2018年02月02日

パチンコ出玉3分の2程度に 2月1日から施行

パチンコ出玉3分の2程度に 2月1日から施行

パチンコ出玉3分の2程度に きょうから施行
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180201/k10011310821000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
2月1日 7時02分

警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正し、1日から規制を強化します。

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備推進法の成立を受けて政府がギャンブル依存症の対策などに取り組む中、警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正しました。

具体的には、パチンコの業界団体の調査で客が1度に遊ぶ標準とされる4時間で獲得できる玉の数を金額にして5万円分を下回るようにするほか、1回の「大当たり」で獲得できる玉の数を現在の2400個から1500個に引き下げるなどとなっています。

パチンコの依存者から電話相談を受け付けている団体の調査によりますと、相談してくる人のおよそ70%は1か月当たりのいわゆる「負け」が5万円以上になるということで、警察庁は、出玉の総数を5万円分以下にすることで、負けを取り戻そうという思いを抑制したいとしています。

改正された規則は1日施行され、警察庁は「今回の規制強化は借金を抱えながらパチンコを続けているような人たちに対し、一定の効果があると考えている。業界によるギャンブル依存症対策とあわせて実効性のあるものになるよう指導していきたい」としています。


パチンコは北朝鮮の資金源.PNG反パチンコ.PNG
パチンコ・ギャンブル依存が動機の刑法犯.PNG



警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正した。
客が1度に遊ぶ標準とされる4時間で獲得出来る玉の数を金額にして5万円分を下回るようにする他、1回の「大当たり」で獲得出来る玉の数を現在の2400個から1500個に引き下げるなどとなっている。
パチンコやらないので、分かりませんが、パチンコの出玉を抑えるように風営法を改正しても、ギャンブル依存症は減らない。
1度に5万円を注ぎ込む客からカネを取り放題です。
パチンコのゲームセンター化だと思います。
パチンコ屋は儲かるのではないでしょうか。
パチンコで負けたカネは北朝鮮の核ミサイル開発に使われる。
パチンコは日本も禁止にすべきです。




参考

パチンコ出玉基準見直しへ 警察庁、射幸心抑制
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448641423.html




関連

パチンコ資金調達が犯行の動機1300件超 2016年摘発刑法犯、警察庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446637215.html
ラベル:警察庁
posted by hazuki at 17:33| Comment(0) | 警視庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9条3項に「自衛権妨げず」 自民有志

9条3項に「自衛権妨げず」 自民有志

9条3項に「自衛権妨げず」=自民有志
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020101288&g=pol

自民党の保守系有志議員は1日、衆院議員会館で会合を開き、憲法9条改正に関し、3項として「前2項の規定は、自衛権の発動を妨げない」との条文を追加する案を党憲法改正推進本部の会合で提案していくことで一致した。
 9条改憲をめぐり自民党内では、戦力不保持を定めた2項を維持して自衛隊の根拠規定を追加する安倍晋三首相(党総裁)の案と、石破茂元幹事長が主張する2項削除案が競合。有志の青山繁晴参院議員らは「諸外国でも武力組織の固有名詞を明記した憲法はない」として、「自衛隊」でなく「自衛権」を明記する案を模索していた。(2018/02/01-20:45)


青山繁晴1.PNG



自民党の保守系有志議員(青山繁晴)らは1日、憲法9条改正に関し、3項として「前2項の規定は、自衛権の発動を妨げない」との条文を追加する案を党憲法改正推進本部の会合で提案していくことで一致した。
青山繁晴氏らは「諸外国でも武力組織の固有名詞を明記した憲法はない」として、「自衛隊」でなく「自衛権」を明記する案を模索していた。
「前2項の規定は自衛権の発動を妨げない」と3項に「自衛権」を書けば、法解釈として1、2項があってもなくても同じになる。
9条が死文化する。
個別的自衛権は当然の権利とされているので、青山繁晴らの言う自衛権は集団的自衛権ということになる。
戦争をしたいと思っていることに違いない。
危うさを感じる。
自民党内をかき回し改憲そのものを潰して欲しいものです。




参考

安倍首相、9条2項削除に否定見解 集団的自衛権の全面容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456573925.html
posted by hazuki at 13:55| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[緊急事態条項] 改憲で国民の私権制限「必要性感じない」公明・北側一雄氏

[緊急事態条項] 改憲で国民の私権制限「必要性感じない」公明・北側一雄氏

改憲で私権制限「必要性感じない」公明幹部
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26425640R00C18A2PP8000/
2018/2/1 19:00

公明党の北側一雄中央幹事会会長は1日の記者会見で、憲法改正で緊急時に財産権などの国民の権利を制限する規定を創設する案について「憲法上規定する必要性は感じていない」と述べた。憲法改正ではなく法律の整備で対応できるとの考えを示した。

 緊急時に国会議員の任期を延長できる規定を憲法に盛り込むことについては「十分論議に値する」と述べた。緊急事態の定義や判断の手続きなど、詰めるべき点が多いとし「相当ハードルは高い」とも述べた。

 自民党は1月31日の憲法改正推進本部で緊急事態条項について協議し、国会議員の任期延長規定については改憲案に盛り込む方針でおおむね一致している。




自民党改憲本部が緊急事態条項の議論をしたが、公明党の北側一雄中央幹事会会長は1日、憲法改正で緊急時に財産権などの国民の権利を制限する規定を創設する案について「憲法上規定する必要性は感じていない」と述べた。
法律の整備で対応出来るとの考えを示した。
自民党が国民の私権を制限することが望ましいとする案を阻止しなければならない。
カルト公明党の改憲がまともかも知れない。
しかし、公明党を「平和の政党」と信じ込んでいる創価学会の一般信者向けのパフォーマンスの可能性もあります。
公明党も緊急事態条項の創設に反対ではなかった筈です。
読売新聞で読んだ記憶があります。
#ヤバすぎる緊急事態条項




参考

[自民改憲本部] 国民の私権制限求める声続出 緊急事態条項「理想は2012年の党改憲草案だ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456581096.html
posted by hazuki at 00:46| Comment(0) | 公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改憲論議「党略でなく」…安倍首相、野党に議論促す

改憲論議「党略でなく」…安倍首相、野党に議論促す

改憲論議「党略でなく」…首相、野党に議論促す
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180131-OYT1T50142.html?from=ytop_main1
2018年01月31日 21時40分

「党利党略や党が割れるからということではなく、前向きに取り組んで良い案が出ることを期待したい」

31日の参院予算委員会で、安倍首相が憲法改正論議に消極的な野党にチクリと嫌みを言う場面があった。

 立憲民主党の枝野代表は憲法の定義が異なるとして、首相の下での論議に応じない姿勢を鮮明にしている。希望の党の玉木代表も首相が掲げる自衛隊の根拠規定追加に否定的だ。分党騒動が続く希望では「改憲議論を始めたら、もっとバラバラになる」(関係者)との事情もあるようだ。

 首相は幅広い賛同を得て改憲したい考えで、「私たちには国会で議論を深めていく義務がある」と各党に具体案の提示を呼びかけた。


安倍晋三・TPP働きかけ.PNG



1月31日の参院予算委員会。
「党利党略や党が割れるからということではなく、前向きに取り組んで良い案が出ることを期待したい」
安倍首相が憲法改正論議に消極的な野党にチクリと嫌みを言う場面があった。
立憲民主党も希望の党も護憲政党ではない。
憲法9条の改正に反対しても、賛成出来るところがあれば賛成するだろう。
自民党に改憲をやらせたらダメです。
9条改正よりも恐ろしいのは、国民の私権を制限しようとする緊急事態条項の創設です。
緊急事態条項が制定されれば、後は緊急事態宣言すれば徴兵も戦争も思いのままに出来る。
反対派は緊急事態の名のもとに処罰出来る。
逮捕、牢獄、懲罰徴兵、処刑など何でも出来る。
独裁権力の奪取こそが安倍自民の狙いでしょう。
北朝鮮からミサイルを一発撃たれたり、中国に領海侵犯されたら緊急事態宣言が出来る。
後は緊急事態宣言を続ければ、解散もなく権力を握る続けられ反対派を処罰出来る。
災害の為の対応ではない。
ナチスに学べの麻生太郎がいる安倍政権を野放しにしたら本当に危険です。
早く倒さなければなりません。
先ずは憲法改正発議を反対の声で思い留まらせることです。
失敗すると分かれば発議しない。
反対の声で発議を断念させよう。




参考

安倍首相、9条2項削除に否定見解 集団的自衛権の全面容認
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456573925.html




関連

[自民改憲本部] 国民の私権制限求める声続出 緊急事態条項「理想は2012年の党改憲草案だ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456581096.html
posted by hazuki at 00:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする