2017年04月18日

英国、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う

英国、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う

英、6月8日総選挙へ EU離脱で国民の信問う
https://this.kiji.is/227021282951200775?c=39546741839462401
2017/4/18 21:49

【ロンドン共同】英国のメイ首相は18日、声明を発表し、下院を解散して2020年に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒しして実施する意向を表明した。5月にも始まる欧州連合(EU)離脱交渉を巡る自らの方針について国民の信を問う。メイ氏の方針は国民の多数の支持を得ており、議会内の反対を抑え、交渉基盤を固める狙い。

 前倒し総選挙の実施には下院で3分の2の賛成が必要。最大野党、労働党のコービン党首は18日、総選挙実施に賛成する姿勢を示し、総選挙の実施は確実だ。

 各種世論調査ではメイ氏の与党保守党が高い支持率を保ち、労働党は低迷している。


テリーザ・メイ3.PNG



英国のメイ首相は18日、声明を発表し、下院を解散して2020年に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒しして実施する意向を表明した。
EU離脱交渉を巡る自らの方針について国民の信を問う。
英国民は、EU離脱を巡り、再び選択を迫られることになるのですね。
最大野党の労働党が総選挙実施に賛成する姿勢を示しているようですね。




関連

英国EU離脱、下院が通知法案を可決 来月の手続き開始へ前進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446852544.html

[英国] メイ首相、EU単一市場からの離脱を表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446024679.html

[英国] メイ首相、単一市場と関税同盟からの撤退表明へ=英紙
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446012692.html

英国、3月末までにEU離脱交渉入り メイ首相表明、EUに正式通知へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442478183.html

英EU離脱へ、国民投票で過半数 移民へ反発、内政混乱も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439365903.html
posted by hazuki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日米経済対話] 2国間FTA(日米FTA)に言及 農業、自動車で圧力も ペンス米副大統領

[日米経済対話] 2国間FTA(日米FTA)に言及 農業、自動車で圧力も ペンス米副大統領

2国間FTAに言及=農業、自動車で圧力も−ペンス氏・日米経済対話初会合
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800643&g=eco

トランプ米政権発足後に設置された日米経済対話の初会合が18日午後、首相官邸で開かれ、両国主導による貿易・投資ルールづくりやインフラ整備などで協力することで一致した。米側代表のペンス副大統領は会合終了後の共同記者会見で、両国の対話が「自由貿易協定(FTA)交渉に発展する可能性がある」と発言。今後の協議で農産物や自動車の市場開放を日本に強く求める可能性を示唆した。
 2回目の会合は年内に米国で開催する。次回以降、日米の利害が対立する通商問題をめぐり、厳しいやりとりが行われそうだ。
 経済対話は2月の日米首脳会談で設置が決まり、18日は双方の責任者である麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領が会談した。日本が警戒していた為替政策をめぐる議論は出なかった。 
 麻生氏は会合後の記者会見で、経済対話の開始を受け「日米関係は摩擦から協力に変わっていく」と説明。貿易・投資分野の協力については「日米のリーダーシップでアジア太平洋に自由で公正な貿易ルールを広める」と多国間の取り組みの意義を強調し、日米2国間の通商交渉への言及を慎重に避けた。
 これに対しペンス氏は、トランプ政権が離脱を決めた環太平洋連携協定(TPP)は「過去のものだ」と断言。その上で「2国間交渉は米国にとって国益だ」と述べ、日米FTA交渉に入る意欲をにじませた。通商交渉をめぐり、日米の温度差が早くも露呈した格好だ。
 会合後に両国政府が発表した共同声明は、(1)貿易・投資ルールに関する共通戦略(2)経済・構造政策の協力(3)インフラなど分野別協力−の三つを柱に議論を進める方針を示し、「近いうちに具体的な成果をもたらす」と明記した。
 分野別協力の具体化に当たっては、日本の技術力を生かした米での高速鉄道整備や米のエネルギー輸出といった個別分野での協力を通じ、米国内の雇用創出を後押しする方針だ。(2017/04/18-20:33)


ペンス副大統領と麻生太郎.PNG



日米経済対話の初会合が18日午後、首相官邸で開かれ、両国主導による貿易・投資ルールづくりやインフラ整備などで協力することで一致した。
ペンス副大統領は会合終了後の共同記者会見で、両国の対話が「自由貿易協定(FTA)交渉に発展する可能性がある」と発言。
今後の協議で農産物や自動車の市場開放を日本に強く求める可能性を示唆した。
18日は双方の責任者である麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領が会談した。
ペンス氏は、TPPは「過去のものだ」と断言した上で、「2国間交渉は米国にとって国益だ」と述べ、日米FTA交渉に入る意欲をにじませた。
産経新聞の報道によると、「米国を除くTPP参加11カ国(TPP11)は今後、米抜きTPPの発効に向けた議論を本格化する。」とのことです。
また、「日本は、日米貿易ルール作りとTPP11の協議を並行することで米国とTPP参加国を仲介し、米国復帰の可能性を残したい考え。」とも報道されています。
2国間の協定(日米FTA)に意欲を示す米国と、TPPで合意した貿易ルールの内容を重視する、日本の間の意見の隔たりが浮き彫りになっている。
日本としては、米国抜きのTPPの発効の可能性があるので、TPPを重視してTPPに米国が復帰することを望んでいる。
しかし、米国はTPPではなく、日米FTAで農業や自動車の市場開放を要求する構えです。
日米FTAではTPPを上回る要求をして来る。
日米FTAは米国の国益になっても日本の国益にはならないのは明らか。
#日米FTAで日本終了



【日米経済対話】
「貿易・投資の公正なルール広げる」 麻生副総理 TPPは“米抜き”発効の動き
http://www.sankei.com/economy/news/170418/ecn1704180022-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/170418/ecn1704180022-n2.html
2017.4.18 18:20


日米経済対話 3本柱で議論 年内に2回目の対話開催で一致
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170418/k10010952901000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_005
4月18日 17時52分




関連

ペンス米副大統領、対北朝鮮「力で平和達成」 安倍首相、トランプ政権の姿勢評価
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449124661.html

世耕経産相とロス米商務長官が会談、アジアの通商状況で意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449121938.html
タグ:麻生太郎
posted by hazuki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンス米副大統領、対北朝鮮「力で平和達成」 安倍首相、トランプ政権の姿勢評価

ペンス米副大統領、対北朝鮮「力で平和達成」 安倍首相、トランプ政権の姿勢評価

米副大統領、対北朝鮮「力で平和達成」=安倍首相、トランプ政権の姿勢評価
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800647&g=pol

安倍晋三首相は18日午後、ペンス米副大統領と首相公邸で会談した。北朝鮮の核・ミサイル開発への対応について、ペンス氏は「米国は平和を追求しているが、平和は力によってのみ初めて達成される」と述べ、軍事力行使も排除せず厳しい態度で臨む考えを強調。首相も「北朝鮮が真剣に対話に応じるよう圧力をかけていくことが必要だ」と主張した。

ペンス氏は、この後に行われた日米経済対話後の記者会見で、「北朝鮮が核開発を放棄するまで圧力をかける。全てのオプションがあり得る」と述べた。
 会談で首相は、トランプ政権の強い姿勢について「評価する」と表明。さらに、「日米同盟の強固な絆は揺るがないと明確に示していきたい」と強調した。
 これに対し、ペンス氏は「日本が絶えず挑発の中に置かれている厳しい状況を理解している。米国は100%日本と共にある」と述べ、緊密に連携していく考えを示した。「日米同盟は北東アジアにおける礎石だ」とも語った。
 首相とペンス氏は、北朝鮮問題で中国にさらに大きな役割を果たすよう求めていくことで一致。ペンス氏は「中国は問題をきちんと理解し、同じ行動を取ってもらえる」との認識を表明した。この発言について、萩生田光一官房副長官は会談後、「ペンス氏は米中が意識を共有しているとの感触と、中国がさらなる圧力につながる対応を取るとの期待を示した」と記者団に説明した。
 一方、北朝鮮が近く6回目の核実験に踏み切るとの観測も出ているが、米側からその場合に軍事行動に踏み切るかどうか説明はなかった。
 1月のトランプ政権発足後、ペンス氏の来日は初めて。会談は首相主催昼食会の形式で約60分間行われ、岸田文雄外相や世耕弘成経済産業相、米側からはロス商務長官らが同席。その後、岸田氏を含む少人数で約35分間議論した。(2017/04/18-18:07)


ペンス副大統領と安倍首相.PNG




安倍首相は18日午後、ペンス米副大統領と首相公邸で会談した。
北朝鮮の核・ミサイル開発への対応について、ペンス氏は「米国は平和を追求しているが、平和は力によってのみ初めて達成される」と述べ、軍事力行使も排除せず厳しい態度で臨む考えを強調。
安倍首相とペンス氏は、北朝鮮問題で中国にさらに大きな役割を果たすよう求めていくことで一致。
NHKでは、「安倍総理大臣は、アメリカのペンス副大統領と会談し、北朝鮮が新たな段階の脅威になっているとの認識で一致したうえで、北朝鮮に影響力のある中国の役割が重要だとして、働きかけを強めていくことを確認しました。」と報道されています。
「私は日本が絶えず受けている挑発で、非常に厳しい状況にあることを理解している。アメリカは100%、日本とともにある」とも報道されています。
安倍首相は、北朝鮮への「圧力必要」とのことですね。



首相と米副大統領の会談 北朝鮮問題で中国への働きかけ強める
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170418/k10010952721000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007
4月18日 15時59分


首相、北朝鮮への「圧力必要」 米副大統領と会談
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H3P_Y7A410C1000000/
2017/4/18 14:03




関連

世耕経産相とロス米商務長官が会談、アジアの通商状況で意見交換
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449121938.html
タグ:安倍晋三
posted by hazuki at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世耕経産相とロス米商務長官が会談、アジアの通商状況で意見交換

世耕経産相とロス米商務長官が会談、アジアの通商状況で意見交換
http://jp.reuters.com/article/seko-ross-meeting-idJPKBN17K08F
http://jp.reuters.com/article/seko-ross-meeting-idJPKBN17K08F?pageNumber=2
2017年 04月 18日 12:43 JST

[東京 18日 ロイター] - 世耕弘成経済産業相は18日、ロス米商務長官との会談後、記者団に対し、「かなり具体的、率直、実務的な話ができた」と評価した。

会談は1時間の予定だったが、45分程度延長して行われた。会談では、まずアジアにおける通商の状況について意見交換し、その後サイバー人材育成など、経産省と米商務省の協力分野について議論したという。

「質の高いインフラプロジェクト」についても意見交換を行った。

2国間の自由貿易協定(FTA)について協議したかについて、同相は「経済対話で話されることであり、対話の結果を待ちたい」と答えるにとどめた。

ロス長官は会談後記者団に対し、6月に世耕経産相とワシントンで会うことで合意したことを明らかにした。

貿易赤字問題については「対話継続に向けたフレームワーク作りでかなりの前進があった」と述べた。

FTAにつながるのかという点については「今後どのような形をとるかを話すのはやや時期尚早だが、日本との貿易関係を強化したいと考えているし、協定の形でそうなることを望んでいる」と答えた。

会談自体については「エクセレント」だったと評価した。

*内容を追加しました。

(宮崎亜巳)


ロス米商務長官と世耕弘成.PNG



世耕弘成経済産業相は18日、ロス米商務長官と会談した。
会談では、まずアジアにおける通商の状況について意見交換し、その後サイバー人材育成など、経産省と米商務省の協力分野について議論したという。
日米FTAについて協議したかについて、同相は「経済対話で話されることであり、対話の結果を待ちたい」と答えるに留めた。
日米FTAに繋がるのかという点については「今後どのような形をとるかを話すのはやや時期尚早だが、日本との貿易関係を強化したいと考えているし、協定の形でそうなることを望んでいる」と答えた。
ロス米商務長官は、日本との2国間通商協定交渉(日米FTA)に意欲を示した模様です。
日経新聞の報道によると、「今回、ロス氏はFTAへの直接的な言及はひとまず避けたものの、米国が抱える対日貿易赤字の削減へ日米で合意をめざす考えを示した。」とのことです。
時事通信の報道によると、「米国は日本との貿易関係を拡大し、協定の形を取ることを切望している」とのことです。
日米FTAがどうなるのか知りたいですね。
次回の閣僚会談を6月にワシントンで開くようです。



米商務長官、2国間協定に意欲 日米協議
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H3C_Y7A410C1MM0000/
2017/4/18 13:13


米、2国間通商協定に意欲=世耕経産相とロス長官が会談
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800531&g=eco
(2017/04/18-12:55)
タグ:世耕弘成
posted by hazuki at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険関連法改正案が衆議院通過 3割負担、今国会で成立へ

介護保険関連法改正案が衆議院通過 3割負担、今国会で成立へ

介護保険関連法改正案が衆院通過 3割負担、今国会で成立へ
https://this.kiji.is/226933076812629495?c=39546741839462401
2017/4/18 14:10

所得の高い高齢者が介護サービスを利用する際の自己負担割合を3割に引き上げる介護保険関連法改正案は18日の衆院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決された。参院での審議を経て、5月中に成立する見通し。

 現役世代が支払う保険料の計算方法も変える。介護費用が増大する中、高齢者、現役ともに支払い能力のある人には負担してもらうのが狙い。

 自己負担は原則1割だが、2015年8月から一定以上の所得がある人は2割とした。3割負担は来年8月から導入。基準は、単身者で年収340万円以上、夫婦世帯では463万円以上を想定。利用者の3%に当たる約12万人が対象になる。




所得の高い高齢者が介護サービスを利用する際の自己負担割合を3割に引き上げる介護保険関連法改正案は18日の衆議院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決された。
高所得者の定義は、年金を多く貰っている人も含まれる。
所得があり裕福な生活をしている高齢者に限らない。
介護サービス利用の自己負担を3割に引き上げるとは鬼です。
3割負担は来年8月から導入。
利用者の3%に当たる約12万人が対象になる。
参議院に送られれば、可決・成立は早いでしょう。




参考

介護保険関連法改正案、衆議院厚生労働委員会で可決 与党が強行採決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963961.html

介護保険改正法案を閣議決定 高所得者に3割負担導入へ 単身の場合で年収340万円以上、夫婦世帯では463万円以上の人を想定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446791955.html

与党が介護関連法案を了承 来年8月から3割負担導入 利用者全体の3%に当たる約12万人が該当
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446370965.html

介護利用3割負担を提案 2018年夏から、年収383万円以上の高齢者
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/444349564.html
posted by hazuki at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も

[種子法廃止] 種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も


重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。



[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html



種子法廃止法が成立 民間に多品種開発促す 安定供給に懸念も
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/agriculture/1-0389766.html
04/15 07:00、04/15 08:29 更新

稲や麦、大豆の種子の生産、普及を都道府県に義務付ける主要農作物種子法の廃止法案は14日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。種子生産に民間企業の参入を促す狙いだが、民進、共産両党などは「種子の安定供給に支障が出る可能性がある」などとして反対した。来年4月1日に施行される。

 種子法は戦後の食糧増産を目的に、1952年に制定された。

 都道府県が優良品種の審査、指定、栽培などを行ってきたが、優良品種は都道府県が自ら開発した品種に偏っており、政府はこの状況を問題視。種子生産の民間参入を妨げ、多様な品種開発を阻害しているとして廃止を提案した。

 採決に先立つ討論で、民進党の徳永エリ氏(道選挙区)は種子法廃止により外資参入が進む可能性を指摘し、「種子価格の高騰を招きかねない」と批判。共産党の紙智子氏(比例代表)も「都道府県にとって育種予算確保の根拠がなくなる」と反対した。

 法案は賛成158票、反対73票で可決、成立した。

 主要農作物種子法は昨年の規制改革推進会議の議論から半年余りで廃止が決まり、道内の農業関係者からは疑問の声が上がった。法が廃止される来年4月以降、どこが種子の生産や普及を担うことになるのか、関係者は注視している。

 「道は長年、責任を持って種子を生産、普及させてきた。この体制を維持するためには、条例などの検討が必要ではないか」。道立総合研究機構上川農業試験場の元場長で、品種開発などに携わってきた紙谷元一さん(63)=空知管内長沼町=はそう指摘した。

 道は、種の生産をホクレンや農協に委託し、農場の審査や奨励品種を決める試験などを行っている。道総研中央農試では、種を低温貯蔵するなど品質の管理に努めている。紙谷さんは「種の生産や普及には時間も費用もかかるため、民間では担いきれない。行政が果たす役割は大きい」と話し、同法が民間参入を妨げてきたとする規制改革推進会議の見解に疑問を呈した。


種子法廃止法案・参議院で可決.PNG
種子法廃止反対.PNG



北海道新聞の報道です。
主要農作物種子法の廃止法案(種子法廃止法案)は4月14日、参議院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。
2018年4月1日に施行される。
法案は賛成158票、反対73票で可決、成立した。
主要農作物種子法(種子法)が民間参入を妨げて来たとする昨年の規制改革推進会議の見解に疑問を呈した(道立総合研究機構上川農業試験場の元場長で、品種開発などに携わって来た紙谷元一さん(63))。
僅か5時間の質疑で審議を打ち切ったことは「国会議論を軽視するものだ」と共産党の紙智子議員が批判しました。
民進党の徳永エリ議員と共産党の紙智子議員が種子法廃止の反対討論をしたにも関わらず、種子法廃止法案は自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により参議院本会議で可決されました。
参議院に送られてからの流れですが、4月6日に山本農林水産相より、種子法廃止の説明がなされ、4月11日に参議院農林水産委員会で審議入りして、碌に議論もされず、4月13日に参議院農林水産委員会で可決されました。
そして、昨日、4月14日、参議院本会議で可決されました。
私達、国民は、種子法廃止法案(モンサント法)に反対する時間も与えられず、種子法廃止は決定となりました。
詳しくは、私が書いた過去記事を確認方お願いします。
三橋貴明さんが「モンサント法に反対せよ」と訴えていましたが、自民党、公明党、日本維新の会(多分、日本のこころも入っていたと思います。)などの賛成多数により、種子法廃止法案は参議院本会議で可決されました。
日本の食糧安全保障は崩壊です。
米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」を可決・成立させるつもりです。
残念ながら、「種子法廃止」は可決・成立しました。
ちなみに、「水道法改正」と「種子法廃止」は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法にする為、法整備をしているのです。
日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っている。
TPP協定は眠っているが、成立したことに間違いない。
安倍首相は何処まで日本を壊せば気が済むのでしょうか。
何としても、水道民営化を意図する「水道法改正案」を廃案に追い込まなければなりません。
水道法改正案は4月11日、衆議院総務委員会で議論がされたようです。
水道法改正案が衆議院を通過するのは時間の問題です。
反対運動を続けましょう。



水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

開会日: 2017年4月14日
収録時間: 約1時間4分
会議名: 本会議

案件

日本国の自衛隊とアメリカ合衆国軍隊との間における後方支援、物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(第192回国会閣条第2号)
日本国の自衛隊とオーストラリア国防軍との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とオーストラリア政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
日本国の自衛隊とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の軍隊との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第32号)
国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第13号)
農業機械化促進法を廃止する等の法律案(閣法第22号)
主要農作物種子法を廃止する法律案(閣法第23号)
地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律案(閣法第51号)

紙智子(日本共産党)



【参議院 国会中継】〜平成29年4月14日 本会議〜




参考

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449037027.html

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449022708.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[水道民営化] 水道広域化を批判 共産党の田村貴昭氏 「自治体事情考慮を」

[水道民営化] 水道広域化を批判 共産党の田村貴昭氏 「自治体事情考慮を」

水道広域化を批判 田村氏 「自治体事情考慮を」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-14/2017041404_05_1.html
2017年4月14日(金)

日本共産党の田村貴昭議員は11日の衆院総務委員会で、国による水道事業の広域化・民営化の押し付けを批判し、「水道は人の命を支えるもの。自治体の事情を十分考慮すべきだ」と訴えました。

 田村氏は、水道事業の広域化や民営化を各自治体に早急に検討するよう求めた総務省研究会の報告書を示し、「政府が強制するものではない」と強調。高市早苗総務相は「特定の経営形態を強制することは考えていない」と答えました。

 田村氏は、離島を抱える香川県坂出市は、広域化ではコストは低減できないとして不参加を表明したにもかかわらず、県協議会が、広域化しなければ受水単価を大幅値上げすると試算を示し、同市が広域化協議に入らざるをえなくなった事例を紹介。水道法が定める「市町村経営の原則」に反する事態が起きていることを告発しました。

 厚労省の北島智子生活衛生・食品安全部長は「広域化と災害時を想定した複数水源の確保とのバランスを確保していく」と答えるにとどまりました。

 田村氏は、水道法改正案が現行法の「水道事業の保護育成」などを削除し、「基盤強化」の名で広域化を自治体に迫っている問題も指摘。「人員削減など『保護育成』を怠ってきたのは国の責任だ。本末転倒だ」と批判しました。


田村貴昭・共産党1.PNG



共産党の田村貴昭議員は4月11日の衆議院総務委員会で、国による水道事業の広域化・民営化の押し付けを批判し、「水道は人の命を支えるもの。自治体の事情を十分考慮すべきだ」と訴えた。
田村氏は、水道事業の広域化や民営化を各自治体に早急に検討するよう求めた総務省研究会の報告書を示し、「政府が強制するものではない」と強調。
田村氏は、水道法改正案が現行法の「水道事業の保護育成」などを削除し、「基盤強化」の名で広域化を自治体に迫っている問題も指摘。
4月11日の衆議院総務委員会で、水道法改正案の議論がされたようです。
厚生労働省は3月7日に水道法改正案を今国会(第193回国会)に提出、同日、政府は水道法改正案を閣議決定しました。
水道法改正案が衆議院を通過するのは時間の問題です。
残念ながら、国民の生活に大切な「種子法廃止」法案は2月10日に閣議決定、4月14日に参議院本会議で可決・成立しました。
「種子法廃止」も「水道法改正」もTPP協定第15章の政府調達に沿った国内法を整備する為なのです。
TPPは眠っているが、成立したことに違いない。
水道民営化を意図する水道法改正案は廃案に追い込まなければならない。
大阪維新の会、大阪市長の吉村洋文氏はコンセッション方式を普及させる水道法改正案の今国会での成立を望んでいる。
水道法が改正されたら、宮城県や奈良市、浜松市も水道事業の民営化を検討しているという。
今回の水道法改正案はPFIの一類型です。
コンセッション方式の普及ですが、これは水道民営化です。
平成13年に水道法が改正されて、平成13年にPFI法が成立・施行されています。
平成13年に、既に民間企業が参入出来るように規制緩和がされています。
今回の水道法改正は、もし災害で水道管が破損しても、復旧費用の大部分は自治体持ちということになり、民間企業の水道事業への参入障壁がグッと下がった。
水という人間が生きていくには欠かせないインフラを外資に売り渡してしまうかも知れない。
実際に、松山市にはフランス企業のヴェオリアが水道事業に参入している。
水道が民営化されたボリビアやフィリピンでは、水道料金が民営化前の4〜5倍に跳ね上がった。
コンセッション方式の普及で、決定権は地方自治体にあるとしても、民間企業は利益を得る為、水道料金が上がることが懸念される。
貧乏人は水も飲めなくなるかも知れない。
世界中では水道民営化の失敗により、再国営化や再公営化がされている水道事業です。
すべてのコンセッション方式の廃止をするべきなのです。
首相官邸と自民党と公明党と野党に今国会での水道法改正案の可決・成立を断念させる運動を続けなければならない。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=47015&media_type=

開会日 : 2017年4月11日 (火)
会議名 : 総務委員会 (3時間10分)

案件:
行政の基本的制度及び運営並びに恩給に関する件
地方自治及び地方税財政に関する件
情報通信及び電波に関する件
郵政事業に関する件
消防に関する件
地方公共団体情報システム機構法等の一部を改正する法律案(193国会閣45)

 田村貴昭(日本共産党)



水道民営化を意図する水道法改正案を今国会で廃案にするように首相官邸と自民党と公明党と野党に要請しましょう。
↓↓↓↓

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html



水道民営化中止求める 推進政府批判


自由党定例記者会見【水道民営化について】


【水道民営化】麻生太郎副総理兼財務相が言及 2013年4月19日 G20財務相・中央銀行総裁会議 CSIS戦略国際問題研究所



velvetmorning blogより転載
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/

麻生太郎財務大臣兼副総理が、CSISの講演で、『日本の水道を全て民営化する』と発言 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/04/24/6789154




参考

[水道民営化] 吉村大阪市長、水道局の民営化に法改正受け再挑戦へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448844284.html

[水道民営化] 大阪市水道民営化が廃案 水道法改正で練り直しへ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448667071.html

[水道民営化] 水道民営化中止求める 2月21日、衆院総務委員会 共産党の田村貴昭議員が推進政府批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448075252.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 首相官邸と自民党と公明党と野党に水道法改正法案を廃案にするように要請しよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448030993.html

[水道民営化] [大阪維新の会] 市民に悪影響なのに 大阪市水道民営化のなぜ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447853419.html

[水道民営化] 3月7日、水道法改正案を閣議決定! 厚生労働省は水道法改正案を第193回国会に提出済み! さらに民間が参入し易く法改正へ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447779618.html

3月7日、水道の広域化促進へ...水道法法改正案を閣議決定! 厚生労働省は「水道民営化ではない」と回答!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447712828.html

水道事業のコンセッション方式に関して、株式会社ジャパンウォーターのサイトが参考になります!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447312455.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸しました
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447248123.html

[水道民営化] 水道法改正案を提出する件について、厚生労働省に電凸した方がいらっしゃいます
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447198714.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条に「外国企業の参加を永久に禁止し、区市町村運営を永久に守る」という文言を加えるようにお願いしよう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447148654.html

[水道民営化] [大阪府堺市長選] 因縁の「水道事業統合」が争点化? 大阪維新の会の候補を選べば水道民営化へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446664032.html

[水道民営化] [厚生労働省] 水道法改正案を第193回通常国会に提出! 第十一条の改正案が危ない! 水道事業を外資に譲り渡せる内容である! 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446338446.html

[緊急拡散] 日米首脳会談 トランプ政権が麻生財務相の同行求めた狙い 水道民営化に応じる為か 安倍自民は水道法改正案を今国会に提出する見通し
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446307417.html

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445632814.html

[水道民営化] 水道への企業参入促す 災害時復旧の負担軽く 2017年にも法改正 料金改定も柔軟に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443121536.html

PFI法案の特例が新設され〜空港・上水道・下水道・道路事業の民営化が加速する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437692333.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

評論家の渡部昇一氏が逝去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数 享年86歳

評論家の渡部昇一氏が逝去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数 享年86歳

評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数
http://www.sankei.com/life/news/170418/lif1704180003-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/170418/lif1704180003-n2.html
2017.4.18 00:57

本紙正論メンバーで第1回正論大賞を受賞した英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去した。86歳だった。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻、迪子(みちこ)さん。後日、お別れの会を開く。ここ数日、体調を崩していた。

 昭和5年、山形県鶴岡市生まれ。上智大大学院修士課程修了後、独ミュンスター大、英オックスフォード大に留学。帰国後、上智大講師、助教授をへて教授に。専門は英語学で、「英文法史」「英語学史」などの専門書を著した。

 48年ごろから評論活動を本格的に展開し、博学と鋭い洞察でさまざまな分野に健筆をふるった。51年に「腐敗の時代」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。同年に刊行された「知的生活の方法」は、読書を中心とした知的生活を築き上げるための具体的方法を論じ、100万部超のベストセラーとなった。

57年の高校日本史教科書の検定で、当時の文部省が「侵略」を「進出」に書き換えさせたとする新聞・テレビ各社の報道を誤報だといちはやく指摘し、ロッキード事件裁判では田中角栄元首相を擁護するなど論壇で華々しく活躍。一連の言論活動で「正確な事実関係を発掘してわが国マスコミの持つ付和雷同性に挑戦し、報道機関を含む言論活動に一大変化をもたらす契機となった」として60年、第1回正論大賞を受賞。東京裁判の影響を色濃く受けた近現代史観の見直しを主張するなど、保守論壇の重鎮だった。平成27年、瑞宝中綬章。主な著書に「日本史から見た日本人」「ドイツ参謀本部」など。フランシス・フクヤマ「歴史の終わり」など翻訳も多数手がけた。


渡部昇一1.PNG



産経新聞正論メンバーで第1回正論大賞を受賞した英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去した。
ロッキード事件裁判では田中角栄元首相を擁護するなど論壇で華々しく活躍。
「朝日新聞を糺す(ただす)国民会議」に名前があった渡部昇一氏。
「朝日新聞」を集団提訴した時に活躍されていた。
保守派でした。
ご冥福をお祈り致します。




参考

「朝日新聞を糺す(ただす)国民会議」結成への呼びかけ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407750648.html




関連

「朝日新聞」を8700人が集団提訴 慰安婦問題「虚偽報道で人格傷つけられた」…1人「1万円」の慰謝料と謝罪広告求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413012406.html
タグ:渡部昇一
posted by hazuki at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする