2017年01月23日

「南京大虐殺」改めて否定 河村たかし名古屋市長

「南京大虐殺」改めて否定 河村たかし名古屋市長

【歴史戦】
「南京大虐殺」改めて否定 河村名古屋市長
http://www.sankei.com/west/news/170123/wst1701230088-n1.html
2017.1.23 22:17

名古屋市の河村たかし市長は23日の記者会見で「いわゆる南京事件はなかったのではないか」と述べ、南京大虐殺に否定的な従来の見解を改めて示した。

 河村氏は「市民を30万人虐殺したことが本当だったら土下座しなければならない。しないのだったら反論しなければ。議論が必要だ」と述べた。

 アパグループが運営するホテルの客室に、南京大虐殺を否定する本が置かれていることに中国で反発が起きている問題に関連した質問に答えた。

 河村氏は平成24年にも「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったのではないか」と発言した。


河村たかし・南京事件否定.PNG



河村氏は「市民を30万人虐殺したことが本当だったら土下座しなければならない。しないのだったら反論しなければ。議論が必要だ」と述べた。
「いわゆる南京事件はなかったのではないか」という河村市長の発言は正論です。
南京大虐殺はなかった。
1938年に蒋介石が日本が南京大虐殺をしたとやたら宣伝したが、世界の国は無視した。
何故かと言えば、そんなことはなかったからです。
歴史捏造です。
中国人部隊による日本軍部隊・特務機関に対する襲撃と、それに続いて起こった日本人居留民に対する虐殺があった通州事件は実際に起こったことです。
日本は「通州事件」を世界記憶遺産に登録しましょう。



南京大虐殺は捏造だった/自虐史観払拭


中国が捏造している南京大虐殺は、通州事件を南京大虐殺と話をすり替えています。


通州事件
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6&oldid=43046227

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年(昭和12年)7月29日に発生した事件で、「冀東防共自治政府」保安隊(中国人部隊)による日本軍部隊・特務機関に対する襲撃と、それに続いて起こった日本人居留民に対する虐殺を指す。

通州は、北平(現:北京市)の東約12kmにあった通県(現:北京市通州区北部)の中心都市で、冀東防共自治政府が置かれていた。また、北京議定書に基づき、欧米列強同様に日本軍が邦人居留民保護の目的で駐留していた。
1937年7月7日に中国軍による駐留日本軍(この部隊は元々、通州に配置されようとした際に、梅津美治郎陸軍省事務次官が京津線から離れた通州への配置は北京議定書の趣旨では認められないと強く反対したために代わりに北京西北の豊台に配置された部隊であった[1])への銃撃に端を発した盧溝橋事件が勃発し、まもなく停戦協定が結ばれたが、7月25日に再び日本軍への銃撃事件が引き起こされ(廊坊事件)、続く7月26日にも日本軍への攻撃が繰り返された(広安門事件)。7月28日、日本軍は華北攻撃開始。7月29日、約3000人の冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が、華北各地の日本軍留守部隊約110名と婦女子を含む日本人居留民約420名を襲撃し、約230名が虐殺された。これにより通州特務機関は全滅。
冀東防共自治政府保安隊が通州事件を起こした原因としては以下の3つの説が存在している。
日本軍機が華北の各所を爆撃した際に、通州の保安隊兵舎を誤爆したことへの報復だったとする説[2](ただし、誤爆の事後処理は通州事件以前には終わっている事実も存在している[3]) 。
中国国民党軍が冀東防共自治政府保安隊を寝返らせるため、ラジオで「日本が大敗した」と虚偽の放送をおこない、冀東保安隊がそれに踊らされたという説[3][4]。
1986年に公表された冀東保安隊長・張慶餘の回想録や、中国で出版された『盧溝橋事変風雲篇』によると、張慶餘、張硯田の両隊長は、中国国民党第29軍とかねてから接触。「日本打倒」の事前密約をし、これが「通州決起」と関係していると記されていることから、中国国民党と張慶餘・張硯田両隊長の密約によるものとする説[5]。
また、当時大使館付陸軍武官補佐官であった今井武夫は、「もっともこれは単に通州だけに突発した事件ではなく、かねて冀察第二十九軍軍長宋哲元の命令に基づき、華北各地の保安隊がほとんど全部、29日午前2時を期して、一斉に蜂起し、日本側を攻撃したものである」と述べている[6]。
主犯の張慶餘は通州事件後は中国国民党軍に属し、最終的に中将まで昇格している[7]。
なお、中国側では「抗日蜂起」とも言われる。

影響等 [編集]

「通州虐殺事件」
日本人の平均的倫理観から見て尋常ならざる殺害の状況(強姦され陰部にほうきを刺された女性の遺体、テーブルの上に並べられていた喫茶店の女子店員の生首、斬首後死姦された女性の遺体、腹から腸を取り出された遺体、針金で鼻輪を通された子供など)が同盟通信を通じて日本全国に報道されると、日本の対支感情は著しく悪化した[8]。 これは、既に7月7日生じたあと現地で解決されていた日本軍と国民党の武力衝突につき、感情論に任せたなし崩し的戦線拡大を招いた。
近年ではこの事件に対する報道は日中両国で皆無であり、歴史の闇に消えようとしている。中国政府公式対外宣伝刊行物の『南京大虐殺写真集』の目次では『盧溝橋にて「北支事変」勃発、日本は華北を侵略する。日本軍は第二次上海事変を起こし、上海へ出兵する。』と述べており、この事件については一切触れられていない。
戦後、極東国際軍事裁判(東京裁判)において、弁護団は通州事件について、外務省の公式声明を証拠として提出しようとしたが、ウェッブ裁判長によって却下された。

生存者の証言・記述 [編集]

九死に一生を得た日本人女性の発言「日本人は殆ど殺されているでしょう。昔シベリアの尼港事件も丁度このような恐ろしさであったろうと思います。」[9]。
吉林生まれで5歳時に河北省の通県で一家の父母と妹が虐殺された者が、中国人看護婦により自分の子であると庇われ、九死に一生を得て日本に帰還した。父は医院を開業していたが、保安隊が襲う直前に遺書を書き中国人看護婦(何鳳岐:か ほうき)に預けたという。[10]外部リンク[11]には家族の実名が出ている。


支那 通州事件の記録写真と南京大虐殺の捏造.


通州事件の真実 01 Sさんの体験談 1-5




関連

アパホテル書籍で言及の「通州事件」 中国を批判する材料として使用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446140797.html

アパホテルに本の撤去打診 冬季アジア札幌組織委
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446130800.html

アパホテル「サイトにサイバー攻撃」 中国外務省「歴史歪曲する勢力」と批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446107433.html
ラベル:河村たかし
posted by hazuki at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 減税日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京大、iPS細胞提供を一部停止 遺伝子混入の恐れ

京大、iPS細胞提供を一部停止 遺伝子混入の恐れ

iPS細胞、提供を一部停止…遺伝子混入の恐れ
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170123-OYT1T50086.html?from=ytop_top
2017年01月23日 21時06分

京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)は23日、再生医療用に備蓄し、大学や製薬企業などに提供しているiPS細胞(人工多能性幹細胞)の一部について、提供を停止したと発表した。

 新生児のさい帯血からiPS細胞を作る過程で「通常とは異なる試薬を使った可能性がある」としている。提供を止めたiPS細胞は、治療には使われていないという。

 山中所長らが記者会見し、明らかにした。さい帯血からiPS細胞を作製するには6種類の遺伝子と2種類の試薬を使う。しかし昨年11月、2種類の試薬のうち1種類の名前が書かれたラベルが、遺伝子が入った別の試薬の容器に貼られていたのを研究員が発見。「この容器が使われ、不要な遺伝子が入った恐れがある」として調査を続けてきた。


山中伸弥・京都大iPS細胞研究所所長.PNG



京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)は23日、再生医療用に備蓄し、大学や製薬企業などに提供しているiPS細胞(人工多能性幹細胞)の一部について、提供を停止したと発表した。
提供を止めたiPS細胞は、治療には使われていないという。
ラベル:iPS細胞
posted by hazuki at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上西小百合に550万円の損害賠償請求 元大阪府議「テレビで虚偽」

上西小百合に550万円の損害賠償請求 元大阪府議「テレビで虚偽」

上西小百合氏に賠償請求 元府議「テレビで虚偽」
http://www.sankei.com/affairs/news/170123/afr1701230028-n1.html
2017.1.23 21:55

旧維新の党を除名された上西小百合衆院議員(比例近畿ブロック)のテレビ番組での発言により社会的評価が低下したとして、元大阪府議の阿部賞久氏が550万円の損害賠償を求め提訴していたことが分かった。東京地裁(河合芳光裁判長)で23日、第1回口頭弁論があり、上西氏側は請求棄却を求めた。

 訴状によると、上西氏は昨年11月25日、フジテレビのバラエティー番組に出演し、「300万円を持って来てくれるか、と阿部氏に言われた」と発言。阿部氏は「そのようなことは言っておらず、上西氏の発言は虚偽だ」と主張している。

 上西氏の事務所は「弁護士に対応を一任している」と説明。上西氏の代理人弁護士は「ノーコメント」としている。


上西小百合.PNG



浪速のエリカ様、久々の話題は裁判です。
上西小百合衆院議員(比例近畿ブロック)のテレビ番組での発言により社会的評価が低下したとして、元大阪府議の阿部賞久氏が550万円の損害賠償を求め提訴していたことが分かった。
東京地裁(河合芳光裁判長)で23日、第1回口頭弁論があり、上西氏側は請求棄却を求めた。
口は災いの元ですね。
代理人弁護士の「ノーコメント」で良いと思うわ。
ラベル:上西小百合
posted by hazuki at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」

ニュージーランドのイングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に 「TPPが死んだとは思っていない」

イングリッシュ首相、米国抜きのTPPを可能に
https://jp.sputniknews.com/world/201701233264586/
2017年01月23日 10:20

ニュージーランドのイングリッシュ首相は23日のラジオ番組で、トランプ米政権による環太平洋連携協定(TPP)離脱表明に対し「TPPが死んだとは思っていない」と強調した。

「代替案に取り組んでいる」とも述べ、米国抜きのTPPの可能性などについて各国と協議していく考えを示した。

オーストラリアのチオボー貿易・投資相も同様の考えを示している。

共同通信によると、イングリッシュ氏は、中国を含む東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などを念頭に、他の通商協定がTPPに完全に取って代わることはできないとの認識を示唆。「日本経済の大きさ」にも言及しながら、部分的にでもTPPを実現させたいとの考えを示した。


イングリッシュ首相.PNG



NZのイングリッシュ首相は、米国抜きのTPPの可能性などについて各国と協議して行く考えを示した。
オーストラリアのチオボー貿易・投資相も同様の考えを示している。
「日本経済の大きさ」にも言及しながら、部分的にでもTPPを実現させたいとの考えを示した。
産経新聞の報道によると、「代替案の「プランB」として、米国抜きのTPPの検討に着手していることを明らかにした。」とのことです。
代替案など必要ない。
米国抜きのTPPの発効が難しいならば、TPPは漂流してしまえば良い。
しかし、キー首相から首相が替わったばかりなので、ニュージーランドのイングリッシュ首相の名前があまり知られていないようですね。
#StopTPP
#NoTPP



米国抜きのTPPも NZ首相が言及
http://www.sankei.com/world/news/170123/wor1701230036-n1.html
2017.1.23 19:07

【シンガポール=吉村英輝】米国のトランプ大統領が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱を表明したことを受け、協定に参加するニュージーランドのイングリッシュ首相は23日、地元メディアに離脱は「米国の利益にならない」と強調。そのうえで、代替案の「プランB」として、米国抜きのTPPの検討に着手していることを明らかにした。

 同首相は、オーストラリアを今月訪問した安倍晋三首相が、ターンブル豪首相との間で、TPPの早期発効に向けた連携を確認したことを「非常に前向き」と評価。米国抜きの協定でも、ニュージーランドにとり良い内容になり得るとの認識を示した。

 TPPをめぐっては、オーストラリアのチオボー貿易・投資相も、米国抜きの協定の可能性について言及している。






ものぽーる @monopole0001
いまだに勘違いしている人がいますが、TPPは「六か国以上、GDP85%超」の国々が二年以内に批准しない限り、発効しません。つまりは、アメリカを除く国々によるTPPというのは成立しないのです。(三橋貴明)



おまけ

TPPの英文の協定文は8320ページもあります。
日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%程であり3割にも達していません。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
Acts for Democracy: 8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ http://uchidashoko.blogspot.com/2016/10/8320tpp2328_29.html?spref=tw … 英文の協定文は8320ページもあります。日本政府が仮訳しているのは2328ページと28%ほどであり3割にも達していません。





内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko
ブログに「8320ページにも及ぶTPP協定文。日本政府訳は2328ページのみ」をUPしました。協定文全ページの詳細なカウント表も写真でUPしています。http://uchidashoko.blogspot.jp/2016/10/8320tpp2328_29.html






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
【重要】ジェーン・ケルシー教授「TPP協定を履行することが意味をなさない理由」 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会 http://tpphantai.com/info/20161117-jane-kelsey-talks-reasons-why-it-is-meaningless-to-implement-tpp/ … TPPと似たような貿易協定に対して世界は背を向け始めている。 #StopTPP #StopRCEP #StopTiSA




参考

[トランプ大統領始動] 「米国第一」主義を宣言 TPP離脱を正式表明 「米国を再び誇り高く、安全で偉大な国にする」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446165106.html
posted by hazuki at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高樹沙耶被告の初公判 「去年は大麻を10回ほど使った」と話す

高樹沙耶被告の初公判 「去年は大麻を10回ほど使った」と話す

去年は大麻を約10回使った〜高樹沙耶被告
http://news.livedoor.com/article/detail/12577558/
2017年1月23日 14時9分 日テレNEWS24

元女優の高樹沙耶被告(53)が自宅で大麻を所持していたとして逮捕・起訴された事件の初公判で高樹被告は無罪を主張した。那覇地裁前から佐藤拓記者が中継で伝える。

 紫色のカーディガンにズボン姿で法廷に現れた高樹被告は、大麻所持の罪について「私が所持しているものではない」と話し、無罪を主張した。

 起訴状によると、高樹被告と同居していた森山繁成被告(58)は、去年10月、沖縄・石垣島にある自宅で大麻約55グラムを共同で所持していたとして、大麻取締法違反の罪に問われている。

 23日午前10時から始まった初公判の冒頭、高樹被告は職業については「宿泊業を営業しています」と答え、起訴内容については「私が所持しているものではない」と否認し、無罪を主張した。森山被告は「大麻は全て私のものです」と述べ、高樹被告は無関係だと主張した。

 一方、検察側は冒頭陳述で高樹被告らが、金属製の缶に入れた陶器の中や、冷蔵庫の中など、自宅内の数か所に大麻や吸引用のパイプなどを保管していたと指摘した。

 また高樹被告に対する被告人質問も1時間あまりにわたって行われ、高樹被告は「去年は大麻を10回ほど使った」「逮捕された直前に1回使った記憶がある」「更年期障害に加え、3年ほど前に親知らずを抜き、後遺症で痛みが残ったので、その頃は月4、5回使っていた。私たちは医療用大麻に信頼を置いていた」などと話した。

 法廷では森山被告について質問された高樹被告が、被告人席の森山被告と目を合わせほほ笑み合う様子もみられた。裁判は23日午後1時半から再開され、森山被告の被告人質問が行われている。


高樹沙耶1.PNG



大麻所有で逮捕された高樹沙耶被告が初公判で、無罪を主張した。
1時間にわたる被告人質問では、「去年は大麻を10回ほど使った」と述べた。
「私たちは医療用大麻に信頼を置いていた」などと話した。
昨年は大麻を10回ほど使ったというのに、医療用大麻の話はない。
高樹沙耶は医療用大麻の解禁の道を閉ざしてしまったのだ。




参考

元女優の高樹沙耶容疑者ら3人起訴 大麻所持の罪 那覇地検
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443986974.html

大麻所持の疑い、元女優の高樹沙耶容疑者を逮捕 厚労省麻薬取締部
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443114136.html
posted by hazuki at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「都民ファーストの会」会派誕生 小池氏団体が4人公認 「かがやけTokyo」の都議3人が「都民ファーストの会東京都議団」に変更

「都民ファーストの会」会派誕生 小池氏団体が4人公認 「かがやけTokyo」の都議3人が「都民ファーストの会東京都議団」に変更

「都民ファーストの会」会派誕生 小池氏団体が4人公認
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201701/CK2017012302000222.html
2017年1月23日 夕刊

東京都の小池百合子知事の政治塾を運営する政治団体「都民ファーストの会」が二十三日、今夏の都議選(定数一二七)の一次公認候補として、現職都議三人と豊島区議の計四人を発表した。

 公認候補は、昨夏の都知事選で小池氏を支援した都議会会派「かがやけTokyo」の音喜多駿(おときたしゅん)氏=北区、上田令子氏=江戸川区、両角穣(もろずみみのる)氏=八王子市=の三都議と、豊島区選挙区の本橋弘隆・同区議。

 公認決定を受け、会派名もかがやけから「都民ファーストの会東京都議団」に変更することを同日、川井重勇議長に届け出た。小池氏を支える与党会派の姿勢を打ち出す。

 小池氏は都議選に向け、「改革派でマジョリティー(過半数)を占めたい」と表明。独自候補として三十人超の擁立を検討する一方、小池都政への協調姿勢を示している公明、民進などと候補者調整を行う意向も示しており、与党勢力として過半数の六十四議席以上の獲得を目指している。

 小池氏の政治塾「希望の塾」の塾生は約四千人。このうち都議選への立候補を希望する約千人を対象に筆記試験などを実施し、約三百人に絞り込んだ。今後、計五回の「都議選対策講座」で選挙プランナーらが実践的な選挙活動を指南するという。


音喜多駿都議(右).PNG



公認候補は、昨夏の都知事選で小池氏を支援した都議会会派「かがやけTokyo」の音喜多駿(おときたしゅん)氏=北区、上田令子氏=江戸川区、両角穣(もろずみみのる)氏=八王子市=の三都議と、豊島区選挙区の本橋弘隆・同区議。
おときた都議らが「かがやけTokyo」から「都民ファーストの会」へ変更と来た。
もう「都民ファーストの会」を応援するしかないでしょう。
都議選が楽しみです。
「都民ファーストの会」の候補に投票したいと思います。



「都民ファーストの会」に変更 小池氏支援の都議3人
https://this.kiji.is/196101168472786427?c=39546741839462401
2017/1/23 12:30 1/23 13:05updated

昨年夏の東京都知事選で、小池百合子知事を支援した都議会会派「かがやけTokyo」の都議3人は23日、会派名を「都民ファーストの会東京都議団」に変更する書類を議長宛てに提出した。

 都民ファーストの会は、小池氏が設立した政治塾を運営する政治団体の名称。新たな会派で幹事長を務める音喜多駿都議は書類提出後、報道陣の取材に「知事の東京大改革を支えていく会派を正式に結成し、それを推進していくという決意表明だ」と強調した。

 小池氏は夏の都議選で協力に前向きな公明党や民進党と連携し、都議会での過半数の勢力確保を目指している。




参考

都議選候補に300人合格 小池氏政治塾「希望の塾」、4人公認へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/446172763.html
posted by hazuki at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷亮子、政党交付金で父親に小遣い しどろもどろで否定せず

谷亮子、政党交付金で父親に小遣い しどろもどろで否定せず
http://news.livedoor.com/article/detail/12575473/
2017年1月23日 5時55分 デイリー新潮

これでは、政治家失格なのは間違いあるまい。昨夏の参院選に出馬しなかった谷亮子元参院議員(41)は、現在、育児に専念中。とはいえ、政界復帰を諦めたわけではなく、次の衆院選に色気も見せているという。ところが、税金が元手の“政党交付金”から、勤務実態のない父親にウン百万円の給料を渡していた事実が判明した。

 ***

 昨年の12月7日、6年ぶりというバラエティ番組に出演すると、谷元議員は、10歳と7歳の息子がアイスホッケーに打ち込んでいることなどを明かした。どうやら、子育てに追われる日々を送っているようである。

 政治部記者が解説する。

「参院選当時、小沢一郎生活の党代表が野党共闘を画策したものの、うまく行かずに谷さんは出馬を断念せざるを得ませんでした。ただ、政治家としてスポーツ振興に尽力したという自負があり、いまも東京五輪が開催される2020年までには永田町に戻りたいという意思を持っている。そのため、次の衆院選に立候補するのではないかと言われています」

■“人件費”は聖域

 しかし、実は参院議員時代、単なる“お飾り”ではなく、悪徳政治家のようなこともしていたのである。

 政界から身を引くまで、谷元議員は所属する“生活の党”の参議院比例区第3総支部の代表を務めていた。

 昨秋公開された、その15年分の収支報告書によれば、554万円を人件費として計上している。

 事情通が明かす。

「東京・九段に事務所を置いていたのですが、郵便などの届け先になっていただけで、常駐する事務員もいませんでした。実は、その総支部からは、谷さんの父親、田村勝美さんに毎月の給料が渡されていました。15年分だけで、トータル494万円に上ります。しかも、うち200万円以上が“政党交付金”から充当されていたのです」

 田村勝美さんといえば、

「過去、警察の厄介になったことがあるような人物でしたが、04年のアテネ五輪の前には、カイロプラクティックの技術を身につけ、金メダルを目指す娘を支えるようになった。ただ、谷さんが政治家になってからは、地元の福岡にいて、永田町に顔を出すのは年に1回もありませんでした」(同)

 谷元議員の政治活動にはかかわっていなかったのである。

 要するに、谷元議員は、国民の血税を流用し、父親の面倒を見ていたわけなのだ。

 神戸学院大学の上脇博之教授が指摘する。

「政治家にとって、“人件費”は、内訳を公表する義務がなく、国民の監視の目が届かない聖域と化している。だからこそ、谷さんはこっそり、父親に給料を払い続けられたわけですが、父親が政治活動に関する仕事をしていなければ、政治資金規正法の虚偽記載に該当します。舛添前都知事が、家族旅行のホテル代を政治活動の会議費として計上したことが問題になりましたが、それと同じケースです」

 では、谷元議員はなんと答えるか。

 携帯電話にかけると、

「税理士の先生に二重三重に入っていただいて、人件費として適正に処理していますので……。その人名についても誰々っていうことを申し上げる必要はないってことになっていますし……。適正に処理している、もう、そのことに……、尽きます」

 と、終始しどろもどろだったが、父親に給料を渡していたことは否定しなかった。

 政治は、家族を養うためのものではない。

ワイド特集「最後の福袋を買い占めろ!!」より

「週刊新潮」2017年1月19日号 掲載


谷亮子1.PNG



谷亮子が父親に支給していた給与について週刊新潮が報じている。
給料のうち200万円以上が、政党交付金から充当されていたと事情通。
週刊新潮からの直撃に谷氏は「適正に処理している」と否定しなかったという。
谷亮子の父親、田村勝美は、「谷さんが政治家になってからは、地元の福岡にいて、永田町に顔を出すのは年に1回もありませんでした」。
谷亮子の政治活動には関わっていなかった。
谷亮子は、国民の血税を流用し、父親の面倒を見ていた。
衆議院選で復活を目指しているようですが、谷亮子の選挙区の方は注意して下さい。
谷亮子が簡単に当選するようではダメです。




参考

谷亮子氏、参院選見送り表明 政界復帰は「話あれば」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439255864.html

谷亮子氏、自民党の比例区から参院選に出馬へ 「夫も応援してくれている」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439021881.html
ラベル:谷亮子
posted by hazuki at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄・安慶田光男副知事辞任へ 教員採用依頼疑惑で引責…辺野古移設、政府との交渉役

沖縄・安慶田光男副知事辞任へ 教員採用依頼疑惑で引責…辺野古移設、政府との交渉役
http://www.sankei.com/west/news/170123/wst1701230046-n1.html
2017.1.23 13:20

沖縄県の安慶田光男副知事が周辺に辞任する意向を伝えたことが23日、分かった。県関係者が明らかにした。翁長雄志知事は同日、緊急の記者会見を開き、副知事の辞任を正式に発表する。平成27年に実施された公立学校教員採用試験で、特定の受験者を合格させるよう県教育委員会側に働き掛けた疑惑を受けた事実上の引責辞任。

 安慶田氏は26年12月の翁長県政発足時から副知事を務めてきた翁長氏の側近で、政府と対立する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関する政府との交渉を担当してきた。

 移設を巡る交渉への影響は不可避で、移設阻止を掲げる翁長氏の県政運営には大きな打撃となる。

 元那覇市議会議長の安慶田氏は、普天間飛行場移設を巡る政府との作業部会で県側の代表を務め、杉田和博官房副長官らと交渉を重ねた。沖縄の基地問題で政府側を取り仕切る菅義偉官房長官と翁長氏との間の橋渡し役を担ってきたとされる。

 関係者によると、安慶田氏は、副知事室に県教委の職員らを呼び出したり、職員に電話をかけたりするなどし、複数の受験者について合格を働き掛けたとされる。


沖縄県の安慶田光男副知事.PNG



沖縄県の安慶田光男副知事が周辺に辞任する意向を伝えたことが23日、分かった。
翁長雄志知事は同日、緊急の記者会見を開き、副知事の辞任を正式に発表する。
平成27年に実施された公立学校教員採用試験で、特定の受験者を合格させるよう県教育委員会側に働き掛けた疑惑を受けた事実上の引責辞任。
「移設を巡る交渉への影響は不可避で、移設阻止を掲げる翁長氏の県政運営には大きな打撃となる。」ここがポイントですね。
ラベル:沖縄県
posted by hazuki at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[沖縄県宮古島市長選] 陸自配備容認の現職の下地敏彦氏(71)3選 3新人破る

[沖縄県宮古島市長選] 陸自配備容認の現職の下地敏彦氏(71)3選 3新人破る

陸自配備容認の現職3選 宮古島市長選、3新人破る
https://this.kiji.is/195919976392097800?c=39546741839462401
2017/1/23 00:15

任期満了に伴う沖縄県宮古島市長選は22日投開票され、政府が計画する宮古島への陸上自衛隊配備について容認の立場を取る無所属現職の下地敏彦氏(71)=自民推薦=が3選を果たした。いずれも無所属新人で、配備反対派の元県議奥平一夫氏(67)=民進推薦=と医師下地晃氏(63)=社民、沖縄社大推薦、容認派の元市会議長真栄城徳彦氏(67)の3人を退けた。

 選挙戦は、保守系から下地敏彦氏と真栄城氏、革新系を中心とする翁長雄志知事の支持勢力から奥平氏と下地晃氏が出馬し、両陣営とも分裂の構図となった。当日有権者数は4万3401人。投票率は68.23%。


下地敏彦.PNG



任期満了に伴う沖縄県宮古島市長選は22日投開票され、政府が計画する宮古島への陸上自衛隊配備について容認の立場を取る無所属現職の下地敏彦氏(71)=自民推薦=が3選を果たした。
現職として2期8年の実績や経済政策の訴えが評価された他、争点の一つとなった陸上自衛隊配備計画についても、昨年受け入れを表明した現職の判断に有権者が理解を示す結果となった。



現職下地氏が3選確実 宮古島市長選、経済政策訴え浸透
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12182-shimpo431749/
2017年01月22日 23時27分 琉球新報

任期満了に伴う宮古島市長選は22日開票され、現職の下地敏彦氏(71)=自民推薦=の3選が確実となった。いずれも新人で前県議の奥平一夫氏(67)=民進推薦、前市議の真栄城徳彦氏(67)、医師の下地晃氏(63)=社民、社大推薦=を破った。 現職として2期8年の実績や経済政策の訴えが評価されたほか、争点の一つとなった陸上自衛隊配備計画についても、昨年受け入れを表明した現職の判断に有権者が理解を示す結果となった。
 投票率は68・23%で、選挙戦があった前々回の71・20%を2・97ポイント下回った。【琉球新報電子版】
posted by hazuki at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする