2018年04月27日

[カジノ法案] 4月27日、閣議決定 全国3カ所、入場料6000円

[カジノ法案] 4月27日、閣議決定 全国3カ所、入場料6000円

平成30年4月27日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018042701.html

特定複合観光施設区域整備法案(決定)

(特定複合観光施設区域整備推進本部・内閣府本府・財務・国土交通省)



特定複合観光施設区域整備推進本部
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/index.html

平成30年4月27日 :特定複合観光施設区域整備法案
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/kokkaiteisyutsuhoan/houritu.pdf


カジノ法案・提出.PNG


カジノ法案を閣議決定=全国3カ所、入場料6000円
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042700354&g=pol

政府は27日の閣議で、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案を決定した。全国で3カ所までカジノの設置を認めるほか、日本人客から入場料として1回6000円を徴収することが柱。政府は海外からの観光客誘致の目玉としたい考えだが、国会での与野党対立のあおりを受けて、6月20日までの会期内成立は見通せない。ギャンブル依存症を助長するとの慎重論も根強く、審議は難航も予想される。

安倍晋三首相は、閣議に先立って開かれたIR推進本部で「法案は、世界中から観光客を集める滞在型観光を推進するという政策目的を実現し、依存症などのさまざまな懸念に万全の対策を講じるものとなっている」と強調した。
 法案では、ギャンブル依存症を防ぎ、マネーロンダリング(資金洗浄)の温床とならないよう規制を設ける。日本人客はマイナンバーカードで本人確認した上で、入場回数を週3回、月10回までに制限。20歳未満や暴力団員も入場を禁じる。事業者がカジノを運営するには国の免許が必要で、内閣府に新設するカジノ管理委員会が事業者の中に反社会勢力が入り込んでいないか審査する。
 入場料は、世界で最も高いシンガポールの水準を実質的に上回る額を設定。事業者のカジノ収入の30%は納付金として国と立地自治体の収入となり、観光や地域経済の振興などに充てる。(2018/04/27-09:45)




政府は27日の閣議で、カジノを中核とするIR実施法案を決定した。
正式名称: 特定複合観光施設区域整備法案。
首相官邸の特定複合観光施設区域整備推進本部が法案を提出している。
全国で3カ所までカジノの設置を認める他、日本人客から入場料として1回6000円を徴収することが柱。
日本人客はマイナンバーカードで本人確認した上で、入場回数を週3回、月10回までに制限。
内閣府に新設するカジノ管理委員会が事業者の中に反社会勢力が入り込んでいないか審査する。
マネーロンダリングの温床とならないよう規制を設けるというが、カジノはマネーロンダリングの温床である。
矛盾している。
IR法案を審議するのは衆院内閣委員会。
TPP関連法案を先に処理する見通し。
カジノ法案が一旦、廃案になることを願う。
カジノに対して、どのような対策を取ろうとも、ギャンブル依存は増え、多大な社会的な負の費用も確実に発生する。
ギャンブルであるカジノに反対します。




参考資料

特定複合観光施設区域整備推進本部
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/index.html



平沢勝栄チャンネル2014年9月-4 カジノ法案(IR法案)について


カジノの町はいま09' 〜韓国江原ランド〜




参考

政府、カジノ法案を4月27日提出へ 会期内成立は微妙、日程調整難航
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458626701.html

[カジノ法案] カジノ入場回数は「週3回、月10回」 入場料は6000円 マイナンバーカードを提示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458625934.html

[IR] カジノ法案、入場料6千円で合意 与党、今月中に国会提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458573084.html

[カジノ法] カジノ入場料2千円を提示 IR政府案、与党で協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457050684.html

[カジノ法] 日本人のカジノ入場月10回まで 自民部会に政府規制案提示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456969220.html

[カジノ法] カジノ実施法作成本格化へ IR推進本部設置を決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448071776.html

ギャンブル依存症対策で基本法検討 カジノ法(IR整備推進法)施行で閣僚会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445274259.html

カジノ法(IR整備推進法)が施行 政府、IR制度設計に着手
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445272854.html

カジノ法、26日施行 依存症対策で閣僚会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445234548.html

カジノを含むIR法が成立 野党徹底抗戦も異例の会期再延長で衆院本会議採決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444912729.html

カジノ法案、参院可決 15日未明に成立する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444892658.html

国会、カジノ法案巡り緊迫 自民、14日成立図る方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444854755.html

カジノ法案は13日採決を 自民が提案、民進は拒否
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444833953.html

カジノ法案週内採決見送り 自民・民進、12日に参考人質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444715640.html

[カジノ解禁法案] IR推進法案、参院で審議入り 早ければ9日に成立、与党内に異論も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444684533.html

カジノ法案、衆院を通過 自民押し切り、野党は反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444658286.html

カジノ法案、衆院内閣委員会で賛成多数で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444563323.html

自民、カジノ法案の今国会成立目指す意向を公明に伝達
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444479133.html

統合型リゾート施設整備推進法案(カジノ法案)、自民が16日審議入り提案も民進が拒否
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444029474.html

カジノ法案推進で自民と維新がタッグ 公明は置き去り? 超党派議連が総会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442763002.html

カジノ法案成立目指す 超党派議連が方針確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442357891.html

日本維新の会、自民にIR法案(カジノ法案)の早期成立要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441751542.html

カジノ特命チーム業務凍結「五輪に間に合わぬ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/435479987.html

萩生田官房副長官「IRは必要な検討を加えたい」 カジノを中心とした統合型リゾート(IR)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433081368.html

[与党] カジノ解禁に向け、依存症対策の検討へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426561264.html

カジノ法案、秋の臨時国会に先送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425533919.html

カジノ法案は今国会も成立見送り 「お台場カジノ」はどうなったの?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425060490.html

維新がカジノなどIR法案の早期審議入りを要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423370238.html

カジノ法案、今国会成立方針を再確認 超党派議連が総会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/420897077.html

カジノ法案 自民、維新、次世代の3党が国会に再提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418113411.html

ギャンブル依存の対策急務=疑い536万人−カジノ法案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418112884.html

カジノ、参院自民から異論 参院選での公明との連携を重視?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417375594.html

超党派議連、IR法案を正式決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416513032.html

カジノ法案 自公、再手続きで一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416346530.html

3月30日にもカジノ法案を再提出 超党派の議連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416186470.html

カジノ法案再提出へ、自民・維新・次世代 公明に反対論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415823810.html

カジノ候補地、横浜市と大阪市に…政府方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414331202.html

カジノ法案、再提出へ 議連、民公に慎重論も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412417549.html

カジノなどIR 横浜が有力候補地に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411748345.html

横浜市でカジノ解禁考えるシンポ 負の側面、報告や講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409490749.html

カジノ解禁法案の今国会成立を断念…与党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408494680.html

[カジノ法案] 黄信号に焦る推進派、首相に“賭け” 公明は慎重姿勢崩さず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408273618.html

カジノは警察利権に 議連「査察官」規定を削除 官僚組織にすりより
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407695512.html

日本が参考にするアジアのカジノはマネーロンダリングの温床的側面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407425151.html

カジノ法案、日本人には資格要件 修正了承
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407227680.html

カジノをつくれば外国人観光客が押し寄せるというのは錯覚
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407106364.html

カジノ、日本人利用へ方針転換 一定の資格要件設定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406883865.html

カジノ法案修正へ 超党派議連が確認 ギャンブル依存症などへの懸念に対処
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406708078.html

カジノ法案、公明と調整へ 今国会成立めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406421335.html

カジノ合法化・リゾート整備へ内閣官房に新組織
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402059701.html




関連

カジノ依存、先行き不安も=20日返還15周年−マカオ 収入は6カ月連続マイナス
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410999959.html

「なぜカジノがダメでパチンコは許されるのか」橋下、井戸知事にかみつく…「タレント」対「官僚」因縁バトル再び
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408438365.html

カジノ法案成立不透明…松井「非常に困る」と苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076895.html

「パチンコは?」と兵庫県知事に反論 カジノ構想で橋下
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407336539.html

松井カジノ「リスクなきリターンない」「維新は法案賛成にコンセンサス」…批判・兵庫知事や慎重・江田氏に苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407300313.html

大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/288628488.html
posted by hazuki at 23:34| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回) 4月28日締切

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回) 4月28日締切

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000973&Mode=0

案件番号 185000973
定めようとする命令等の題名 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程
根拠法令項 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第三条の規定に基づく基本的事項(平成15年11月21日財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省告示第1号)第1の1の(2)のハ
行政手続法に基づく手続であるか否か 任意の意見募集
問合せ先
(所管府省・部局名等) 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室
電話:03-5253-4111(内線4113)
案の公示日 2018年03月29日 意見・情報受付開始日 2018年03月29日 意見・情報受付締切日 2018年04月28日

関連情報意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見公募要領   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172409

関連資料、その他

第一種使用規程承認申請書(資料1−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172410
第一種使用規程承認申請書(資料1−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172411
学識経験者の意見(資料2−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172412
学識経験者の意見(資料2−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172413

資料の入手方法 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室にて資料配布


第一種使用規程承認申請書・2.PNG



兎に角、時間がありません。
明日、4月28日(土)が締切です。
文部科学省は、3月29日からパブリックコメントを募集していた。
4月28日に締め切る。
文部科学省は締切の時間を指定してないようですが、18時、必着を目指して意見を送りましょう。

以下、文部科学省の資料より

遺伝子組換え生物等による生物多様性への影響を防止することを目的とした「生物の 多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」の国内担保法であ る「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平 成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)では、遺伝子組換え生物等を環境 中への拡散を防止しないで行う使用等を「第一種使用等」とし、第一種使用等をしよう とする者は、第一種使用規程(第一種使用等の内容及び方法等を記載)を定め主務大臣 の承認を受けなければならないとされています。
今般、カルタヘナ法に基づき、研究開発段階の遺伝子組換え生物等の使用等に関する 第一種使用規程について下記の承認申請がありました。本申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂きました。
つきましては、これら案件の申請について、国民の皆様からの意見募集を実施します。

以上。

申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 理事長 井邊時雄氏。
(茨城県つくば市観音台3−1−1)

遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、シンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)とシンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)で、隔離ほ場における栽培、にこれらに付随する行為。

カルタヘナ法、同法の施行規則その他関連する告示等については、参考として以下 のURLから御参照ください。
URL
http://www.biodic.go.jp/bch/hourei1.html

(研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室)




印鑰智哉さんのFacebookより転載
https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/2546545548705593

遺伝子組み換えのイネ4品種の隔離圃場での栽培の承認を求めるパブリックコメント。29日本日開始で、締め切りは4月28日。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
 ちなみに研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離圃場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。
 農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。こんな状態だから、日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。マスコミも報道しない。

 さて、今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験(オープンな環境)。2月9日に意見聴取会が開かれ、お墨付きを学識経験者からもらったので、パブリックコメントを経て、承認ということになるのでしょう。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/01/1400687.htm

 日本でも今回4品種の遺伝子組み換えイネの栽培実験、花粉が飛ぶ環境での実験だけに、実現してほしくない。
 今、遺伝子組み換えイネをめぐりかなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1682710521795926&id=330604687006523




意見公募のリンクから入って、意見を提出して下さい。↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000973&Mode=0

意見文は、2000字以内でお願いします。改行も字数に入ります。

今回の申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市観音台3−1−1)となっています。遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、シンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)とシンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)で、隔離ほ場における栽培、にこれらに付随する行為としています。申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂いたとのことですが、果たして安全と言えるのでしょうか。研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離ほ場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験。遺伝子組み換えイネを巡り、かなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。第1種使用に適用させるのは如何なものかと思います。遺伝子組み換え作物を作るのは危険であり、畜産物となる動物や人体にどう影響していくのかは全く未知数です。家畜が遺伝子組み換えされた作物を食べても、結局は私達の胃袋に彼らの肉が入ります。 もし、毒や病気になり易くなる物質が既に食品にあるいは人体で生成されたら、私達は二重に被害を被る可能性があります。そして、その遺伝子組み換えを栽培して来た土壌がどう変わって行くのかという長いスタンスでの実験がなされてない。世界的に日本が開発した遺伝子組み換え農作物の特許を取りたいのでしたら、それは支持しますが、商品化として流通するのは、後々、訴訟問題に発展し兼ねない。 その点、アメリカは賢いです。 カルタヘナ法(カルタヘナ議定書)に加入しないで、遺伝子組み換え農作物の商用を実施しているにも関わらず、リスクは取りません。継続して、第1種使用は止めて、囲いのある場所で条件を変えた実験を長らくするべきです。



重要

忘れずに「平成29年度第1回」の意見も送って下さい。


[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459044166.html





参考

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459044166.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 農林水産省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048994.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048654.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html
ラベル:文部科学省 GMO
posted by hazuki at 16:46| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000972&Mode=0

案件番号 185000972
定めようとする命令等の題名 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程
根拠法令項 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第三条の規定に基づく基本的事項(平成15年11月21日財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省告示第1号)第1の1の(2)のハ
行政手続法に基づく手続であるか否か 任意の意見募集
問合せ先
(所管府省・部局名等) 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室
電話:03-5253-4111(内線4113)
案の公示日 2018年03月29日 意見・情報受付開始日 2018年03月29日 意見・情報受付締切日 2018年04月28日

関連情報意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見公募要領   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172404

関連資料、その他

第一種使用規程承認申請書(資料1−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172405
第一種使用規程承認申請書(資料1−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172406
学識経験者の意見(資料2−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172407
学識経験者の意見(資料2−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172408

資料の入手方法 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室にて資料配布


第一種使用規程承認申請書・1.PNG




兎に角、時間がありません。
明日、4月28日(土)が締切です。
文部科学省は、3月29日からパブリックコメントを募集していた。
4月28日に締め切る。
文部科学省は締切の時間を指定してないようですが、18時、必着を目指して意見を送りましょう。

以下、文部科学省の資料より

遺伝子組換え生物等による生物多様性への影響を防止することを目的とした「生物の 多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」の国内担保法であ る「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平 成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)では、遺伝子組換え生物等を環境 中への拡散を防止しないで行う使用等を「第一種使用等」とし、第一種使用等をしよう とする者は、第一種使用規程(第一種使用等の内容及び方法等を記載)を定め主務大臣 の承認を受けなければならないとされています。
今般、カルタヘナ法に基づき、研究開発段階の遺伝子組換え生物等の使用等に関する 第一種使用規程について下記の承認申請がありました。
本申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂きました。
つきましては、これら案件の申請について、国民の皆様からの意見募集を実施します。

以上。

申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 理事長 井邊時雄氏。
(茨城県つくば市観音台3−1−1)

遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、グルテリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネとグロブリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネで、隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並び にこれらに付随する行為。

カルタヘナ法、同法の施行規則その他関連する告示等については、参考として以下 のURLから御参照ください。
URL
http://www.biodic.go.jp/bch/hourei1.html (研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室)




印鑰智哉さんのFacebookより転載
https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/2546545548705593

遺伝子組み換えのイネ4品種の隔離圃場での栽培の承認を求めるパブリックコメント。29日本日開始で、締め切りは4月28日。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
 ちなみに研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離圃場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。
 農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。こんな状態だから、日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。マスコミも報道しない。

 さて、今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験(オープンな環境)。2月9日に意見聴取会が開かれ、お墨付きを学識経験者からもらったので、パブリックコメントを経て、承認ということになるのでしょう。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/01/1400687.htm

 日本でも今回4品種の遺伝子組み換えイネの栽培実験、花粉が飛ぶ環境での実験だけに、実現してほしくない。
 今、遺伝子組み換えイネをめぐりかなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1682710521795926&id=330604687006523




意見公募のリンクから入って、意見を提出して下さい。↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000972&Mode=0

意見文は、2000字以内でお願いします。改行も字数に入ります。


今回の申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市観音台3−1−1)となっています。遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、グルテリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネとグロブリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネで、隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並び にこれらに付随する行為としています。申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂いたとのことですが、果たして安全と言えるのでしょうか。研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離ほ場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験。遺伝子組み換えイネを巡り、かなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。第1種使用に適用させるのは如何なものかと思います。遺伝子組み換え作物を作るのは危険であり、畜産物となる動物や人体にどう影響していくのかは全く未知数です。家畜が遺伝子組み換えされた作物を食べても、結局は私達の胃袋に彼らの肉が入ります。 もし、毒や病気になり易くなる物質が既に食品にあるいは人体で生成されたら、私達は二重に被害を被る可能性があります。そして、その遺伝子組み換えを栽培して来た土壌がどう変わって行くのかという長いスタンスでの実験がなされてない。世界的に日本が開発した遺伝子組み換え農作物の特許を取りたいのでしたら、それは支持しますが、商品化として流通するのは、後々、訴訟問題に発展し兼ねない。 その点、アメリカは賢いです。 カルタヘナ法(カルタヘナ議定書)に加入しないで、遺伝子組み換え農作物の商用を実施しているにも関わらず、リスクは取りません。継続して、第1種使用は止めて、囲いのある場所で条件を変えた実験を長らくするべきです。



重要

忘れずに「平成29年度第2回」の提出もお願いします。



[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回) 4月28日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459044931.html




参考

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 農林水産省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048994.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048654.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html
ラベル:文部科学省 GMO
posted by hazuki at 16:02| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[憲法世論調査] 自民改憲4項目(9条、教育無償化、参院合区解消、緊急事態条項)、否定多数 9条拮抗

[憲法世論調査] 自民改憲4項目(9条、教育無償化、参院合区解消、緊急事態条項)、否定多数 9条拮抗

自民改憲4項目、否定多数 9条拮抗、憲法世論調査
https://this.kiji.is/361969371901609057?c=39546741839462401
2018/4/26 05:19

共同通信社は25日、憲法記念日の5月3日を前に郵送方式で実施した憲法に関する世論調査の結果をまとめた。自民党が改憲を目指す4項目全てで「反対」や「不要」の否定的意見が上回った。このうち9条改正は必要ない46%、必要44%で拮抗した。教育充実のための改憲は不要70%となり、必要28%に大差をつけた。安倍晋三首相の下での改憲に61%が反対し、賛成は38%だった。

 自民党は9条への自衛隊明記、教育充実、緊急事態条項の新設、参院選「合区」解消―の4項目について条文案をまとめたが、世論の理解が得られていない現状が明らかになった格好だ。


憲法世論調査・共同.PNG



共同通信社は25日、憲法記念日の5月3日を前に郵送方式で実施した憲法に関する世論調査の結果をまとめた。
自民党が改憲を目指す4項目全てで「反対」や「不要」の否定的意見が上回った。
9条改正は必要ない46%、必要44%で拮抗した。
緊急事態条項の創設で、@内閣の権限強化・私権制限に賛成が42%もいることに驚きです。
内閣独裁を許し、国民の私権制限を認めるという。
自民党改憲本部もA国会議員の任期延長に留めた筈です。
緊急事態条項はナチスの全権委任法に当たることを知らない国民が如何に多いことか。
ちなみに、自民党は教育無償化は財源がないのでやらない嘘つきです。
#ヤバすぎる緊急事態条項





参考

[自民党改憲本部] 自民改憲案、柔軟に修正を検討 細田博之氏、改憲発議時期は「白紙」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458730677.html

[自民党改憲本部] 9条改正案、「9条2項を維持」軸に細田博之本部長一任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458259565.html

自民・細田博之氏:改憲4項目の検討状況報告 緊急事態条項、改憲案示す 大規模災害時に権限集中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458148743.html

[自民党改憲本部] 9条改憲7案を議論 9条に自衛隊保持明記へ 「首相指揮」で文民統制確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458019514.html

[自民党改憲本部]「9条改正」7案示す 2項維持の安倍首相案ベース
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457951314.html

[自民党改憲本部] 憲法9条の改正案、条文案もとに議論 3月25日の党大会までに意見集約を急ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457250295.html

[自民党改憲本部] 改憲条文案を了承 教育充実「国に努力義務」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457052262.html

[自民党改憲本部] 参院選「各県最低1人」 合区解消狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456928912.html

[自民党改憲本部] 9条改憲案づくり着手 所属議員から意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456759377.html

[産経新聞] 憲法と緊急事態 任期延長だけでは足りぬ「重要なのは、緊急事態を宣言し、一時的に首相や内閣に権限を集め、法律に代わる緊急政令を出し、財政支出を行う仕組み」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456693251.html

[自民改憲本部] 国民の私権制限求める声続出 緊急事態条項「理想は2012年の党改憲草案だ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456581096.html

自民改憲本部、国民の私権の制限見送りへ 緊急事態条項で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456538668.html

自民・柴山昌彦氏、憲法改正「9条2項温存が穏当」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456373317.html

[参院合区解消] 参院選の合区解消、改憲にらむ自民のジレンマ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455988992.html

[自民党] 9条改憲、両論併記(首相案と2項削除案) 年明け議論再開
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455743154.html

自民党 憲法改正案の取りまとめ 年内見送りへ「条文化する段階には至っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455285029.html

自民改憲本部、教育「無償」明記見送りへ 財源めど立たず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455186716.html

「緊急事態条項」で首相の好き放題…改憲の危険性はどこにあるか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454953115.html

自民党、次国会に9条改憲案提示へ 改憲本部長に細田博之氏就任 緊急事態条項を含む改憲4項目について意見集約を進め原案づくりを急ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454791103.html

自民公約に首相改憲4項目(9粂、緊急事態条項の創設、参院選挙区の合区解消、教育無償化) 9条に自衛隊、条文は見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453617363.html

自民改憲本部が議論再開 9条テーマ、意見集約難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453422637.html

憲法改正案 秋の臨時国会までに取りまとめへ 自民 緊急事態条項の新設を議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451546096.html

9条改憲「性急すぎる」 自民全体会合で異論も 推進本部は教育無償化、緊急事態条項の新設などを議論する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451189121.html

9条解釈「1ミリも動かさず」 自民改憲本部長の保岡氏 9条、教育無償化、緊急事態条項などを議論し、改憲案をまとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450805753.html

自民党、改憲で9条、教育無償化、緊急事態条項など4項目議論 幹部初会合、検討本格化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450625079.html

[産経新聞] 憲法と緊急事態 議論の矮小化にあきれる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449711421.html

施行70年、転機の憲法 改正項目で各党駆け引き 緊急事態条項の新設、教育無償化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449566704.html

与野党、緊急事態条項で隔たり 改憲巡り討論 自民党の保岡興治氏は緊急事態条項の創設を訴え、民進党の武正公一氏は反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449559990.html

日本のこころが憲法草案発表 「天皇元首」「軍保持」「緊急事態条項(日本版FEMA)」など明記
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449416015.html

細野豪志「改憲議論に積極参加」 民進代表代行辞任で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449049688.html

民進・細野豪志が代表代行辞任へ 改憲巡り「考え方に違い」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448991057.html

安倍政権が新憲法改正草案を作成へ!9条改正を外し、緊急事態条項(日本版FEMA)追加を優先!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448879120.html

「党内で言え」民進党の前原誠司元外相、細野豪志代表代行の憲法改正私案公表に苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448857541.html

民進党の細野豪志が憲法改正私案を公表 教育無償化や緊急事態条項
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448856451.html

改憲、自民党改憲草案基本に議論 下村博文幹事長代行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448537498.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html

スターウォーズにみる「緊急事態条項」の問題点、弁護士が解説「ヤバさを実感して」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445855545.html

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である (自民党草案の問題点を考える) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445679581.html




関連

石破茂氏、9条改憲「党決定に賛成」 2項削除の主張は堅持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457224578.html

9条3項に「自衛権妨げず」 自民有志
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456617603.html

安倍首相、9条2項削除に否定見解 集団的自衛権の全面容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456573925.html




関連(改憲発議)

自民・船田元氏「今年中に改憲の発議したい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457105935.html
posted by hazuki at 00:12| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする