2018年05月21日

河野太郎外相「自由貿易推進で中南米地域と関係強化」ブラジルで講演

河野太郎外相「自由貿易推進で中南米地域と関係強化」ブラジルで講演

“自由貿易推進で中南米地域と関係強化”外相がブラジルで講演
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011446421000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_014
5月21日 4時24分

ブラジルを訪れている河野外務大臣は現地で講演し、保護主義的な経済政策の拡大に対抗するため、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の早期発効などで自由貿易を推進し、中南米地域とのさらなる関係強化に取り組む考えを示しました。

河野外務大臣は日本時間の20日夜、ブラジル最大の都市サンパウロにある日本文化発信の拠点施設「ジャパン・ハウス」を訪れ、去年の開館以来、来場者が目標の5倍を超える施設の運営状況などを視察しました。

このあと河野大臣は講演を行い、「21世紀のアジア太平洋にふさわしい国際経済秩序の構築が必要だ。保護主義的な経済政策が台頭する中、日本と中南米の連携を一層強化する必要がある」と述べ、日本など11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定の早期発効などで自由貿易を推進し、中南米地域とのさらなる関係強化に取り組む考えを示しました。

また、河野大臣は北朝鮮の核兵器をはじめとしたすべての大量破壊兵器と、あらゆる射程の弾道ミサイルの完全な廃棄などを実現するため、国連安保理の制裁決議を履行し圧力を維持する必要があると強調しました。


河野太郎・ブラジル.PNG



ブラジルを訪れている河野太郎外相は現地で講演し、保護主義的な経済政策の拡大に対抗する為、TPPの早期発効などで自由貿易を推進し、中南米地域とのさらなる関係強化に取り組む考えを示した。
「21世紀のアジア太平洋にふさわしい国際経済秩序の構築が必要だ。保護主義的な経済政策が台頭する中、日本と中南米の連携を一層強化する必要がある」と述べた。
TPPを推進する河野太郎がブラジルで講演した模様。




参考資料

河野外務大臣によるジャパン・ハウス サンパウロでの講演会
http://www.mofa.go.jp/mofaj/la_c/sa/br/page4_004035.html
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 23:30| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[厚生労働省] 就労者900万人台に抑制 医療・福祉分野、2040年度目標 AIの活用や健康寿命を3歳以上伸ばす取り組みを推進

[厚生労働省] 就労者900万人台に抑制 医療・福祉分野、2040年度目標 AIの活用や健康寿命を3歳以上伸ばす取り組みを推進

就労者900万人台に抑制=医療・福祉分野、40年度目標−厚労省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052100794&g=soc

厚生労働省は21日の経済財政諮問会議で、65歳以上の高齢者数がピークとなる2040年度に合わせた医療・福祉分野における就業者数の需要予測を公表した。現状のままでは全就業者の約2割に相当する1065万人が必要と見込まれるものの、サービスの効率化や健康寿命の引き上げで935万人に抑制可能だと試算した。
 予測によると、18年度の医療・福祉関連の就業者は823万人。高齢化による需要の高まりで必要とする就業者数が25年度は931万人、40年度は1065万人に膨らむ見通しだ。人口減少と高齢化で大幅な働き手不足が予想される中、医療・福祉分野に労働力が集中すれば、日本全体の産業競争力低下につながる可能性がある。
 厚労省はこうした状況を受け、人工知能(AI)の活用や健康寿命を3歳以上伸ばす取り組みを推進。25年度の900万人程度のまま推移させて医療・福祉分野の就労者数膨張に歯止めをかける方針だ。(2018/05/21-17:19)





厚生労働省は21日の経済財政諮問会議で、65歳以上の高齢者数がピークとなる2040年度に合わせた医療・福祉分野における就業者数の需要予測を公表した。
人口減少と高齢化で大幅な働き手不足が予想される中、医療・福祉分野に労働力が集中すれば、日本全体の産業競争力低下につながる可能性がある。
厚労省はこうした状況を受け、人工知能(AI)の活用や健康寿命を3歳以上伸ばす取り組みを推進。
2025年度の900万人程度のまま推移させて医療・福祉分野の就労者数膨張に歯止めをかける方針。
AIの活用ですか。
AIの時代になると、色々と問題が出ますね。

第6回記者会見要旨:平成30年 会議結果
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/0521/interview.html

(問)民間議員の方から、75歳以上の人口の伸びが年1.5%に鈍ることを踏まえ検討すべきということをおっしゃられていたのですが、これは3年で1.5兆という過去の数字と比較して、より低目の数字を念頭に置かれているのでしょうか。





参考資料

経済財政諮問会議
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 22:52| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[働き方改革関連法案] 修正協議、維新などと大筋合意 5月23日採決へ

[働き方改革関連法案] 修正協議、維新などと大筋合意 5月23日採決へ

「働き方」修正、維新などと大筋合意 23日採決へ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3374426.html
21日 11時21分

国会では、安倍政権が最重要法案と位置づける「働き方改革関連法案」の週内の衆議院通過を目指す与党側が、日本維新の会などと法案の修正協議を行い、大筋で合意しました。

 「この法案、今国会成立に向かって与党としては、努力しなければならない中においては、大きな前進を見るのではないかという期待をもたせていただきながら、協議をさせていただいている」(自民党 田村憲久元厚労相)

 修正協議には自民・公明、維新など4党の実務者が参加しました。4党は、法案をめぐって焦点となっている、高収入の一部の専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」について、制度の適用後も労働者側の意向で撤回を可能とするなどの修正案で大筋合意しました。

 一方、国民民主党の玉木共同代表は連合との会合で「高度プロフェッショナル制度」の法案からの削除を求めていく考えを示しました。

 「改めて政府に対しては、高度プロフェッショナル人材の部分については、法案からの削除、これを改めて強く求めていきたい」(国民民主党 玉木雄一郎共同代表)

 与党側は早ければ23日に法案の委員会採決を目指していますが、立憲民主党などの野党も強く反対していて、与野党の駆け引きは激しさを増す見通しです。


働き方・修正.PNG



働き方改革関連法案の週内の衆議院通過を目指す与党側が、日本維新の会などと法案の修正協議を行い、大筋で合意した。
修正協議には自民・公明、維新、希望の党の4党の実務者が参加した。
4党は、「高度プロフェッショナル制度」について、制度の適用後も労働者側の意向で撤回を可能とするなどの修正案で大筋合意した。
与党側は早ければ23日に法案の委員会採決を目指している。

働き方法案、4党が修正に合意 今国会で成立の見通し強まる
https://this.kiji.is/371107707203781729?c=39546741839462401

維新、希望を取り込むことで「与党だけで強行採決した」との批判をかわす狙いです。
高度プロフェッショナル制度の修正をしても意味がない。
野党が主張するように、高度プロフェッショナル制度の削除をすべきです。
高度プロフェッショナル制度の修正案の採決を可決して、働き方改革関連法案の採決も行う。
高度プロフェッショナル制度の創設は、新たな過労死を生む。
修正案では、ダメです。



働き方改革法案・概要.PNG

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案の概要

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる。

I 働き方改革の総合的かつ継続的な推進
働き方改革に係る基本的考え方を明らかにするとともに、国は、改革を総合的かつ継続的に推進するための「基本方針」(閣議決定)を定めることとする。(雇用対策法)

II 長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等
1労働時間に関する制度の見直し(労働基準法、労働安全衛生法)
・時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定。
(※)自動車運転業務、建設事業、医師等について、猶予期間を設けた上で規制を適用等の例外あり。研究開発業務について、医師の面接指導を設けた上で、適用除外。
・月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率(50%以上)について、中小企業への猶予措置を廃止する。また、使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないこととする。
・高度プロフェッショナル制度の創設等を行う。(高度プロフェッショナル制度における健康確保措置を強化)
・労働者の健康確保措置の実効性を確保する観点から、労働時間の状況を省令で定める方法により把握しなければならないこととする。(労働安全衛生法の改正)
2 勤務間インターバル制度の普及促進等(労働時間等設定改善法)
・事業主は、前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなければならないこととする。
3 産業医・産業保健機能の強化(労働安全衛生法等)
・事業者から、産業医に対しその業務を適切に行うために必要な情報を提供することとするなど、産業医・産業保健機能の強化を図る。

III 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
1 不合理な待遇差を解消するための規定の整備(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間・有期雇用労働者に関する正規雇用労働者との不合理な待遇の禁止に関し、個々の待遇ごとに、当該待遇の性質・目的に照らして適切と認められる事情を考慮して判断されるべき旨を明確化。併せて有期雇用労働者の均等待遇規定を整備。派遣労働者について、@派遣先の労働者との均等・均衡待遇、A一定の要件※を満たす労使協定による待遇のいずれかを確保することを義務化。また、これらの事項に関するガイドラインの根拠規定を整備。(※)同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であること等
2 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者について、正規雇用労働者との待遇差の内容・理由等に関する説明を義務化。
3 行政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備
1の義務や2の説明義務について、行政による履行確保措置及び行政ADRを整備。

施行期日 I:公布日
II:平成31年4月1日(中小企業における時間外労働の上限規制に係る改正規定の適用は平成32年4月1日、1の中小企業における割増賃金率の見直しは平成35年4月1日)
III:平成32年4月1日(中小企業におけるパートタイム労働法・労働契約法の改正規定の適用は平成33年4月1日)






志位和夫✔ @shiikazuo
「高プロ」を適用された人が自分の意思で撤回できる「修正」合意で、自公が維新などを抱き込み強行の動きが。
こんな「修正」に何の意味がある?
巨大企業と一労働者。「自由意志」があると?
労働者の意思では権利が守れないからこそ労働法がある。その根本を理解しない欺瞞で強行などとんでもない!




参考資料

勤務間インターバル
https://bizhint.jp/keyword/62097?trcd=brw_tw_keyword_62097




参考

[働き方改革関連法案] 裁量労働制適用の28歳社員が過労死 最長月184時間残業、IT企業
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459419469.html

[働き方改革関連法案] 維新、高度プロフェッショナル制度の修正要求へ 適用撤回制度、自民に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459394651.html

[働き方改革関連法案] 5月8日、野党、対案の4法案を提出⇒5月9日、衆院厚生労働委員会で野党が対案の趣旨説明 高度プロフェッショナル制度を削除、勤務間インターバルの確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459358732.html

[働き方改革関連法案] 5月2日、衆院厚生労働委員会で実質審議入り 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459199515.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で加藤勝信厚労省が趣旨説明後、審議入り⇒同日、衆院厚生労働委員会で加藤勝信厚労省が趣旨説明 野党は欠席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459147450.html

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で審議入り 野党、欠席の方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459030735.html

[働き方改革関連法案] 希望 民進「高度プロフェッショナル制度」削除の対案提出へ 勤務間インターバルの確保も盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458859707.html

[働き方改革関連法案] 立憲民主党「働き方改革」で対案 高度プロフェッショナル制度を削除 11時間のインターバルを保障
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458671789.html

[働き方改革関連法案] 4月6日、閣議決定 残業を規制 高度プロフェッショナル制度を創設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458639975.html

[働き方改革関連法案] 自民・公明両党が了承、4月6日閣議決定へ 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458613702.html

[働き方改革関連法案] 自民、働き方法案、了承見送り 残業上限「中小企業除外を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458575405.html

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458512498.html

[共同通信世論調査] 働き方改革関連法案、「今国会で成立させる必要はない」69.1% 「成立させるべきだ」17.1%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457579878.html

[働き方改革関連法案] 野村不動産の社員が過労自殺、裁量労働制の50代男性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457526017.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制の拡大削除「まだ安心できる状況ではない」 法政大・上西教授「高プロについても追及を」と警鐘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457456301.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制を分離 安倍首相、データ不備で方針転換 政権に打撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457245702.html

[毎日新聞世論調査] 裁量労働制の対象拡大「反対」57% 「賛成」18%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457178528.html

[働き方改革関連法案] 裁量制データ「ずさんな調査」 担当した労働基準監督官が証言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457176974.html

[働き方改革関連法案] 厚生労働省の調査誤り受け与野党議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457160818.html

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457140163.html




関連

[産経新聞] 裁量労働制の拡大と民主党政権は関係ないのに「不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457187275.html
posted by hazuki at 22:03| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする