2017年02月11日

[日米首脳会談] 朝日新聞テヘラン支局長「またおなかが痛くなっちゃうのでは」 安倍首相をツイッターで中傷

[日米首脳会談] 朝日新聞テヘラン支局長「またおなかが痛くなっちゃうのでは」 安倍首相をツイッターで中傷

【日米首脳会談】
朝日新聞テヘラン支局長「またおなかが痛くなっちゃうのでは」 安倍晋三首相をツイッターで中傷
http://www.sankei.com/politics/news/170211/plt1702110042-n1.html
2017.2.11 17:35

朝日新聞の神田大介テヘラン支局長が自らのツイッターに安倍晋三首相を中傷するような投稿を行い、インターネットで批判を受けて削除した。

 神田支局長は、日本時間11日未明に米ワシントンで行われた安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談を伝える映像を引用し、「安倍首相、大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは。」と書き込んだ。安倍首相が第1次政権で難病の潰瘍性大腸炎を患い、退陣したことが念頭にあったとみられる。

 この投稿に対し、ネット上で批判が相次ぐと、神田支局長は投稿を削除し、「このツイートは不適切だったので削除しました。安倍首相をはじめ、病気を揶揄(やゆ)するつもりはなかったんですが、そのように受け取られて当然のひどいツイートでした。お詫(わ)びし、撤回します。申し訳ありませんでした」と釈明した。

 その後も批判が続き、神田支局長は「自分の考えの至らなさ、まったくお恥ずかしい限りです。以後、このようなことがないよう注意いたします。重ねて安倍首相をはじめ、みなさまにお詫びします」「本当に、トランプ氏の登場による首相への重圧を心配してツイートしたんですが、そのように伝わらなくて当然だったと思います」「意図が伝わらないようなツイートをしてしまったこと、記者として恥ずかしく思います」と釈明に追われた。


安倍首相とトランプ大統領・握手.PNG



朝日新聞の神田大介テヘラン支局長が自らのツイッターに安倍首相を中傷するような投稿を行い、インターネットで批判を受けて削除した。
朝日新聞の社風が良く出ていますね。
安倍叩きは朝日の社是だから「安倍の葬式はうちで出す」という朝日新聞です。
朝日新聞の不買しかないわな。




参考

[日米首脳会談] 安倍首相「尖閣は日米安保の適用範囲であることを確認」「日米同盟の絆は揺るぎない」 共同記者会見で表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446901122.html
ラベル:朝日新聞
posted by hazuki at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンガリーのオルバン政権、全難民抑留へ…コンテナ施設に収容

ハンガリーのオルバン政権、全難民抑留へ…コンテナ施設に収容

ハンガリー、全難民抑留へ…コンテナ施設に収容
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170210-OYT1T50160.html?from=ytop_main4
2017年02月10日 22時25分

 【ジュネーブ=笹沢教一】ハンガリーのオルバン政権は9日、難民申請の審査が終わるまで、国境沿いの簡易収容施設にすべての難民を事実上、拘留する難民規制の強化策を発表した。

 移動の自由を制限し、新たな難民の流入を防ぐ狙いがある。人権団体からは人道上、問題があるとの批判が出ている。

 AFP通信などによると、収容施設はコンテナを連結させた構造で数百人規模の受け入れが可能。国境付近などの難民キャンプに滞在している586人も施設に移送する。外出や市街地などへの移動を認めず、事実上の拘留となる。

 難民流入の状況がさらに悪化した場合、南部のセルビア国境に設けた柵を、もう一列拡充する方針も明らかにした。


オルバン首相・ハンガリー.PNG



ハンガリーのオルバン政権は9日、難民申請の審査が終わるまで、国境沿いの簡易収容施設にすべての難民を事実上、拘留する難民規制の強化策を発表した。
移動の自由を制限し、新たな難民の流入を防ぐ狙いがある。
人権団体からは人道上、問題があるとの批判が出ている。
難民や移民に容赦ないハンガリーのオルバン首相です。
ラベル:ハンガリー
posted by hazuki at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾南部でM5.6の地震、4人負傷

台湾南部でM5.6の地震、4人負傷
http://www.afpbb.com/articles/-/3117457
2017年02月11日 14:01 発信地:台北/台湾

【2月11日 AFP】米地質調査所(USGS)によると、台湾南部で11日未明、マグニチュード(M)5.6の地震が起きた。

 震源は台南(Tainan)市の南19キロで、震源の深さは10キロ。消防当局によるとこの地震による死者は報告されていないが、台南市と高雄(Kaohsiung)市で計4人が負傷し、台南市東部で一時停電した。

 台南市では昨年2月、マグニチュード6.4の地震で集合住宅が倒壊し115人が死亡していた。(c)AFP




米地質調査所(USGS)によると、台湾南部で11日未明、マグニチュード(M)5.6の地震が起きた。
震源は台南市の南19キロで、震源の深さは10キロ。
台南市と高雄市で計4人が負傷し、台南市東部で一時停電した。
日本と同じで地震が多い台湾が心配です。
被害が甚大でないことをお祈り致します。
ラベル:台湾
posted by hazuki at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日米首脳会談] 安倍首相「尖閣は日米安保の適用範囲であることを確認」「日米同盟の絆は揺るぎない」 共同記者会見で表明

[日米首脳会談] 安倍首相「尖閣は日米安保の適用範囲であることを確認」「日米同盟の絆は揺るぎない」 共同記者会見で表明

【日米首脳会談】
安倍晋三首相「尖閣は日米安保の適用範囲であることを確認」「日米同盟の絆は揺るぎない」 共同記者会見で表明
http://www.sankei.com/politics/news/170211/plt1702110012-n1.html
2017.2.11 03:54

【産経新聞号外】日米首脳 初会談
http://www.sankei.com/module/edit/pdf/2017/02/20170210nichibeisyunoukaidan.pdf

【ワシントン=田北真樹子】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、米ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。安倍首相は会談後の共同記者会見で「アジア太平洋地域の平和と繁栄の礎は強固な日米同盟だ」と強調し、「日米同盟の絆は揺るぎないもので、さらなる強化を進めていく決意を確認した」述べた。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「(米国の日本防衛義務を定めた)日米安全保障条約5条の適用範囲であることを確認した」と明らかにした。また沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設については「普天間飛行場の全面返還を実現すべく、移設に向け日米で協力して取り組む」と述べた。


安倍首相とトランプ大統領.PNG



尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「(米国の日本防衛義務を定めた)日米安全保障条約5条の適用範囲であることを確認した」と明らかにした。
また沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設については「普天間飛行場の全面返還を実現すべく、移設に向け日米で協力して取り組む」と述べた。
第5条は何かと言うと、下記の通りです。

「第5条は、米国の対日防衛義務を定めており、安保条約の中核的な規定である。
 この条文は、日米両国が、「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃」に対し、「共通の危険に対処するよう行動する」としており、我が国の施政の下にある領域内にある米軍に対する攻撃を含め、我が国の施政の下にある領域に対する武力攻撃が発生した場合には、両国が共同して日本防衛に当たる旨規定している。
 第5条後段の国連安全保障理事会との関係を定めた規定は、国連憲章上、加盟国による自衛権の行使は、同理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの暫定的な性格のものであり、自衛権の行使に当たって加盟国がとった措置は、直ちに同理事会に報告しなければならないこと(憲章第51条)を念頭に置いたものである。 」(日米安全保障条約(主要規定の解説))(外務省HP)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/jyoyaku_k.html
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JASRACの徴収方針に反発 「音楽教室を守る会」が提訴を検討

JASRACの徴収方針に反発 「音楽教室を守る会」が提訴を検討

「演奏権」解釈めぐり対立 JASRAC問題 音楽教室が提訴検討
http://www.sankei.com/life/news/170210/lif1702100062-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/170210/lif1702100062-n2.html
http://www.sankei.com/life/news/170210/lif1702100062-n3.html
2017.2.10 20:26

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽教室での演奏について著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、ヤマハ音楽振興会や河合楽器製作所など方針に反対する音楽教育事業者によって結成された「音楽教育を守る会」が、考え方に歩み寄りがなければ、民事訴訟などに踏み切る方針を固めたことが10日、関係者への取材で分かった。教室内の練習や指導が「公衆に聞かせる演奏」に当たるのか。法解釈をめぐり対立が深まっている。

 今回問題となっているのは、著作権法が規定する「演奏権」の解釈だ。同法は公衆に聞かせる目的で楽曲を演奏したり、歌ったりする「演奏権」を作曲家らが専有すると規定。JASRACはこれを根拠に、BGMとして音楽を使うフィットネスクラブ、歌ったり演奏したりする場であるコンサートやカラオケ、音楽講座のあるカルチャーセンターなどから著作権料を徴収してきた。

 今回、JASRACは音楽教室に対しても、指導者や生徒の演奏は「公衆の前での演奏」と解釈し「著作権管理の公平性を考えれば音楽教室からの徴収を遅らせるわけにはいかない」と、来年1月から徴収を始める方針を明らかにした。

 これに対し、約3300カ所(生徒数約39万人)で教室を運営するヤマハ音楽振興会や河合楽器製作所などは3日、JASRACの方針に反対する「音楽教育を守る会」を結成した。

同会事務局は「著作権法では演奏権について『公衆に聞かせる目的で』と限定している。教室内での練習や指導は当てはまらない」と説明。「テキストやレッスン用CDの作成、生徒の演奏会については著作権使用料を支払ってきた」とした上で「演奏権の解釈をめぐって歩み寄れなければ、『債務不存在』を確認する民事訴訟や、文化庁長官によるJASRACへの行政指導を求めたい」と話す。

 著作権料の分配を受ける作曲・作詞家側からも疑問の声が上がっている。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」の作詞を手がけた及川眠子(ねこ)さんは、ツイッターで「音楽教室で『練習のために』弾いたり歌ったりするものから、使用料をもらいたいと思ったことなどない」と発信。歌手の宇多田ヒカルさんもツイッターで「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで」とつぶやいた。

 著作権に詳しい立教大の砂川浩慶教授(メディア論)の話「音楽教室で日常的に行われているレッスンは練習であり、公衆に聞かせることが目的とは言い切れない。生徒の多くは子供で、JASRACにとっては将来、音楽を使う“ユーザー”。受講料に大きな影響を与えるほどの著作権使用料がレッスン料に上乗せされれば、子供たちを音楽から遠ざける懸念さえある。音楽文化の振興という共通の立ち位置から、知恵を絞って協議すべきだ」

昭和14年に設立されたJASRACは、作詞者や作曲者らの委託を受け、音楽の著作権を管理する一般社団法人で、放送局やコンサートの主催者などから使用料を徴収し、権利委託者に分配している。管理する曲数は国内外で350万曲と国内では圧倒的なシェアを誇り、平成27年度の年間徴収額は約1117億円に上るが、使用料徴収をめぐって批判を受けるケースも相次いでいる。

 放送局から放送事業収入に応じた一定額を徴収することで、JASRAC管理の曲を使い放題にした徴収方式をめぐり、公正取引委員会は21年、JASRAC管理以外の曲使用が敬遠されるなど同業者の新規参入を阻んだとして、独占禁止法違反で使用実績に応じた徴収方式に改めるよう排除措置命令(昨年9月に確定)を出した。

 また、レコード会社の宣伝用CDも使用料の徴収対象としていたことなどに業界の一部から不満が漏れ、27年には多くの人気アーティストを抱えるエイベックス・グループ・ホールディングス(東京)がJASRACへの管理委託の解消を決めたことが明らかになった。(篠原那美、福田涼太郎)


MUSIC.PNG



JASRACは、音楽教室での演奏について、著作権料を徴収する方針を決めている。
JASRACの徴収方針に対し、「音楽教育を守る会」が民事訴訟などに踏み切る方針を固めた。
著作権法が規定する「演奏権」の解釈が、今回の問題になっているという。
「音楽教育を守る会」を結成したヤマハ音楽振興会と河合楽器製作所を応援します。
音楽教室の指導者や生徒の演奏は「公衆の前での演奏」と解釈するJASRACが可笑しい。
受講料に大きな影響を与える程の著作権使用料がレッスン料に上乗せされれば、子供達を音楽から遠ざける懸念さえある。
音楽教育の分野では、著作権は関わるべきではない。
音楽教室に通う生徒は楽器の演奏技術を体系的に学ぶ為に授業料を支払っているのであって、「聴衆」として楽曲を楽しむ為に音楽教室に通っている訳ではない。




参考

宇多田ヒカル、JASRAC方針に反応「著作権料気にしないで無料で使って欲しい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446687784.html

JASRACが楽器教室からの著作権料徴収へ……ネットで反発続出 「見送ることはないが、利用者側と協議したい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446585261.html
posted by hazuki at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする