2017年12月03日

NHK受信料、憲法判断へ 放送法で「契約義務」 11月6日大法廷判決・最高裁

NHK受信料、憲法判断へ 放送法で「契約義務」 11月6日大法廷判決・最高裁

NHK受信料、憲法判断へ=放送法で「契約義務」−6日大法廷判決・最高裁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120300261&g=soc

テレビがあるのに受信契約に応じない男性に対し、NHKが契約締結と受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決が6日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で言い渡される。大法廷は放送法が定める受信契約の義務について初の憲法判断を示す見通しで、公共放送の根幹を支える受信料制度について、裁判官がどのような意見を述べるかも注目される。

NHKでは2004年以降、職員による番組制作費詐取など不祥事が相次いで発覚し、受信料の不払いが急増。このため「公平負担の徹底」を掲げ、滞納者らに対する法的措置に踏み切った。
 今回訴えられた東京都内の男性は、06年に自宅にテレビを設置したが契約に応じなかったため、NHKが提訴した。
 最大の争点は、テレビなどの受信設備を置いた人は「NHKと受信契約をしなければならない」とする放送法の規定が、憲法に違反しないかだ。
 男性側は弁論で、契約締結は視聴者の意思によるべきで、放送法の規定は「契約の自由」に違反すると主張。NHK側は受信料制度には必要性と合理性があるとして、「憲法に違反しないことは明らかだ」と反論した。
 このほか、契約がいつ成立するかや、支払い義務が生じる時期も争点となっている。昨年度末で900万件を超える未契約世帯への対応にも影響が出そうだ。(2017/12/03-14:41)


NHK受信料訴訟の主な争点.PNG



テレビがあるのに受信契約に応じない男性に対し、NHKが契約締結と受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決が6日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で言い渡される。
大法廷は放送法が定める受信契約の義務について初の憲法判断を示す見通しで、公共放送の根幹を支える受信料制度について、裁判官がどのような意見を述べるかも注目される。
支払い義務について、男性の主張「裁判で契約成立が確定してから発生する」は無理があるかも知れない。
一審と二審で、契約成立の時期「契約承諾を命じる裁判が確定した時点」と判決が出ており、NHKの主張する「NHKが契約申し込みを通知した時点」と異なる。
放送法ではなく憲法判断なので、男性に支払い義務が生じないかも知れない。
最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)の国民目線の判決に期待したい。




参考

愛知のラブホテルの経営者団体が受信料集金の委託料求めて名古屋地裁岡崎支部にNHKを提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451534976.html

NHK受信料、入居者に支払い義務 テレビ付き物件で逆転敗訴 東京高裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450405870.html

NHK契約、ワンセグ携帯も必要…水戸地裁判決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450394281.html

「NHK受信料19億円払え」東横インに過去最高の支払い命令 東京地裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448535534.html

NHKの受信料をめぐる訴訟 最高裁判所、大法廷で判断へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443474390.html

ワンセグ携帯、NHK受信料不要 さいたま地裁、契約義務なし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441381328.html

NHKだけ映らない機器設置の男性に受信料1310円支払い命令 東京地裁「機器取り外せる」 男性が反論「今度は溶接して司法判断仰ぐ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/440285937.html

「テレビ故障」認める判決…NHK受信料“解約ラッシュ”の可能性
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425780741.html

受信料支払い訴訟でNHK敗訴 連勝だった裁判の今後は?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417449166.html

NHK受信契約締結認めず 松戸簡裁、支払い請求棄却
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/417358815.html

[ベンジャミン・フルフォード氏] CIAは国防総省によって監禁状態ではあるがしかし、徒党の抵抗資金はまだ残っている
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414861798.html



NHK受信料を巡る裁判に関しては、抜けている記事があります。
裁判所のカテゴリーに記事があるので、探してみて下さい。

裁判所カテゴリー
http://hazukinoblog.seesaa.net/category/14079452-1.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 23:58| Comment(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[厚生労働省] 性別適合手術 来年度から公的医療保険適用へ

[厚生労働省] 性別適合手術 来年度から公的医療保険適用へ

性別適合手術 来年度から公的医療保険適用へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171203/k10011244541000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001
12月3日 4時09分

厚生労働省は、心と体の性が一致しない性同一性障害の人が子宮や精巣などを摘出する性別適合手術を受ける場合、必要な費用を全額、患者が負担する今の仕組みを見直し、来年度から公的医療保険の適用対象として負担を軽減する方針を固めました。

心と体の性が一致しない性同一性障害の人が戸籍上の性別を変更するには、子宮や卵巣、精巣などを摘出する性別適合手術を受けることが法律で義務づけられていますが、必要な費用は全額、患者が負担する仕組みになっています。

これについて、「高額な手術代を負担できず、戸籍上の性別を変更したくても踏み切れないケースが少なくない」として、対策を求める声が出ています。

こうしたことなどを踏まえ、厚生労働省は、来年度(平成30年度)から、性同一性障害の人が性別適合手術を受ける場合、公的医療保険の適用対象として負担を軽減する方針を固めました。

厚生労働省は、中医協=中央社会保険医療協議会の委員から「安全に治療を受けられるよう、性別適合手術に保険を適用できる医療機関には条件を設けるべきだ」といった意見も出ていることを踏まえ、今後、具体策をまとめることにしています。




厚生労働省は、来年度(平成30年度)から、性同一性障害の人が性別適合手術を受ける場合、公的医療保険の適用対象として負担を軽減する方針を固めた。
「高額な手術代を負担できず、戸籍上の性別を変更したくても踏み切れないケースが少なくない」として、対策を求める声が出ている。
賛否両論はあるでしょうが、性同一性障害が社会に認知されて行くのですね。
本当に悩んでいる人には朗報です。
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 10:57| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[内閣府世論調査] ヘイトスピーチ「知っている」57.4% 「知らない」42.6%

[内閣府世論調査] ヘイトスピーチ「知っている」57.4% 「知らない」42.6%

ヘイトスピーチ「知っている」57%余 内閣府
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171202/k10011244271000.html?utm_int=news_contents_news-main_003&nnw_opt=news-main_b
12月2日 17時19分

内閣府が行った世論調査で、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動を知っていると答えた人は57%余りで、こうした言動について、「日本に対する印象が悪くなる」という回答が最も多くなりました。

内閣府はことし10月、全国の18歳以上の男女3000人を対象に、人権擁護に関する世論調査を行い、58.6%にあたる1758人から回答を得ました。

調査では今回初めて、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動やデモなどを知っているか尋ねたところ、「知っている」が57.4%、「知らない」が42.6%でした。

このうち、「知っている」と答えた人に、こうした言動を見聞きして思ったことを複数回答で聞いたところ、「日本に対する印象が悪くなる」が47.4%と最も多く、次いで、「不愉快で許せない」が45.5%、「表現の自由の範囲内のものだ」が17.0%でした。

また、人権をめぐる課題のうち関心のあることを複数回答で尋ねたところ、「障害者」が、前回(5年前)の調査より11.7ポイント増えて51.1%、「インターネットによる人権侵害」が、前回より7.2ポイント増えて43.2%などとなっています。

法務省は「人権擁護に関する課題はいまだ残っているので、教育や積極的な啓発に取り組むとともに、インターネットを活用した広報にも力を入れたい」としています。




内閣府が行った世論調査で、ヘイトスピーチを知っていると答えた人は57%余りで、こうした言動について、「日本に対する印象が悪くなる」という回答が最も多くなった。
「知っている」と答えた人に、こうした言動を見聞きして思ったことを複数回答で聞いたところ、「日本に対する印象が悪くなる」が47.4%と最も多く、次いで、「不愉快で許せない」が45.5%、「表現の自由の範囲内のものだ」が17.0%だった。
ヘイトスピーチは良くないことだと思いますが、韓国や北朝鮮に帰りたがっている在日朝鮮人に「祖国へお帰り下さい」というのは、表現の自由の範囲内です。
在日朝鮮人は、「天皇陛下は朝鮮人」と不敬発言をし、「日本人の顔を見ていると反吐が出る」とヘイトスピーチしている人もいます。
ヘイトスピーチ規制法が日本人だけに適用されるのは可笑しな話です。



【拡散希望】ヘイトスピーチ規制すると日本もこうなる!!




関連

在特会のヘイトスピーチは差別的活動 賠償命令確定 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455290730.html
ラベル:内閣府
posted by hazuki at 10:26| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在特会のヘイトスピーチは差別的活動 賠償命令確定

在特会のヘイトスピーチは差別的活動 賠償命令確定 

在特会のヘイトスピーチは差別的活動 賠償命令確定
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171130/k10011241701000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
11月30日 20時54分

民族差別をあおるヘイトスピーチで名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人の女性が在特会「在日特権を許さない市民の会」などを訴えた裁判で、最高裁判所は在特会側の上告を退ける決定を出し、差別的な活動だと認め70万円余りの賠償を命じた判決が確定しました。

大阪に住む在日朝鮮人のフリーライター、李信恵さんは平成25年からよくとしにかけて、街宣活動やインターネット上でのヘイトスピーチで名誉を傷つけられたとして、在特会と元会長に賠償を求めました。

1審の大阪地方裁判所と2審の大阪高等裁判所は、いずれも差別的な活動だと認めて77万円の賠償を命じ、在特会側が上告していました。

これについて、最高裁判所第2小法廷の菅野博之裁判長は、30日までに上告を退ける決定を出しました。これによって在特会の活動を差別的だと認め、賠償を命じた判決が確定しました。


李信恵 在特会提訴へ.PNG



ヘイトスピーチで名誉を傷付けられたとして、在日朝鮮人の女性が在特会などを訴えた裁判で、最高裁判所は在特会側の上告を退ける決定を出し、差別的な活動だと認め70万円余りの賠償を命じた判決が確定した。
在特会が上告していたが、最高裁判所第2小法廷の菅野博之裁判長は、11月30日までに上告を退ける決定を出した。
在特会の活動を差別的だと認め、賠償を命じた判決が確定した。
ヘイトスピーチ規制法があるので、民族差別を煽るヘイトスピーチは認められないという判断でしょう。
サーチナの李信恵の勝訴です。




参考

在特会、2審も敗訴 在日韓国人ライターめぐる書き込み「差別を増幅させる意図」と認定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451044106.html



参考(李信恵)

「自分をののしるおぞましい言葉におびえ、眠れない毎日を過ごした」在日コリアン記者・李信恵(43)が訴え、差別なき未来を
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410795021.html

ヘイトスピーチ:ネット発言で在特会提訴へ 在日女性(李信恵)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403843792.html

李信恵の記事を「こいつまだ死んでないのか?」と余所のブログのコメント欄で晒し上げた在日!私は「いつ死ぬんですか」と一言も書いてない!そのコメントを取り上げた極悪非道なブログを晒し上げ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/395076634.html



関連

ヘイトスピーチ、被害の痛み訴え 京都3大学で在日コリアン展示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409346133.html

[在日特権] 三重県で在日「住民税半額」 「不公平だ」と批判相次ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407227003.html

bubka, こいつはもう潰した方が良いなw ここが変だよ在特会(正)でbubkaが書いたことを晒したサイトが残っていました!(保存及び拡散)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/391464710.html

ある「在日」エリートの「勝利宣言」:「日本社会の仕組みというものを、とくと教えてやるよ。」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/391461390.html

在日朝鮮人の日本征服宣言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/274268307.html
ラベル:最高裁
posted by hazuki at 10:00| Comment(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[APEC] 文在寅大統領「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)を早期に建設すべき」

[APEC] 文在寅大統領「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)を早期に建設すべき」

文大統領「アジア太平洋自由貿易圏を早期に建設すべき」
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28946.html
2017.11.11 04:36

ベトナムのダナンに到着しAPECビジネス諮問委員会に出席 
「自由貿易通じた経済統合というAPEC精神を強化すべき」

APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議に出席するために10日午後、ベトナムのダナンに到着した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「自由貿易を通じた域内経済統合というAPEC精神を一層強化しなければならない。アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の建設を早急に成し遂げるべきだ」と述べた。

 文大統領は同日、ダナンで開かれたAPECビジネス諮問委員会(ABAC)に出席し、「これまで30年間、目覚ましい成長を遂げたAPECはアジア太平洋地域の経済協力の求心点になっており、域内貿易規模は毎年7%以上増加した」と明らかにした。さらに、「この半世紀もの間、韓国が世界10位圏の経済力を備えた国に成長できたのも、自由貿易の力に大きく助けられたため」としたうえで、「韓国政府も2016年(APEC)首脳会議で採択された『アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)に関するリマ宣言』を誠実に履行する」と約束した。

 アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)は、中国の習近平国家主席が積極的に進めている自由貿易構想で、世界自由貿易協定に批判的なドナルド・トランプ米大統領が事実上座礁させた環太平洋経済パートナーシップ協定(TPP)に代わるものとして注目されている。世界経済を牛耳る米国と中国がアジア太平洋地域で経済主導権をめぐって繰り広げる勢力争いの側面もある。

 文大統領は同日、経済統合と自由貿易過程で被害を受ける分野を最小化すべきとし、「自由貿易の恩恵は公平に分け与えられなければならない。自由貿易で発生する失業労働者のための職業教育と再就職支援活動も強化すべきだ」と述べた。さらに、韓国政府の「人間中心の経済」の主な概念を説明し、「さらに重要なのは、成長の方法と方向だ。経済成長の恩恵を全国民が共に享受できるようにするのは、韓国だけでなく、世界が共に歩んでいくべき道であると信じている」と付け加えた。

ダナン/キム・ボヒョプ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2017-11-10 21:39
http://www.hani.co.kr/arti/politics/polibar/818497.html 訳H.J(1122字)


文在寅・朝鮮半島問題.PNG



11月10日、ベトナムのダナンに到着した文在寅大統領は「自由貿易を通じた域内経済統合というAPEC精神を一層強化しなければならない。アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の建設を早急に成し遂げるべきだ」と述べた。
「韓国政府も2016年(APEC)首脳会議で採択された『アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)に関するリマ宣言』を誠実に履行する」(文在寅)
アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)は、中国の習近平国家主席が積極的に進めている自由貿易構想。
TPP = 米国主導の経済統合。
RCEP = 中国主導の経済統合。
TPP + RCEP = FTAAP
TPPに代わる自由貿易ではあるが、FTAAPの実現で、米中に日本は支配されます。
TPP, FTA, EPA, RCEP, FTAAP, TiSAなどのWTOが母体の自由貿易は、基本的に反対しなければならない。



ベトナムAPECダナン首脳会議
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/apec/page1_000431.html

Free Trade Area of the Asia-Pacific、略称:FTAAP(エフタープ)とは、アジア太平洋ワイド(APEC地域)の自由貿易圏を指す用語。



FTAAPに言及しはじめた安倍晋三:「ひろびろとした」国籍も国境もない世界


FTAAPに言及しはじめた安倍晋三(グローバリズム、国体の解体・解消)




参考資料

アジア太平洋自由貿易圏
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E8%87%AA%E7%94%B1%E8%B2%BF%E6%98%93%E5%9C%8F




参考

[APEC] 習近平主席 FTAAPの実現推進する考え強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454906856.html
ラベル:FTAAP
posted by hazuki at 09:31| Comment(0) | FTAAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党 憲法改正案の取りまとめ 年内見送りへ「条文化する段階には至っていない」

自民党 憲法改正案の取りまとめ 年内見送りへ「条文化する段階には至っていない」

自民 憲法改正案の取りまとめ 年内見送りへ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171201/k10011243321000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_016
12月1日 17時44分

自民党憲法改正推進本部の幹部が会合を開き、今月中旬にも、これまでの議論を踏まえた論点整理を示すことを確認しました。ただ、幹部が「条文化する段階には至っていない」と指摘するなど、当初、目指していた年内の改正案の取りまとめは見送られることになりました。

自民党憲法改正推進本部の細田本部長ら幹部は、先の衆議院選挙の公約で掲げた「自衛隊の明記」や「教育の無償化・充実強化」など4つの改正項目について、今週、2巡目の議論を終えたことを受けて、具体的な条文の検討など、改正案の取りまとめに向けた今後の進め方を協議しました。

その結果、今月中旬にも全議員を対象とした全体会議を開き、これまでの議論を踏まえた論点整理を示すことを確認しました。

ただ、会合のあと、幹部が「現状では、条文化する段階には至っていない」と指摘したほか、年内にさらに全体会議を開くめどは立っておらず、当初、目指していた年内の改正案の取りまとめは見送られることになりました。


細田博之1.PNG



自民党憲法改正推進本部の細田博之本部長ら幹部は、先の衆議院選挙の公約で掲げた「自衛隊の明記」や「教育の無償化・充実強化」など4つの改正項目について、今週、2巡目の議論を終えたことを受けて、具体的な条文の検討など、改正案の取りまとめに向けた今後の進め方を協議した。
今月中旬にも全議員を対象とした全体会議を開き、これまでの議論を踏まえた論点整理を示すことを確認したが、会合の後、幹部が「現状では、条文化する段階には至っていない」と指摘した他、年内に更に全体会議を開く目途は立っておらず、当初、目指していた年内の改正案の取りまとめは見送られることになった。
教育無償化を憲法に明記しないと、2巡目の全体会合で決まった筈です。
4つの改憲項目は、9条、教育無償化、緊急事態条項の創設、参院合区解消。
年内の全体会合を開く目途が立っておらず、年内の取りまとめを見送るという訳ですね。
#ヤバすぎる緊急事態条項




参考

自民改憲本部、教育「無償」明記見送りへ 財源めど立たず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455186716.html

[自民党改憲案] 参院合区解消へ憲法47条改正 「都道府県単位」明確化 自治体規定の92条も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454955274.html

「緊急事態条項」で首相の好き放題…改憲の危険性はどこにあるか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454953115.html

自民党、次国会に9条改憲案提示へ 改憲本部長に細田博之氏就任 緊急事態条項を含む改憲4項目について意見集約を進め原案づくりを急ぐ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454791103.html

「緊急事態条項」で首相の好き放題…改憲の危険性はどこにあるか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454953115.html

自民公約に首相改憲4項目(9粂、緊急事態条項の創設、参院選挙区の合区解消、教育無償化) 9条に自衛隊、条文は見送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453617363.html

自民改憲本部が議論再開 9条テーマ、意見集約難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453422637.html

憲法改正案 秋の臨時国会までに取りまとめへ 自民 緊急事態条項の新設を議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451546096.html

9条改憲「性急すぎる」 自民全体会合で異論も 推進本部は教育無償化、緊急事態条項の新設などを議論する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451189121.html

9条解釈「1ミリも動かさず」 自民改憲本部長の保岡氏 9条、教育無償化、緊急事態条項などを議論し、改憲案をまとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450805753.html

自民党、改憲で9条、教育無償化、緊急事態条項など4項目議論 幹部初会合、検討本格化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450625079.html

[産経新聞] 憲法と緊急事態 議論の矮小化にあきれる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449711421.html

施行70年、転機の憲法 改正項目で各党駆け引き 緊急事態条項の新設、教育無償化
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449566704.html

与野党、緊急事態条項で隔たり 改憲巡り討論 自民党の保岡興治氏は緊急事態条項の創設を訴え、民進党の武正公一氏は反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449559990.html

日本のこころが憲法草案発表 「天皇元首」「軍保持」「緊急事態条項(日本版FEMA)」など明記
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449416015.html

細野豪志「改憲議論に積極参加」 民進代表代行辞任で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449049688.html

民進・細野豪志が代表代行辞任へ 改憲巡り「考え方に違い」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448991057.html

安倍政権が新憲法改正草案を作成へ!9条改正を外し、緊急事態条項(日本版FEMA)追加を優先!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448879120.html

「党内で言え」民進党の前原誠司元外相、細野豪志代表代行の憲法改正私案公表に苦言
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448857541.html

民進党の細野豪志が憲法改正私案を公表 教育無償化や緊急事態条項
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448856451.html

改憲、自民党改憲草案基本に議論 下村博文幹事長代行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448537498.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html

スターウォーズにみる「緊急事態条項」の問題点、弁護士が解説「ヤバさを実感して」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445855545.html

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である (自民党草案の問題点を考える) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445679581.html
posted by hazuki at 00:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする