2017年11月01日

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n2.html
2017.10.31 22:49

千葉県浦安市で開催している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加11カ国の首席交渉官会合は31日、全体会合を行い、再交渉を求める新政権が誕生したニュージーランド(NZ)が態度を軟化させ協定に残留する方針を明らかにした。最大の懸案がほぼ解決し目標とする11月上旬の大筋合意がみえてきた。

 NZは新政権が掲げた外国人の中古住宅購入禁止について要望を出さず、TPPへの参加を継続する考えを伝えた。交渉筋は「NZが今会合でこれ以上言及しなければ、この問題は打ち止めになる」と説明する。

海外投資家への不動産購入規制はTPPの内外無差別原則に反するとの指摘もある。ただ、NZは協定で例外扱いが認められる安全保障上の懸案と位置づけ、国内法で処理し、交渉に持ち込むのを避ける見通し。

 早期合意の旗振り役だったNZが総選挙後に協定修正を求める慎重派へ転向したことは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて大筋合意を目指す各国の最大のリスクだった。アーダン首相は11月に再交渉を提案する考えも示唆したが、事前に説得を受けたもようだ。

ただ、NZ地元紙の報道によると、アーダン氏は31日、TPPで規定した投資家と国との紛争解決手続き(ISDS)について「修正に向け最大限努力する」とも表明。TPPに反対する政党を取り込んだ連立政権のため、今後も交渉の波乱要因になる恐れがある。

 今後の交渉では、米国が復帰するまで実施を棚上げする「凍結」項目の絞り込みが焦点。特にベトナムが求める、繊維製品の関税撤廃・削減対象を制限する原産地規則や電子商取引(EC)のルール見直しには各国が強く反発しており、11月の政治決着に向け道筋を描けるかが課題だ。(田辺裕晶)


NZのTPP首席交渉官.PNG



浦安市で開催しているTPP参加11カ国の首席交渉官会合は31日、全体会合を行い、再交渉を求める新政権が誕生したニュージーランド(NZ)が態度を軟化させ協定に残留する方針を明らかにした。
アーダン首相は11月に再交渉を提案する考えも示唆したが、事前に説得を受けた模様。
11月上旬の大筋合意に向け協議を継続することになった訳です。
但し、アーダン氏は31日、TPPで規定した投資家と国との紛争解決手続き(ISDS(ISD条項))について「修正に向け最大限努力する」とも表明。
TPPに反対する政党を取り込んだ連立政権の為、今後も交渉の波乱要因になる恐れがある。
ニュージーランド(NZ)の投資規制はTPPへの影響回避されるということです。

ニュージーランドの投資規制 TPPへの影響回避へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171101/k10011206371000.html

年内には外国人による中古住宅購入規制の改正案の詳しい内容を明らかにした上で、来年の早い段階で議会で可決することを目指すとしている。
よって、TPPはニュージーランド(NZ)も含めて批准へ動く。
その為に会合が11月1日まで開かれている。
ジャシンダ・アーダーン首相は、不動産規制とTPP批准は可能という立場。
ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。
米離脱後も「TPP11」の早期発効を推進した。
TPP参加各国は10月30日から東京近郊で開かれている首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえ協定の一部項目を棚上げする「凍結」について大詰めの調整を行っている。
NZが、凍結に留まらず内容の修正を求めるようになれば、各国の交渉姿勢に影響を与え兼ねない。
日本はNZの再交渉要求には応じない構え。
11月上旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開くTPP首脳会合で大筋合意する為、NZの意向に関わらず意見集約を進める方針。
10月30日からのTPP首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んでいるが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
9月までのTPPに関する情報です。
およそ70項目だった見直し要望は、およそ50項目に整理され、今後さらに絞り込み、具体的な方向性を議論することを確認した。
11カ国は、11月のAPECの首脳会議までの大筋合意を目指していて、10月、再び東京で首席交渉官会合を開き、詰めの協議を行うことにしている。
ニュージーランドのイングリッシュ首相率いる国民党は単独過半数に届かず、政権交代。
前回の会合で、11カ国全てが同意したのは、医薬品データを8年間保護する項目の凍結だけなのだろうか。
70項目から50項目に絞り込んだ凍結項目を更に絞り込むという。
投資ルールや政府調達も凍結して欲しいですね。
著作権延長の項目も凍結して欲しいですね。
投資ルール、政府調達、市場アクセス、著作権延長の凍結も、お願いしたい。
市場アクセスについての説明を加えておきます。

市場アクセスとは、モノやサービスなど様々な市場や産業に、海外勢が参入(アクセス)出来るようにすること。
モノの市場の場合は関税を撤廃して、海外に農産物や工業品を輸出し易くする交渉を続けて来た。
他にも(1)海外企業は公共事業を受注出来ない(2)特定の業種に海外企業は出資出来ない(3)海外のコンビニ店は展開出来ない−など各国は色々な規制で国内の市場や産業を守っている。
そこで規制をなくすなどして、もっと海外勢が参入で出来るようにしようと話し合われて来た。

しかし、知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結、投資ルールや政府調達の凍結をしても、将来、米国がTPPに復帰すれば、元の合意内容に戻す。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないでしょう。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。

農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454587576.html

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] 日米経済対話、日米FTA盛り込まれず インフラ整備・天然ガス輸出などで協力 牛肉セーフガードは継続協議 米国は日米FTAを要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454247820.html

[日米FTA] 日米経済対話 10月16日に開催へ 貿易と投資のルール、財政、金融などの経済政策面の協力、インフラ投資などの協力の分野で協議を進めることで合意済み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453985567.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html







ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
posted by hazuki at 16:16| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持

[TPP11] NZアーダーン首相、外国人による中古住宅購入規制に関する改正案を発表  TPPに残留したまま公約を実現する方針 ISDS条項の修正を求める方針を維持

NZ、TPP残留へ=選挙公約と両立目指す
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017103100905&g=int

【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は31日、自ら率いる労働党が選挙公約に掲げていた外国人による中古住宅購入規制に関し、実現するための法改正案を発表した。環太平洋連携協定(TPP)に影響を与えることなく実施できるとしており、TPPに残留したまま公約を実現する方針だ。
 発表された海外投資法の改正案では、住宅を「重要分野」に分類する。これにより、非居住外国人は原則として、NZで中古住宅を購入できなくなる。来年初めの議会可決を目指す。
 TPPをめぐり、NZは不当な扱いを受けた企業が進出先の政府を訴えることができる「ISDS」条項の修正を求める方針を維持した。首相は「NZ企業よりも多くの権利をNZに進出する多国籍企業に与える」と懸念を表明。11カ国が大筋合意を目指す11月の会合での議論を踏まえ、対応を決める考えだ。(2017/10/31-16:00)


NZのジャシンダ・アーダーン首相.PNG



ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は31日、労働党が選挙公約に掲げていた外国人による中古住宅購入規制に関し、実現する為の法改正案を発表した。
TPPに影響を与えることなく実施出来るとしており、TPPに残留したまま公約を実現する方針。
発表された海外投資法の改正案では、住宅を「重要分野」に分類する。
NZはTPP残留を明言した模様。

NZ、TPP残留を明言 首席交渉官会合 11月合意へ前進
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310054-n2.html

ニュージーランド(NZ)の投資規制はTPPへの影響回避されるということです。

ニュージーランドの投資規制 TPPへの影響回避へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171101/k10011206371000.html

年内には外国人による中古住宅購入規制の改正案の詳しい内容を明らかにした上で、来年の早い段階で議会で可決することを目指すとしている。
よって、TPPはニュージーランド(NZ)も含めて批准へ動く。
その為に会合が11月1日まで開かれている。
ジャシンダ・アーダーン首相は、不動産規制とTPP批准は可能という立場。
ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。
米離脱後も「TPP11」の早期発効を推進した。
TPP参加各国は10月30日から東京近郊で開かれている首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえ協定の一部項目を棚上げする「凍結」について大詰めの調整を行っている。
NZが、凍結に留まらず内容の修正を求めるようになれば、各国の交渉姿勢に影響を与え兼ねない。
日本はNZの再交渉要求には応じない構え。
11月上旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開くTPP首脳会合で大筋合意する為、NZの意向に関わらず意見集約を進める方針。
10月30日からのTPP首席交渉官会合で、米国の離脱を踏まえて、凍結項目を絞り込んでいるが、米国が将来、TPPに復帰した時に、元の合意内容に戻すというものです。
来日したマイケル・フロマン前USTR代表は、米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」と発言した。
「ここ数年の中で最も戦略的な間違いだ。そうこうしているうちに、EUは日本とEPAの大枠合意に至った」(フロマン)
米国のTPP離脱によって、アジア太平洋での通商政策を巡る主導権が米国から中国に移り兼ねない。
フロマン、残念ながら、アジア太平洋での通商政策の主導権は中国に移りつつあるよ。
FTA/EPAというのは、WTOの補完である。
TPPは始まりに過ぎない。
2030年WTO再構築に向けた通商戦略工程表によると、TPP+RCEP=2020年 FTAAPへ。
FTAAPに吸収されたTPPとRCEP, 日欧EPA, TTIP, プルリ交渉(ITA 環境物品 TiSA etc)は、2020年:WTO新ラウンド立ち上げ、2030年:WTOに昇華する。
新世界秩序、人口削減を推進する世界統一政府、NWO(New World Order)樹立へ向けて動いている。
RCEPは中国が主導し、FTAAPにも中国が絡んでいる。
フロマンは、世界統一政府、NWOが企んでいる計画を知るべきだ。
9月までのTPPに関する情報です。
およそ70項目だった見直し要望は、およそ50項目に整理され、今後さらに絞り込み、具体的な方向性を議論することを確認した。
11カ国は、11月のAPECの首脳会議までの大筋合意を目指していて、10月、再び東京で首席交渉官会合を開き、詰めの協議を行うことにしている。
ニュージーランドのイングリッシュ首相率いる国民党は単独過半数に届かず、政権交代。
前回の会合で、11カ国全てが同意したのは、医薬品データを8年間保護する項目の凍結だけなのだろうか。
70項目から50項目に絞り込んだ凍結項目を更に絞り込むという。
投資ルールや政府調達も凍結して欲しいですね。
著作権延長の項目も凍結して欲しいですね。
投資ルール、政府調達、市場アクセス、著作権延長の凍結も、お願いしたい。
市場アクセスについての説明を加えておきます。

市場アクセスとは、モノやサービスなど様々な市場や産業に、海外勢が参入(アクセス)出来るようにすること。
モノの市場の場合は関税を撤廃して、海外に農産物や工業品を輸出し易くする交渉を続けて来た。
他にも(1)海外企業は公共事業を受注出来ない(2)特定の業種に海外企業は出資出来ない(3)海外のコンビニ店は展開出来ない−など各国は色々な規制で国内の市場や産業を守っている。
そこで規制をなくすなどして、もっと海外勢が参入で出来るようにしようと話し合われて来た。

しかし、知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結、投資ルールや政府調達の凍結をしても、将来、米国がTPPに復帰すれば、元の合意内容に戻す。
米国の復帰を待ちわびている日本は米国とFTA(日米FTA)は締結したくないでしょう。
種子法廃止も水道民営化を意図する水道法改正案もTPP協定の第15章の政府調達に沿って、国内法を変えている、あるいは変えようとしている。
農業機械化促進法廃止と農業競争力強化支援法も政府調達に沿って、国内法を変える。

農業機械化促進法廃止についてはこちら↓

[農業機械化促進法廃止法] 平成30年4月1日施行 3月28日、衆議院通過 4月14日、参議院で可決・成立
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453001417.html

農業競争力強化支援法についてはこちら↓

農業競争力支援法 8月1日施行 第193回国会で成立(5月12日) 5月19日に公布
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453360580.html

農業競争力強化支援法の本質は 第8条4項です。
永年、積み重ねて来た各都道府県研究機関の種子に関するノウハウを民間に渡せという内容。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、モンサントに有利である。
種子法廃止と農業競争力強化支援法は、農家に高い種を買わせるビジネスの為、竹中平蔵ら規制改革会議が日本解体で金儲けを企む一つ。
税金で蓄えた知見を民間に只で流すのは国民の財産を捨てること。

太平洋のTPPと大西洋のTTIPのメガFTAのバックアップとして、TiSA(新サービス貿易協定)が用意されている。
TiSA(新サービス貿易協定)は中国が確か仲間外れにされている筈です。
TPPが発効しない場合でも、TPPの仕組みは死んでない。
#StopTPP


多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2015/050_gaiyo.pdf
2015年5月19日 経団連(PDF)


経団連工程表・WTO.PNG



参考

[TPP11] ジャシンダ・アーダーンNZ新首相「TPP11批准は可能」 APEC前に解決めざす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454541890.html

[TPP11] [ニュージーランド政権交代] 労働党が政権を奪回 NZファーストと連立 TPP「NZ抜き」も検討 日本、再交渉せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454360667.html

ニュージーランド総選挙、与党・国民党が勝利 過半数成らず NZファースト党と連立協議 TPP交渉に影響も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453710895.html




関連(日欧EPA)

[日欧EPA] 年内の最終合意目指し交渉加速 東京で首席会合 紛争解決手続き(ISD条項の導入を巡り対立)  関税分野などを先行させる「暫定発効」案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454166090.html




関連(日米FTA)

[日米FTA] 日米経済対話、日米FTA盛り込まれず インフラ整備・天然ガス輸出などで協力 牛肉セーフガードは継続協議 米国は日米FTAを要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454247820.html

[日米FTA] 日米経済対話 10月16日に開催へ 貿易と投資のルール、財政、金融などの経済政策面の協力、インフラ投資などの協力の分野で協議を進めることで合意済み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453985567.html




参考(水道民営化)

[水道民営化] 民主党政権は東日本大震災があった2011年3月11日の午前にPFI法改正案を閣議決定していた 蓮舫元内閣府特命担当相が報告
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453817387.html

[水道民営化] 民進党の蓮舫が6月16日までに水道法改正案を廃案に追い込んでいた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453811935.html




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html







ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

マイケル・フロマン前USTR代表 米国のTPP離脱は「戦略的な間違い」「TPP11は基準緩めるな」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454168269.html

[TPP11] TPP首席交渉官会合閉幕 来月、東京で再協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453667362.html

[TPP11] TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453641458.html

[TPP11] TPP首席会合が閉幕、医薬品保護を凍結へ 著作権、政府調達見直しの要望も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453107714.html

[TPP11] TPP凍結項目を整理 首席交渉官会合 医薬品のデータ保護期間の凍結へ 投資ルールや政府調達の凍結要求も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453100441.html

[TPP11] 各国が凍結要求を提示 TPP首席会合が開幕 知的財産などのルール、関税や輸入枠など市場アクセスの凍結要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453059922.html

[TPP11] 8月28日からTPP首席会合 米要求項目の凍結など議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453032059.html

TPP11首席会合閉幕、高水準の自由化維持 次回、オーストラリアで具体論協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451777948.html

TPP首席交渉官会合始まる、米国の離脱受け合意内容に修正か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451741378.html

安倍首相、TPP11実現に意欲 「私は諦めない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450657913.html

TPP合意へ11月判断 米抜き早期発効目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450101978.html

TPP閣僚会合で米抜き道筋提示 日本主導、調整難航も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449598521.html

TPP、5カ国先行発効案が浮上 11カ国難航で日本、オーストラリア、ニュージーランドなど有志国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449568997.html

TPP「11カ国結束へ日本がリードする」 片上首席交渉官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449510957.html

菅官房長官、米抜きTPP「あらゆる選択肢排除せず」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449248293.html

米抜きTPPの推進に軸足 合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449071050.html

米抜きTPP検討 政府、GATT参考に議定書方式
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448668405.html

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

米 フロマン前通商(USTR)代表 米のTPP復帰 可能性を示唆
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448382191.html

米国抜きTPP、今後の方向性見出せず チリ閣僚会合閉幕、解体や縮小案が浮上
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448061457.html

「米国抜きTPP」なるか 中国との連携模索も 14日からチリで署名国会合
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447915390.html

中国がついにTPPを乗っ取る? 米国の離脱通告後、初開催の閣僚会合に参加を検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447791089.html

安倍首相、米抜きTPP「議論する」 参加11カ国と
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447498712.html

日カナダ首相が電話会談 自由貿易推進を確認 TPPに関し、米国の離脱を受けた対応を巡って意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447282555.html

TPP「米国抜き」探る ニュージーランド、各国と協議へ 安倍首相は米国抜きの案には消極的とみられる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446669849.html

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446236821.html




関連

TiSA(新サービス貿易協定)、WTO非公式閣僚会合で早期再開・妥結を目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453302898.html

TPPは死んでない! TiSA(新サービス貿易協定)が50カ国・地域の参加で進行中!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447006147.html

大規模な圧力でウルグアイは新サービス貿易協定(TiSA交渉)を離脱
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442664873.html

韓国政府 新サービス貿易協定(TiSA)について年内の交渉妥結へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442640507.html

不可逆なグローバル化を押し付けるサービス貿易協定TiSA
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/426486482.html

TPPよりあからさまなTiSAというサービスの自由貿易協定〜公僕がいなくなる日〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/425801969.html

TiSA(新サービス貿易協定) 〜国際金融資本が公共サービスを乗取るための協定〜
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424681150.html

国家破壊の協定「TiSA」を報じないマスコミ (アジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424508334.html

WikiLeaks: 新サービス貿易協定(TiSA)関連17件の極秘資料を暴露
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424280371.html

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html




追記

こちらも、ご覧下さい。


国連専門家グループ、TPP, TTIP, TiSAの貿易協定とその秘密交渉に懸念表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/424279131.html
posted by hazuki at 15:35| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[文春砲] 立憲民主党の初鹿明博に強制わいせつ疑惑

[文春砲] 立憲民主党の初鹿明博に強制わいせつ疑惑

立憲民主党・初鹿議員に強制わいせつ疑惑
http://news.livedoor.com/article/detail/13826402/
2017年10月31日 16時0分 文春オンライン

 立憲民主党の初鹿明博衆院議員(48)が、支援者の女性に強制的にわいせつ行為を働いた疑いのあることが、週刊文春の取材でわかった。

被害女性・佐藤陽子さん(仮名)が相談していた友人によると、事件が発生したのは2015年5月。懇親会の帰途、酔った初鹿氏はタクシーの車内で女性にキスを迫るなどし、さらには、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど、強制的にわいせつな行為を働いたという。

 初鹿氏に聞いた。

――陽子さんに、強制的にわいせつな行為をされた?

「あ、そう? それは知らないけど。そんなこと陽子さんが言ってるの? それはだって、誤解じゃないの?」

――犯罪に当たるような案件です。

「犯罪じゃないとは思うんだけど。陽子さんと、あの、強制ではなかったと思うんだけど」

――タクシーでわいせつな行為をされたことは?

「それはあんまり覚えてないですね。う〜ん、酔っ払ってたからわかんない。手はわかんない、握ったのかもしれない」

改めて、事務所に取材を申し込むと、書面で次のように回答した。

「タクシーに同乗した際にご指摘のような行為を行った記憶はございません。不快に思わせる言動があったとすれば申し訳ないと思っております。いずれにせよ、意に反したわいせつ行為をした記憶はございません」

 一方、被害女性の陽子さんは、次のように回答した。

「タクシーの中でそうした行為があったのは事実です。何度も拒否をしましたが、先生も大変酔っていらっしゃったようなので……」

 警察への被害届についてはこう語った。

「立場のある方ですし、当時は見送りました。ただ今回取材を受けて、重大な問題だと再認識しました。改めて提出を検討します」

 初鹿氏は、東大法学部を卒業後、鳩山由紀夫元首相の秘書などを経て2009年に初当選。立憲民主党の結党メンバーの一人で、先の衆院選で3回目の当選を果たしている。

 立憲民主党を巡っては、小誌が先週号で、初当選した青山雅幸議員のセクハラ疑惑を報じ、同党は党員資格停止の処分を下したばかり。相次ぐ性暴力問題の発覚に、立憲民主党がどのような対応をとるのか、注目される。

 11月1日(水)発売の「週刊文春」では、初鹿議員との一問一答を含めて事件の詳細について報じている。また、直撃取材の様子を収めた動画は「週刊文春デジタル」(http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun)にて配信する。

(「週刊文春」編集部)


文春・初鹿明博.PNG
初鹿明博・東京16区.PNG
民進党・初鹿明博.PNG



立憲民主党・初鹿明博の強制わいせつ疑惑を、週刊文春が報じた。
2015年5月に、懇親会の帰途で支援者の女性にわいせつな行為を働いた疑い。
初鹿は「意に反したわいせつ行為をした記憶はございません」としている。
文春が初当選・青山雅幸のセクハラ疑惑を報じ、党員資格停止処分を下されたばかり。
枝野は、初鹿の処分をどうするんだよ。
東京16区で、自民党の大西英男に敗れて、比例で復活していたのか。
過去にも、ラブホ連れ込み未遂を週刊誌で報じられている。
スキャンダルだらけの初鹿明博。
#初鹿ミョンバク



《予告編》立憲民主党・初鹿明博に強制わいせつ疑惑を直撃!




参考資料

立民の青山雅幸衆院議員、セクハラで無期限党員資格停止処分
http://www.sankei.com/politics/news/171026/plt1710260033-n1.html




参考

民進・蓮舫代表が激怒 「ラブホに女性連れ込み未遂」報道の初鹿明博氏が青年局長辞任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445158412.html

【ワロタw】新潮「民進党議員が女性の腕掴み強引にラブホへ」 ⇒ 国会内書店の週刊新潮を民進党議員が全てお買上げwww(保守速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445146932.html




関連

[東京16区] 小選挙区(定数1名)の残念な面々 自民党・セクハラヤジの大西英男、立憲民主党・ラブホ連れ込み未遂の初鹿明博、希望の党・元民主党の田村謙治
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454220595.html
ラベル:初鹿明博
posted by hazuki at 00:56| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする