2017年04月15日

日本政府、教育勅語の使用可能に続き、ヒトラーの著書「わが闘争」を学校教材として使用することを閣議決定!

日本政府、教育勅語の使用可能に続き、ヒトラーの著書「わが闘争」を学校教材として使用することを閣議決定! 

「わが闘争」の教材使用可能=政府答弁書
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041401032&g=pol

政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。民進党の宮崎岳志氏の質問主意書に答えた。

教育勅語活用、否定せず=道徳教育で−松野文科相

 答弁書では、「同書の一部を引用した教材を使用して、執筆当時の歴史的な背景を考察させる授業が行われている例がある」と紹介。その上で、「仮に人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、不適切であることは明らかだ」と指摘し、そうした指導があった場合は「所轄庁や設置者において厳正に対処すべきものだ」としている。(2017/04/14-20:03)


ヒトラー1.PNG
ヒトラーの著書「わが闘争」.PNG



4月14日、安倍政権が、第二次世界大戦中のドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーが著した「わが闘争」に関して、教育現場で使用することを「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする閣議決定をした。
これは驚き、びっくり閣議決定です。
世界的に問題になるのではないでしょうか。
歴史を知らない馬鹿政府は必要ない。
「何故、「教材」という言葉を使うのか理解不能」「教育勅語擁護のための方便とはいえ、思慮がなさ過ぎる」など、ネットの声。
学校で「教育勅語」とヒトラーの「わが闘争」を教えて、中学校で軍事教練を始めるのでしょう。
実現すれば、10年も経たない内に「天皇陛下のために命を捧げよう!」と、高校生などが言い始めますね。
国連は、敵国条項を削除しない方が良いと思いますよ。
安倍晋三をヒトラー扱いするなと騒いでいた安倍信者は、どう思っているのでしょうね。
狂っているとしか言いようがないですよ。



我が闘争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%91%E3%81%8C%E9%97%98%E4%BA%89

『我が闘争』(わがとうそう、ドイツ語: Mein Kampf)とは、ナチ党指導者のアドルフ・ヒトラーの著作である。第1巻は1925年、第2巻は1926年に出版された[1]。ヒトラーの自伝的要素と政治的世界観 (ドイツ語: Weltanschauung) の表明などから構成されている。



教育勅語に続き、「我が闘争」までもが教材使用可、安倍政権の暴走が止まらない
http://blogos.com/article/218323/
記事 猪野 亨 2017年04月15日 03:08
タグ:自民党
posted by hazuki at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月14日、改定日米ACSA(物品役務相互提供協定)を参議院本会議で可決・承認

4月14日、改定日米ACSA(物品役務相互提供協定)を参議院本会議で可決・承認

改定日米ACSAを承認 「戦闘地域」で弾薬供給
2017/4/14 11:15 4/14 11:20updated

改定日米物品役務相互提供協定(ACSA)は14日午前、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、承認された。同盟関係を強化するため、自衛隊による米軍の後方支援を拡大する内容。安全保障関連法に基づき、従来の「戦闘地域」で弾薬提供が可能になる。オーストラリアとの改定ACSA、英国とのACSA新規締結も承認した。

 改定日米ACSAでは、戦闘が起きる恐れがある場所を含む「戦闘地域」であっても、現に戦闘行為が行われている「戦場」以外であれば、自衛隊が米軍に物品を提供できるようになる。物品には弾薬も含む。「非戦闘地域」に限って認める従来の協定を大幅に見直した形だ。


改定日米ACSAを承認.PNG



改定日米物品役務相互提供協定(ACSA)は14日、参議院本会議で与党などの賛成多数により可決、承認された。
同盟関係を強化する為、自衛隊による米軍の後方支援を拡大する内容。
安全保障関連法に基づき、従来の「戦闘地域」で弾薬提供が可能になる。
オーストラリアとの改定ACSA、英国とのACSA新規締結も承認した。
日米両政府は、2016年9月26日に新たな物品役務相互提供協定(ACSA=アクサ)に署名しています。
「新ACSAでは、武力攻撃には至らない緊張状態である「平時」から、集団的自衛権の行使時(存立危機事態)、国連平和維持活動(PKO)やイラク戦争のような多国籍軍参加(=国際平和共同対処事態)といった海外活動に至るまで、自衛隊があらゆる場面で米軍に兵たん支援できるよう明記。現場の部隊間で柔軟に燃料などの便宜供与が可能となり、軍事一体化がさらに加速します。」と共産党の機関紙、赤旗の報道にあります。
集団的自衛権の行使は、米国が求めていたことが良く分かる。
ちなみに、ACSAとは、二国間の国際協力活動において、物品や役務(サービス)を相互に融通し、提供し合えるようにする枠組み。 二国間協定として締結される。 ACSAは、主に共同軍事訓練やPKO(国連平和維持活動)、あるいは大規模災害の発生などの非常時などに適用され、武器などの軍備を除いた物品・サービスの相互融通を行う。



日米、新ACSA(物品役務相互提供協定)に署名/戦争法で兵たん全面拡大
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-27/2016092701_02_1.html
2016年9月27日(火)




参考

日米ACSA(物品役務相互提供協定)が衆院通過 弾薬提供可能に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448346966.html




関連

安倍首相、オーストラリアのターンブル首相と会談 ACSA(物品役務相互提供協定)改定へ、自由貿易推進も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445922570.html
posted by hazuki at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議で種子法廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 共産党の紙智子議員が反対


重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。



[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html



種子法の廃止法案が可決 「国会議論を軽視」 参院本会議 紙議員が反対
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-15/2017041502_03_1.html
2017年4月15日(土)

主要農作物種子法の廃止法案が14日、参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決しました。日本共産党の紙智子議員が反対討論をしました。

 紙氏は、食糧増産をはかる目的で1952年に種子法が制定されて以来、同法は稲・麦・大豆の品種開発と安定供給に役立ってきたと強調。「民間企業が参入しにくい」との政府の廃止理由についても、10年前は「民間参入の阻害要因になっていない」と説明していたことを指摘し、「合理的理由もないまま説明をくつがえした」と批判しました。

 参考人質疑でも「慎重審議」や「十分な資料を得たうえでの国民的議論」を求める声が上がるなか、わずか5時間の質疑で審議を打ち切ったことは「国会議論を軽視するものだ」と批判しました。

 紙氏は、種子法廃止によって高い安全性と公共性を持つ種子の生産・普及体制が崩壊する危険を指摘。「多国籍企業がもうけの場として進出してくる可能性がある」と訴えました。


種子法廃止法案・参議院で可決.PNG
紙智子・種子法.PNG
種子法廃止反対.PNG



主要農作物種子法の廃止法案(種子法廃止法案)が4月14日、参議院本会議で自民党、公明党などの賛成多数で可決した。
共産党の紙智子議員が反対討論をした。
僅か5時間の質疑で審議を打ち切ったことは「国会議論を軽視するものだ」と批判した。
種子法廃止法案の採決で、投票総数231, 賛成158, 反対73という結果でした。
民進党の徳永エリ議員と共産党の紙智子議員が種子法廃止の反対討論をしたにも関わらず、種子法廃止法案は自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により参議院本会議で可決されました。
参議院に送られてからの流れですが、4月6日に山本農林水産相より、種子法廃止の説明がなされ、4月11日に参議院農林水産委員会で審議入りして、碌に議論もされず、4月13日に参議院農林水産委員会で可決されました。
そして、昨日、4月14日、参議院本会議で可決されました。
私達、国民は、種子法廃止法案(モンサント法)に反対する時間も与えられず、種子法廃止は決定となりました。
詳しくは、私が書いた過去記事を確認方お願いします。
三橋貴明さんが「モンサント法に反対せよ」と訴えていましたが、自民党、公明党、日本維新の会(多分、日本のこころも入っていたと思います。)などの賛成多数により、種子法廃止法案は参議院本会議で可決されました。
日本の食糧安全保障は崩壊です。
米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」を可決・成立させるつもりです。
残念ながら、「種子法廃止」は可決・成立しました。
ちなみに、「水道法改正」と「種子法廃止」は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法にする為、法整備をしているのです。
日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っている。
TPP協定は眠っているが、成立したことに間違いない。
安倍首相は何処まで日本を壊せば気が済むのでしょうか。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

開会日: 2017年4月14日
収録時間: 約1時間4分
会議名: 本会議

案件

日本国の自衛隊とアメリカ合衆国軍隊との間における後方支援、物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(第192回国会閣条第2号)
日本国の自衛隊とオーストラリア国防軍との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とオーストラリア政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第1号)
日本国の自衛隊とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の軍隊との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第32号)
国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第13号)
農業機械化促進法を廃止する等の法律案(閣法第22号)
主要農作物種子法を廃止する法律案(閣法第23号)
地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律案(閣法第51号)

紙智子(日本共産党)



【参議院 国会中継】〜平成29年4月14日 本会議〜




参考

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449022708.html

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会

[種子法廃止] 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 共産党の紙智子議員は反対討論 4月13日、参議院農林水産委員会


重要

種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)は、4月13日、参議院農林水産委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により、可決しました。
4月14日、参議院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により可決しました。
よって、種子法廃止法案は成立しました。



[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html



種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-14/2017041402_02_1.html
2017年4月14日(金)

参院農林水産委員会は13日、主要農作物種子法と農業機械化促進法の廃止法案を自民、公明などの賛成多数で可決しました。採決に先立つ参考人質疑で龍谷大学経済学部の西川芳昭教授は、「廃止すれば大きな禍根を残す」と反対を表明。日本共産党の紙智子議員が反対討論しました。

 西川氏は、「種子は公共物であり、特定企業の所有物ではない」とし、種子法廃止で種子の企業保有がすすめば共生社会が損なわれる可能性があると指摘。国や都道府県に種子の生産・普及を義務付けている種子法は、人権としてすべての農家に種子にアクセスする権利を保障する世界でも先進的な法律だと強調しました。

 圧倒的な資金や技術力を持つ多国籍企業の行動を抑えるため、国が一定の関与をしなければ本当の意味での自由な取引はできないとし、「企業の暴走を制御するのが国の役割だ」と訴えました。

 秋田県の佐藤博農林水産部長は、現場で種子の生産・流通を担ってきた経験から「良質な種子の安定供給は農業生産の根幹」だと訴え、「種子法廃止は唐突感が否めない」との懸念を示しました。県下の農業組合などから、「国や県は手を引くのか」「これからどうなるんだ」という不安の声が寄せられたことを紹介しました。

 紙氏は、十分な資料も出されず、参考人から慎重審議が求められたにもかかわらず、委員長職権で審議を打ち切ったことに抗議。そのうえで反対討論では、種子法によって守られてきた「高い安全性と公共性を持つ種子の生産・普及体制が崩壊する」と強調。外資系多国籍企業に種子が独占される恐れがあると批判しました。


紙智子・種子法反対.PNG
種子法廃止反対.PNG



参議院農林水産委員会は13日、主要農作物種子法(種子法廃止法案)と農業機械化促進法の廃止法案を自民、公明などの賛成多数で可決した。
参考人質疑で龍谷大学経済学部の西川芳昭教授は、「廃止すれば大きな禍根を残す」と反対を表明。
紙智子議員が反対討論した。
反対討論では、種子法によって守られて来た「高い安全性と公共性を持つ種子の生産・普及体制が崩壊する」と強調。
外資系多国籍企業に種子が独占される恐れがあると批判した。
民進党の徳永エリ議員と共産党の紙智子議員が種子法廃止の反対討論をしたにも関わらず、種子法廃止法案は自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数により参議院本会議で可決されました。
参議院に送られてからの流れですが、4月6日に山本農林水産相より、種子法廃止の説明がなされ、4月11日に参議院農林水産委員会で審議入りして、碌に議論もされず、4月13日に参議院農林水産委員会で可決されました。
そして、昨日、4月14日、参議院本会議で可決されました。
私達、国民は、種子法廃止法案(モンサント法)に反対する時間も与えられず、種子法廃止は決定となりました。
詳しくは、私が書いた過去記事を確認方お願いします。
三橋貴明さんが「モンサント法に反対せよ」と訴えていましたが、自民党、公明党、日本維新の会(多分、日本のこころも入っていたと思います。)などの賛成多数により、種子法廃止法案は参議院本会議で可決されました。
日本の食糧安全保障は崩壊です。
米国は日本の水と食料と農業を抑えようとしている。
水と食物のタネと農業を米国が抑えれば、日本は米国の言いなりです。
第193回国会では、米国への売国である「水道法改正案」を可決・成立させるつもりです。
残念ながら、「種子法廃止」は可決・成立しました。
ちなみに、「水道法改正」と「種子法廃止」は、TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法にする為、法整備をしているのです。
日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っている。
TPP協定は眠っているが、成立したことに間違いない。
安倍首相は何処まで日本を壊せば気が済むのでしょうか。



参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2017年4月13日 農林水産委員会 約4時間26分

案件

農業機械化促進法を廃止する等の法律案(閣法第22号)
主要農作物種子法を廃止する法律案(閣法第23号)
政府参考人の出席要求に関する件

紙智子(日本共産党)




参考

[種子法廃止] 4月14日、参議院本会議にて種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/449016705.html

[種子法廃止] 4月13日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448983320.html

[種子法廃止] すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ(三橋貴明)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448963193.html

[種子法廃止] 4月11日、参議院農林水産委員会で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)の審議が始まる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448938384.html

[種子法廃止] 4月10日、種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が集会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448935029.html

[種子法廃止] 4月6日、参議院農林水産委員会で、種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)について山本有二農林水産相が説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448780801.html

[種子法廃止] 第193回国会 参議院農林水産委員会名簿
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448761587.html

[種子法廃止] 4月10日、日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換 日本の種子を守る会が開催
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448583864.html

[種子法廃止] 種子法廃止を批判 供給など役割 共産党の斉藤和子氏がただす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448578699.html

[種子法廃止] 3月28日、衆議院本会議で種子法廃止法案(主要農作物種子法を廃止する法律案)が可決 参議院へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448500722.html

[種子法廃止] 3月23日、衆議院農林水産委員会で種子法廃止法案を可決!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448369517.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第2回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448278468.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えイネの第一種使用等に関する承認に先立っての意見の募集(平成28年度第1回) 3月29日締切 環境省が意見公募
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448276303.html

[緊急拡散] パブリックコメント: 遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について 3月22日締切 種子法廃止に合わせて農林水産省が意見募集
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447918369.html

[種子法廃止] 種子法廃止法案を批判 共産党の畠山和也氏、民間開発阻害されず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447905510.html

[種子法廃止] 3月8日の農林水産委員会で法案の主旨説明! 政府は3月13日以降に衆議院を通過させると噂されている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447876311.html

2月10日、種子法廃止閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447566682.html




関連

[山田正彦氏] 狙いは農業・農協潰し TPP協定に沿い法整備する日本政府 種子法廃止、水道法を改定して民間に委託する TPP協定第15章の「政府調達」に沿った国内法へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/448618153.html

外資に乗っ取られる日本のインフラ! 安倍政権が通しそうなヤバい法案とは…水道法改正と種子法廃止
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447819906.html
posted by hazuki at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする