2018年04月30日

[種子法廃止] 種子法廃止の対策を 62地方議会が意見書提出(4月12日現在)

[種子法廃止] 種子法廃止の対策を 62地方議会が意見書提出(4月12日現在)

重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、2017年4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
2017年4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。


種子法廃止の対策を 62地方議会が意見書提出
http://www.jacom.or.jp/kome/news/2018/04/180422-35118.php
2018.04.22

主要農作物種子法は今年の4月1日、廃止となったが、ことの重大性から道府県、市町村議会では種子生産・供給に万全の対策を求める意見書の採択・提出が相次いでいる。4月12日現在で2県、26市、20町、14村の合計62自治体で意見書提出が行われ、国や県に新たな法律、あるいは対策を求める声が高まっている。

主要農作物種子法は昨年の4月、廃止が決まった。同法は昭和27年に制定され、稲・麦・大豆の品種開発と安定供給に貢献してきた。突然の廃止は「民間企業の参入を阻害している」という理由だが、十分な資料も説明もなく、参院のわずか5時間の審議で廃止を可決した。
 稲・麦・大豆の種子生産は道府県が行っているが、法の裏付けがなくなると、ただでさえ財政難の道府県が、これまで通りの種子行政ができるかという不安が残る。これを危惧する地方議会が国や国会に意見書を出して62自治体に及んだ。
 その一つ、千葉県野田市議会の意見書は、廃止となった種子法に代わる新たな法整備を求めている。内閣総理大臣、農林水産大臣、経済産業大臣あての意見書で、種子法廃止の際の参院での附帯決議にある、都道府県での財源確保、種子の国外流出防止、種子独占の弊害の防止などを求め「政府においては食料主権の観点から、日本の種子を保全するための新たな法整備を行うなど、積極的な施策を求める」としている。
 また県議会では、昨年愛知県が「種子法の廃止により、都道府県の取り組みが後退することへの懸念や特定の事業者による種子の独占によって弊害が生じるおそれが指摘されており、民間事業者が参入しやすい環境を整備するとともに、都道府県による稲、麦及びサイズの種子の研究開発の強化と安定供給を図っていく必要がある」と、従来通り、都道府県の種子行政を継続する必要性を訴えている。


種子法関連の意見を提出した市町村.PNG



主要農作物種子法は今年の4月1日、廃止となったが、ことの重大性から道府県、市町村議会では種子生産・供給に万全の対策を求める意見書の採択・提出が相次いでいる。
4月12日現在で2県、26市、20町、14村の合計62自治体で意見書提出が行われ、国や県に新たな法律、あるいは対策を求める声が高まっている。
稲・麦・大豆の種子生産は道府県が行っているが、法の裏付けがなくなると、ただでさえ財政難の道府県が、これまで通りの種子行政が出来るかという不安が残る。
これを危惧する地方議会が国や国会に意見書を出して62自治体に及んだ。
千葉県野田市議会の意見書は、廃止となった種子法に代わる新たな法整備を求めている。
共産党の紙智子氏は3月23日、参院農林水産委員会で、種子法廃止後の政府の無責任な姿勢を追及した。
紙氏は、種子法という根拠法がなくなったのに、地方交付税措置を継続出来る保証があるのかと質問したのに対し、斎藤健農水相は「総務省で根拠規定がなくても交付税措置をすることを決断いただいた」と説明。
紙氏は、同法廃止後、都道府県の対応に混乱が生じているとして、国の役割と責任を明確化するよう要求した。
柄沢彰政策統括官は、根拠法は種苗法になると答弁。
種子法廃止で、都道府県は混乱している。
種子法の下、コメや麦、大豆などの主要農作物の種子の維持・開発の為の施策が実施され、農家には安くて優良な種子が、消費者には美味しいコメなどが安定的に供給されて来た。
しかし、規制改革推進会議は、この種子法が民間企業の種子事業への投資を阻害するとして廃止を打ち出し、昨年2月に閣議決定、満足な審議なく昨年4月に国会で廃止が決まってしまった。
種子法廃止により、今後コメなどの種子価格の高騰、地域条件等に適合した品種の維持・開発などの衰退が心配されている。
また、長期的には世界の種子市場を独占する遺伝子組み換え企業が日本の種子市場を支配して行く懸念も指摘されている。
日本の食の安全、食糧主権が脅かされることであり、消費者にとっても大きな問題です。
現在、三井化学の「みつひかり」、住友化学の「つくばSD」、日本モンサントの「とねのめぐみ」は、公共品種の4〜10倍の価格で販売されている。
種子法が廃止されると、コメ農家は、安定して安く入手していた優良品種の籾殻を、民間企業から5〜10倍の価格で購入しなければならなくなる。
モンサントの「とねのめぐみ」、三井化学の「みつひかり」、住友化学の「つくばSD」などの民間が開発したコメを広めるきっかけを作るでしょう。
遺伝子組み換えで有名なモンサントは、除草剤「ラウンドアップ」の発がん性が報告されており、カリフォルニア州は発がん性の表示が義務付けられた
62地方議会が意見書を提出しているが、4月19日、国会では野党6党による種子法復活法案の提出があった。
主要農作物種子法案(主要農作物種子法復活法案)は、種子法を復活させ、農業競争力強化支援法の第8条第4号を削除するとしている。
種子法に代わる法整備の懇願も大切だが、種子法が廃止になる前に施行された農業競争力強化支援法の第8条4項には、永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関する知見(ノウハウ)を民間に渡せとある。
私は、種子法復活を祈りたいです。
野党には頑張って欲しいと思います。




参考(種子法復活法案)

[種子法復活法案] 4月19日、野党6党が「主要農作物種子法復活法案」を衆院に共同提出 種子法を復活させ、農業競争力強化支援法の第8条第4号を削除
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459098788.html




参考

[種子法廃止] 種子法廃止後ただす 共産党の紙智子氏 政府の姿勢は無責任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458552126.html

[種子法廃止] 安倍政権の売国に加担する上念司が「種子法はデマ」とツイート! 業務米不足の問題を取り上げ「おにぎり価格」が上がるとブログで記事を書いた経済評論家をFacebookでシェアし種子法廃止を正当化!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456752678.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第2期締切2018年3月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456537422.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第1期締切2017年11月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454536025.html

[種子法廃止] 産経新聞が主要農作物種子法の廃止を報道「日欧EPAの影響懸念」JA長野県が予算要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453450413.html

[種子法廃止] 鳩山由紀夫元首相が種子法廃止を批判「今後はモンサントなどの多国籍企業に我々の主食までも委ねるのだ」「対米従属極まれり」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453349512.html

[種子法廃止] 「第10回 国際オーガニック映画祭」環境考える6作品上映 9月7〜10日、in 鹿児島 2017
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453009173.html

[種子法廃止] 2018年4月に廃止される種子法を見据え、北海道が独自ルール策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452846614.html

[種子法廃止] アゴラの石井孝明が「林修先生に種子法廃止を説明してもいい」と言うので「種子法廃止を賛成の立場で説明して下さい」と質問したら、「パスする」とスルーした後、ブロックして逃走!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452735387.html

アゴラ研究所の池田信夫の子分・石井孝明が種子法廃止を正当化! 工作員が種子法廃止に反対するのは極左暴力団や朝鮮総連と虚偽を流す!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452529386.html

[緊急拡散] パブリックコメント: [種子法廃止] 主要農作物種子法を廃止する法律の施行に伴い、農林水産省が意見公募! 8月5日締切!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452248161.html

[種子法廃止] 「林先生が驚く初耳学!」で林修先生が「種子法廃止」を説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451892815.html

[種子法廃止] 7月3日、「日本の種子(たね)を守る会」発足 「種子法」に代わる法律を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451622340.html

[種子法、2018年4月1日に廃止へ] [福島民報] 種子は大切な資産や資源
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451621568.html

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449118411.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449037027.html

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449022708.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html




関連

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html
posted by hazuki at 23:08| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[塀の無い刑務所] 松山刑務所大井造船作業場より脱走の平尾龍磨容疑者(27)、逃走から22日 身柄確保「海を泳いで渡った。逃げるのがしんどかった」 問われるPFI方式による刑務所の在り方

[塀の無い刑務所] 松山刑務所大井造船作業場より脱走の平尾龍磨容疑者(27)、逃走から22日 身柄確保「海を泳いで渡った。逃げるのがしんどかった」 問われるPFI方式による刑務所の在り方

「逃げるのがしんどかった」逃走から22日 身柄確保
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126274.html
2018/04/30 16:57

平尾龍磨受刑者(27)の身柄が確保された現場は、住宅街の一角でした。その現場から報告です。

 (小嶋沙耶香アナウンサー報告)
 ここから約500メートル先がマツダスタジアムになります。30日はマツダスタジアムでカープ対阪神の試合が行われているので、カープのユニホームを着たファンの姿も多く見られる場所です。この大きな通りを平尾受刑者は警察官に追い掛けられながら走って逃げてきました。そして、角にある白いチョークで書かれた丸い印のある場所で平尾受刑者が履いていたサンダルが脱げたということです。そして、その後も平尾受刑者は警察官2人に追い掛けられながら道路を真っすぐ走って逃げました。そして、小学校の塀をよじ登ろうとしたところを警察官に引きずり下ろされ、確保となりました。広島県尾道市の向島に潜伏していると思われていた平尾受刑者が直線で約70キロほど離れたこうした場所で逮捕されたということ、この付近の住民も「まさか、広島市内で確保となるとは」と驚いていました。平尾受刑者は当時、財布を所持していたということですが、「逃げるのがしんどかった」とも話しているということです。そして、最初の通報は広島駅付近にあるネットカフェからの通報でした。いったい、ここまでどのように逃げてきたのか、その足取りの解明が待たれます。


平尾受刑者確保.PNG


脱走受刑者、広島市で逮捕 「海泳いで渡った」約3週間ぶり
https://this.kiji.is/363526756969645153?c=39546741839462401
2018/4/30 17:39

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件で、広島県警は30日、広島市南区のJR広島駅近くの路上で、逃走の疑いで平尾容疑者を逮捕した。脱走から約3週間ぶり。「海を泳いで渡った。逃げるのがしんどかった」と供述し、現金数千円程度を持っていた。

 愛媛県警が逃走と窃盗容疑で指名手配しており、今治署へ移送。脱走した動機や長期間にわたる潜伏の状況を調べる。

 広島県警によると、30日午前11時25分ごろ、南区にあるインターネットカフェの店員が「似た人がいる」と110番。近くで、警察官が同容疑者を発見、確保した。


平尾龍磨容疑者.PNG



愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件。
広島県警は30日、広島市南区のJR広島駅近くの路上で、逃走の疑いで平尾容疑者を逮捕した。
現金を所持しており、海を泳いで広島市に逃走していた平尾容疑者を約3週間ぶりに身柄確保。

松山刑務所大井造船作業場
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%88%91%E5%8B%99%E6%89%80%E5%A4%A7%E4%BA%95%E9%80%A0%E8%88%B9%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E5%A0%B4

松山刑務所大井造船作業場は、松山刑務所の開放的処遇施設である。
日本で唯一の塀の無い刑務所で民間造船所である新来島どっく大西工場敷地内に存在する。
大井造船作業場を出所した受刑者の再犯率は数%と非常に少ないことが特記される。仮釈放が早くなるという利点があり、刑期が短くなる為、志願する受刑者が少なくない。
しかし、法務省によると、開所以降、2018年4月までに17件20人の逃走事案があったという。
民間造船所である新来島どっく大西工場敷地内に存在する松山刑務所大井造船作業場。
PFI刑務所ではないが、PFI方式に近い刑務所である。

PFI方式による刑務所についての研究ノート(PDF)
http://hamada.u-shimane.ac.jp/research/32kiyou/10sogo/seisaku13.data/seisaku1311.pdf

PFI方式による刑務所についての研究ノートに、ヒアリング報告で、「(2)松山刑務所大井造船作業場」とある。

“脱獄囚”発生の「松山刑務所大井造船作業場」 実は「恐怖の刑務所」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00540682-shincho-soci

軍隊より厳しい刑務所と言われる松山刑務所大井造船作業場は、再犯率は低いが逃走も多いことで有名らしい。
実際に22日間、逃走した平尾容疑者。
塀がない為、今後も脱獄する受刑者は現れるだろう。
刑務所の在り方が問われる。




参考資料

松山刑務所大井造船作業場
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%88%91%E5%8B%99%E6%89%80%E5%A4%A7%E4%BA%95%E9%80%A0%E8%88%B9%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E5%A0%B4

【日本の議論】これが刑務所か 瀟洒な外観、無人システム、ITで受刑者位置を監視…近未来型PFI刑務所の現状
https://www.sankei.com/premium/news/141113/prm1411130002-n5.html

PFI方式による刑務所についての研究ノート(PDF)
http://hamada.u-shimane.ac.jp/research/32kiyou/10sogo/seisaku13.data/seisaku1311.pdf
ラベル:窃盗容疑
posted by hazuki at 18:48| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[種子法復活法案] 4月19日、野党6党が「主要農作物種子法復活法案」を衆院に共同提出 種子法を復活させ、農業競争力強化支援法の第8条第4号を削除

[種子法復活法案] 4月19日、野党6党が「主要農作物種子法復活法案」を衆院に共同提出 種子法を復活させ、農業競争力強化支援法の第8条第4号を削除

野党6党が「主要農作物種子法復活法案」を衆院に共同提出
https://cdp-japan.jp/news/20180419_0392
2018年4月19日

立憲民主党など野党6党は19日、「主要農作物種子法案」(主要農作物種子法復活法案)を衆院に提出しました。

 本年4月1日に優良な種子の生産・普及を目的とした主要農産物種子法が廃止されました。廃止時の議論は十分と言えず、また、その際都道府県の役割が後退しないよう付帯決議を付しましたが、政府の運用方針は付帯決議に沿ったものとはいえず、多くの農業者が不安を抱えています。

 本法案では、種子法の復活とともに、種子生産に関する知見の国外流出を招きかねない農業競争力強化支援法8条4号の削除、及び、付則にて国内の民間事業者の能力も活用した優良な種子の安定的な生産及び普及に配慮する旨を規定しています。

 提出者の亀井亜紀子衆院議員は、「法案成立の可能性という観点から種苗法の修正で対応できないか議論したが、やはり種子法を復活させることが本筋であり、希望の党の作成案に共同提出することにした。これから実際に審議してもらえるよう努力したい」と意気込みを語りました。同じく提出者の神谷裕衆院議員も、法案成立に向けて気持ちを新たにしています。


亀井亜紀子(中央)・種子法復活.PNG


衆法 第196回国会 13 主要農作物種子法案 議案審議経過情報
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DC89CE.htm

議案件名       主要農作物種子法案
議案提出者      後藤 祐一君外九名
衆議院議案受理年月日 平成30年 4月19日




立憲民主党など野党6党は4月19日、「主要農作物種子法案」(主要農作物種子法復活法案)を衆院に提出した。
主要農作物種子法案では、種子法の復活と共に、種子生産に関する知見の国外流出を招き兼ねない農業競争力強化支援法8条4号の削除、及び、付則にて国内の民間事業者の能力も活用した優良な種子の安定的な生産及び普及に配慮する旨を規定している。
立憲民主党の提出者の亀井亜紀子氏は、「法案成立の可能性という観点から種苗法の修正で対応できないか議論したが、やはり種子法を復活させることが本筋であり、希望の党の作成案に共同提出することにした。」。
希望の党の後藤祐一氏が法案の提出者です。
共同記者会見で各党代表は、法案提出の背景について、主要農産物の種子の生産・供給に各都道府県が責任をもつよう義務付けていた種子法が廃止されたことで、安価で安定的な公共種の提供や食の安全が揺らぐ懸念が広がっていると説明。

種子法復活へ法案 6野党が共同提出 食の安全守れ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-20/2018042004_01_1.html

共産党の田村貴昭氏は、農水省が昨年11月に各都道府県に種子生産に関して民間参入を促す取り組みを求めたことに触れて、「都道府県は移行期間だけ役割を果たしてグローバル企業に知見を提供せよという、もうけ主義のための危険な流れになっている。種子法の復活が求められている」と指摘した。
希望の党の後藤祐一氏は「(種子法廃止は)米などの値段高騰や、遺伝子組み換え種が入ってくるなど懸念をあげればきりがない。与野党で建設的に議論したい」と述べた。
安倍政権が廃止した種子法(主要農作物種子法)の復活は歓迎したい。
農業競争力強化支援法の第8条第4項の削除の意味は大きい。
農業競争力強化支援法の第8条4項には、「種子その他の種苗について、民間事業者が行う技術開発及び新品種の育成その他の種苗の生産及び供給を促進するとともに、独立行政法人の試験研究機関及び都道府県が有する種苗の生産に関する知見の民間事業者への提供を促進すること。」とある。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関する知見(ノウハウ)を民間に渡せという内容です。
都道府県の知見を只で民間に渡すことは、国民の財産を捨てること。
2017年5月12日に成立し、5月19日に公布、8月1日に施行された。
もう既に、モンサントなどの外資に種子に関する都道府県の知見が渡ったと考えても良い。
危機感を感じた野党は、種子法復活法案に農業競争力強化支援法の第8条4項の削除を規定した。
種子法は、今年の4月1日に廃止になっており、都道府県では種子法に代わる条例を定めるところが出て来た。
国会で、種子法復活法案を成立させるまで時間が掛かる為、都道府県で条例を定めるのが手っ取り早いが、成立を祈ります。
皆さん、野党6党の種子法復活法案の成立に期待しましょう。



農業競争力強化支援法・第8粂.PNG



参考

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html




参考(種子法廃止)

[種子法廃止] 種子法廃止後ただす 共産党の紙智子氏 政府の姿勢は無責任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458552126.html

[種子法廃止] 安倍政権の売国に加担する上念司が「種子法はデマ」とツイート! 業務米不足の問題を取り上げ「おにぎり価格」が上がるとブログで記事を書いた経済評論家をFacebookでシェアし種子法廃止を正当化!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456752678.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第2期締切2018年3月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456537422.html

[種子法廃止] 日本の種子(たね)を守る会、署名活動 「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます」第1期締切2017年11月末
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454536025.html

[種子法廃止] 産経新聞が主要農作物種子法の廃止を報道「日欧EPAの影響懸念」JA長野県が予算要望書
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453450413.html

[種子法廃止] 鳩山由紀夫元首相が種子法廃止を批判「今後はモンサントなどの多国籍企業に我々の主食までも委ねるのだ」「対米従属極まれり」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453349512.html

[種子法廃止] 「第10回 国際オーガニック映画祭」環境考える6作品上映 9月7〜10日、in 鹿児島 2017
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453009173.html

[種子法廃止] 2018年4月に廃止される種子法を見据え、北海道が独自ルール策定へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452846614.html

[種子法廃止] アゴラの石井孝明が「林修先生に種子法廃止を説明してもいい」と言うので「種子法廃止を賛成の立場で説明して下さい」と質問したら、「パスする」とスルーした後、ブロックして逃走!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452735387.html

アゴラ研究所の池田信夫の子分・石井孝明が種子法廃止を正当化! 工作員が種子法廃止に反対するのは極左暴力団や朝鮮総連と虚偽を流す!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452529386.html

[緊急拡散] パブリックコメント: [種子法廃止] 主要農作物種子法を廃止する法律の施行に伴い、農林水産省が意見公募! 8月5日締切!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452248161.html

[種子法廃止] 「林先生が驚く初耳学!」で林修先生が「種子法廃止」を説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451892815.html

[種子法廃止] 7月3日、「日本の種子(たね)を守る会」発足 「種子法」に代わる法律を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451622340.html

[種子法、2018年4月1日に廃止へ] [福島民報] 種子は大切な資産や資源
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451621568.html

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449118411.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449037027.html

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449022708.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html
posted by hazuki at 16:56| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[国家戦略特区] 農業への外国人受け入れを 国家戦略特区の愛知県で本格的に動き

[国家戦略特区] 農業への外国人受け入れを 国家戦略特区の愛知県で本格的に動き

農業への外国人受け入れを 国家戦略特区の愛知県で本格的に動き
https://www.nagoyatv.com/news/?id=180505&p=1
2018年4月26日 19:11

国家戦略特区を活用して、農業に外国人労働者を受け入れる事業が愛知県で本格的に動き出しました。

「農業支援外国人受入事業」は、農家の高齢化や人手不足に対応するため、これまで入国を認められていなかった農作業に従事する外国人を受け入れるもので、国家戦略特区に指定された愛知県が全国に先駆けて実施します。26日は、外国人を派遣する会社を監査する国と県の協議会の初会合が行われ、その後、事業者向けの説明会も行われました。愛知県は「全国有数の農業県として、国際競争力の強化に取り組んでいきたい」としています。


アベノミクス「3本の矢」.PNG
国家戦略特区・愛知県.PNG



国家戦略特区に指定された愛知県が、特区を活用して、農業に外国人労働者を受け入れる事業を実施する。
「農業支援外国人受入事業」は、農家の高齢化や人手不足に対応する為、これまで入国を認められていなかった農作業に従事する外国人を受け入れるもの。
愛知県が全国に先駆けて実施する。
愛知県は「全国有数の農業県として、国際競争力の強化に取り組んでいきたい」としている。
政府は外国人の就農を国家戦略特区の指定を受けている新潟市、京都府、愛知県の3カ所で解禁する方針であることが、2018年3月6日の日経新聞で報道された。
3月9日の国家戦略特区諮問会議で正式に決めるとのことだった。

国家戦略特別区域諮問会議
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/shimonkaigi.html

平成30年3月9日 議事要旨(PDF)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai33/gijiyoushi.pdf

「京都府、新潟市、愛知県による農業支援外国人受入事業の実施など、全国初の活用となる事業が6件あります。」と諮問会議で話し合われた。

2017年9月15日、群馬県は、国家戦略特区の第4次追加指定に向け、農業分野の規制改革案を内閣府に提出した。
2017年6月、改正国家戦略特区法案が成立し、農業に関しては特区指定区域に限り、従来は認められなかった労働力として農作業に従事する外国人の入国や在留が可能になった。
群馬県は改正国家戦略特区法を活用し、外国人が効率的に就農出来る仕組みを整える。
群馬県は特区に選ばれなかったのか?
就農解禁です。
外国人に就農させるくらいならば、日本人へ農地を簡単に農地を貸せるようにするべきです。
加計学園で問題になった国家戦略特区です。
「外国人の単純就労者は受け入れない」として来たが、農業分野では実質的にそれを変える。
技能実習制度の建前を実質的に崩す。
移民政策の一環となりますね。
安倍信者は「移民反対」と言っておきながら、国家戦略特区の改正案の可決・成立に怒らないの?
2017年3月10日、「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案」が閣議決定。
母国の大学で農学部を卒業するなど、一定水準以上の技能があることを条件に、外国人による就農を解禁する。
国家戦略特区の有識者の中にロバート・フェルドマンがいる。
竹中平蔵、大田弘子もメンバーだが、外国人のロバート・フェルドマンは必要ない。
ロバート・フェルドマンはオリックスの社外取締役を務めていた。
パソナの竹中平蔵はオリックスの社外取締役でもある。
オリックスは養父市で農業に参入している。
TPPが発効しなくても特区があれば米国の企業は規制に煩わされることなく自由な経済活動が出来るのが国家戦略特区の罠です。
特区で実現した規制緩和の効果を、全国規模に広げることが国家戦略特区の目的です。
日本は途上国ではないので、特区など必要ない。
アベノミクスの第3の矢の国家戦略特区(安倍首相の統一教会の発想)は、米国の植民地化。
ユダヤに日本を明け渡す。
国家戦略特区は売国である。




参考資料

ロバート・フェルドマン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3




参考

「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400723586.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿 http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400723586.html … 統一教会の発想。統一教会と言えば北朝鮮の宗教。そこで思い出したのが李明博の日本征服宣言。拉致被害者を帰国させる条件に北朝鮮の復興をやらせたら大変。





hazukinotaboo @hazukinotaboo2
李明博の日本征服宣言 http://hazukinoblog.seesaa.net/article/274116963.html … 「北朝鮮の復興は心配ない、日本にやらせるのだ。(省略)何も知らない、フジテレビが証拠、日本人はよだれを垂らして見ている、私にまかせろ、日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私に兵隊だ!」



岸信介と文鮮明.PNG




がおがお(°□°;) ANTI NWO!‏@gaogao_o
.安倍総理は隠れ北朝鮮系政治家であることが日本国民にばれる日は近い
http://bit.ly/1m56U39
. pic.twitter.com/mDWoa1vxh9



国家戦略特区とは何か?


竹中平蔵氏に聞く 国家戦略特区【前編】


平成29年9月14日 さざれ石の会 室内トーク#19 特区って日本解体? 有識者って誰の事?



必見

アベノミクス第3の矢の要「国家戦略特区」とは何か?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410631105.html




参考

[国家戦略特区] 外国人就農、新潟・京都・愛知で解禁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457757364.html

[国家戦略特区] 農業の規制改革案提出 群馬県、特区目指す 規制緩和し就農で外国人活用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453527591.html

[国家戦略特区] 外国人就農を解禁 改正特区法が成立 在留要件を緩和 9月までに施行予定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451043390.html

[国家戦略特区] 特区改正案 農業分野の外国人就労解禁 3月10日に閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447842694.html

[国家戦略特区] 外国人による家事代行サービスで6企業(ダスキン、ニチイ学館、パソナ、ピナイ・インターナショナル、ベアーズ、ポピンズ)を認定 東京都
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447323286.html

[国家戦略特区] 外国人受け入れ、サービス・農業に拡大 特区法改正案 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447228277.html

[国家戦略特区] 農業分野、特区で外国人労働者 専門知識条件、特区法改正へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444834453.html

[国家戦略特区] 企業の農地所有、農業特区で解禁 兵庫県養父市にナカバヤシ、山陽アムナック、姫路生花卸売市場の3社 外国人材の確保も柱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442826075.html

[国家戦略特区] 民泊 大阪市、指導に本腰 野放し一転、専従22人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442666880.html

農業に外国人労働者、国家戦略特区で受け入れ検討 日本人と同等以上の報酬
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442549814.html

[国家戦略特区] 農業でも外国人労働者 政府、農業特区で解禁検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442452450.html

TPPの影に隠れて、あまり存在を知られていない「国家戦略特区」の罠 TPPが発効しなくても特区があればアメリカ企業は規制に煩わされることなく自由な経済活動ができる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442334594.html

[国家戦略特区] ナカバヤシと山陽アムナックが初の農地購入へ 農業特区の兵庫県養父市、生産性向上に期待
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442333784.html

[国家戦略特区] 民泊2泊3日から可能に 東京都全域で外国人家事サービス解禁へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441810769.html

[国家戦略特区] 内閣府、外国人家事代行サービス事業者にパソナ、ダスキン、ポピンズの3社認定 フィリピン人30人受け入れ...今秋にも開始
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/440520340.html

民泊を全面解禁、住宅地で営業認める 政府原案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437902508.html

[国家戦略特区] 外国人家事代行、東京都でも解禁検討 特区を活用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437691238.html

[国家戦略特区] 大阪府「特区民泊」初認定 制度は需要に合わずと知事
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/436438292.html

外国人労働者、最多100万人へ 介護、家事分野に拡大
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/436162634.html

[国家戦略特区] 企業も農地所有(兵庫県養父市)、サブカル業界に外国人が国内企業に就労する基準を緩和…政府が特区法改正案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434498519.html

[国家戦略特区] 千葉市でドローン配達、北九州市で民泊、広島県、愛媛県今治市で家事支援分野などに外国人人材の受け入れ…国家戦略特区に4自治体指定 秋田県大潟村などは農業での外国人雇用を提案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431306895.html

[国家戦略特区] 国家戦略特区諮問会議、新たに14事業を認定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430344707.html

[国家戦略特区] 成田の新設医学部、国際医療福祉大に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/430039025.html

[国家戦略特区] 在留資格のない外国人が家事代行 年内解禁 ダスキン・パソナなど参入、まず特区の大阪・神奈川
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425332093.html?

[国家戦略特区] 特区の成田に医学部新設へ 政府方針、17年にも
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423407167.html

[国家戦略特区] 特区法改正案を閣議決定 外国人医師の診療所勤務や公園内の保育所設置を解禁 家事支援サービスでの外国人労働者受け入れ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416715688.html

[国家戦略特区] 外国人医師受け入れ拡充 地方の診療所も可能に 戦略特区が追加緩和策 家事支援サービスに外国人労働者の受け入れを解禁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414999790.html

[国家戦略特区] アベノミクス「第3の矢」成長戦略の実行計画を決定 経済再生本部、農業や雇用など改革加速へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413853123.html

創業特区・福岡市、電波法規制緩和要望へ ICT起業を後押し 国家戦略特区、3月に第2弾
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413354836.html

養父市は2014年3月に国家戦略特区に指定され、中山間地農業の改革拠点として規制緩和が始まった。ハウステンボス再建で実績をあげた三野昌二氏を副市長に招くなど、市政改革に取り組んでいる。
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412923513.html

[国家戦略特区] 財務相、成長戦略「経済界が覚悟や決意を示さないと成功しない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411192405.html

安倍首相が地方創生特区の検討を指示 特区諮問会議、「やる気ある自治体」後押しへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410917457.html

[国家戦略特区] 戦略特区の作業部会、八代氏ら参加へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410578039.html

[国家戦略特区] 動き出す農業特区 企業参入促進へ試金石 求められる成長戦略の成果 養父市ではオリックス不動産などが有機野菜の栽培に参入する計画
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410058155.html

[国家戦略特区] グローバリズム企業のローソンが第1弾 新潟市特区の事業計画を決定 コメ生産への企業参入促進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410031951.html

[国家戦略特区] 国家戦略特区法の改正案、自民が了承 外国人の起業要件緩和や地域限定保育士など
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407520511.html

[国家戦略特区] 関西圏の特区、苦戦中 政府・議会と調整進まず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407281470.html

国家戦略特区限定での追加緩和14項目を検討 地域限定保育士や外国人の家事ヘルパー解禁など
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406899578.html

医師以外も病院トップに 特区で追加緩和、経営効率化 メイドも受け入れ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406501898.html

国家戦略特区、東京圏の計画素案提示 東京、横浜を国際的なビジネス拠点に整備
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406359446.html

首相、国家戦略特区「規制改革が動き出す」 臨時国会に改正法案提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406299943.html

[国家戦略特区] 毎年1万人減少の秋田県、「人口減特区」構想
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404489631.html

戦略特区の企業、法人税下げ要望 内閣府
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404453587.html

特区法人税17%に引き下げ要望 福岡市で計画議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400518382.html

小泉進次郎「千載一遇のチャンス」…特区指定で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400486502.html

国家戦略特区:計画づくり開始…「関西圏」皮切り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400139032.html

企業外国人の在留要件緩和 戦略特区 政府が追加緩和項目
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/399727906.html



関連

「ホテル化特区」で政令改正巡り調整 大阪府、政権と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407109698.html

空き部屋に外国人宿泊、大阪市の条例案を否決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405319181.html

橋下「外国人どんどん受け入れる」 政府方針を歓迎
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/399612500.html

外国人労働者、家事にも受け入れ 今秋に関西の特区で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/399579034.html



「国家戦略特区」でタグを切っています。
posted by hazuki at 13:06| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[南北首脳会談] 文在寅大統領、北朝鮮に拉致問題を提起し金正恩に伝えたと説明 日韓首脳が電話会談

[南北首脳会談] 文在寅大統領、北朝鮮に拉致問題を提起し金正恩に伝えたと説明 日韓首脳が電話会談

文氏、北朝鮮に拉致問題を提起 日韓首脳が電話会談
https://this.kiji.is/363154972055585889?c=39546741839462401
2018/4/29 12:53

安倍晋三首相は29日、韓国の文在寅大統領と電話会談した。文氏は27日の南北首脳会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し、日本人拉致問題や日朝関係について提起し、首相の考えを伝えたと説明。首相は共同宣言に「朝鮮半島の完全な非核化」が明記されたことを評価した。首相は文氏による拉致問題言及を巡り「誠意に感謝したい」と官邸で記者団に語った。ただ金氏の反応に関しては「詳細は現段階で申し上げられない」と述べるにとどめた。

 電話会談後、首相は韓国の徐薫国家情報院長と官邸で面会し、南北首脳会談のやりとりの詳細について説明を受けた。


安倍晋三・電話会談.PNG
文在寅・電話会談.PNG



安倍首相は29日、文在寅大統領と電話会談した。
文氏は27日の南北首脳会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し、日本人拉致問題や日朝関係について提起し、首相の考えを伝えたと説明。
首相は共同宣言に「朝鮮半島の完全な非核化」が明記されたことを評価した。
韓国の大統領に拉致問題の言及をお願いすることは間違っている。
日本が独自に北朝鮮と外交的に対話し解決をすべきことである。
文在寅大統領が金正恩に日本人拉致問題や日朝関係について提起し、安倍首相の考えを伝えたとすれば有難い話です。
金氏の反応に関しては「詳細は現段階で申し上げられない」とのこと。
やはり、拉致被害者を返してくれるかどうか分からない。
拉致被害者は工作員に日本語を教えている。

北朝鮮の元工作員が来日して記者会見「日本人をなぜ拉致し、どう利用したのか」(全文)
https://www.huffingtonpost.jp/2015/04/15/north-korean-former-spy-conference_n_7068298.html

北朝鮮は5人の拉致被害者を返し、残りは「死亡した」とした。
北朝鮮が戻せないから、戻さないという意味で「死亡通知書」を送った。
返せない理由は、彼らを工作員として利用しているから。

「中丸薫2014 8  知っておくべき世界の今」の動画では、国際ジャーナリストの中丸薫氏が横田めぐみさんは金正恩の実母と発言している。
めぐみさんが金正恩の実母かどうかは怪しいが、重要な人物なので日本に返してもらえないと思われます。
めぐみさんは生きています。

中丸薫2014 8  知っておくべき世界の今
https://www.youtube.com/watch?v=focR1uGP898

被害者家族が南北首脳会談で、拉致問題に言及がなかったことにがっかりしたが、文在寅大統領は金正恩に伝えていた。
米朝首脳会談ではトランプが金正恩との会談や会話で拉致問題に言及することを期待したい。



中丸薫2014 8  知っておくべき世界の今




参考

[南北首脳会談] 南北首脳による共同宣言「パンムンジョム宣言」 全文日本語訳
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459085838.html

[南北首脳会談] 文在寅大統領、安倍首相に「平和構築の助けになる」拉致言及へ⇒共同宣言で拉致言及なく、被害者家族「がっかり」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459067241.html




関連

[米朝首脳会談] 日米、拉致解決働き掛けで一致 両首脳が電話会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459075345.html

米朝首脳会談に向けて米国と北朝鮮が秘密協議か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458677894.html
ラベル:文在寅
posted by hazuki at 11:08| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

[南北首脳会談] 南北首脳による共同宣言「パンムンジョム宣言」 全文日本語訳

[南北首脳会談] 南北首脳による共同宣言「パンムンジョム宣言」 全文日本語訳

南北首脳による共同宣言「パンムンジョム宣言」 全文日本語訳
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180428/k10011421301000.html
4月28日 0時38分

27日、南北首脳会談を行った韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が署名した共同宣言、「パンムンジョム(板門店)宣言」の全文日本語訳を掲載しました。

朝鮮半島の平和と繁栄、統一のためのパンムンジョム宣言

大韓民国のムン・ジェイン大統領と朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウン国務委員長は、平和と繁栄、統一を願うすべての同胞のいちずな願いを込めて、朝鮮半島で歴史的な転換が起きている意味深い時期である2018年4月27日に、パンムンジョムの「平和の家」で、南北首脳会談を行った。

両首脳は、朝鮮半島にもはや戦争はなく、新たな平和の時代が開かれたことを8000万のわが同胞と全世界に厳粛に宣言した。

両首脳は、冷戦の産物である長年の分断と対決を一日も早く終息させ、民族的和解と平和繁栄の新しい時代を果敢につくり出し、南北関係をより積極的に改善し発展させなければならないという確固たる意志を込めて、歴史の地、パンムンジョムで次のように宣言した。

1.南と北は、南北関係の全面的で画期的な改善と発展を成し遂げ、途絶えた民族の血脈をつないで共同繁栄と自主統一の未来を早めていく。

南北関係を改善して発展させることは、すべての同胞のいちずな望みであり、これ以上先送りできない時代の切迫した要求だ。

(1)南と北は、わが民族の運命はわれわれがみずから決定するという民族自主の原則を確認し、すでに採択された南北宣言とすべての合意などを徹底的に履行し、関係改善と発展の転換的局面を切り開いていくことにした。

(2)南と北は、高官級会談をはじめとする各分野の対話と協議を早い時期に開催して、首脳会談で合意された問題に取り組むための積極的な対策を立てていくことにした。

(3)南と北は、当局間協議を緊密にし、民間交流と協力を円満にすることを保障するため、双方の当局者が常駐する南北共同連絡事務所をケソン(開城)地域に設置することにした。

(4)南と北は、民族的和解と団結の雰囲気を高めていくために、各界各層の多面的な協力と交流往来と接触を活性化することにした。

対内的には、6・15(2000年6月15日の南北共同宣言)をはじめ、南と北にとって同じように意義がある日を契機に、当局と国会、政党、地方自治体、民間団体など各界各層が参加する民族共同行事を積極推進して和解と協力の雰囲気を高め、対外的には、2018年アジア競技大会をはじめ国際大会に共同で出場して、民族の知恵と才能、団結した姿を全世界に誇示することにした。

(5)南と北は、民族分断で発生した人道的問題を至急解決するために努力し、南北赤十字会談を開催して離散家族・親戚の再会を含む諸問題を協議し、解決していくことにした。

さしあたって、来る8・15(8月15日)を契機に、離散家族・親戚の再会を進めることにした。

(6)南と北は、民族経済の均衡的発展と共同繁栄を実現するために、10・4宣言(2007年10月4日の南北共同宣言)で合意された事業を積極推進していき、1次的にトンヘ(東海)線およびキョンウィ(京義)線鉄道と道路を連結し、現代化して活用するための実践的対策を取っていくことにした。

2.南と北は、朝鮮半島で先鋭化した軍事的緊張状態を緩和して、戦争の危険を実質的に解消するため、共同で努力していく。

(1)南と北は、地上と海上、空中をはじめとするすべての空間で、軍事的緊張と衝突の根源となる相手に対する一切の敵対行為を全面中止することにした。

さしあたって、5月1日から軍事境界線一帯で拡声器放送とビラ散布を含むすべての敵対行為を中止して、その手段を撤廃し、今後、非武装地帯を実質的な平和地帯とすることにした。

(2)南と北は、黄海の北方限界線一帯を平和水域にして、偶発的な軍事的衝突を防止し、安全な漁労活動を保障するための実際的な対策を打ち立てていくことにした。

(3)南と北は、相互協力と交流、往来と接触が活性化することによるさまざまな軍事的保障対策を取ることにした。

南と北は、双方の間で提起される軍事的な問題を遅滞なく協議解決するために、国防相会談をはじめとする軍事当局者会談を頻繁に開催し、5月中にまず、将官級軍事会談を開くことにした。

3.南と北は、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制構築のために積極協力していく。

朝鮮半島で非正常な現在の停戦状態を終息させ、確固たる平和体制を樹立するのは、これ以上先送りできない歴史的課題だ。

(1)南と北は、いかなる形態の武力も互いに使用しないという不可侵合意を再確認して、厳格に遵守していくことにした。

(2)南と北は、軍事的緊張が解消されて互いの軍事的信頼が実質的に構築されることによって段階的に軍縮を実現していくことにした。

(3)南と北は、休戦協定締結65年になることし、終戦を宣言して停戦協定を平和協定に転換し、恒久的で強固な平和体制構築のために、南・北・米の3か国、または南・北・米・中の4か国の協議開催を積極推進することになった。

(4)南と北は、完全な非核化を通じて、核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した。

南と北は、北側が取っている主導的な措置は、朝鮮半島の非核化のために非常に大きな意義があり、重大な措置だという認識をともにし、今後それぞれが、みずからの責任と役割を果たすことにした。

南と北は、朝鮮半島の非核化のための国際社会の支持と協力のために積極努力することにした。

両首脳は、定期的な会談と直通電話を通じて、民族の重大事を随時、真剣に議論し、信頼を強固にして、南北関係の持続的な発展と朝鮮半島の平和と繁栄、統一に向けたよい流れをさらに拡大していくために、一緒に努力することにした。

さしあたってムン・ジェイン大統領は、ことし秋にピョンヤンを訪問することにした。

2018年4月27日
パンムンジョム

大韓民国大統領ムン・ジェイン 朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長キム・ジョンウン


南北首脳会談・板門店宣言.PNG



北朝鮮の金正恩党委員長と韓国の文在寅大統領が合意し、署名した「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店(パンムンジョム)宣言」の全文です。
「朝鮮半島の平和と繁栄、統一の為の板門店宣言」
2018年4月27日、板門店・平和の家で南北首脳会談を行った。
文在寅大統領と金正恩国務委員会委員長は朝鮮半島でこれ以上戦争はないであろうし、新しい平和の時代が開かれたことを8千万の我が同胞と全世界に厳粛に明らかにした。
両首脳は冷戦の産物である長い分断と対決を1日も早く終息させて民族的和解と平和繁栄の新たな時代を果敢に起していき、南北関係を一層積極的に改善して発展させていくべきだとの確固たる意志を込めて歴史の地・板門店で宣言した。
両首脳は定期的な会談と直通電話を通じて民族の重大事を随時、真摯に論議して、信頼を強固にし、南北関係の持続的な発展と朝鮮半島の平和と繁栄、統一に向けた良い流れを一層拡大していくため共に努力していくことにした。
NHKニュースとTBSニュースで全文が取り上げられています。
私が取り上げたのはNHKニュースです。

TBSニュースはこちらです。

南北首脳が合意した「板門店宣言」全訳
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3353556.htm?1525010776192

尚、NHKもTBSもニュースが削除される恐れがあります。
ウェブ アーカイブのサイトに保存した記事がありますので、リンクを貼ります。

南北首脳による共同宣言「パンムンジョム宣言」 全文日本語訳(NHK)
https://web.archive.org/web/20180427161819/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180428/k10011421301000.html

南北首脳が合意した「板門店宣言」全訳(TBS)
https://web.archive.org/web/20180429091459/http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3353556.html

南北首脳が合意した「板門店宣言」全訳(TBS)
http://archive.is/U8bz3

自分で魚拓を撮るべきですが、アーカイブのサイトに保存されていますので、もし、拙ブログの記事がなくなるようなことがあっても諦めずに探してみて下さい。
取り合えず、拙ブログで保存することにしました。



南北首脳、板門店で握手 10年半ぶり首脳会談




参考

[南北首脳会談] 文在寅大統領、安倍首相に「平和構築の助けになる」拉致言及へ⇒共同宣言で拉致言及なく、被害者家族「がっかり」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459067241.html
ラベル:文在寅
posted by hazuki at 23:31| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[福田淳一前次官のセクハラ問題] 福田前次官のセクハラ認定 財務省、退職金減額へ

[福田淳一前次官のセクハラ問題] 福田前次官のセクハラ認定 財務省、退職金減額へ

福田前次官のセクハラ認定 財務省、退職金減額へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29914420X20C18A4CC1000/
2018/4/27 1:21

財務省は26日、週刊誌でセクハラ疑惑が報じられて財務次官を辞任した福田淳一氏について、一定の事実が確認できたことから退職金を減額する方針を固めた。財務省は福田氏は辞任した場合の退職金は約5300万円になると説明。立憲民主党など野党は反発を強めていた。

同省は24日、福田氏の辞任決定の際に懲戒処分相当の行為が在職中にさかのぼって確認された場合、退職金を減額すると同氏に約束させていた。

 テレビ朝日の内部調査によると、セクハラ疑惑を訴えた女性記者は約1年半前からの半年間に数回、福田氏と会食。その際にセクハラ発言を受けたとして上司と相談し、福田氏と一対一で会わないようにしていたという。

 4月上旬に、学校法人「森友学園」の国有地売却問題に関する他社報道について、別の上司が記者に「裏付け取材をしてほしい」と要請。女性記者は福田氏から会食の誘いがあったため、取材をしようと考え、上司も認めたことから約1年ぶりに会食に応じたという。


福田淳一・セクハラ.PNG



財務省は26日、セクハラ疑惑が報じられて財務次官を辞任した福田淳一氏について、一定の事実が確認出来たことから退職金を減額する方針を固めた。
財務省は24日、福田氏の辞任決定の際に懲戒処分相当の行為が在職中にさかのぼって確認された場合、退職金を減額すると同氏に約束させていた。
財務省が前次官の福田淳一氏のセクハラをようやく認めた。
約5300万円の退職金が減額です。
今後の焦点は麻生太郎財務相の責任論に移る。

セクハラ疑惑、「はめられ訴え」 麻生財務相
https://this.kiji.is/361376717924877409?c=39546741839462401

麻生太郎財務相は24日の閣議後の記者会見で、セクハラ疑惑で事務次官を辞任した福田淳一氏への処分の在り方に関連し「はめられ訴えられているんじゃないかとか、いろいろなご意見は世の中いっぱいある」と語った。

麻生氏「はめられた」発言を釈明
https://this.kiji.is/362395216269083745?c=39546741839462401

麻生財務相は、財務事務次官を辞任した福田淳一氏のセクハラ疑惑を巡り、女性側にはめられたという意見があるとした自身の発言について「そういう話もあるという話をしただけだ」と釈明した。

麻生太郎氏の「はめられた」発言は釈明はしたものの、撤回してない。
強きの麻生さん。
野党の「Me Too」運動は止まらない。

#METOO 仕掛け人はジョージ・ソロスだった #HRW
https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/34904893.html

野党がやっている「Me Too」運動の仕掛人は、ジョージ・ソロスです。

#METOO−すべて失敗したら、プランBに行け!
https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/34850616.html

フェミニスト運動は、ロックフェラーによって作られた。
これはNWOアジェンダです。
野党の「Me Too」運動も、いい加減にして欲しい。

ちなみに、福田前次官の減給は退職金の2.6%のようです。




参考資料

福田前次官の減給は退職金の2.6% 財務省の姑息と大甘処分
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228194
ラベル:財務省
posted by hazuki at 11:44| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[米朝首脳会談] 日米、拉致解決働き掛けで一致 両首脳が電話会談

[米朝首脳会談] 日米、拉致解決働き掛けで一致 両首脳が電話会談

日米、拉致解決働き掛けで一致 両首脳が電話会談
https://this.kiji.is/362936640899302497?c=39546741839462401
2018/4/29 00:55

安倍晋三首相は28日夜、米国のトランプ大統領と電話会談した。トランプ氏が米朝首脳会談で日本人拉致問題を提起する方針を示したことを踏まえ、拉致問題の解決に向けて北朝鮮に働き掛ける方針で一致した。27日の南北首脳会談を受け、北朝鮮の動向を注視することも確認。ただ首相を含め、日本側はトランプ氏との電話会談での拉致問題に関する詳しい説明は避けた。首相は29日に韓国の文在寅大統領から直接説明を受ける。

 日米首脳電話会談は米韓電話会談が終わった後に行われ、首相はトランプ氏を通じて韓国側の説明を聞く形となった。


安倍晋三・電話会談後.PNG




安倍首相は28日夜、トランプ大統領と電話会談した。
トランプ氏が米朝首脳会談で日本人拉致問題を提起する方針を示したことを踏まえ、拉致問題の解決に向けて北朝鮮に働き掛ける方針で一致した。
27日の南北首脳会談を受け、北朝鮮の動向を注視することも確認。
拉致問題に関する詳しい説明は避けたのならば、米朝首脳会談でも進展はないかも知れません。
韓国の文在寅大統領を頼りにするだけ無駄でした。
トランプが金正恩との会話で拉致問題に言及するチャンスがあるか分からない。
拉致被害者は工作員に日本語を教えている。

北朝鮮の元工作員が来日して記者会見「日本人をなぜ拉致し、どう利用したのか」(全文)
https://www.huffingtonpost.jp/2015/04/15/north-korean-former-spy-conference_n_7068298.html

北朝鮮は5人の拉致被害者を返し、残りは「死亡した」とした。
北朝鮮が戻せないから、戻さないという意味で「死亡通知書」を送った。
返せない理由は、彼らを工作員として利用しているから。

「中丸薫2014 8  知っておくべき世界の今」の動画では、国際ジャーナリストの中丸薫氏が横田めぐみさんは金正恩の実母と発言している。
めぐみさんが金正恩の実母かどうかは怪しいが、重要な人物なので日本に返してもらえないと思われます。
めぐみさんは生きています。

中丸薫2014 8  知っておくべき世界の今
https://www.youtube.com/watch?v=focR1uGP898

被害者家族が南北首脳会談で、拉致問題に言及がなかったことにがっかりしたので、米朝首脳会談に期待したい。
日本政府はチャンスを逃さず交渉するしかない。
一方、米韓電話会談も行われた。

米朝会談に向け緊密協力で一致…米韓電話会談
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180429-OYT1T50023.html

トランプ大統領は28日夜(韓国時間)、文在寅大統領と電話で会談した。
首が変わっても、コウモリ国はコウモリ。



中丸薫2014 8  知っておくべき世界の今





参考

米朝首脳会談に向けて米国と北朝鮮が秘密協議か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458677894.html





関連

[南北首脳会談] 文在寅大統領、安倍首相に「平和構築の助けになる」拉致言及へ⇒共同宣言で拉致言及なく、被害者家族「がっかり」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459067241.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 10:25| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[9条改正] 立憲民主・枝野幸男代表「安保法制廃止しなければ議論の余地ない」「衆議院の解散権の制約を優先して議論するべき」

[9条改正] 立憲民主・枝野幸男代表「安保法制廃止しなければ議論の余地ない」「衆議院の解散権の制約を優先して議論するべき」

立憲民主・枝野代表“安保法制廃止しなければ議論の余地ない”
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3354336.html
4時間前

立憲民主党の枝野代表は、千葉市で開かれた憲法がテーマのイベントで、国会での憲法9条改正の議論について安全保障関連法を廃止しなければ話し合う余地はないと強調しました。

 「憲法9条を変えるならこう変えたいという。今後、話し合う余地は十分あるのではないかと思いますが、そこをお聞きしたい」(自民党 船田元 憲法改正推進本部長代行)

 「話し合う余地はありません。ごまかしながら説明しているようなところと、まっとうな議論ができるはずがありません。今の安保法制を廃止してください」(立憲民主党 枝野幸男 代表)

 枝野氏はこのように述べ、安保法制を廃止しないかぎり、国会で憲法9条改正の議論には応じない考えを強調しました。また、枝野氏は衆議院の解散権の制約を優先して議論するべきだと主張。これに対し、憲法審査会の幹事を務める自民党の船田氏は、「一定の歯止めは必要だろうと思うので検討したい」と理解を示しました。


枝野幸男・憲法改正議論しない.PNG



与野党8党の代表が憲法をテーマに議論する討論会が28日、千葉市の幕張メッセで開かれた。
立憲民主党の枝野幸男は、国会での憲法9条改正の議論について安全保障関連法を廃止しなければ話し合う余地はないと強調した。
船田元の「憲法9条を変えるならこう変えたいという。今後、話し合う余地は十分あるのではないかと思いますが、そこをお聞きしたい」という質問に対して、枝野は「話し合う余地はありません。今の安保法制を廃止してください」と答えた。
衆議院の解散権の制約が出て来ましたね。
立憲民主党は護憲政党ではない。
9条改正について、枝野は「従来の憲法解釈がリセットされ、海外で戦争ができる自衛隊になる」と批判するなどしているが、「憲法9条に個別的自衛権の限界をギチギチに明記するのはありだ」と発言している。
枝野幸男は世界連邦日本国会委員会のメンバーです。
世界連邦運動協会顧問は、稲盛和夫でCSIS名誉理事。
枝野幸男はCSISグループの子飼です。
枝野幸男は憲法9条云々、言ってますが、世界連邦警察軍:UNEPSには憲法9条を改憲しないといけないので改憲派です。
資料: 世界連邦運動の歴史と現在の活動、そして未来的意義 世界連邦運動協会常務理事 木戸寛孝氏(世界連邦21世紀フォーラム代表)〈2010.12.7〉 … ・UNEPS(国連緊急平和サービス)」構想
http://www.jinruiaizenkai.jp/kouenroku/kido-hirotaka.html

枝野幸男は、9条に自衛隊と明記するのに反対との主旨で述べていた。
これはUNEPS(国際緊急平和部隊)構想があるからだと思われます。
世界連邦運動派の議員はUNEPS推進派を隠してます。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E7%B7%8A%E6%80%A5%E5%B9%B3%E5%92%8C%E9%83%A8%E9%9A%8A

立憲民主党の憲法議論は、「立憲主義」。
いい加減に護憲政党ではないことに気付くべきです。



憲法テーマに与野党が討論会 9条改正、意見は対立
https://this.kiji.is/362890943550735457?c=39546741839462401
2018/4/28 18:41




参考資料

人類愛善会(ULBA) 世界連邦運動協会常務理事 木戸寛孝氏(世界連邦21世紀フォーラム代表)
「UNEPS(国連緊急平和サービス)」構想
http://www.jinruiaizenkai.jp/kouenroku/kido-hirotaka.html

国連緊急平和部隊
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E7%B7%8A%E6%80%A5%E5%B9%B3%E5%92%8C%E9%83%A8%E9%9A%8A

世界連邦日本国会委員会名簿
http://wfmjapan.org/008/member20170120.pdf

【世界連邦運動】世界連邦運動派リスト ver1.1
http://timetide.way-nifty.com/993666/2016/12/post-1a0a.html




参考

立憲民主党が基本方針を決定 改憲「自衛隊明記に反対」「国民に必要な改正は積極的に議論、検討する」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455412862.html

立憲民主党・枝野幸男代表「立憲民主党は護憲政党とは違います」「「護憲」ではないので、建設的な良い議論なら否定しません」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455322468.html

改憲発議は全会一致で 枝野幸男立憲代表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455309041.html

憲法改正を牽制 枝野幸男「国民運動を進めたい」「立憲民主党は護憲政党ではない」が9条への自衛隊明記には反対の立場
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454519130.html




関連

[読売調査] 衆院選の当選者、改憲「賛成」84% 「緊急事態条項の創設」の69%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454954128.html
posted by hazuki at 01:11| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

[民進党] 無所属の会・岡田克也氏ら三重で地域政党「三重新政の会」結成へ 民進の県連所属議員と

[民進党] 無所属の会・岡田克也氏ら三重で地域政党「三重新政の会」結成へ 民進の県連所属議員と

岡田氏ら三重で地域政党結成へ 民進の県連所属議員と
https://this.kiji.is/362781176265589857?c=39546741839462401
2018/4/28 11:01

民進党と希望の党との新党「国民民主党」には参加せず、民進を離党すると表明した岡田克也衆院議員(三重3区)が民進党三重県連所属の国会議員や地方議員と共に、地域政党「三重新政の会」を結成することが28日、県連関係者への取材で分かった。

 関係者によると、中川正春衆院議員(三重2区)や芝博一参院議員(三重選挙区)らも国民民主党には参加せず、地域政党に合流する意向を固めている。5月1日にも津市内で結成を発表する記者会見を開く。


岡田克也・無所属の会.PNG



新党「国民民主党」には参加せず、民進を離党すると表明した岡田克也氏(三重3区)が民進党三重県連所属の国会議員や地方議員と共に、地域政党「三重新政の会」を結成することが28日、分かった。
中川正春氏(三重2区)や芝博一氏(三重選挙区)らが地域政党に合流する意向を固めている。
フランケンシュタインのようなイオン岡田は、民進党籍を残したまま、衆院会派「無所属の会」で活動している。
衆院選の三重1区で落選した松田直久・前衆院議員も参加の意向を示しているという。
希望の党も分党だが、民進党がまた分裂する。
5月1日に記者会見の模様です。
中川正春も無所属の会ですよね。
国民民主党に参加しない民進党の議員や前議員は多いかも知れません。




関連

希望の党、民進党の新党は「国民民主党」 安倍1強の打破目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458993276.html
ラベル:岡田克也
posted by hazuki at 23:20| Comment(0) | 無所属の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[南北首脳会談] 文在寅大統領、安倍首相に「平和構築の助けになる」拉致言及へ⇒共同宣言で拉致言及なく、被害者家族「がっかり」

[南北首脳会談] 文在寅大統領、安倍首相に「平和構築の助けになる」拉致言及へ⇒共同宣言で拉致言及なく、被害者家族「がっかり」

文氏、南北首脳会談で拉致言及へ 「平和の助けに」と安倍首相に
https://this.kiji.is/361469452178506849?c=39546741839462401
2018/4/24 23:21

安倍晋三首相は24日午後、韓国の文在寅大統領と電話で会談した。南北首脳会談を27日に控えていることを踏まえ、文氏は北朝鮮による日本人拉致問題を巡り「問題解決は北東アジアの平和構築の助けになると、金正恩朝鮮労働党委員長に述べる考えだ」と表明した。南北会談で拉致問題に言及する方針を示した発言。

 韓国大統領府高官は、拉致問題は南北会談の公式議題とはならず、文氏が金氏と会話を交わす中で触れる形になるとの見通しを示した。

 韓国側によると、首相は南北、米朝首脳会談が成功した場合の日朝関係への影響について「日朝間でも自然と対話できるだろう」と述べた。




被害者家族「がっかり」=共同宣言で拉致言及なく
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042701516&g=prk

南北首脳会談で拉致問題の進展があるかもしれないと期待を込めて注目していた被害者家族からは、「共同宣言で拉致問題に言及がなかったのはがっかり。米朝首脳会談に期待するしかない」と落胆の声が上がった。
 田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄で拉致被害者家族連絡会(家族会)の飯塚繁雄代表(79)は会談について、「大きな出来事だが、中身の伴わない表面的なパフォーマンス」と受け止めた。米朝会談への期待を示しながら、「日本が抱える問題なのに、日本の出どころがないという印象が否めない」と不満そうに話した。
 横田めぐみさん=同(13)=の母早紀江さん(82)は「具体的な会談内容が伝わってこないと何とも言えない」と慎重な姿勢。10年半ぶりとなる会談が実現したことには、「平和につながることを素直に求めたい」と歓迎した。
 松木薫さん=同(26)=の姉斉藤文代さん(72)は地元熊本の県庁で記者会見。軍事境界線を越える両首脳の姿をテレビ越しに「すがすがしい気持ちで見た」という。「日本政府はチャンスを逃さず交渉してほしい。絶対に帰って来ると信じている」と力強く話した。(2018/04/27-21:17)


金正恩と文在寅.PNG



安倍首相と文在寅大統領との電話会談。
文氏は北朝鮮による日本人拉致問題を巡り「問題解決は北東アジアの平和構築の助けになると、金正恩朝鮮労働党委員長に述べる考えだ」と表明した。
南北首脳会談で文在寅氏が拉致問題に言及することを期待したが、拉致の言及はなかった模様。
被害者家族からは、「共同宣言で拉致問題に言及がなかったのはがっかり。米朝首脳会談に期待するしかない」と落胆の声が上がった。
韓国大統領府高官は、拉致問題は南北会談の公式議題とはならず、文氏が金氏と会話を交わす中で触れる形になるとの見通しを示したようですから、金正恩との会話で拉致問題が出て来なかったようです。
トランプ大統領の米朝首脳会談に期待するしかないのか。
日本政府はチャンスを逃さず交渉するしかない。




南北首脳、板門店で握手 10年半ぶり首脳会談





参考資料

南北首脳:戦争終結へ、完全な非核化目指す−歴史的な「板門店宣言」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-27/P7U6R96S973C01
ラベル:文在寅
posted by hazuki at 21:51| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「消費税14%に」 小林喜光同友会代表幹事

「消費税14%に」 小林喜光同友会代表幹事

「消費税14%に」 小林喜光同友会代表幹事
https://www.sankei.com/economy/news/180426/ecn1804260048-n1.html
2018.4.26 22:49

経済同友会の小林喜光代表幹事は26日、産経新聞などのインタビューに応じ、消費税率を来年10月に10%へ引き上げると同時に、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を平成37年に黒字化させるためには、「消費税率を14%まで引き上げるべきだ」と語った。

 小林氏は「国家の持続制を確保することが重要で、そのためには財政再建は欠かせない」と強調。昨年の衆院選で、「野党が軒並み消費税率引き上げの中止や凍結を打ち出す中で、明確に引き上げ方針を示したのは自民党であり、安倍晋三政権だ」と指摘し、引き続き財政再建路線を進めるべきだとの考えを示した。

 また、財政健全化を先送りさせないためにも「諸外国にあるような財政の状況を客観的にチェックし、政府を監視する第三者機関を設置すべきだ」と訴えた。


経済同友会の小林喜光代表幹事.PNG



産経新聞などのインタビュー。
経済同友会の小林喜光代表幹事は26日、消費税率を来年10月に10%へ引き上げると同時に、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を平成37年に黒字化させるためには、「消費税率を14%まで引き上げるべきだ」と語った。
消費税を上げるなら同時に給料も引き上げるべき。
日本の企業は内部留保を貯め過ぎです。
デフレ脱却も出来ずに増税ばかり。
経済同友会ではなくて、日本破滅同友会ですね。
「財政赤字の為に」国民生活をどん底に堕とそうとする経済同友会の小林喜光は老害です。
景気が冷え込んで困るのは、経済同友会ではないのですか。
ふざけた発言をするな。
何がPB黒字化ですか。
増税反対です。

経済同友会より提言のようなものが発表されています。

「国家価値」の最大化に向けて 【2018年度通常総会・代表幹事所見】
https://www.doyukai.or.jp/chairmansmsg/statement/2018/180427a.html




参考資料

「国家価値」の最大化に向けて 【2018年度通常総会・代表幹事所見】
https://www.doyukai.or.jp/chairmansmsg/statement/2018/180427a.html




関連

安倍首相、経済危機ない限り消費増税 景気対応も強調、参院予算委で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458411379.html
ラベル:経済同友会
posted by hazuki at 00:15| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

[カジノ法案] 4月27日、閣議決定 全国3カ所、入場料6000円

[カジノ法案] 4月27日、閣議決定 全国3カ所、入場料6000円

平成30年4月27日(金)定例閣議案件
https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018042701.html

特定複合観光施設区域整備法案(決定)

(特定複合観光施設区域整備推進本部・内閣府本府・財務・国土交通省)



特定複合観光施設区域整備推進本部
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/index.html

平成30年4月27日 :特定複合観光施設区域整備法案
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/kokkaiteisyutsuhoan/houritu.pdf


カジノ法案・提出.PNG


カジノ法案を閣議決定=全国3カ所、入場料6000円
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042700354&g=pol

政府は27日の閣議で、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案を決定した。全国で3カ所までカジノの設置を認めるほか、日本人客から入場料として1回6000円を徴収することが柱。政府は海外からの観光客誘致の目玉としたい考えだが、国会での与野党対立のあおりを受けて、6月20日までの会期内成立は見通せない。ギャンブル依存症を助長するとの慎重論も根強く、審議は難航も予想される。

安倍晋三首相は、閣議に先立って開かれたIR推進本部で「法案は、世界中から観光客を集める滞在型観光を推進するという政策目的を実現し、依存症などのさまざまな懸念に万全の対策を講じるものとなっている」と強調した。
 法案では、ギャンブル依存症を防ぎ、マネーロンダリング(資金洗浄)の温床とならないよう規制を設ける。日本人客はマイナンバーカードで本人確認した上で、入場回数を週3回、月10回までに制限。20歳未満や暴力団員も入場を禁じる。事業者がカジノを運営するには国の免許が必要で、内閣府に新設するカジノ管理委員会が事業者の中に反社会勢力が入り込んでいないか審査する。
 入場料は、世界で最も高いシンガポールの水準を実質的に上回る額を設定。事業者のカジノ収入の30%は納付金として国と立地自治体の収入となり、観光や地域経済の振興などに充てる。(2018/04/27-09:45)




政府は27日の閣議で、カジノを中核とするIR実施法案を決定した。
正式名称: 特定複合観光施設区域整備法案。
首相官邸の特定複合観光施設区域整備推進本部が法案を提出している。
全国で3カ所までカジノの設置を認める他、日本人客から入場料として1回6000円を徴収することが柱。
日本人客はマイナンバーカードで本人確認した上で、入場回数を週3回、月10回までに制限。
内閣府に新設するカジノ管理委員会が事業者の中に反社会勢力が入り込んでいないか審査する。
マネーロンダリングの温床とならないよう規制を設けるというが、カジノはマネーロンダリングの温床である。
矛盾している。
IR法案を審議するのは衆院内閣委員会。
TPP関連法案を先に処理する見通し。
カジノ法案が一旦、廃案になることを願う。
カジノに対して、どのような対策を取ろうとも、ギャンブル依存は増え、多大な社会的な負の費用も確実に発生する。
ギャンブルであるカジノに反対します。




参考資料

特定複合観光施設区域整備推進本部
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/index.html



平沢勝栄チャンネル2014年9月-4 カジノ法案(IR法案)について


カジノの町はいま09' 〜韓国江原ランド〜




参考

政府、カジノ法案を4月27日提出へ 会期内成立は微妙、日程調整難航
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458626701.html

[カジノ法案] カジノ入場回数は「週3回、月10回」 入場料は6000円 マイナンバーカードを提示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458625934.html

[IR] カジノ法案、入場料6千円で合意 与党、今月中に国会提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458573084.html

[カジノ法] カジノ入場料2千円を提示 IR政府案、与党で協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457050684.html

[カジノ法] 日本人のカジノ入場月10回まで 自民部会に政府規制案提示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456969220.html

[カジノ法] カジノ実施法作成本格化へ IR推進本部設置を決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448071776.html

ギャンブル依存症対策で基本法検討 カジノ法(IR整備推進法)施行で閣僚会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445274259.html

カジノ法(IR整備推進法)が施行 政府、IR制度設計に着手
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445272854.html

カジノ法、26日施行 依存症対策で閣僚会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445234548.html

カジノを含むIR法が成立 野党徹底抗戦も異例の会期再延長で衆院本会議採決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444912729.html

カジノ法案、参院可決 15日未明に成立する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444892658.html

国会、カジノ法案巡り緊迫 自民、14日成立図る方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444854755.html

カジノ法案は13日採決を 自民が提案、民進は拒否
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444833953.html

カジノ法案週内採決見送り 自民・民進、12日に参考人質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444715640.html

[カジノ解禁法案] IR推進法案、参院で審議入り 早ければ9日に成立、与党内に異論も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444684533.html

カジノ法案、衆院を通過 自民押し切り、野党は反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444658286.html

カジノ法案、衆院内閣委員会で賛成多数で可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444563323.html

自民、カジノ法案の今国会成立目指す意向を公明に伝達
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444479133.html

統合型リゾート施設整備推進法案(カジノ法案)、自民が16日審議入り提案も民進が拒否
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444029474.html

カジノ法案推進で自民と維新がタッグ 公明は置き去り? 超党派議連が総会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442763002.html

カジノ法案成立目指す 超党派議連が方針確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442357891.html

日本維新の会、自民にIR法案(カジノ法案)の早期成立要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441751542.html

カジノ特命チーム業務凍結「五輪に間に合わぬ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/435479987.html

萩生田官房副長官「IRは必要な検討を加えたい」 カジノを中心とした統合型リゾート(IR)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/433081368.html

[与党] カジノ解禁に向け、依存症対策の検討へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426561264.html

カジノ法案、秋の臨時国会に先送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425533919.html

カジノ法案は今国会も成立見送り 「お台場カジノ」はどうなったの?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425060490.html

維新がカジノなどIR法案の早期審議入りを要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/423370238.html

カジノ法案、今国会成立方針を再確認 超党派議連が総会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/420897077.html

カジノ法案 自民、維新、次世代の3党が国会に再提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418113411.html

ギャンブル依存の対策急務=疑い536万人−カジノ法案
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/418112884.html

カジノ、参院自民から異論 参院選での公明との連携を重視?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417375594.html

超党派議連、IR法案を正式決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416513032.html

カジノ法案 自公、再手続きで一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416346530.html

3月30日にもカジノ法案を再提出 超党派の議連
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/416186470.html

カジノ法案再提出へ、自民・維新・次世代 公明に反対論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415823810.html

カジノ候補地、横浜市と大阪市に…政府方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414331202.html

カジノ法案、再提出へ 議連、民公に慎重論も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412417549.html

カジノなどIR 横浜が有力候補地に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411748345.html

横浜市でカジノ解禁考えるシンポ 負の側面、報告や講演
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409490749.html

カジノ解禁法案の今国会成立を断念…与党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408494680.html

[カジノ法案] 黄信号に焦る推進派、首相に“賭け” 公明は慎重姿勢崩さず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408273618.html

カジノは警察利権に 議連「査察官」規定を削除 官僚組織にすりより
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407695512.html

日本が参考にするアジアのカジノはマネーロンダリングの温床的側面も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407425151.html

カジノ法案、日本人には資格要件 修正了承
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407227680.html

カジノをつくれば外国人観光客が押し寄せるというのは錯覚
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407106364.html

カジノ、日本人利用へ方針転換 一定の資格要件設定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406883865.html

カジノ法案修正へ 超党派議連が確認 ギャンブル依存症などへの懸念に対処
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406708078.html

カジノ法案、公明と調整へ 今国会成立めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406421335.html

カジノ合法化・リゾート整備へ内閣官房に新組織
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402059701.html




関連

カジノ依存、先行き不安も=20日返還15周年−マカオ 収入は6カ月連続マイナス
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410999959.html

「なぜカジノがダメでパチンコは許されるのか」橋下、井戸知事にかみつく…「タレント」対「官僚」因縁バトル再び
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408438365.html

カジノ法案成立不透明…松井「非常に困る」と苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408076895.html

「パチンコは?」と兵庫県知事に反論 カジノ構想で橋下
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407336539.html

松井カジノ「リスクなきリターンない」「維新は法案賛成にコンセンサス」…批判・兵庫知事や慎重・江田氏に苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407300313.html

大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/288628488.html
posted by hazuki at 23:34| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回) 4月28日締切

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回) 4月28日締切

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000973&Mode=0

案件番号 185000973
定めようとする命令等の題名 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程
根拠法令項 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第三条の規定に基づく基本的事項(平成15年11月21日財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省告示第1号)第1の1の(2)のハ
行政手続法に基づく手続であるか否か 任意の意見募集
問合せ先
(所管府省・部局名等) 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室
電話:03-5253-4111(内線4113)
案の公示日 2018年03月29日 意見・情報受付開始日 2018年03月29日 意見・情報受付締切日 2018年04月28日

関連情報意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見公募要領   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172409

関連資料、その他

第一種使用規程承認申請書(資料1−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172410
第一種使用規程承認申請書(資料1−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172411
学識経験者の意見(資料2−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172412
学識経験者の意見(資料2−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172413

資料の入手方法 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室にて資料配布


第一種使用規程承認申請書・2.PNG



兎に角、時間がありません。
明日、4月28日(土)が締切です。
文部科学省は、3月29日からパブリックコメントを募集していた。
4月28日に締め切る。
文部科学省は締切の時間を指定してないようですが、18時、必着を目指して意見を送りましょう。

以下、文部科学省の資料より

遺伝子組換え生物等による生物多様性への影響を防止することを目的とした「生物の 多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」の国内担保法であ る「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平 成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)では、遺伝子組換え生物等を環境 中への拡散を防止しないで行う使用等を「第一種使用等」とし、第一種使用等をしよう とする者は、第一種使用規程(第一種使用等の内容及び方法等を記載)を定め主務大臣 の承認を受けなければならないとされています。
今般、カルタヘナ法に基づき、研究開発段階の遺伝子組換え生物等の使用等に関する 第一種使用規程について下記の承認申請がありました。本申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂きました。
つきましては、これら案件の申請について、国民の皆様からの意見募集を実施します。

以上。

申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 理事長 井邊時雄氏。
(茨城県つくば市観音台3−1−1)

遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、シンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)とシンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)で、隔離ほ場における栽培、にこれらに付随する行為。

カルタヘナ法、同法の施行規則その他関連する告示等については、参考として以下 のURLから御参照ください。
URL
http://www.biodic.go.jp/bch/hourei1.html

(研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室)




印鑰智哉さんのFacebookより転載
https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/2546545548705593

遺伝子組み換えのイネ4品種の隔離圃場での栽培の承認を求めるパブリックコメント。29日本日開始で、締め切りは4月28日。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
 ちなみに研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離圃場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。
 農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。こんな状態だから、日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。マスコミも報道しない。

 さて、今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験(オープンな環境)。2月9日に意見聴取会が開かれ、お墨付きを学識経験者からもらったので、パブリックコメントを経て、承認ということになるのでしょう。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/01/1400687.htm

 日本でも今回4品種の遺伝子組み換えイネの栽培実験、花粉が飛ぶ環境での実験だけに、実現してほしくない。
 今、遺伝子組み換えイネをめぐりかなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1682710521795926&id=330604687006523




意見公募のリンクから入って、意見を提出して下さい。↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000973&Mode=0

意見文は、2000字以内でお願いします。改行も字数に入ります。

今回の申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市観音台3−1−1)となっています。遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、シンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)とシンク能改変イネ(I A A - G l u c o s e h y d ro l a s e / T G W 6改変イネ系統)で、隔離ほ場における栽培、にこれらに付随する行為としています。申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂いたとのことですが、果たして安全と言えるのでしょうか。研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離ほ場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験。遺伝子組み換えイネを巡り、かなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。第1種使用に適用させるのは如何なものかと思います。遺伝子組み換え作物を作るのは危険であり、畜産物となる動物や人体にどう影響していくのかは全く未知数です。家畜が遺伝子組み換えされた作物を食べても、結局は私達の胃袋に彼らの肉が入ります。 もし、毒や病気になり易くなる物質が既に食品にあるいは人体で生成されたら、私達は二重に被害を被る可能性があります。そして、その遺伝子組み換えを栽培して来た土壌がどう変わって行くのかという長いスタンスでの実験がなされてない。世界的に日本が開発した遺伝子組み換え農作物の特許を取りたいのでしたら、それは支持しますが、商品化として流通するのは、後々、訴訟問題に発展し兼ねない。 その点、アメリカは賢いです。 カルタヘナ法(カルタヘナ議定書)に加入しないで、遺伝子組み換え農作物の商用を実施しているにも関わらず、リスクは取りません。継続して、第1種使用は止めて、囲いのある場所で条件を変えた実験を長らくするべきです。



重要

忘れずに「平成29年度第1回」の意見も送って下さい。


[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459044166.html





参考

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459044166.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 農林水産省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048994.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048654.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html
ラベル:文部科学省 GMO
posted by hazuki at 16:46| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回) 4月28日締切

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第1回)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000972&Mode=0

案件番号 185000972
定めようとする命令等の題名 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程
根拠法令項 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第三条の規定に基づく基本的事項(平成15年11月21日財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省告示第1号)第1の1の(2)のハ
行政手続法に基づく手続であるか否か 任意の意見募集
問合せ先
(所管府省・部局名等) 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室
電話:03-5253-4111(内線4113)
案の公示日 2018年03月29日 意見・情報受付開始日 2018年03月29日 意見・情報受付締切日 2018年04月28日

関連情報意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案

意見公募要領   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172404

関連資料、その他

第一種使用規程承認申請書(資料1−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172405
第一種使用規程承認申請書(資料1−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172406
学識経験者の意見(資料2−1)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172407
学識経験者の意見(資料2−2)   PDF
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000172408

資料の入手方法 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室にて資料配布


第一種使用規程承認申請書・1.PNG




兎に角、時間がありません。
明日、4月28日(土)が締切です。
文部科学省は、3月29日からパブリックコメントを募集していた。
4月28日に締め切る。
文部科学省は締切の時間を指定してないようですが、18時、必着を目指して意見を送りましょう。

以下、文部科学省の資料より

遺伝子組換え生物等による生物多様性への影響を防止することを目的とした「生物の 多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」の国内担保法であ る「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平 成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)では、遺伝子組換え生物等を環境 中への拡散を防止しないで行う使用等を「第一種使用等」とし、第一種使用等をしよう とする者は、第一種使用規程(第一種使用等の内容及び方法等を記載)を定め主務大臣 の承認を受けなければならないとされています。
今般、カルタヘナ法に基づき、研究開発段階の遺伝子組換え生物等の使用等に関する 第一種使用規程について下記の承認申請がありました。
本申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂きました。
つきましては、これら案件の申請について、国民の皆様からの意見募集を実施します。

以上。

申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 理事長 井邊時雄氏。
(茨城県つくば市観音台3−1−1)

遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、グルテリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネとグロブリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネで、隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並び にこれらに付随する行為。

カルタヘナ法、同法の施行規則その他関連する告示等については、参考として以下 のURLから御参照ください。
URL
http://www.biodic.go.jp/bch/hourei1.html (研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室)




印鑰智哉さんのFacebookより転載
https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/2546545548705593

遺伝子組み換えのイネ4品種の隔離圃場での栽培の承認を求めるパブリックコメント。29日本日開始で、締め切りは4月28日。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
 ちなみに研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離圃場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。
 農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。こんな状態だから、日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。マスコミも報道しない。

 さて、今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験(オープンな環境)。2月9日に意見聴取会が開かれ、お墨付きを学識経験者からもらったので、パブリックコメントを経て、承認ということになるのでしょう。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/01/1400687.htm

 日本でも今回4品種の遺伝子組み換えイネの栽培実験、花粉が飛ぶ環境での実験だけに、実現してほしくない。
 今、遺伝子組み換えイネをめぐりかなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1682710521795926&id=330604687006523




意見公募のリンクから入って、意見を提出して下さい。↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000972&Mode=0

意見文は、2000字以内でお願いします。改行も字数に入ります。


今回の申請者は、国立研究委開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市観音台3−1−1)となっています。遺伝子組換え生物等の種類の名称、第一種使用等の内容ですが、グルテリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネとグロブリンプロモーター誘導型 nfGluA2蓄積イネで、隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並び にこれらに付随する行為としています。申請について、生物多様性影 響に関し学識経験者から意見を聴取したところ、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一 種使用規程に従って使用した場合に生物多様性への影響が生ずるおそれはないとの意見 を頂いたとのことですが、果たして安全と言えるのでしょうか。研究開発段階での承認の担当は文部科学省、これが栽培・流通などを目的とすることになると担当官庁が農水省・環境省に変わる。今回は隔離ほ場の実験なので、文科省に提出することになる。別途、食品としての安全面での審査が内閣府食品安全局と厚労省。医薬品であれば厚労省。工業用の微生物の承認は経産省。農業、環境、食品という異なる見地から別々に審査するということは悪いことではない。問題は審査の方法が政府機関はまったく実験にも関与せず、開発者が提出した書面のチェックだけ。現行のカルタヘナ法で必要とされるチェックは三点のみ(競合における優位性、有害物質の産生性、交雑性)で問題がでなければまず自動承認。その三点で問題があるという申請はまず出ないから、問題なしと自己申告して、それに「学識経験者」がお墨付きを与えれば承認されてしまう。日本では毎月のように新しいGMOが承認されてしまう。今回は遺伝子組み換えイネの栽培実験。遺伝子組み換えイネを巡り、かなり世界的に騒がしい。フィリピンの市民組織MASIPAGとStop Golden Rice Networkは遺伝子組み換えイネのゴールデンライスの承認圧力が高まっていることに対して、反対している。第1種使用に適用させるのは如何なものかと思います。遺伝子組み換え作物を作るのは危険であり、畜産物となる動物や人体にどう影響していくのかは全く未知数です。家畜が遺伝子組み換えされた作物を食べても、結局は私達の胃袋に彼らの肉が入ります。 もし、毒や病気になり易くなる物質が既に食品にあるいは人体で生成されたら、私達は二重に被害を被る可能性があります。そして、その遺伝子組み換えを栽培して来た土壌がどう変わって行くのかという長いスタンスでの実験がなされてない。世界的に日本が開発した遺伝子組み換え農作物の特許を取りたいのでしたら、それは支持しますが、商品化として流通するのは、後々、訴訟問題に発展し兼ねない。 その点、アメリカは賢いです。 カルタヘナ法(カルタヘナ議定書)に加入しないで、遺伝子組み換え農作物の商用を実施しているにも関わらず、リスクは取りません。継続して、第1種使用は止めて、囲いのある場所で条件を変えた実験を長らくするべきです。



重要

忘れずに「平成29年度第2回」の提出もお願いします。



[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程の承認申請案件に関する意見の募集実施について(平成29年度第2回) 4月28日締切
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/459044931.html




参考

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 農林水産省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048994.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集 3月30日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458048654.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html
ラベル:文部科学省 GMO
posted by hazuki at 16:02| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[憲法世論調査] 自民改憲4項目(9条、教育無償化、参院合区解消、緊急事態条項)、否定多数 9条拮抗

[憲法世論調査] 自民改憲4項目(9条、教育無償化、参院合区解消、緊急事態条項)、否定多数 9条拮抗

自民改憲4項目、否定多数 9条拮抗、憲法世論調査
https://this.kiji.is/361969371901609057?c=39546741839462401
2018/4/26 05:19

共同通信社は25日、憲法記念日の5月3日を前に郵送方式で実施した憲法に関する世論調査の結果をまとめた。自民党が改憲を目指す4項目全てで「反対」や「不要」の否定的意見が上回った。このうち9条改正は必要ない46%、必要44%で拮抗した。教育充実のための改憲は不要70%となり、必要28%に大差をつけた。安倍晋三首相の下での改憲に61%が反対し、賛成は38%だった。

 自民党は9条への自衛隊明記、教育充実、緊急事態条項の新設、参院選「合区」解消―の4項目について条文案をまとめたが、世論の理解が得られていない現状が明らかになった格好だ。


憲法世論調査・共同.PNG



共同通信社は25日、憲法記念日の5月3日を前に郵送方式で実施した憲法に関する世論調査の結果をまとめた。
自民党が改憲を目指す4項目全てで「反対」や「不要」の否定的意見が上回った。
9条改正は必要ない46%、必要44%で拮抗した。
緊急事態条項の創設で、@内閣の権限強化・私権制限に賛成が42%もいることに驚きです。
内閣独裁を許し、国民の私権制限を認めるという。
自民党改憲本部もA国会議員の任期延長に留めた筈です。
緊急事態条項はナチスの全権委任法に当たることを知らない国民が如何に多いことか。
ちなみに、自民党は教育無償化は財源がないのでやらない嘘つきです。
#ヤバすぎる緊急事態条項





参考

[自民党改憲本部] 自民改憲案、柔軟に修正を検討 細田博之氏、改憲発議時期は「白紙」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458730677.html

[自民党改憲本部] 9条改正案、「9条2項を維持」軸に細田博之本部長一任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458259565.html

自民・細田博之氏:改憲4項目の検討状況報告 緊急事態条項、改憲案示す 大規模災害時に権限集中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458148743.html

[自民党改憲本部] 9条改憲7案を議論 9条に自衛隊保持明記へ 「首相指揮」で文民統制確保
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458019514.html

[自民党改憲本部]「9条改正」7案示す 2項維持の安倍首相案ベース
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457951314.html

[自民党改憲本部] 憲法9条の改正案、条文案もとに議論 3月25日の党大会までに意見集約を急ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457250295.html

[自民党改憲本部] 改憲条文案を了承 教育充実「国に努力義務」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457052262.html

[自民党改憲本部] 参院選「各県最低1人」 合区解消狙う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456928912.html

[自民党改憲本部] 9条改憲案づくり着手 所属議員から意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456759377.html

[産経新聞] 憲法と緊急事態 任期延長だけでは足りぬ「重要なのは、緊急事態を宣言し、一時的に首相や内閣に権限を集め、法律に代わる緊急政令を出し、財政支出を行う仕組み」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456693251.html

[自民改憲本部] 国民の私権制限求める声続出 緊急事態条項「理想は2012年の党改憲草案だ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456581096.html

自民改憲本部、国民の私権の制限見送りへ 緊急事態条項で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456538668.html

自民・柴山昌彦氏、憲法改正「9条2項温存が穏当」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456373317.html

[参院合区解消] 参院選の合区解消、改憲にらむ自民のジレンマ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455988992.html

[自民党] 9条改憲、両論併記(首相案と2項削除案) 年明け議論再開
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455743154.html

自民党 憲法改正案の取りまとめ 年内見送りへ「条文化する段階には至っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455285029.html

自民改憲本部、教育「無償」明記見送りへ 財源めど立たず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455186716.html

「緊急事態条項」で首相の好き放題…改憲の危険性はどこにあるか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454953115.html

自民党、次国会に9条改憲案提示へ 改憲本部長に細田博之氏就任 緊急事態条項を含む改憲4項目について意見集約を進め原案づくりを急ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454791103.html

自民公約に首相改憲4項目(9粂、緊急事態条項の創設、参院選挙区の合区解消、教育無償化) 9条に自衛隊、条文は見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453617363.html

自民改憲本部が議論再開 9条テーマ、意見集約難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453422637.html

憲法改正案 秋の臨時国会までに取りまとめへ 自民 緊急事態条項の新設を議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451546096.html

9条改憲「性急すぎる」 自民全体会合で異論も 推進本部は教育無償化、緊急事態条項の新設などを議論する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451189121.html

9条解釈「1ミリも動かさず」 自民改憲本部長の保岡氏 9条、教育無償化、緊急事態条項などを議論し、改憲案をまとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450805753.html

自民党、改憲で9条、教育無償化、緊急事態条項など4項目議論 幹部初会合、検討本格化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450625079.html

[産経新聞] 憲法と緊急事態 議論の矮小化にあきれる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449711421.html

施行70年、転機の憲法 改正項目で各党駆け引き 緊急事態条項の新設、教育無償化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449566704.html

与野党、緊急事態条項で隔たり 改憲巡り討論 自民党の保岡興治氏は緊急事態条項の創設を訴え、民進党の武正公一氏は反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449559990.html

日本のこころが憲法草案発表 「天皇元首」「軍保持」「緊急事態条項(日本版FEMA)」など明記
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449416015.html

細野豪志「改憲議論に積極参加」 民進代表代行辞任で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449049688.html

民進・細野豪志が代表代行辞任へ 改憲巡り「考え方に違い」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448991057.html

安倍政権が新憲法改正草案を作成へ!9条改正を外し、緊急事態条項(日本版FEMA)追加を優先!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448879120.html

「党内で言え」民進党の前原誠司元外相、細野豪志代表代行の憲法改正私案公表に苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448857541.html

民進党の細野豪志が憲法改正私案を公表 教育無償化や緊急事態条項
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448856451.html

改憲、自民党改憲草案基本に議論 下村博文幹事長代行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448537498.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html

スターウォーズにみる「緊急事態条項」の問題点、弁護士が解説「ヤバさを実感して」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445855545.html

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である (自民党草案の問題点を考える) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445679581.html




関連

石破茂氏、9条改憲「党決定に賛成」 2項削除の主張は堅持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457224578.html

9条3項に「自衛権妨げず」 自民有志
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456617603.html

安倍首相、9条2項削除に否定見解 集団的自衛権の全面容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456573925.html




関連(改憲発議)

自民・船田元氏「今年中に改憲の発議したい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457105935.html
posted by hazuki at 00:12| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で審議入り 野党、欠席の方針

[働き方改革関連法案] 4月27日、衆院本会議で審議入り 野党、欠席の方針

働き方法案、27日審議入り 野党、欠席の方針
https://this.kiji.is/362171934789698657?c=39546741839462401
2018/4/26 18:41

安倍政権が今国会の最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案は27日、衆院本会議で審議入りする。衆院議院運営委員会の古屋圭司委員長(自民党)が26日の理事会で、本会議開催を職権で決めた。立憲民主党など野党6党は、前財務事務次官のセクハラ疑惑などを踏まえ麻生太郎財務相の辞任を要求し国会審議を拒否しており、欠席する方針。与野党の攻防激化は必至で、6月20日までの会期内成立は不透明だ。

 衆院厚生労働委員会も26日の理事懇談会で、立憲民主党など野党が欠席する中、働き方法案の趣旨説明を27日の厚労委で行い、審議に入ることを高鳥修一委員長(自民党)の職権で決めた。


働き方改革法案・概要.PNG

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案の概要

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる。

I 働き方改革の総合的かつ継続的な推進
働き方改革に係る基本的考え方を明らかにするとともに、国は、改革を総合的かつ継続的に推進するための「基本方針」(閣議決定)を定めることとする。(雇用対策法)

II 長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等
1労働時間に関する制度の見直し(労働基準法、労働安全衛生法)
・時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定。
(※)自動車運転業務、建設事業、医師等について、猶予期間を設けた上で規制を適用等の例外あり。研究開発業務について、医師の面接指導を設けた上で、適用除外。
・月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率(50%以上)について、中小企業への猶予措置を廃止する。また、使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないこととする。
・高度プロフェッショナル制度の創設等を行う。(高度プロフェッショナル制度における健康確保措置を強化)
・労働者の健康確保措置の実効性を確保する観点から、労働時間の状況を省令で定める方法により把握しなければならないこととする。(労働安全衛生法の改正)
2 勤務間インターバル制度の普及促進等(労働時間等設定改善法)
・事業主は、前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなければならないこととする。
3 産業医・産業保健機能の強化(労働安全衛生法等)
・事業者から、産業医に対しその業務を適切に行うために必要な情報を提供することとするなど、産業医・産業保健機能の強化を図る。

III 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
1 不合理な待遇差を解消するための規定の整備(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間・有期雇用労働者に関する正規雇用労働者との不合理な待遇の禁止に関し、個々の待遇ごとに、当該待遇の性質・目的に照らして適切と認められる事情を考慮して判断されるべき旨を明確化。併せて有期雇用労働者の均等待遇規定を整備。派遣労働者について、@派遣先の労働者との均等・均衡待遇、A一定の要件※を満たす労使協定による待遇のいずれかを確保することを義務化。また、これらの事項に関するガイドラインの根拠規定を整備。(※)同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であること等
2 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化(パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法)
短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者について、正規雇用労働者との待遇差の内容・理由等に関する説明を義務化。
3 行政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備
1の義務や2の説明義務について、行政による履行確保措置及び行政ADRを整備。

施行期日 I:公布日
II:平成31年4月1日(中小企業における時間外労働の上限規制に係る改正規定の適用は平成32年4月1日、1の中小企業における割増賃金率の見直しは平成35年4月1日)
III:平成32年4月1日(中小企業におけるパートタイム労働法・労働契約法の改正規定の適用は平成33年4月1日)




安倍政権が今国会の最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案は27日、衆院本会議で審議入りする。
衆院厚生労働委員会も26日の理事懇談会で、立憲民主党など野党が欠席する中、働き方法案の趣旨説明を27日の厚労委で行い、審議に入ることを高鳥修一委員長(自民党)の職権で決めた。
野党が対案に掲げている「勤務間インターバル制度」も働き方改革関連法案に入っているのに、審議拒否ですか。
高度プロフェッショナル制度の創設に反対するのではなかったのか。
野党が審議拒否をしても、衆院本会議で審議入りし、衆院厚生労働委員会で趣旨説明をする。
前財務事務次官のセクハラ疑惑で「Me Too」の人工芝運動、いい加減にして欲しい。




参考資料

勤務間インターバル
https://bizhint.jp/keyword/62097?trcd=brw_tw_keyword_62097





参考

[働き方改革関連法案] 希望 民進「高度プロフェッショナル制度」削除の対案提出へ 勤務間インターバルの確保も盛り込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458859707.html

[働き方改革関連法案] 立憲民主党「働き方改革」で対案 高度プロフェッショナル制度を削除 11時間のインターバルを保障
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458671789.html

[働き方改革関連法案] 4月6日、閣議決定 残業を規制 高度プロフェッショナル制度を創設
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458639975.html

[働き方改革関連法案] 自民・公明両党が了承、4月6日閣議決定へ 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458613702.html

[働き方改革関連法案] 自民、働き方法案、了承見送り 残業上限「中小企業除外を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458575405.html

[働き方改革関連法案] 4月6日にも国会提出 野党は対案、対立激化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458512498.html

[共同通信世論調査] 働き方改革関連法案、「今国会で成立させる必要はない」69.1% 「成立させるべきだ」17.1%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457579878.html

[働き方改革関連法案] 野村不動産の社員が過労自殺、裁量労働制の50代男性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457526017.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制の拡大削除「まだ安心できる状況ではない」 法政大・上西教授「高プロについても追及を」と警鐘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457456301.html

[働き方改革関連法案] 裁量労働制を分離 安倍首相、データ不備で方針転換 政権に打撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457245702.html

[毎日新聞世論調査] 裁量労働制の対象拡大「反対」57% 「賛成」18%
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457178528.html

[働き方改革関連法案] 裁量制データ「ずさんな調査」 担当した労働基準監督官が証言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457176974.html

[働き方改革関連法案] 厚生労働省の調査誤り受け与野党議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457160818.html

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457140163.html




関連

[産経新聞] 裁量労働制の拡大と民主党政権は関係ないのに「不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画」と報道
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457187275.html
posted by hazuki at 22:11| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「国民の敵」暴言問題、小西洋之氏「国民の敵という発言を行っていないということだが、それは事実に反する」

「国民の敵」暴言問題、小西洋之氏「国民の敵という発言を行っていないということだが、それは事実に反する」

空自3佐暴言問題、「国民の敵」発言で食い違い
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3350623.html
24日 16時25分

自衛隊の3等空佐が民進党の小西議員に暴言を吐いた問題で、「国民の敵だ」と発言したかどうかをめぐり3佐と小西氏との間で食い違いが生じています。

 民進党の小西議員は先週、国会近くの路上で統合幕僚監部の3等空佐から「国民の敵だ」などと繰り返しののしられたと国会で明らかにしました。これを受け防衛省は調査を実施し、24日、中間報告を行いましたが、3佐は「国益を損なうようなことをしている」「バカなのか」などと発言したことを認める一方、「『国民の敵』とは言っていない」などと話していることが明らかになりました。

 また3佐は小西氏の安保関連法の対応を念頭に「政府・自衛隊が進めようとしている方向とは違う対応が多い」というイメージから「気持ちが高まった」と述べているということです。

 「国民の敵という発言を行っていないということだが、それは事実に反する」(民進党 小西洋之参院議員)

 小西氏は24日、「国民の敵」発言について、「シビリアンコントロールが根底からひっくり返る話だから防衛省に電話した」とも述べていて、両者に食い違いが生じています。ただ、防衛省は「バカ」などの暴言があったことは間違いないとして、懲戒処分も含めて厳正に対処するとしています。


小西洋之・国民の敵.PNG



自衛隊の3等空佐が民進党の小西氏に暴言を吐いた問題。
3佐と小西氏との間で食い違いが生じている。
3佐は「国益を損なうようなことをしている」「バカなのか」などと発言したことを認めたが、「『国民の敵』とは言っていない」などと話している。
「シビリアンコントロールが根底からひっくり返る話だから防衛省に電話した」という小西氏。
防衛省も「バカ」などの暴言があったことは間違いないとして、懲戒処分も含めて厳正に対処するとしている。
「お前は国民の敵だ」これはイラク派遣日報隠ぺい問題を追及する小西氏に3佐が路上で何度も放った言葉。
安倍政権で日本の軍部暴走が始まる。
怖い世の中になりつつある。
これも、我々が安倍自民党に加担して世論を右に向け過ぎたからだと思います。
小西氏は国民の敵ではない。





参考資料


「『国民の敵』発言に物証ある」 民進・小西洋之参院議員の発言詳報
https://www.sankei.com/politics/news/180424/plt1804240038-n1.html
ラベル:小西洋之
posted by hazuki at 17:39| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河野太郎外相 WTOのアゼベド事務局長と会談 多角的貿易体制のけん引を

河野太郎外相 WTOのアゼベド事務局長と会談 多角的貿易体制のけん引を

河野外相 WTO事務局長と会談 多角的貿易体制のけん引を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011416241000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_027
4月25日 0時52分

アメリカと中国との貿易摩擦による世界経済への影響が懸念される中、河野外務大臣は、訪問先のスイスでWTO=世界貿易機関のアゼベド事務局長と会談し、自由貿易の旗手として、多角的貿易体制をけん引していく考えを伝え、緊密な連携を確認しました。

この中で、河野外務大臣は、アメリカと中国との貿易摩擦など、保護主義的な経済政策の拡大によって、世界経済への影響が懸念されていることを踏まえ、「国際貿易をめぐる厳しい情勢に直面するいま、自由で開かれたルールに基づく貿易を維持、推進していくことが重要だ」と述べ、自由貿易の旗手として、多角的貿易体制をけん引していく考えを伝えました。

これに対し、アゼベド事務局長は「日本のリーダーシップを評価する。世界の貿易をめぐる情勢も踏まえ、多角的貿易体制の維持、強化のために、日本と一層協力していきたい」と応じ、緊密に連携していくことを確認しました。


河野太郎とWTO事務局長.PNG




4月24日、15時30分(現地時間)から約30分間、スイス・ジュネーブを訪問中の河野太郎外相は、ロベルト・アゼベド世界貿易機関(WTO)事務局長(Mr. Roberto Azevêdo, Director-General, WTO)と会談を行った。
河野太郎外相は、自由貿易の旗手として、多角的貿易体制をけん引していく考えを伝え、緊密な連携を確認した。
日本は自由貿易の旗手として、WTOと緊密に連携しながら、電子商取引等の今日的な課題に取り組むこと等を通じて、多角的貿易体制を牽引していく決意である旨述べた模様。
アゼベド事務局長からは、電子商取引の取組を含む日本のリーダーシップを評価すると共に、世界の貿易を巡る現下の情勢も踏まえ、多角的貿易体制の維持・強化の為にWTOとして日本と一層協力していきたい旨が表明された。

電子商取引の取組を含む日本のリーダーシップとは?

WTO・電子商取引に関する第2回有志国会合の開催
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005929.html

4月18日(現地時間同日)、世界貿易機関(WTO)の電子商取引に関する第2回有志国会合が、ジュネーブにおいて開催された。
第2回有志国会合は、昨年12月に開催された第11回WTO閣僚会議において発表された電子商取引に関する共同声明に従い、交渉に向けた探求的作業を進めていく為に開催されたもの。

第11回WTO閣僚会議
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/it/page25_001153.html

電子商取引に関する共同声明(PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000355907.pdf

4月18日の会合では、日本を含めた10加盟国が今後の会合で議論したい論点について提案し、それぞれが提案について説明すると共に、質疑応答を行った。




参考資料

河野外務大臣とアゼベド世界貿易機関事務局長との会談
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/it/page4_003953.html
ラベル:河野太郎
posted by hazuki at 16:34| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相

[新協議] 日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木敏充経済再生相

日米協議の新たな枠組み「FTA念頭でない」茂木経済再生相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180424/k10011415861000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_032
4月24日 18時36分

日米両政府が両国間の貿易や投資などの在り方を協議する新たな枠組みについて、茂木経済再生担当大臣は、FTA=自由貿易協定の交渉を念頭に置いたものではないとしたうえで、日米双方にとってメリットがある協議にしていきたいという考えを示しました。

先の日米首脳会談で、両首脳は、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議」、通称「FFR」を新設し、日米の貿易や投資などの在り方を議論していくことで合意しました。

これを受けて、自民党は24日会合を開き、党の対策本部の本部長を務める森山国会対策委員長が「農林水産物については、TPPの合意内容を上回る自由化は決してないということだが、通商交渉は油断できない。農家や水産業者に迷惑をかけない形にしなければならない」と指摘しました。

また、TPPにおける国益を守るよう求めている議員連盟の江藤会長は「FTA交渉や、それに準ずるようなものの地ならしのために、新たな協議の場を設けたわけではないということをはっきり確認させてもらいたい」と迫りました。

これに対し、茂木大臣は「協議は、FTAと位置づけられるものでもないし、その予備協議でもない。農産品に関しては、『TPPで合意したものが最大限だ』と、明確にアメリカに伝えたところであり、日米双方にとってメリットがある協議にしていきたい」と述べました。


自民党・会合.PNG




「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議」、通称「FFR」。
日米両政府の新たな枠組みについて、茂木経済再生担当大臣は、FTA=自由貿易協定の交渉を念頭に置いたものではないとした上で、日米双方にとってメリットがある協議にしていきたいという考えを示した。
「協議は、FTAと位置づけられるものでもないし、その予備協議でもない。農産品に関しては、『TPPで合意したものが最大限だ』と、明確にアメリカに伝えたところであり、日米双方にとってメリットがある協議にしていきたい」(茂木敏充経済再生担当相)
また、「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための日米協議」に関し、「国会の日程や日米双方の準備などを考えれば、閣僚級協議のスタートが6月中旬以降になる」との見通しを示した。

「6月中旬以降に閣僚級協議」 日米新貿易協議で茂木敏充経済再生担当相
https://www.sankei.com/world/news/180424/wor1804240034-n1.html

茂木氏は、日本側の交渉担当をつとめる。
米国はライトハイザーUSTR代表が担当する。

新協議について、安倍首相の言葉を借りるならば、「新協議は日米双方の利益となるように、日米間の貿易・投資を更に拡大させ、公正なルールに基づく自由で開かれたインド太平洋地域における経済発展を実現させるのもの。」ということです。

日米共同記者会見
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2018/0418usa.html

安倍首相が2016年8月にケニアで開かれたアフリカ開発会議(TICAD)で打ち出した「自由で開かれたインド太平洋戦略」とも関連して来ると思われます。

【外交・安保取材の現場から】
インド太平洋戦略は日本の勝利か 不気味に響くトランプ氏の「米国第一」
http://www.sankei.com/premium/news/171205/prm1712050007-n1.html

但し、「自由で開かれたインド太平洋戦略」という表現は使わない。
新協議は麻生・ペンスに報告するという形をとり、茂木経済再生相とUSTRのライトハイザー氏に替えた。
日米FTA交渉をやる場合の責任者が茂木氏とライトハイザー氏となる。
TPP復帰に否定的な米国を説得出来るかが課題となる。
新協議では、日米FTAの担当者を設置したようなものです。
日米FTAを巡る山場は中間選挙の直後にやって来るかも知れません。

いつまでも効くと思うな、安倍総理の日米FTA回避策
https://www.fnn.jp/posts/00298880HDK

日米FTAに積極的な米国。
米国のTPP復帰を望む日本。
茂木・ライトハイザーの新枠組に注視する必要があります。




参考資料

「6月中旬以降に閣僚級協議」 日米新貿易協議で茂木敏充経済再生担当相
https://www.sankei.com/world/news/180424/wor1804240034-n1.html

いつまでも効くと思うな、安倍総理の日米FTA回避策
https://www.fnn.jp/posts/00298880HDK

日米共同記者会見
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2018/0418usa.html





参考

[新協議] 斎藤健農相、日米FTA交渉を否定 新貿易協議の枠組み設置合意に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458917272.html

[日米首脳会談] [新協議] 自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意 自由で開かれたインド太平洋戦略を実現へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458916462.html

[日米首脳会談] 首脳合意の新貿易協議は難航必至 TPP前提の日本、日米FTA要求の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/458899073.html
ラベル:FFR
posted by hazuki at 15:47| Comment(0) | FFR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする