2017年09月16日

政府・与党 臨時国会9月28日召集方針

政府・与党 臨時国会9月28日召集方針

政府・与党 臨時国会28日召集方針
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00370586.html
09/15 23:45

政府・与党は、臨時国会を28日に召集する方針を固め、15日、野党側に伝えた。
与野党は15日、国会内で幹事長・国対委員長会談を開き、この席で自民党の二階幹事長が、臨時国会を28日に召集する、政府・与党の方針を伝えた。
野党側は「もっと早く開くべきだった」と指摘したが、最終的には受け入れた。
会談では、臨時国会冒頭の衆議院本会議で、北朝鮮に対する非難決議を採択することで合意した。
臨時国会をめぐっては、政府・与党は当初、最短で25日の召集を検討していた。
しかし、安倍首相が来週、国連総会出席のため、アメリカを訪れる際に、北朝鮮情勢などをめぐって、各国首脳との会談を行う方向で調整に入ったため、28日に遅らせることにした。
臨時国会では、安倍首相の所信表明演説に続き、10月2日から4日にかけて、衆参両院の代表質問を行う方向で調整している。
また会期は、11月末か12月上旬までになる見通しで、与野党の対立が予想される「働き方改革関連法案」や「カジノを含むIR法案」などが審議される見通し。


臨時国召集28日方針.PNG



政府・与党は、臨時国会を28日に召集する方針を固め、15日、野党側に伝えた。
自民党の二階幹事長が、臨時国会を28日に召集する、政府・与党の方針を伝えた。
野党側は「もっと早く開くべきだった」と指摘したが、最終的には受け入れた。
当初は25日召集を軸に検討していたが、核実験や弾道ミサイル発射といった挑発行動を続ける北朝鮮の問題に対応する安倍首相の外交日程などを優先させる。
二階俊博が野党に伝えて、野党が最終的に受け入れたので、9月28日召集が決定ですね。
「働き方改革関連法案」や「カジノを含むIR法案」などが審議される見通しと報道されているが、厚生労働委員会では水道民営化を意図する水道法改正案が継続審議になる筈です。
水道法改正案に反対する要請文(抗議文)の用意を改めてするか検討してみます。
コンセッション方式の普及に反対する要請文ならば、第193回国会の時に用意した記事があります。
暫く、お使い下さい。



臨時国会28日召集伝達へ 政府与党、首相外交優先で
https://this.kiji.is/281271127945266273?c=39546741839462401
2017/9/15 12:50




水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html




参考

臨時国会、9月25日召集で調整 働き方改革法案が焦点
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/452960092.html




関連

[水道民営化] 水道法の一部を改正する法律案(水道法改正案)は継続審査! 臨時国会で継続審議へ! 厚生労働省は特例措置を準備!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/451024610.html
ラベル:二階俊博
posted by hazuki at 00:41| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前原誠司代表「なんですか?これは」 若狭勝氏の掲げる「一院制」を冷笑

前原誠司代表「なんですか?これは」 若狭勝氏の掲げる「一院制」を冷笑

【民進離党ドミノ】
前原誠司代表「なんですか?これは」 若狭勝氏の掲げる「一院制」を冷笑
http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150081-n1.html
2017.9.15 20:18

民進党の前原誠司代表は15日、小池百合子東京都知事の側近である若狭勝衆院議員が、国政新党の目玉政策として憲法改正による「一院制」導入を打ち出したことについて「楽しみにしていたが、『なんですか?これは』という寂しい思いだ」と突き放した。東京都内で記者団に語った。

 前原氏は一院制に関し「議論はしてもいい」と述べた上で、「政権政党のあるべき問題意識は、高齢者の将来不安や教育格差、各地の人手不足など日本の社会問題にどう解決策を示すかだ」と指摘した。


前原誠司・京都2区.PNG



前原誠司は15日、若狭勝が、国政新党の目玉政策として憲法改正による「一院制」導入を打ち出したことについて「楽しみにしていたが、『なんですか?これは』という寂しい思いだ」と突き放した。
前原誠司は憲法改正は必要としている。
前原のサイトで「憲法改正を考える」が読める。

「私は、憲法改正は必要だと思います。そして民主党も、2005年10月にまとめた「憲法提言」に書かれているように、憲法の三つの基本原則「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」は守りながら、時代に合った未来志向の憲法を創造していくべきだとして、幾つもの改正、或いは付加するポイントを掲げています。私たちは日本国憲法を、大日本帝国憲法に書かれているような「不磨の大典」とは、見做していないのです。」

http://www.maehara21.com/kojitsu/%E6%86%B2%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B/

憲法改正を必要としている前原誠司から「なんですか?これは」と突き放された若狭さん。
前原は「一院制の議論はしてもいい」とのことですが、一院制は民主主義が危うくなる。
それより、前原は離党ドミノをどうにかした方が良いと思う。




参考

若狭勝氏、新党の主要政策に一院制 小池都知事も賛同
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453471515.html
ラベル:前原誠司
posted by hazuki at 00:03| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする