2017年11月13日

[防衛省] イージス・アショア配備 秋田・山口で調整

[防衛省] イージス・アショア配備 秋田・山口で調整

イージス・アショア配備 秋田・山口で調整
http://www.news24.jp/articles/2017/11/11/04377684.html
2017年11月11日 12:55

防衛省は、イージス艦のもつ弾道ミサイル迎撃システムを陸上に配備する「イージス・アショア」を、秋田県と山口県の2か所に配備する方向で調整していることが分かった。

 北朝鮮に対する防衛力を強化するため、防衛省が新たに導入する方針の「イージス・アショア」は、弾道ミサイルを宇宙空間で迎撃するためのもので、2基で日本全土を守ることができる。

 政府関係者によると、防衛省はこれを秋田県と山口県にある陸上自衛隊の施設に1基ずつ配備する方向で調整しているということで、2023年度までの配備を目指す。


イージス・アショア配備へ.PNG



防衛省は、イージス艦のもつ弾道ミサイル迎撃システムを陸上に配備する「イージス・アショア」を、秋田県と山口県の2か所に配備する方向で調整していることが分かった。
「イージス・アショア」は、弾道ミサイルを宇宙空間で迎撃する為のもので、2基で日本全土を守ることが出来る。
「イージス・アショアは、THAADより迎撃範囲が広く、少ない配備数で済む他、洋上で警戒任務を続けるイージス艦の負担を減らせる」、「コスト面の利点」があるなどと伝えられ、イージス・アショアを推す声は多い。
コスト面を考えるとTHAADよりイージス・アショアなのだろうが、THAAD導入が望ましい。
THAADは、敵弾道ミサイルが、その航程の終末に差し掛かり、大気圏に再突入の段階で、ミサイル防衛により迎撃・撃破する為に開発された。
THAAD導入は防衛費が掛かり過ぎるので、イージス・アショアの導入となったのだろう。




参考資料

「イージス・アショア」は百害あって一利なし 「THAAD」導入こそ実行すべき
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50173

THAADミサイル
https://ja.wikipedia.org/wiki/THAAD%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB
posted by hazuki at 00:41| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする