2017年05月26日

5月25日、衆議院憲法審査会 自民、教育無償へ改憲検討 維新同調、民進は反対

5月25日、衆議院憲法審査会 自民、教育無償へ改憲検討 維新同調、民進は反対

自民、教育無償へ改憲検討 維新同調、民進は反対
https://this.kiji.is/240294115703686650?c=39546741839462401
2017/5/25 12:42

衆院憲法審査会は25日、環境権など「新しい人権」や、教育無償化をテーマに各党が議論した。自民党は、教育無償化を明記する憲法改正について検討する考えを表明した。安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条とともに教育無償化を改憲項目として例示し、2020年の改正憲法施行を目指すとした発言を踏まえたとみられる。日本維新の会は同調し、公明党は慎重姿勢を示した。民進党は一般の法律で対応できるとして反対した。

 環境権やプライバシー権などの憲法への明記に関しては、前向きな意見が出た。


船田元・憲法審査会.PNG



25日、環境権など「新しい人権」や、教育無償化をテーマに各党が議論した。
自民党は、教育無償化を明記する憲法改正について検討する考えを表明した。
日本維新の会は同調した。
自民党の船田元氏は、教育無償化について「憲法に明記することで、政府に実現を促す大きな力になると期待される」と述べ、前向きな姿勢を示した。
民進党は、山尾志桜里氏が「法律事項として範囲や財源論を深めることが適切だ」と述べ、反対したが、細野豪志氏は「個人的な意見」とした上で「憲法改正も検討すべきだ」と述べ、意見が割れた。
教育無償化は憲法に明記する必要はない。
民主党政権の時、高校無償化が出来たでしょう。
自民公明維新の教育無償化には、漏れなく教育勅語と徴兵制が付いて来るかも知れない。
安倍信者は改憲をすべきと思っているでしょうが、改憲は9粂に自衛隊を明記する。
もう既に、生活が困窮している学生向けに「経済的徴兵制」の足音が聞こえて来ている。
アベノミクス破たんから「経済的徴兵制」へ。
学費に苦しむ若者対象に「自衛隊入隊奨学金」を防衛省が検討しているとのこと。
徴兵→戦争→日本の人口削減→移民受け入れ→日本の移民国家化と動いている。
貧困化した若者が米国の戦争に徴兵されて駆り出されるでしょう。
引きこもりのネットユーザーの若者も当然、自衛隊一般隊員予備軍で徴兵の対象です。
衆議院憲法審査会は11日に行われる予定だったが流会したので、久々なのですね。
参議院憲法審査会は、昨年12月以来開催されていない。
衆議院憲法審査会では、緊急事態条項の創設と道州制が議論されているが、まだまだ、参考人の話を聞くべきです。
憲法審査会での議論を活発にして、如何に憲法改正が慎重にならざるを得ないものであるか国民は知るべきです。
#ヤバすぎる緊急事態条項



【憲法改正】
衆院憲法審で自民は首相提案の教育無償化に前向き、公明は慎重。民進は細野豪志氏賛成、山尾志桜里氏は反対
http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250069-n1.html
2017.5.25 23:59






身を切る改革 日本維新の会 大阪 @xm_ef
@hazukinotaboo2 これwwwhttps://twitter.com/xm_ef/status/866629407003205634





身を切る改革 日本維新の会 大阪 @xm_ef
自民公明維新の教育無償化には
教育勅語と徴兵制がもれなく付いてくるぞwww https://twitter.com/gloomynews/status/849169335230676992





deepthroat @gloomynews
時事◆教育勅語活用に野党反発=「国会決議違反」と抗議 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040400788&g=soc … 「一方、安倍政権と協調する場面も目立つ日本維新の会の馬場伸幸幹事長は会見で「現代語版教育勅語を作り、日本全国で教えていくことも必要だ」と述べた」




参考資料等

ついに日本にも「経済的徴兵制」の足音が!?学費に苦しむ若者対象に「自衛隊入隊奨学金」を防衛省が検討!
http://yuruneto.com/tyouhei-japan/

アベノミクス破綻から経済的徴兵制へ
http://blog.goo.ne.jp/narashinoshimin/e/a83a2ee584beb964f6bd17f598057474

【アベノミクスの真の目的と安倍総理の2020年の憲法改正宣言に関する考察】
http://akiron3.blog.fc2.com/blog-entry-55.html




参考

4月20日、道州制へ改憲求める意見も 衆議院憲法審査会で参考人質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449249722.html

3月23日 衆院憲法審査会、緊急事態条項創設に賛否 参考人質疑で専門家
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448340057.html




関連

[産経・FNN合同世論調査] 停滞する国会の改憲論議に世論は「NO」 「絶対護憲」の共産党支持層でさえ53.5%が「憲法審査会を活発に」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449943211.html
posted by hazuki at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[加計学園問題] 「総理のご意向」文書を告発 前川喜平前次官は怖いもの知らず

[加計学園問題] 「総理のご意向」文書を告発 前川喜平前次官は怖いもの知らず

「総理のご意向」文書を告発 前川前次官は怖いもの知らず
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206071
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206071/2
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206071/3
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206071/4
2017年5月26日

「文書は間違いなく本物。大臣や次官への説明用として担当の高等教育局専門課が作成した」――。メガトン級の内部告発だ。加計学園の獣医学部新設を巡る「総理のご意向」文書について、文科省前事務次官の前川喜平氏が25日発売の週刊文春で「本物」と認定。安倍首相の「威光」をカサに着た内閣府サイドの圧力の実態をブチまけた。前川氏は同日の朝日新聞にも登場、TBSの取材にも応じていている。

 当時の文科省トップが「正式な文書」と認めた記録を、勝手に「怪文書」と決めつけた菅官房長官は国民に詫び、首を差し出すのがスジ。ところが、前川氏の“風俗通い”をネタに今なお開き直った強弁を繰り返す。とんだ恥知らずだ。

■官邸はいまだに「怪文書」扱い

〈官邸の最高レベルが言っている〉

〈「できない」という選択肢はない〉

居丈高な態度で筋の通らない要求を強引に迫る内閣府・地方創生推進事務局の藤原豊審議官らの発言記録を一つ一つ、前川氏は文春の取材に「事実」と認め、知る限りの経緯を証言している。

 8年間で15回も申請を蹴られた獣医学部新設のスピード内定の出来レース。安倍の「腹心の友」の希望通り、行政が歪められた実態を前川氏は「『赤信号を青信号にしろ』と迫られた」と表現。問題の〈総理のご意向〉という言葉については、こう語る。

「ここまで強い言葉はこれまで見たことがなかった。プレッシャーを感じなかったと言えばそれは嘘になります」

 そして「『これは赤です。青に見えません』と言い続けるべきだった。本当に忸怩たる思いです」と反省の言葉を口にしているのだ。

 文科省の当時の最高責任者がここまで腹をくくって証言した以上、首相の“腹心の友”への便宜供与を裏付ける文書の内容は、ますます信憑性を帯びてくる。

ところが、安倍官邸は懲りない。松野博一文科相がお手盛り内部調査で、「文書の存在は確認できなかった」と発表したのをタテに、菅官房長官は「出所不明」の怪文書扱いを続けている。

「官邸サイドが裏で繰り返すのは、前川氏が政権に怨恨を抱いているとのレッテル貼り。天下りの組織的あっせん問題の責任を取り、わずか半年の任期で依願退職に追い込まれたことに、前川氏は恨み骨髄。ありもしない文書をデッチ上げ、メディアに持ちかけた『自作自演』のシナリオを吹聴しています」(官邸事情通)

 そこに追い打ちをかけたのが、例の“出会い系バー”常連報道で、官邸サイドは「あんなハレンチ漢の証言を信用したら痛い目に遭うぞ」と、メディアに妙な“恫喝”を加えているという。

「安倍首相が『私が働きかけて決めているなら責任を取る』と大見えを切った手前、菅官房長官らは“怪文書”と言い張るしかないのでしょう。とはいえ、文書の信憑性と次官の風俗通いは無関係。政権が強弁すれば、シロもクロになるような振る舞いは、『恥を知れ』の一言です」(政治評論家・本澤二郎氏)

■待ち受けるさらなる暴露

 前川氏は、年商812億円を誇る世界的な産業用冷蔵冷凍機器メーカー「前川製作所」の御曹司で、妹は中曽根弘文元外相に嫁いだ“華麗なる一族”の出だ。

 当然、官邸の横やりで天下り先を失っても困らないため、政権の裏側で何が起きているのか、その腐敗の真相を遠慮なく暴露できる。

 すでに「告白の内容はまだおとなしい。昨年12月に新設が合意に至る直前の“ご意向”圧力は特に凄まじかったようです。まだ表に出ていない文書もあるはず。前川氏は面倒見がよく、人望がありますから、歴代次官OBや“奇兵隊”と称する後輩の現職官僚も味方しています」(文科省関係筋)との声もある。

 民進党も前川氏の疑惑追及チームへの出席や、国会招致も視野に入れている。さらなる決定打が飛び出せば、安倍首相は政権発足以来最大の窮地に立たされる。


前川喜平前文科事務次官.PNG



「文書は間違いなく本物。大臣や次官への説明用として担当の高等教育局専門課が作成した」と内部告発。
「総理のご意向」文書について、文科省前事務次官の前川喜平氏が25日発売の週刊文春で「本物」と認定。
ところが、前川氏の風俗通いをネタに菅官房長官は、今なお開き直った強弁を繰り返す。
8年間で15回も申請を蹴られた獣医学部新設のスピード内定の出来レース。
安倍の「腹心の友」の希望通り、行政が歪められた実態を前川氏は「『赤信号を青信号にしろ』と迫られた」と表現。
安倍首相が『私が働きかけて決めているなら責任を取る』と大見えを切った手前、菅官房長官らは怪文書と言い張るしかない。
文書の信憑性と次官の風俗通いは無関係。
前川前次官が風俗通いをしていたからと言って、信用出来ないと色眼鏡で見てはいけない。
民進党も前川氏の疑惑追及チームへの出席や、国会招致も視野に入れている。
第2の籠池とか言われている前川氏ですが、国会招致となれば、次にどんな言葉が飛び出すか。




文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」と証言
http://bunshun.jp/articles/-/2612
週刊文春 2017年6月1日号



加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書
http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html
2017年5月17日05時00分






盛田隆二📎 @product1954
朝日新聞の一面トップ。これは決定的
▶加計学園の新学部「総理のご意向」文科省
「森友」は昭恵夫人関与
「加計」は首相本人関与

官邸は宮内庁を無視して「眞子さま」スピン報道。テレビはご婚約一色。そして「共謀罪」強行採決へ。独裁の手口http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html … pic.twitter.com/Xfge6yNDFA



カレイドスコープより転載
http://kaleido11.blog.fc2.com/

加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4947.html


元駐ウクライナ兼モルドバ大使、前防衛大学校教授を歴任した馬渕睦夫氏が、2014年4月から、渦中の加計学園・系列の「吉備国際大学」の客員教授を務めています。


<加計学園>前事務次官・前川喜平氏が文書は本物と告白


新学部に「総理の意向」 文科省が記録文書と民進




参考

[加計学園] 異色言動、過去に政権批判 朝鮮学校無償化推進 「天下り」で引責 野党、前川前文科事務次官の証人喚問要求へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450249678.html

[加計学園問題] 「加計ありき」深まる疑念 獣医学部新設巡り記録文書次々
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450231484.html

中村時広愛媛県知事「内閣府から助言」 加計学園問題で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450230436.html

加計学園前提の工程表か 政府関係者から入手と共産党の小池晃書記局長
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450133246.html

[加計学園問題] 「しっかり止める」 獣医師連盟から100万円献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束”
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450124854.html

文部科学省に安倍首相関与の確認求める 加計学園の新学部巡り、民進PT
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449983377.html

朝日新聞の加計学園報道、菅官房長官が否定 「そのような事実はない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449969575.html

加計学園新学部は「総理の意向」 文部科学省が記録文書と民進党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449969128.html
posted by hazuki at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[加計学園] 異色言動、過去に政権批判 朝鮮学校無償化推進 「天下り」で引責 野党、前川前文科事務次官の証人喚問要求へ

[加計学園] 異色言動、過去に政権批判 朝鮮学校無償化推進 「天下り」で引責 野党、前川前文科事務次官の証人喚問要求へ

【加計学園】
異色言動、過去に政権批判 朝鮮学校無償化推進 「天下り」で引責 野党、前川前文科事務次官の証人喚問要求へ
http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250064-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250064-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250064-n3.html
2017.5.25 23:36

学校法人加計学園(岡山市)が愛媛県今治市に計画している獣医学部新設問題をめぐり、文部科学省の前川喜平前事務次官(62)が25日の記者会見で、文科省が「確認できない」と否定した文書を「確実に存在する」などと覆す主張を展開した。教育行政の事務方トップによる異例の“内部告発”は波紋を広げそうだ。

 前川氏は東大法学部卒業後、昭和54年に旧文部省に入省。義務教育など初等中等教育の専門家として、省内では早くから事務次官候補といわれていた。

 省内では「一言居士で、歯にきぬ着せぬものいいで知られた」(文科省幹部)。その名が一気に知れ渡るようになったのは平成17年、公立小中学校の教職員給与の国負担分を2分の1から3分の1に引き下げた小泉純一郎政権の三位一体改革で、名前をもじった「奇兵隊、前へ!」と題したブログで政府方針への批判を展開したことだ。文言も「義務教育費の削減は道理が通らない」「クビと引き換えに義務教育が守れるなら本望」などと過激だった。

 当時は初等中等教育局の筆頭課である初等中等教育企画課長で、省内外で物議を醸したが、その後も順調に昇進した。

関係者によると、初等中等教育担当の審議官時代には、当時の民主党政権の意向を受け、朝鮮学校にも高校無償化が適用されるよう旗振り役となった。関係者によると、前川氏は当時、「生徒に罪はない。個人に対する支援だから、(補助金を)出すべきだ」といった趣旨の発言をしていたという。

 24年1月から務めた官房長時代には、東日本大震災で多くの犠牲者を出した宮城県石巻市の市立大川小学校について、避難状況などを文科省主導で調査した事故検証委員会を担当。ただ遺族はメンバーに含まれず、委員構成などについて疑問が呈された。

 25年7月に初等中等教育局長に就任、28年6月から事務次官となったが、29年1月に発覚した違法な組織的天下り斡旋(あっせん)問題に関与したとして引責辞任した。

 前川氏の功績への評価は分かれる。故与謝野馨文相(当時)の秘書官を務めたこともあり、文科省幹部は「省内だけでなく、国会議員からも信頼され、手痛い辞任だった」と評する声もあれば、別の幹部は「ゆとり教育に理解を示し、児童生徒の学力低下問題とも無関係ではない」との見方を示す。

一方、前川氏は援助交際の交渉現場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに、約2年前から出入りしていたことを記者会見で認めた。店に出入りした理由については「女性の貧困を知るための実地の視察だった」と述べ、省内の施策の検討にも「役に立った」と総括した。


前川前文科事務次官.PNG



文部科学省の前川喜平前事務次官(62)が25日の記者会見で、文科省が「確認できない」と否定した文書を「確実に存在する」などと覆す主張を展開した。
小泉純一郎政権の三位一体改革で、名前をもじった「奇兵隊、前へ!」と題したブログで政府方針への批判を展開した。
初等中等教育担当の審議官時代には、当時の民主党政権の意向を受け、朝鮮学校にも高校無償化が適用されるよう旗振り役となった。
平成25年7月に初等中等教育局長に就任、平成28年6月から事務次官となったが、平成29年1月に発覚した違法な組織的天下り斡旋問題に関与したとして引責辞任した。
小泉政権の批判はさて置き、朝鮮学校無償化を推進したり、文部科学省の役人の大学への天下りの裏工作をしたり、出会い系バーに出没したり、問題が多い前川前文科事務次官は日本人を劣化させる反日思想の危険な役人ではないでしょうか。




文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」と証言
http://bunshun.jp/articles/-/2612
週刊文春 2017年6月1日号



加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書
http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html
2017年5月17日05時00分






盛田隆二📎 @product1954
朝日新聞の一面トップ。これは決定的
▶加計学園の新学部「総理のご意向」文科省
「森友」は昭恵夫人関与
「加計」は首相本人関与

官邸は宮内庁を無視して「眞子さま」スピン報道。テレビはご婚約一色。そして「共謀罪」強行採決へ。独裁の手口http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html … pic.twitter.com/Xfge6yNDFA



カレイドスコープより転載
http://kaleido11.blog.fc2.com/

加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4947.html


元駐ウクライナ兼モルドバ大使、前防衛大学校教授を歴任した馬渕睦夫氏が、2014年4月から、渦中の加計学園・系列の「吉備国際大学」の客員教授を務めています。


<加計学園>前事務次官・前川喜平氏が文書は本物と告白


新学部に「総理の意向」 文科省が記録文書と民進




参考

[加計学園問題] 「加計ありき」深まる疑念 獣医学部新設巡り記録文書次々
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450231484.html

中村時広愛媛県知事「内閣府から助言」 加計学園問題で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450230436.html

加計学園前提の工程表か 政府関係者から入手と共産党の小池晃書記局長
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450133246.html

[加計学園問題] 「しっかり止める」 獣医師連盟から100万円献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束”
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450124854.html

文部科学省に安倍首相関与の確認求める 加計学園の新学部巡り、民進PT
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449983377.html

朝日新聞の加計学園報道、菅官房長官が否定 「そのような事実はない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449969575.html

加計学園新学部は「総理の意向」 文部科学省が記録文書と民進党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449969128.html
posted by hazuki at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[神奈川新聞] 政治活動を隠れみのにする日本第一党 差別扇動者の話法

[神奈川新聞] 政治活動を隠れみのにする日本第一党 差別扇動者の話法

〈時代の正体〉政治活動を隠れみのにする日本第一党 差別扇動者の話法(下)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00017997-kana-l14
カナロコ by 神奈川新聞 5/22(月) 7:05配信

【時代の正体取材班=石橋 学】人種差別・排外主義政策を掲げる極右政治団体「日本第一党」が都議選の立候補予定者の記者会見を都庁で開いたのは4月27日のことだ。

 「日本第一党のスローガン、ジャパンファースト、日本第一主義が信条」

 「自分の信じる意見を発信し、記録に残るところに、私たち日本第一党の気持ちを残していきたい」

今年2月に結党した日本第一党初の公認候補、八王子市選挙区(定数5)に立つ同市在住の岡村幹雄氏は落ち着いた口調で抱負を述べた。新潟県出身、法政大経営学部を出た後、都内の郵便局勤務などを経て3月に日本郵政株式会社を定年退職したばかり。折り目正しい物腰が印象的な60歳。会見で語られたのはしかし、この国のヘイトスピーチを先導してきた党首、桜井誠氏に重なる話法だった。

主な公約に掲げたのは、築地市場の豊洲移転早期実施と移民受け入れの中止、外国人への生活保護の支給停止の3点。このうち「特に心配している」と強調したのが移民の受け入れだった。国家戦略特区を活用して東京都で4月から始まった外国人労働者による家事代行サービスに「(在留期限の)3年で帰る人は少ないのではないか」との懸念を示し、「移民受け入れがなし崩しで行われるのではないか。外国人に頼れば、次世代に大変な負の遺産を残す。大変心配している」という。

 「3年で帰る人は少ないのではないか」という根拠のない疑念を向け、すでにさまざまな産業が低賃金の外国人労働者に支えられている現実を無視して「大変な負の遺産」「大変心配」と不安を強調する姿に、隣に同席した桜井氏が重なって映る。旧植民地出身者として歴史的、構造的に差別を受けている在日コリアンは「優遇されている」「特権がある」という事実と正反対のデマを流通させ、不公平感や危機感を喚起することで排斥感情をあおるのが差別扇動者、桜井氏の常套(じょうとう)手段だからだ。

質疑応答で私は桜井氏の言動を岡村氏がどう感じているのかをただした。差別を率先して非難し、禁止を市民に働き掛けるべき政治家に求められる人権感覚や反差別の姿勢が受け答えに表れると考えたからだ。

 昨年7月の都知事選に立候補した桜井氏は「日本で生活保護をもらわなければ、きょうあすにも死んでしまうという在日(コリアン)がいるなら、遠慮なく死になさい」という差別発言を街頭演説で行っている。私が「岡村さんも同じ考えか」と尋ねると「言葉だけを切り取ると大変強烈になるが」と前置きして答えた。

 「出入国管理法及び難民認定法では、自立した生活ができない外国人は上陸できないとなっている。その点からも基本的な考え方は党首と同じだ」

人権への理解はおろか、国際社会の一員としての認識をそこに見ることはできない。外国人への生活保護は、人道的観点から生活保護法による取り扱いに準じた行政措置として行われている。対象は原則的に永住者、定住者、特別永住者、難民認定者などで、日本社会の構成員として暮らし、納税の義務を果たしてきた外国人を等しく処遇するべきだという考えに基づく。何より、先進国として国際社会と交わした約束でもある。日本が加入・批准した国際人権規約と難民条約は社会保障における「内外人平等待遇の原則」が条件になっている。そこに入国管理行政の発想を持ち込むのは筋違いだ。

 厚生労働省保護課も「出入国管理法は入国時の条件を既定しているにすぎない。日本に入ってきた後に失業したり、病気になって働けなくなったりすることは十分あり得ることで、人道上必要があると判断して行政の裁量で保護を行っている。(外国人は生活保護法の対象ではないと判断した)2014年の最高裁判決でも行政措置による外国人への生活保護自体は違法ではないと確認されている」と話す。

そもそも私は、最後の命綱である生活保護を断ち切るという非人道性と、外国人を「死んでも構わない」存在とみなす差別思想を問題にしている。「『遠慮なく死になさい』という発言にも同調するか」と重ねて問うと、岡村氏は「逆に聞きたいが、生活保護を受けなければ直ちに死んでしまうという方を見たことも聞いたこともない。そういう状況があるとお考えか」と問い返してきた。

 こちらの質問には答えず、逆質問で異なる論点を示し、議論をずらすのも桜井氏流。私は「そうした状況にある人は実際にいて、最後の命綱である生活保護を絶つのは重大な人権侵害だ」と答えたが、岡村氏は「助けるのは国籍のある国。自分の国籍の国にお願いするのが筋と考える」。前述の通り、外国人を平等に扱うのは国際条約上の義務であり、困窮した外国人への扶助制度はドイツをはじめ欧州などの先進国で一般的だ。そう指摘すると、今度は「欧州とは制度も金額も異なる。日本と比較するのは間違いだ」と、制度の違いという本質から離れた議論にすり替える。そうして桜井氏をなぞった主張が冷たく響くばかりだった。

■「ジャパンファースト」の正体
 桜井氏は全国各地でヘイトデモ・街宣を主導し、人権侵犯事件を繰り返してきた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の創設者で前会長。自身も東京・小平の朝鮮大学校前で「殺してやるから出てこい」などと叫んだ街宣が人間の尊厳を傷つける違法な人権侵害であると法務省に認定され、同様の行為を繰り返さぬよう勧告を受けている。

 その後もヘイトスピーチを繰り返す党首をどう考えるか、と私は岡村氏に問うた。答えは「人間、怒ったらひどいことを言うのは当たり前。怒るには十分な理由がある。最後のところだけ切り取って指摘するのはフェアではない。物事には始まりがあり結果がある。なぜ党首がこんなに怒っているのか根本の原因を考えてほしい」。

これも桜井氏がしばしば口にする話法だ。ヘイトスピーチだと批判されると「本気で怒っているから激しい言葉になるんだ」と切り返し、批判さえも自らの正当化に逆利用する。その差別性に気づいていないらしい岡村氏は、構造的に差別されているマイノリティーをマジョリティーの立場から攻撃するという二重、三重の不公正を度外視して「フェア」を求める倒錯と、その倒錯を可能にする自らの差別性にも気づいていないようだ。

 差別を正当化する理由など存在しない。私が再質問しようとすると、横から桜井氏が「私が答える」と割って入ってきた。朝鮮大学校前でのヘイトスピーチについて、在日コリアンが起こした事件を挙げ、「ふざけた朝鮮人を受け入れるいわれはまったくない。朝鮮人がいなければ、そんな事件が起きるわけがない。それを言っているだけだ」。

 一つの事例を引き合いに「だから朝鮮人は」と十把ひとからげにして語る人種差別の見本がここに示された。地金はあっさりあらわになり、記者会見の場を借りたヘイトスピーチが始まった。「朝鮮人がいなければ、そんな事件が起きるわけがない。それを言っているだけだ」

外国人の人権を守るべきだと言うと、それによって日本人の人権が侵されるわけでもないのに日本人の人権はどうなると反問する。日本人の人権こそ守るべきだと声高に叫び、外国人の排斥を正当化し、あおる。これが桜井氏の唱える「ジャパンファースト」の正体。耳当たりのよい「日本第一主義」も差別を正当化し、排斥をあおるための都合のいいスローガンにすぎない。

 「『朝鮮人を東京湾にたたき込め』というのは人権侵害に当たらない」と言ってのけるに至り、私は「人権侵害事件を繰り返す党首をどう思うか」と岡村氏に再度問うた。

 するとどうだろう、静かな口調が一転、気色ばんだ。

 「気をつけてください。事件ではない。事件という言葉は訂正してください」

 岡村自身氏の言葉をようやく聞いた気がした。

 私は一例だけ、民事裁判で在特側に1260万円もの損害賠償が命じられ、刑事裁判でもメンバーが有罪判決を受けた京都朝鮮第一初級学校前での街宣活動を挙げ、もちろん訂正などしなかった。昨年9月には、在日コリアンの女性に対するインターネット上の書き込みなどが大阪地裁で人種差別と認定され、有罪判決(控訴中)を受けている。

 桜井氏はなおも「あなたの言うように結果として(京都朝鮮学校襲撃事件の)裁判には負けたが、それだけのことだ。人を殺したわけでも傷つけたわけでもない」。

 だから「事件ではない」とでも言いたいのか。消せぬ傷を心に負わされた被害者にとって、加害者が逮捕されようがされまいが、それは事件だ。聞き分けのない小児のような自己弁護を繰り返す党首の隣でしかし、岡村氏は相づちを打ち続けたのだった。

■膨らむ疑念、政治活動は本当か
 会見後、確かめたいことがあった私は桜井氏に声を掛けた。すると「あんた、けんかを売るんじゃないよ、記者会見の席で」と思わぬ非難が返ってきた。揚げ句の果てには「あんた、北朝鮮の工作員だろ」。

 私は考え方を聞こうとし、まともな答えが返ってこなかったために質問を繰り返しただけだ。それを「けんか」と受け取る態度に桜井氏の狭量を見る思いだった。同時に疑念はいよいよ深まった。

 真摯(しんし)に政治活動に取り組むつもりがあるのだろうか。

 例えば、2月26日、都内のアパホテルで開催した結党大会でのこと。あいさつに立った桜井氏は壇上から私の名前を繰り返し口にした。

 「金正男が暗殺されたが、北朝鮮を抗議したら差別なんでしょ。ねえ、石橋君」

 「不法滞在のフィリピン人が在留資格を求めて裁判を起こした。多分誰かの入れ知恵だ。そうだろ、石橋君」

 「きょう集まったメディアは300人を前に党首が訴えたという事実だけを報道すればいい。人種差別がどうのこうのと書くべきじゃない。どう思う、石橋君」

 「何でもかんでもヘイトと言う。そうだよね、石橋君。私が息をしただけでヘイトと言う」

 そのたびに嘲笑が会場を包んだ。

 あいさつの中で桜井氏は宣言した。

 「まず地方議会から押さえていく。私の目標は国政で与党にすることだ」

 「2年半後の統一地方選ではどんどん候補者を出していく。地方議会を固め、次は中央だ。政権ができたら日本を取り戻すために、韓国と断交する」

 「きょうは集まったのは300人だが、千人、万人と増やして、4年後の党大会は東京ドームを一杯にする」

 それが本気であるなら、旗揚げという大事な場で一地方紙の一記者を物笑いの種にするということにどうして時間を割けるだろう。

 そして、政権の座への足掛かりにするという最初の地方選挙としての都議選である。産経新聞のウェブサイトに掲載されたインタビューでは「10〜20人ほど立候補させる」と豪語していた桜井氏だが、会見では、岡村氏以外の擁立は「人材がいればだが、現在のところいない」と明かした。

 2万円の会費を払って結党大会に参加した男性も言っていた。

 「落選した後の生活を保障してくれるわけでもないようなので、いまの仕事をなげうってまで立候補することなどできない」

 会場の入り口では党最高顧問の瀬戸弘幸氏の著書などの販売が行われ、誰はばかることなく「もう売り切れちゃったよ。もっと用意しておけばよかったなあ」という関係者の高笑いが響いていた。

 首をかしげたくなる振る舞いはまだある。

 岡村氏が初めて桜井氏に会ったのは記者会見の前日だ。党首が面談することなく候補者が決められたということになる。対面した際、握手を交わして感涙したという岡村氏は「党首は大変お忙しかったようで」と気に留めていない様子だが、桜井氏自身はこの間、自著の執筆にいそしんでいたとツイッターに書き込んでいる。

 岡村氏が自身の公認候補決定を知ったのも桜井氏のブログを見たという第三者から届いたツイートによってだった。「公募に手を挙げたものの、ど素人の私が選ばれるはずがないと思っていた。いまでも信じられない」と、岡村氏はやはり疑問に感じていないようだが、本人に連絡するより先にブログで公表するという手順に、候補者への敬意も大切にしようという姿勢も感じられない。

■公人による差別の扇動効果
 後日あらためて岡村氏にきっかけを尋ねた。


 「5年前に自分専用のパソコンを買い、漫画とかを面白がって見ていたところ、桜井氏が街頭で演説している動画に行き当たり、引き込まれた。それがきっかけ」

 一体、差別発言を繰り返す動画の、どこに引き込まれたのか。

 「信念を曲げないところ。なかでも堂々と主張していた都知事選の演説はすごかった」

 不当な差別的言動は「許されない」と宣言し、国や地方自治体に根絶へ向けた施策の実施を、国民には差別的言動のない社会づくりを求めるヘイトスピーチ解消法の成立から24日で1年を迎える。私が桜井氏から感じるのは、自身や団体が勧告や有罪判決で指弾されようと、デマや詭弁(きべん)を弄(ろう)し、ときに居直ってまでして差別をやめないという強固な信念だけだ。もはや差別が目的化した確信的、職業的差別主義者の姿でしかない。

 都知事選のさなか、選挙カーで在日本大韓民国民団(民団)中央本部前に乗り付けた桜井氏の悪罵と傍若無人な振る舞いが動画共有サイト・ユーチューブに残る。

 「民団の人間はさっさと日本から出ていけ。日本から必要とされていない」

 そして決定的な一言を放った。

 「(選挙期間中の)16日間は無敵だ。久々に民団前で思う存分街宣ができた。この快感を再び、ということでまた街宣をする」

 ヘイトスピーチ解消法の施行を受け、世論の批判と行政による監視の目が強まり、これまで通り公然とヘイトスピーチをしづらくなっている鬱憤(うっぷん)をのぞかせ、政治活動をかたって抜け道を見いだしたい意図がここに浮かび上がってくる。

 公職選挙法では政見放送に関しては「品位を損なう言動をしてはならない」という規定があるが、選挙演説には制限がない。法務省は「選挙運動であっても不当な差別的言動が許されるわけではない」との見解を示しており、ヘイトスピーチ解消法の精神を生かした対応策が急がれる。

 米国からは「米国第一主義」を掲げたドナルド・トランプ氏が大統領選を通じてヘイトスピーチを繰り返した結果、ムスリムや黒人、性的少数者らに暴力を振るうヘイトクライム(憎悪犯罪)が多発するというニュースが伝わる。

 「都知事選挙で党首が戦ったとき、日本第一党が立ち上がったとき、すぐにでも一緒に戦いたかった」という岡村氏の、とりわけ桜井氏の選挙演説に心動かされという事実が、権威の衣をまとった差別の扇動効果の大きさと危険性を示している。歴史をさかのぼれば、関東大震災における朝鮮人虐殺は、官憲自らが「朝鮮人が暴動を起こしている」というデマを流した結果、在郷軍人のみならず市井の人々までが凶行に手を染めた。

 都議選は6月23日告示で7月2日投開票。駅頭で演説を始めたという岡村氏は「朝5時に起きて夜の10時に寝るという毎日を繰り返していた会社員時代とは別世界。自分の好きなことが言えて楽しい。庶民感覚を大事にして、介護職で外国人を受け入れている問題を特に力を入れて訴えていきたい」と語る。

桜井氏が記者会見で明らかにしたところによると、年会費5千円の党員は2月の結党大会から200人増えて1800人になったという。


日本第一党・結党.PNG



神奈川新聞の石橋学記者の記事です。
人種差別・排外主義政策を掲げる極右政治団体「日本第一党」と煽っている。
「日本第一党のスローガン、ジャパンファースト、日本第一主義が信条」の何処に問題があるのか。
神奈川新聞の日本第一党をヘイトする記事のお陰で、日本第一党の存在を都民や国民に知らせることになる。




参考

桜井誠氏が日本第一党を結党 「政権を取ったら韓国と断交する」 仇敵、神奈川新聞の石橋学記者に向かって「北朝鮮の批判をしてもヘイトかい?」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447384241.html

【行動する保守運動】桜井誠氏が新党旗揚げ!新党名『日本第一党』 略称『日本一』⇒ しばき隊「世界的な時流を掴んだ党名。嘲笑よりも警戒を」(正義の見方より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/441459999.html




関連

[神奈川新聞] 日本第一党がアパホテルで結党大会 きょう26日午後
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447375679.html
ラベル:神奈川新聞
posted by hazuki at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[加計学園問題] 「加計ありき」深まる疑念 獣医学部新設巡り記録文書次々

[加計学園問題] 「加計ありき」深まる疑念 獣医学部新設巡り記録文書次々

「加計ありき」深まる疑念 獣医学部新設巡り記録文書次々
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017052502000141.html
2017年5月25日 朝刊

安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が系列大学の獣医学部を国家戦略特区に新設する計画を巡り、文部科学省と内閣府の協議を記録したとみられる新たな文書が二十四日、民進党の調査チームの会合で示された。これまでも、早期新設を「総理のご意向」と記した文書などが国会で取り上げられている。特区の協議はこれら文書の内容に沿って進んでおり、「加計学園ありき」の疑念は深まるばかりだ。 (中沢誠)

 「日付入りのペーパーを入手した。きちんと調べてほしい」。民進党調査チームの会合で、桜井充参院議員が「内閣府審議官との打合せ概要」と表題が付いた文書((1))を文科省の担当者に手渡した。

 文書に記された打ち合わせの日付は昨年九月二十六日。「時間はかけられない。官邸の最高レベルが言っている」と内閣府側の発言が記載されている。

 十日前の昨年九月十六日の内閣府のヒアリングまで、学部新設に慎重な姿勢を崩さなかった文科省は態度を一変。昨年十一月九日、安倍首相を議長とする国家戦略特区の諮問会議で、五十年以上規制されてきた獣医学部設置の制度改正が決まった。

 同党が十七日に公表した八枚の文書もまた、内閣府が二〇一八年四月開学に向け、安倍首相の意向をちらつかせて、文科省に早期対応を迫っている記録((2))がある。菅義偉(よしひで)官房長官は「怪文書みたい」、文科省は「内部調査で確認できなかった」と発表。だが日付入り文書は、八枚の文書の一つと同じやりとりが記されている箇所があり、信ぴょう性を補強する内容だ。

 民進党の調査チームの会合で、日付入りの文書について説明を求められた内閣府側は、「((1)のような内容の)議論が話題になった可能性はあるが、詳細な打ち合わせの中身まで確認できなかった」と述べるにとどまった。

 共産党が二十二日に公表した四枚の文書は、特区事業者の選定経緯に関わるものだ。獣医学部設置の条件として、「獣医師系養成大学等のない地域」としていた原案((3))に、内閣府が「広域的に」などと書き加えた文書((4))もあった。

 この条件追加で、諮問会議の一カ月前に獣医学部を新設する特区構想を提案していた京都府は、道を阻まれた。隣の大阪府内に獣医学部があったためだ。結果として、事業者募集への応募は加計学園だけだった。
◆前文科次官「文書本物だ」 週刊文春に証言

 二十五日発売の週刊文春が、学校法人加計学園の獣医学部新設計画を巡る一連の記録文書について、前川喜平前文部科学省事務次官が「文書は間違いなく本物だ。大臣や自分への説明用として担当の高等教育局専門教育課が作成した」と証言したとの記事を掲載することが二十四日、分かった。

 記事では、前川氏が昨年九月二十八日に次官室で職員から文書を受け取ったと説明しているが、専門教育課は取材に「前次官に直接話を聞いたわけではないので、コメントできない」としている。


加計学園問題.PNG



25日発売の週刊文春が、加計学園の獣医学部新設計画を巡る一連の記録文書について、前川喜平前文部科学省事務次官が「文書は間違いなく本物だ。大臣や自分への説明用として担当の高等教育局専門教育課が作成した」と証言したとの記事を掲載することが24日、分かった。
民進党のPTに続き、共産党、前川喜平前文部科学省事務次官の文春砲。
前川喜平前文部科学省事務次官を信じて良いのでしょうか。
第2の籠池と言われているようです。



文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」と証言
http://bunshun.jp/articles/-/2612
週刊文春 2017年6月1日号



加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書
http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html
2017年5月17日05時00分






盛田隆二📎 @product1954
朝日新聞の一面トップ。これは決定的
▶加計学園の新学部「総理のご意向」文科省
「森友」は昭恵夫人関与
「加計」は首相本人関与

官邸は宮内庁を無視して「眞子さま」スピン報道。テレビはご婚約一色。そして「共謀罪」強行採決へ。独裁の手口http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html … pic.twitter.com/Xfge6yNDFA



カレイドスコープより転載
http://kaleido11.blog.fc2.com/

加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4947.html


元駐ウクライナ兼モルドバ大使、前防衛大学校教授を歴任した馬渕睦夫氏が、2014年4月から、渦中の加計学園・系列の「吉備国際大学」の客員教授を務めています。


新学部に「総理の意向」 文科省が記録文書と民進




参考

中村時広愛媛県知事「内閣府から助言」 加計学園問題で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450230436.html

加計学園前提の工程表か 政府関係者から入手と共産党の小池晃書記局長
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450133246.html

[加計学園問題] 「しっかり止める」 獣医師連盟から100万円献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束”
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/450124854.html

文部科学省に安倍首相関与の確認求める 加計学園の新学部巡り、民進PT
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449983377.html

朝日新聞の加計学園報道、菅官房長官が否定 「そのような事実はない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449969575.html

加計学園新学部は「総理の意向」 文部科学省が記録文書と民進党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449969128.html
ラベル:加計学園問題
posted by hazuki at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする