2018年04月24日

トランプ政権に議会のカベ、最終段階のNAFTA再交渉 ライトハイザーUSTR代表、ISD条項を縮小または完全に廃止しようとしている

トランプ政権に議会のカベ、最終段階のNAFTA再交渉 ライトハイザーUSTR代表、ISD条項を縮小または完全に廃止しようとしている

トランプ政権に議会のカベ、最終段階のNAFTA再交渉
http://jp.wsj.com/articles/SB11244555935893954645804584182033341387684
2018 年 4 月 24 日 02:32 JST

【ワシントン】トランプ政権は今後2週間で北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をまとめ上げるため、追い込みに入っている。新たな内容を議会に認めさせようと、なりふり構わぬ戦術を検討しているようだ。

 ドナルド・トランプ大統領は、米国の労働者に有利な条件で合意できない場合は、NAFTAから完全撤退する構えを繰り返してきた。

 トランプ政権はカナダとメキシコを交渉のテーブルに着かせるためにも同じ戦略を取った。だが共和党議員をはじめとする一部議員は、それに抵抗する姿勢を示している。

 パット・トゥーミー上院議員(共和、ペンシルベニア州)は「政権にとってそれは非常にまずい戦略だと、彼ら(ホワイトハウス当局者)に非常に明確に伝えた」と語った。

 議会には、関税措置を含め、ホワイトハウスが打ち出した望ましくない政策を遅延・阻止する最終的な権限がある。

 ロバート・ライトハイザー通商代表部(USTR)代表は20日、カナダとメキシコの高官と非公式に会談した。24日にも再び会合を開き、集中協議を続ける予定だ。

 メキシコのイルデフォンソ・グアハルド経済相は20日のワシントンでの協議後「非常に良い進展があった。われわれはノンストップで作業を続ける」と語った。

 カナダのクリスティア・フリーランド外相も、交渉は「さらに集中的な期間に入った。基本的には、順調に進展している」と語った。

 3カ国は2週間以内にNAFTA改定について基本合意したい考え。7月1日のメキシコ大統領選の前の正式調印を目指している。

 だが、トランプ政権の圧力が議会に効くかどうかは定かでない。まず第一に、米国の大統領にNAFTAから完全に離脱する権限はないと、一部の法律専門家らは指摘する。トゥーミー氏は「(大統領は)通告はできるが、議会の行動なしに実際に離脱することはできない」としている。

 トランプ政権が合意を急いでいることには、共和・民主両党の議員から懸念の声が出ている。

 共和党議員は、ライトハイザー氏が地元の州のビジネスに関わる問題よりも、国際的に不評をかこつトランプ政権の「米国第一」に基づく提案を優先しかねないと警戒している。

 投資先の国の協定違反などで企業が損害を被った場合に外国政府に賠償金を請求できるISD条項を、ライトハイザー氏が縮小または完全に廃止しようとしていることを共和党は批判してきた。上院財政委員会のオリン・ハッチ委員長(共和、ユタ州)は1週間前にライトハイザー氏に対し、NAFTAの著作権保護策を強化するよう求めた。

 一方、民主党はトランプ政権の貿易政策に同調しているものの、ライトハイザー氏が交渉成立のためにそうした優先課題で譲歩することを懸念している。

 ティム・ライアン下院議員(民主、オハイオ州)は先週ツイッターを通じ、「NAFTAは向こう2週間で再交渉される。(外国に)外注するインセンティブをなくし、労働と環境に関する強力な条項を追加するべきだとトランプ大統領に念押ししたい」と述べた。

 先週は下院民主党議員97人がライトハイザー氏に書簡を送り、NAFTAとメキシコの法律における労働基準を引き上げるよう要求した。米国の労働者は、メキシコの労働者の賃金が上がり、外注が減ることを期待している。

 一方、ライトハイザー氏が自動車分野のルールについて柔軟な姿勢を示したため、カナダ当局者はトランプ政権への批判を和らげた。

 2015年の大統領貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)法によると、政権が交渉と協定締結に関する所定のルールを順守した場合、トランプ氏には議会での遅延または修正なしに、貿易協定の可否を判断する権限がある。

 ファストトラックの次の大きな一歩は、90日後に貿易協定に署名する意向を議会に通告することだ。協定の全文を署名の60日前に公表する必要があるため「基本合意」では十分ではない。議会側近によると、トランプ政権が間もなくこの通知を出す可能性について、スタッフは協議している。

 その後、議会は新たなNAFTA法案を受け取り、90日以内に採決を実施する。米国は年内に議会での採決にこぎつけるため、カナダおよびメキシコと2週間で基本交渉を終え、正式な合意文書をすぐにまとめたい意向だ。


ライトハイザー・NAFTA.PNG



トランプ政権は今後2週間で北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をまとめ上げる為、追い込みに入っている。
トランプ大統領は、米国の労働者に有利な条件で合意出来ない場合は、NAFTAから完全撤退する構えを繰り返して来た。
メキシコ、カナダ、米国の3カ国は2週間以内にNAFTA改定について基本合意したい考え。
7月1日のメキシコ大統領選の前の正式調印を目指している。
だが、トランプ政権の圧力が議会に効くかどうかは定かでない。
トランプ政権が合意を急いでいることには、共和・民主両党の議員から懸念の声が出ている。
投資先の国の協定違反などで企業が損害を被った場合に外国政府に賠償金を請求出来るISD条項を、ライトハイザー氏が縮小または完全に廃止しようとしていることを共和党は批判して来た。
NAFTA再交渉の為、ライトハイザー氏はISD条項を縮小または完全に廃止しようとしていることを共和党が批判した。
米国ですら、ISD条項を否定する有り様。
日欧EPAではEUがISD条項を拒否。
米国が離脱したTPPでもISD条項を凍結したが、日本はISD条項の導入に積極的だった。
世界から嫌われる日本である。




参考

トランプ政権、カナダとメキシコにNAFTAの再交渉を迫る→ 韓国には米韓FTAの再交渉を迫り事実上合意→ 日米経済対話で日米FTAを要求か?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453995622.html
ラベル:米国
posted by hazuki at 23:50| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希望の党、民進党の新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す

希望の党、民進党の新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す

希望、民進新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す
https://this.kiji.is/361445799558956129?c=39546741839462401
2018/4/24 18:39

希望、民進両党は24日、両党幹部による新党協議会を国会内で開き、新党名を「国民民主党」にすると決めた。両党は今後、それぞれ党会合を開き、所属国会議員らに説明。「安倍1強」の打破を目指し新党への参加を求める構えだが、両党には慎重な議員もおり新党の規模は見通せない。

 協議会後、希望の玉木雄一郎、民進の大塚耕平両代表はそろって記者会見した。玉木氏は「国民が第一の政治を目指すために、ゼロからスタートするとの思いで頑張る」と述べた。大塚氏は「国民生活を向上、発展させる」と強調した。

 両氏は新党の通称は「国民党」になるとした。国政選挙での略称は「国民」の見通し。


希望と民進の新党.PNG




希望、民進両党は24日、両党幹部による新党協議会を国会内で開き、新党名を「国民民主党」にすると決めた。
新党の通称は「国民党」になるとした。
国政選挙での略称は「国民」の見通し。
玉木雄一郎が希望の党の党名を使えない問題。
新党は「国民民主党」で決まりか?
結局、「民主」を使うのだな。
玉木雄一郎が「国民第一」とテレビで発言していた。
国民第一というより、議員第一ではないのか。
合流に批判的な議員も多いという。
安倍政権がグラグラしている時に新党です。





関連

[希望の党] 松沢成文氏、分党を提案 役員会、古川元久幹事長に対応一任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456757749.html

希望の党混迷、3分裂も 安保法反対へ転換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456574369.html

民進・希望の統一会派構想は一転白紙に 希望の玉木雄一郎代表「申し入れてきた民進党の方が決められない…」と交渉打ち切りを宣言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456275076.html

[希望の党分裂] 松沢成文氏ら新党結成へ 民進との統一会派反発、執行部側は党名変更も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456274429.html
ラベル:玉木雄一郎
posted by hazuki at 22:52| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[生活保護法改正案] 4月18日、野党、欠席の中、衆院厚生労働委員会で審議入り⇒4月25日、衆院厚生労働委員会で採決

[生活保護法改正案] 4月18日、野党、欠席の中、衆院厚生労働委員会で審議入り⇒4月25日、衆院厚生労働委員会で採決

衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48046&media_type=fp

2018年4月18日 (水)
厚生労働委員会

案件:
生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案(196国会閣20)
生活保護法等の一部を改正する法律案(196国会衆9)


発言者一覧
説明・質疑者等(発言順)
 高鳥修一(厚生労働委員長)
 浦野靖人(日本維新の会)  
 渡辺孝一(自由民主党)  
 桝屋敬悟(公明党)
 高鳥修一(厚生労働委員長)  
答弁者等
議員(発言順):
 山井和則(希望の党・無所属クラブ)
 池田真紀(立憲民主党・市民クラブ)
 初鹿明博(立憲民主党・市民クラブ)
大臣等(建制順):
 加藤勝信(厚生労働大臣 働き方改革担当 拉致問題担当 内閣府特命担当大臣(拉致問題))



生活保護法改正案、25日に採決 働き方改革法案、週内審議入りも
https://this.kiji.is/361357838410335329?c=39546741839462401
2018/4/24 12:46

衆院厚生労働委員会は24日の理事会で、生活保護法改正案などを25日の同委員会で採決することを高鳥修一委員長(自民党)の職権で決めた。立憲民主、希望など野党4党派は理事会を欠席したが、与党は採決に必要な審議時間を確保したと判断した。与党側は働き方改革関連法案の週内の審議入りを目指している。

 野党は、辞任した福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑に関する政府対応や、過労死があった野村不動産に対する特別指導の経緯を巡り反発、改正案を審議する同委員会を欠席した。


生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案・概要.PNG
生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案・概要
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/196-06.pdf


高鳥修一・厚生労働委員長.PNG




生活保護改正案が4月18日、野党、欠席の中、審議入りした。
立憲民主党、希望の党、無所属の会(民進党)、共産党は審議拒否。
生活保護法等の一部を改正する法律案は、立憲民主党の池田真紀君外九名が議案提出者。
3月29日に提出されて、3月30日に衆院厚生労働委員会に付託された。

衆法 第196回国会 9 生活保護法等の一部を改正する法律案 議案審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DC8916.htm

4月18日、日本維新の会、自民党、公明党で審議入り。
議員提出法案の為、希望の党の山井和則、立憲民主党の池田真紀、立憲民主党の初鹿明博が答弁した。
衆院厚生労働委員会は4月24日の理事会で、生活保護法改正案などを25日の同委員会で採決することを高鳥修一委員長(自民党)の職権で決めた。
本日、4月24日も4野党は理事会を欠席。
与党は採決に必要な審議時間を確保したと判断した。
明日、4月25日、生活保護法改正案を採決する。
大切な時に審議拒否や欠席の野党、いい加減にして欲しい。




訂正・お詫び

生活保護改正案には、生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案と生活保護法等の一部を改正する法律案があります。
紛らわしいですが、マスコミが報道している生活保護改正案は、2月9日に閣議決定され、厚労省が国会に提出した「生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案」と捉えて良いと思います。

生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案(平成30年2月9日提出)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/196.html

生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19605020.htm

池田真紀君外九名が提出した「生活保護法等の一部を改正する法律案」は法案提出者の会派が審議拒否をし、衆院厚生労働委員会を欠席している為、殆ど、審議されてないです。
4月24日の理事会で、4月25日に採決するとした法案は、「生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案」です。

生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案 について附帯決議案に関する動議を附帯決議案提出者、日本維新の会の浦野靖人が趣旨説明。
趣旨説明の後、起立総員で付帯決議を決し加藤勝信厚労相が発言。
調査の報告は委員長に一任し委員会において報告。

第196回国会4月18日厚生労働委員会ニュース(PDF)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/kourou19620180418010.pdf/$File/kourou19620180418010.pdf

第196回国会4月24日厚生労働委員会ニュース(PDF)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/kourou19620180424012.pdf/$File/kourou19620180424012.pdf

生活保護法等の一部を改正する法律案(196国会衆9)は審議入りしたが、採決に至ってない。
理由は、野党の審議拒否と欠席です。




参考資料

生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案(平成30年2月9日提出)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/196.html

生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案・概要(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/196-06.pdf

生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19605020.htm

衆法 第196回国会 9 生活保護法等の一部を改正する法律案 議案審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DC8916.htm

衆法 第196回国会 9 生活保護法等の一部を改正する法律案 生活保護法等の一部を改正する法律案要綱
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g19601009.htm

生活保護法等の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g19601009.htm
posted by hazuki at 17:01| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする