2018年02月24日

韓国、TPP参加に向け日本と接触 「経済圏の恩恵」に興味、イギリスなども関心寄せる

韓国、TPP参加に向け日本と接触 「経済圏の恩恵」に興味、イギリスなども関心寄せる

韓国、TPP参加に向け日本と接触 「経済圏の恩恵」に興味、イギリスなども関心寄せる
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180224/mcb1802240615011-n1.htm
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180224/mcb1802240615011-n2.htm
2018.2.24 06:15

離脱した米国を除く環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加しようと、韓国が事務レベルで日本政府と接触していることが23日、分かった。TPP参加国は2019年の早い時期の発効を目指しており、協定を主導する日本政府もまずは11カ国での発効を優先させる方針だ。

 TPPには韓国のほかコロンビアなど複数の国・地域が関心を寄せる。協定文には参加国の拡大が明記されており、発効後に韓国も含めて加入の可能性を検討することになる。

 複数の日本政府関係者によると、韓国からの問い合わせがあったほか、タイやフィリピン、英国なども関心を寄せている。米国も1月下旬、トランプ大統領が再交渉を条件にTPPへの復帰を示唆した。

 11カ国によるTPP11の協定文では「他の国の加入を歓迎する」と記し、参加に門戸を開く。

 ただ、日本政府はTPP11について「ガラス細工のようなもので、変更することは考えていない」(安倍晋三首相)との立場だ。一部を修正すると“玉突き”で変更が必要となり、収拾がつかなくなるからだ。このため、まずはTPP11を発効させた上で、参加国を増やす構えだ。

 韓国などがTPP11に関心を高めているのは、アジア太平洋地域に貿易・投資を高いレベルで自由化した経済圏が誕生するからだ。

TPP11参加国の合計の経済規模は世界の国内総生産(GDP)の約14%。米国の離脱で一時は漂流も懸念されたが、1月に協定文が確定し、3月8日にチリで署名式を開くことも決まった。米国も含めた非参加国の間では、TPPの恩恵を自国に取り込めないとの危機感が高まっている。

 韓国では、米国などと2国間の自由貿易協定(FTA)を軸にした通商戦略を進めていた。その後、日本のTPP交渉入りを契機に方針転換し、13年11月にはTPP参加国と協議する考えを表明した。だが、米トランプ政権が昨年1月にTPP離脱を表明して以降、本格的な交渉は途絶えている。



■TPPをめぐる主な動き

 2013年7月 日本が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉に入る

     11月 韓国政府がTPP交渉参加国と協議を行う方針を表明

 2016年2月 日米など12カ国がTPP署名式

 2017年1月 米トランプ政権が発足、TPP離脱方針を正式表明。その後、韓国とTPP参加国との本格交渉は途絶える

      3月 米離脱後、11カ国が初のTPP閣僚会合

      5月 11カ国のTPP閣僚会合が早期発効に向け検討を進めることで合意

     11月 11カ国がTPPに大筋合意

 2018年1月 11カ国の首席交渉官会合で協定文を確定

   1月25日 トランプ氏がTPP復帰検討を示唆

    3月8日 チリの首都サンティアゴで11カ国が署名式




TPPに参加しようと、韓国が事務レベルで日本政府と接触していることが23日、分かった。
TPP参加国は2019年の早い時期の発効を目指しており、協定を主導する日本政府もまずは11カ国での発効を優先させる方針。
協定文には参加国の拡大が明記されているが、先ずはTPP11を発効させた上で、参加国を増やす構え。
3月8日にチリで署名式、第196回国会で、国内承認を得て、2019年に発効。
米国は、「アメリカに有利になる条件で再交渉するならば、TPPに復帰してもいいよ。」というニュアンスで復帰の検討をしているが、再交渉をやっていたら発効が間に合わない。
韓国はTPPが発効してから参加を検討して下さいという話です。




参考

英国、TPP参加検討 EU離脱後(フィナンシャル・タイムズ報道)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455987313.html




関連

日チリ、TPP早期発効へ連携 安倍首相、バチェレ大統領と会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457128348.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html
ラベル:韓国
posted by hazuki at 17:39| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認

[働き方改革関連法案]「なくなった」資料…実はあった! 厚生労働省で野党確認

「なくなった」資料…実はあった!厚労省で野党確認
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000121538.html
2018/02/23 17:32

野党議員が厚生労働省を訪れ、当初、「なくなった」とされながら、その後に見つかった労働時間の調査票の原本を確認しました。

 自由党・森ゆうこ参院議員:「ロッカー探したけどなかったという話自体が嘘!嘘ですよ、これ見れば」
 厚生労働省職員:「手元にないということで大臣には報告をしていたと。改めて倉庫を確認したら出てきたと」
 厚労省の地下倉庫で見つかった労働時間に関する調査票の原本は段ボール32箱分で、野党議員は「枚数から考えてもすぐに見つかるはずで、時間稼ぎをしていたのでは」と追及しました。しかし、厚労省側は「手元に資料がない」と倉庫で見つけた時期などは明らかにしませんでした。野党側は与党に対し、働き方改革関連法案の今国会での提出を見送るよう求めています。


森裕子・厚労省資料.PNG



野党議員が厚生労働省を訪れ、当初、「なくなった」とされながら、その後に見つかった労働時間の調査票の原本を確認した。
「ロッカー探したけどなかったという話自体が嘘!嘘ですよ、これ見れば」(自由党・森裕子)
厚労省の地下倉庫で見付かった労働時間に関する調査票の原本は段ボール32箱分。
時間稼ぎをしていたのでしょうか。
野党側は与党に対し、働き方改革関連法案の今国会での提出を見送るよう求めている。
この調子だと、厚労省の管轄で、3月上旬に閣議決定され、国会に再提出される水道法改正案の追及は期待出来そうもないですね。
私は、まだPFI法改正案の要請文(抗議文)を準備していませんが、PFI法改正案が2月9日、国会に提出されました。
この件に関して、改正案の資料を読んで可笑しいと気付いている国会議員が何人いるでしょうか。
働き方改革関連法案も大切ですが、水道民営化も大切です。




参考(水道民営化)

[水道民営化] 2月9日、内閣府がPFI法改正案を第196回国会に提出! 上下水道や公共施設の運営権を売却する際、各地方議会の議決は不要となる特例を設ける!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456822783.html

[水道民営化] 2月9日、内閣府が第196回国会にPFI法改正案(正式名称: 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案)を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456784094.html

[水道民営化] 内閣府、2月上旬にPFI法改正案を提出! 厚生労働省、3月上旬に水道法改正案を再提出!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456428973.html
posted by hazuki at 16:30| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国、TPP再交渉を要求 トランプ大統領、復帰の条件

米国、TPP再交渉を要求 トランプ大統領、復帰の条件

米、TPP再交渉を要求 大統領、復帰の条件
https://this.kiji.is/339885009245127777?c=39546741839462401
2018/2/24 07:46 2/24 07:47updated

【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、オーストラリアのターンブル首相との共同記者会見で「環太平洋連携協定(TPP)が米国にとって良い内容に変われば加入する」と述べ、復帰の条件とする再交渉を要求した。ただ、TPPに参加する日本やオーストラリアなど11カ国は再交渉に否定的で、米国の再加入のハードルは高い。

 トランプ氏は「TPPは米国の多くの労働者を失業させる恐れがある極めて悪い協定だ」と強調。「米国が復帰する可能性はあるが、そのためには11カ国がもっと良い内容の協定を提案する必要がある」と語った。


オーストラリアのターンブル首相とトランプ.PNG



オーストラリアのターンブル首相との共同記者会見。
トランプ大統領は、「環太平洋連携協定(TPP)が米国にとって良い内容に変われば加入する」と述べ、復帰の条件とする再交渉を要求した。
ただ、TPPに参加する日本やオーストラリアなど11カ国は再交渉に否定的で、米国の再加入のハードルは高い。
3月8日にチリでTPPの署名式があり、チリのバチェレ大統領が訪日し、安倍首相と連携を確認した。
トランプの発言を受けて、TPPの再交渉を検討するでしょうか。
米国に有利な条件でなければ復帰しないのは目に見えている。
疑問です。




参考

ペンス米副大統領、TPP復帰の可能性に改めて言及
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456737864.html

TPP「完全拒否はしていない」 ティラーソン米国務長官、復帰に含み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456706767.html

米国がTPP復帰検討 トランプ氏、再交渉条件に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456510103.html




関連

日チリ、TPP早期発効へ連携 安倍首相、バチェレ大統領と会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457128348.html

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html
posted by hazuki at 11:33| Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日チリ、TPP早期発効へ連携 安倍首相、バチェレ大統領と会談

日チリ、TPP早期発効へ連携 安倍首相、バチェレ大統領と会談

日チリ、TPP早期発効へ連携 首相、バチェレ大統領と会談
https://this.kiji.is/339735618571666529?c=39546741839462401
2018/2/23 21:14

安倍晋三首相は23日午後、南米チリのバチェレ大統領と官邸で会談した。米国を除く11カ国による環太平洋連携協定(TPP)の署名式が3月にチリの首都サンティアゴで予定されており、早期発効に向けた連携で一致した。北朝鮮の核武装を阻止するため、圧力を最大化する必要性も確認した。

 会談終了後の共同記者発表で、首相は「TPP署名式を主催する大統領のリーダーシップに敬意を表する」と強調。バチェレ氏もTPPについて「保護主義を克服する原動力だ」と応じた。日本は来年前半の発効を目指している。

 チリは銅など地下資源の埋蔵国として知られる。


チリのバチェレ大統領と安倍晋三.PNG



安倍首相は23日午後、南米チリのバチェレ大統領と官邸で会談した。
米国を除く11カ国によるTPPの署名式が3月にチリの首都サンティアゴで予定されており、早期発効に向けた連携で一致した。
日本は来年前半のTPP発効を目指している。
バチェレ大統領が訪日するとニュースになっていたが、官邸で会談したのですね。
「北朝鮮の核武装を阻止するため、圧力を最大化する必要性も確認した。」はチリには関係ないように思うのですが、世界中に理解を求める必要があるのですかね。




関連

[TPP11] 「TPP 早ければ来年前半に発効も」 梅本和義・首席交渉官が見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/457058813.html

[TPP11] 首席交渉官会合閉幕 3月8日にチリで署名式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456405423.html

[TPP11] 「凍結」は22項目で最終調整 3月上旬にも署名
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456314732.html
ラベル:CPTPP TPP 安倍晋三
posted by hazuki at 00:58| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする