党 森山裕国対委員長)
与野党は31日、衆院本会議で法案の採決を行うことで合意した。
怖いのは、国会延長の方針を固めていること。
カジノ法案(IR法案)が今国会で成立してしまいそうです。
水道法改正案は、まだ厚生労働委員会に付託されていませんが付託され、審議入りするでしょう。
先に衆院通過したPFI法改正案は今国会で成立が確実と思われます。
腹き方改革関連法案の委員会に差し戻しを喜んでも居られない。



働き方法案、衆院の採決を先送り 与党、野党の反発に配慮
https://this.kiji.is/374039023943730273?c=39546741839462401
2018/5/29 12:51



働き方改革法案・概要.PNG

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案の概要

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる。

I 働き方改革の総合的かつ継続的な推進
働き方改革に係る基本的考え方を明らかにするとともに、国は、改革を総合的かつ継続的に推進するための「基本方針」(閣議決定)を定めることとする。(雇用対策法)

II 長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等
1労働時間に関する制度の見直し(労働基準法、労働安全衛生法)
・時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定。
(※)自動車運転業務、建設事業、医師等について、猶予期間を設けた上で規制を適用等の例外あり。研究開発業務について、医師の面接指導を設けた上で、適用除外。
・月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率(50%以上)について、中小企業への猶予措置を廃止する。また、使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないこととする。
・高度プロフェッショナル制度の創設等を行う。(高度プロフェッショナル制度における健康確保措置を強化)
・労働者の健康確保措置の実効性を確保する観点から、労働時間の状況を省令で定める方法により把握しなければならないこととする。(労働安全衛生法の改正)
2 勤務間インターバル制度の普及促進等(労働時間等設定改善法)
・事業主は、前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなければならないこととする。
3 産業医・産業保健機能の強化(労働安全衛生法等)
・事業者から、産業医に対しその業務を適切に行うために必要な情報を提供することとするなど、産業医・産業保健機能の強化を図る。

III 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
1 不合理な待遇差を解消するための規定の整備(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間・有期雇用労働者に関する正規雇用労働者との不合理な待遇の禁止に関し、個々の待遇ごとに、当該待遇の性質・目的に照らして適切と認められる事情を考慮して判断されるべき旨を明確化。併せて有期雇用労働者の均等待遇規定を整備。派遣労働者について、@派遣先の労働者との均等・均衡待遇、A一定の要件※を満たす労使協定による待遇のいずれかを確保することを義務化。また、これらの事項に関するガイドラインの根拠規定を整備。(※)同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であること等
2 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者について、正規雇用労働者との待遇差の内容・理由等に関する説明を義務化。
3 行政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備
1の義務や2の説明義務について、行政による履行確保措置及び行政ADRを整備。

施行期日 I:公布日
II:平成31年4月1日(中小企業における時間外労働の上限規制に係る改正規定の適用は平成32年4月1日、1の中小企業における割増賃金率の見直しは平成35年4月1日)
III:平成32年4月1日(中小企業におけるパートタイム労働法・労働契約法の改正規定の適用は平成33年4月1日)




参考資料

勤務間インターバル
https://bizhint.jp/keyword/62097?trcd=brw_tw_keyword_62097




参考

[働き方改革関連法案] 5月28日、委員会差し戻しを 野党4党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459645199.html

[働き方改革関連法案] 5月25日、衆院厚生労働委員会で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459590642.html

[働き方改革関連法案] 修正協議、維新などと大筋合意 5月23日採決へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459512536.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制適用の28歳社員が過労死 最長月184時間残業、IT企業
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459419469.html

[働き方改革関連法案] 維新、高度プロフェッショナル制度の修正要求へ 適用撤回制度、自民に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459394651.html

[働き方改革関連法案] 5月8日、野党、対案の4法案を提出⇒5月9日、衆院厚生労働委員会で野党が対案の趣旨説明 高度プロフェッショナル制度を削除、勤務間インターバルの確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459358732.html

[働き方改革関連法案] 5月2日、衆院厚生労働委員会で実質審議入り 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459199515.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で加藤勝信厚労省が趣旨説明後、審議入り⇒同日、衆院厚生労働委員会で加藤勝信厚労省が趣旨説明 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459147450.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で審議入り 野党、欠席の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459030735.html

[働き方改革関連法案] 希望 民進「高度プロフェッショナル制度」削除の対案提出へ 勤務間インターバルの確保も盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458859707.html

[働き方改革関連法案] 立憲民主党「働き方改革」で対案 高度プロフェッショナル制度を削除 11時間のインターバルを保障
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458671789.html

[働き方改革関連法案] 4月6日、閣議決定 残業を規制 高度プロフェッショナル制度を創設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458639975.html

[働き方改革関連法案] 自民・公明両党が了承、4月6日閣議決定へ 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458613702.html

[働き方改革関連法案] 自民、働き方法案、了承見送り 残業上限「中小企業除外を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458575405.html

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458512498.html

[共同通信世論調査] 働き方改革関連法案、「今国会で成立させる必要はない」69.1% 「成立させるべきだ」17.1%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457579878.html

[働き方改革関連法案] 野村不動産の社員が過労自殺、裁量労働制の50代男性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457526017.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制の拡大削除「まだ安心できる状況ではない」 法政大・上西教授「高プロについても追及を」と警鐘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457456301.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制を分離 安倍首相、データ不備で方針転換 政権に打撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457245702.html

[毎日新聞世論調査] 裁量労働制の対象拡大「反対」57% 「賛成」18%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457178528.html

[働き方改革関連法案] 裁量制データ「ずさんな調査」 担当した労働基準監督官が証言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457176974.html

[働き方改革関連法案] 厚生労働省の調査誤り受け与野党議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457160818.html

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457140163.html




関連

[産経新聞] 裁量労働制の拡大と民主党政権は関係ないのに「不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457187275.html
posted by hazuki at 22:38| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする